運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

MacBook Pro・Airの「Magic Keyboard」は何が変わった?使いやすい?待望のリニューアルで大満足!外付けキーボードはもういらない

シザー方式の「Magic Keyboard」
SPONSORED LINK

2020年3月に散々悩んで購入した「MacBook Pro 16インチ」。

MacBook Pro16インチで完成した作業環境

MacBook Pro 16インチ 2019購入レポート。専用GPU搭載で4Kディスプレイ3枚への出力も平気!Proならカスタマイズ必須

4Kディスプレイ2枚に出力し、グラフィック性能不足による文字入力遅延が多発したため、専用GPUを搭載するモデルにすることで、グラフィック性能を大幅に高める事が最大の目的だった。

ただ、これだけでは購入に踏み切らなかったと思う。

2015年に登場した「12インチMacBook」以来、長年MacBookシリーズのキーボードだった「バタフライキーボード」は、不具合が多くとても評判が悪かった。

僕が、ここ数年MacBook Proを買わなかったのはこのためで、バタフライキーボードのキータッチと、カーソルキーが許せなかったからだ

ただ、この問題をAppleは2019年11月に発売した「MacBook Pro 16インチ」で解消する。

シザー方式の「Magic Keyboard」を初めて採用し、2020年以降はMacBook Air、13インチMacBook Proと適用範囲を広げている。

チー
この「Magic Keyboard」がよくできている!

「Magic Keyboard」の登場で、僕はMacBook Pro 16インチを購入する決意ができた。

この記事では、MacBookシリーズの標準となった「Magic Keyboard」について、以下を紹介しようと思う。

  • MacBookシリーズの「Magic Keyboard」とは
  • 従来のバタフライキーボードは何がダメだったのか?
  • 「Magic Keyboard」で改良された点
  • 実際に使った感想

SPONSORED LINK

MacBookシリーズの「Magic Keyboard」とは

シザー式キーボード

MacBookシリーズの「Magic Keyboard」は、2019年11月に発売した「MacBook Pro 16インチ」以降採用されている、Apple純正キーボードの「総称」だ。

2015年以来採用していた「バタフライキーボード」を置き換える形となっているのだが、新しいから革新的なモノかといえばそうでもない

ノートPC向けキーボードとしては、Macだけでなく様々な製品で採用されている「シザー方式」なので、むしろ「枯れた技術」といえる

MacBook Pro Late 2013
MacBook Pro Late 2013

2015年以前のMacBookシリーズにも採用されているのだが、当時は「Magic Keyboard」とは呼んでいなかった。

両方使ったから分かるのだが、キーの安定性などが向上しているので、2015年以前のキーボードとは違うもの

正直「Magic(魔法)」という表現は大袈裟ではと思うが、確かによくできたキーボードであることは間違いない。

「Magic Keyboard」は、2020年8月現在以下の製品で採用されている。

「Magic Keyboard」採用モデル
  • iMacに標準搭載されている、ワイヤレスキーボード「Magic Keyboard」
  • MacBook Pro 16インチ
  • 2020年モデル以降のMacBook Pro 13インチ
  • 2020年モデル以降のMacBook Air
  • iPad Proのトラックパッド同梱キーボード「Magic Keyboard」

厳密に言うと、iMacに標準搭載されている「Magic Keyboard」は、2015年から販売されており、少し時間軸が異なる製品

しかし、Appleがあえて同じ製品名を採用しているのは、技術的にはほぼ同じものを採用している証拠だろう。

Apple純正ワイヤレスキーボード「Magic Keyboard」購入レポート。持ち運びのしやすさを「Apple Wireless Keyboard」との比較から紹介

Apple Magic KeyboardをMacで使って感じた、私が受け入れられなかった3つの不満

従来のバタフライキーボードは何がダメだったのか?

バタフライキーボード

では、バタフライキーボードは何がダメだったのか?

実は「バタフライキーボード」の方がむしろ、キーボードの構造そのものを見直した製品で、2015年のリリース当時Appleはその凄さ(主に「タイピングの安定性」)をアピールした

以下の動画は2015年の12インチMacBook発売当時の、Apple公式動画ですが、この中で「バタフライキーボード」の紹介があります

逆に、「Magic Keyboard」はシザー方式という、従来からある仕組みを発展させたモノなので技術的には古いもの。

バタフライキーボード

ただ、バタフライキーボードは「ホコリの混入に弱い」という弱点があり、キーが反応しなくなるなどの不具合報告が相次いだ

  • 2015年リリース当時は「初代バタフライキーボード」
  • 2017年以降は「第2世代のバタフライキーボード」
  • 2018年以降は「第3世代のバタフライキーボード」
  • 2019年は「第4世代のバタフライキーボード」

と、毎年のように改良を続けていたのだが、「解消」にはいたらず、Appleもついに諦めたという表現が正しいだろう

バタフライキーボードの特徴は大きくわけると2点。

バタフライキーボードの特徴
  • 高さがなく浅めのキーボード、キーストローク(深み)が浅い独特のキータッチ
  • 高さがないため、PC本体をさらに薄型化できる

このことで、2015年以降のMacBookシリーズは、薄型・軽量化を実現した。

チー
2015年のAppleは、キーボードにこだわりのあるユーザーを敵に回したと思うよ

キーストロークが浅く「慣れ」が必要

バタフライ構造キーボード
第1世代バタフライキーボード

僕自身は、以下のモデルでバタフライキーボードを使用していた。

第3世代にもなるとかなり進化していて、特にタイピング感覚が向上。

初代バタフライキーボードはとにかく薄く、板を叩いている感覚だったが、第3世代は「タイプ感」が増していた

ただ、どちらにせよ「慣れ」が必要で、僕はメインPCでバタフライキーボードを使う気にはならなかった。

Mac mini

なので、「東プレリアルフォース」など、高級キーボードをメインに利用していた。

また、小さなことだが、バタフライキーボードの採用と2015年から、カーソルキーの配置が「改悪」された

第3世代バタフライキーボードのカーソルキー

これが、従来のカーソルキー。

逆T字のカーソルキー

これが、16インチMacBook Pro以降の「Magic Keyboard」におけるカーソルキー。

いわゆる「逆T字」と言われる定番の形状だが、僕はプログラマーでもあるのでこれがないと使い勝手が悪かった。

チー
2015年以降のMacBookシリーズは、確かに人気はあったけど、キーボードの評判は本当に悪くて、あえて旧モデルを使い続ける人も多かったよ
バタフライキーボード

MacBook Pro/Airのバタフライキーボード(バタフライ構造)は使える?失敗作なのか?ブロガー・プログラマーが使った率直な感想

これは旧式なのか?シザー方式「Magic Keyboard」で改良された点

シザー方式の「Magic Keyboard」

Appleはいつまで、バタフライキーボードを採用するのか?

そんな声が2018年あたりから増えて来て、2019年に入ると「バタフライキーボードを廃止し、従来のシザー方式に戻す」という噂が増えてくる。

そして、現実になったのが2019年11月の「MacBook Pro 16インチ」と、シザー方式「Magic Keyboard」の採用の発表だ。

シザー式キーボード

これをみて、多くのユーザーは思った。

2020年以降、MacBook AirやPro 13インチにも採用されるだろう

実際、Appleは2020年に入り矢継ぎ早にリリース。

  • 2020年3月発売の「MacBook Air」
  • 2020年5月発売の「MacBook Pro 13インチ」

わずか半年で、MacBookシリーズを全て「Magic Keyboard」に置き換えた

さらに言えば、iPad Proにまで採用している。

「Magic Keyboard」に対する、Appleの自信の表れといえるだろう。

実際僕が感想としても、革新的なモノではないが、「Magic Keyboard」はよくできており、これがあるからこそ、16インチMacBook Proの購入を決意した。

Magic Keyboardの改良ポイント
  • キーストロークが「1mm」と深くなり、タイピング感覚が向上
  • 従来のシザー方式キーボードより、安定したタイピングができる
  • カーソルキーが定番の「逆T字」へ回帰
  • 「ESC(エスケープ)」キーが、Touch Barから独立し物理キーへ回帰

キーストロークが「1mm」と深くなり、タイピング感覚が向上

MacBook Proのキーボード

1つ目は キーストロークが「1mm」と深くなったこと。

バタフライキーボードは、薄さを売りにしておりキーストロークは「0.5mm」だった。

キーストローク(深さ)は、多ければいいものでもないが、「0.5mm」は浅すぎたと思うし、板を叩く感覚で指が疲れやすかった

まあ、これも使ううちに慣れていった面はあるのだが、キーストロークが「1mm」になった、Magic Keyboardを触ると既視感が蘇ってくる。

チー
MacBookシリーズのキーボードと言えば、これだよ!!!

「あれがよかった」と回想するほど思い入れがあったわけではないが、昔のMacBookシリーズのキーボードを知っている方なら、懐かしさと共に「やっぱりこれ」と思えるだろう(笑)

タイピング感覚は確実に向上したと思う。

従来のシザー方式キーボードより、安定したタイピングができる

MacBook Pro 16インチ2019購入レポート

キーストロークについては、以前の形に戻した雰囲気が強いが、ただ戻っただけではない。

バタフライキーボードの売りであった「キーの安定性」も向上している。

キーのどの位置をタイプしても、「ちゃんと認識する」

当たり前かもしれないが、2015年以前のMacBookより向上していると感じた。

タイピングの感覚が「少し硬い」と感じるあたりも、バタフライキーボードに近い感覚。

チー
問題の多かったバタフライキーボードだけど、技術は活かされていると思う!

カーソルキーが定番の「逆T字」へ回帰

逆T字のカーソルキー

以降は、少しマニアックな視点。

だが、特にプログラマーなど、「コード書ける人」なら分かってくれると思う

まず、2015年以降のMacBookシリーズ、ワイヤレスキーボード「Magic Keyboard」最大の不満だった、カーソルキーが改良された。

改良と言うより「回帰した」

という表現の方が正しいかもしれない。

MacBook Pro(Late 2013)のカーソルキー
MacBook Pro Late 2013のカーソルキー

▼バタフライキーボード採用後のMacBook
第3世代バタフライキーボードのカーソルキー

▼16インチMacBook Pro以降の「Magic Keyboard」
逆T字のカーソルキー

カーソルキーはやはり、これでないと使いづらい。

特に「左右キー」は、小指の引っかかりで選択することが多いので、この形状でないとブラインドタッチは難しいと思うからだ。

チー
ブログ記事、コードを書くとき、僕はカーソルキーを多用するので、この回帰は本当に嬉しい!

「ESCキー(エスケープ)」が、Touch Barから独立し物理キーへ回帰

独立したESCキー

最後が「ESCキー(エスケープ)」。

「ESCキー」なんて何に使うの?

そう思う方も多いだろうが、特にシステムエンジニアには重要なキー。

例えば、Linuxシステムをコマンド操作する時など、ESCキーはよく使う。

第3世代バタフライキーボード

MacBook Airでは従来通り物理キーだったが、Touch Barを搭載するMacBook ProはESCキーもTouch Barに含まれていたので、使い勝手が悪かった

MacBook Proシリーズは、プログラマーにも愛用する人が多い。

この「回帰」は、ユーザーの声が届いた結果だと思う。

チー
Touch Barは今でも僕は「いらない」と思っているけど、これでMacBook Proは真のプロ向けモデルになったと思う!

「Magic Keyboard」を実際に使った感想

シザー式キーボード

2020年3月から16インチMacBook Proを使い始めた。

それまでの利用環境は以下。

使用頻度的には、9割がメインPCなので、キーボードは東プレリアルフォースを使うことがほとんど

高級キーボードを手放すのかはかなり悩んだのだが……。

チー
Magic Keyboardが快適なので、一本化することにした!

タイピング感そのものは「東プレリアルフォース」の方が、もちろん上だ。

シザー方式の「Magic Keyboard」

しかし、純正キーボードはカスタマイズ無しで使えるし、何より安定性の向上が大きい

Macでキーボードを快適に使う為の、キー配列カスタマイズ

【Mac用キーボード配列カスタマイズ】東プレ「REALFORCE」とLogicool「CRAFT」をKarabiner-Elements で快適に使おう

派手な機能はなくても、純正には純正のよさがある。

例えば、SMCリセットやセーフブートする時は、純正キーボードの方が安心だし、「Magic Keyboard」になってわざわざ外付けキーボードを使う必然性は減った。

また、サブPCとキーボードが統一されるので、自宅と出先でキーボードが変わることによる、生産性の低下も解消された

チー
「Magic Keyboard」は純正キーボードとしてよくできてる!

終わりに

シザー方式の「Magic Keyboard」

バタフライキーボードは確かに「見た目」が美しく、Apple製品らしい進化の方向性だったとは思う。

ただ、それによって「機能性」が失われては本末転倒

ただ、この5年間で培ったノウハウはかなり多いということも、「Magic Keyboard」を使って実感した。

MacBookシリーズシリーズのキーボードに不満を感じて、Windowsに乗り換えたり、外部キーボードを接続する人も多かったそうだ。

そんな方は是非、「Magic Keyboard」を搭載したMacBookシリーズを試して欲しい

そして、1つ断言できること。

チー
これからMacを買うなら、型落ちの旧モデルは「バタフライキーボード」を搭載しているので、おすすめできないです

MacBookシリーズを購入する際は、以下を候補にすることをおすすめする。

「Magic Keyboard」採用モデル
  • iMacに標準搭載されている、ワイヤレスキーボード「Magic Keyboard」
  • MacBook Pro 16インチ
  • 2020年モデル以降のMacBook Pro 13インチ
  • 2020年モデル以降のMacBook Air
  • iPad Proのトラックパッド同梱キーボード「Magic Keyboard」
\ カスタマイズするならApple Store /

MacBook Proをチェック

  • 送料無料
  • CPU・メモリ・SSD・GPUがカスタマイズ可能

MacBook Pro/Airは、Appleストアや家電量販店で販売されています。

購入後のカスタマイズは不可能なので、スペック選定は慎重に行ってください。

ノート型のMac
チー
僕は2020年8月現在は、「16インチMacBook Pro」をメイン、「MacBook Air」をサブに使用しています。

2020年モデル以降は評判の悪かった「バタフライキーボード」を廃止し、全てが変わった「Magic Keyboard」を採用しよくできているので、旧モデルはおすすめしません

Macはどこで買うのが安いのか?

パパンダ
Macは10万円以上する高い買い物だし、「少しでも安く」買いたい!
チー
それなら「ビックカメラ」か「Amazon」がおすすめかな。ポイントは大してたまらないけど、特に「dポイント」が使えたりするので。
簡単に比較するとこんな感じ。
2020年8月時点の「2020年モデルのMacBook Air」販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗タイプ定価(税込)値引き実質価格
Apple Store256GB115,280円-115,280円
512GB148,280円-148,280円
Amazon256GB115,280円1,153ポイント114,127円
512GB148,280円1,483ポイント146,797円
ビックカメラ.com256GB115,280円5,764ポイント109,516円
512GB148,280円7,414ポイント140,866円
チー
Macの場合、CTO(カスタマイズオーダー)したい人も多いと思うので、その場合Apple認定整備済製品を狙うのもあり!
\ 整備済製品はApple Storeだけ /

Mac整備済製品をチェック

  • 送料無料
  • メーカー保証1年あり
  • 最大15%引き

また、店頭モデルを購入する場合、SoftBank・Y!mobileユーザーは条件を満たせば、Yahoo!ショッピングで買うと「最大20%還元」なのでお得だと思います

Macを買うならどこがお得なのかを考察

Macはどこで買うのが安い?値下げはいつ?Apple Store・家電量販店・Amazonで比較してみた

MacBookのメモリ増設について

MacBookはカスタマイズができないので「16GBメモリ」を推奨していましたが、近年のモデルはストレージ(SSD)が高速なので、以前ほど大容量メモリの必要性は下がりました。

チー
ただ、迷ったときは、「メモリを16GB」に増設しておくとかなり快適に使えます!

MacBook Proはメモリ16GBへ増設がおすすめ!メモリ不足に悩まされた体験と後悔の記録

一緒に使いたいおすすめアクセサリ

チー
僕がMacBookユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。

特にThunderbolt 3」対応製品はチェックしてみて欲しい!
Thunderboltを推進するのはApple

Thunderbolt 3とUSB Type-C(USB-C)は何が違う?高いけど使うメリットは?MacBookがより便利になる「ワンケーブルソリューション」が魅力

RAVPower 「RP-PC112」レビューゆりちぇるアイキャッチ

RAVPower「RP-PC112」レビュー。世界最小・最軽量サイズのUSB-C急速充電器!MacBook Proの純正アダプターと徹底比較【PR】

MacBookシリーズのまとめ記事

MacBook Pro16インチで完成した作業環境

MacBook Pro 16インチ 2019購入レポート。専用GPU搭載で4Kディスプレイ3枚への出力も平気!Proならカスタマイズ必須

MacBook Airスペースグレイ

MacBook Air 2018購入レポート。カスタマイズは必要?メモリ8GBの「吊るし(店頭モデル)」を買ってみた

【レビュー】12インチMacBook(Early 2016)は最高評価!1年以上使い続けた感想のまとめ

2007年以来のMacユーザーである管理人が、これまで書いて来たMac関連レビューを、Macカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年8月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!