Xeon搭載MacBook Proは登場するか。17インチモデル復活の可能性と共に考える

MacBook Pro
SPONSORED LINK

Xeon搭載MacBook Proは登場するか。17インチモデル復活の可能性と共に考える

2015年8月現在販売されているMacBook ProはBroadwell世代のCPUを搭載している。

そしてこのCPUの登場が遅れた関係で、次世代CPUとなる第6世代Coreプロセッサ「Skylake」も既に発表され、先日デスクトップPC向けは販売も開始されている。

発売時期は未定だが(2016年第1四半期くらいとか)、次期MacBookシリーズもSkylake世代のCPUを搭載するのは間違いない。そして、ここにもう一つ気になる動きがある。

ワークステーション向けCPUであるIntel Xeonプロセッサーを、ノートパソコンに搭載するという動きだ。

SPONSORED LINK

Intel Xeonプロセッサー搭載ノートパソコンが発表された

この話を知ったのは数日前だったのだが、正直ほんとかよ〜と思った。
なのだが、製品が実際発表された。

LenovoがThink PadにIntel Xeonプロセッサーを搭載して、2015年10月〜12月に発売するという。詳しくは上記記事をご覧いただきたいが、僕が気になったのはこのモデルの構成。

P50はディスプレイサイズが15.6インチ、P70はディスプレイサイズが17インチという構成、さらに言えばUSB Type-Cも兼ねた「Thunderbolt 3」も採用。

Thunderboltを推進するのはApple

Thunderbolt 3とUSB Type-C(USB-C)は何が違う?高いけど使うメリットは?MacBookがより便利になる「ワンケーブルソリューション」が魅力

2015年6月3日

MacBook Proを意識させますよねぇ、、、

Xeonプロセッサー搭載、真のプロ向けMacBook Proが出るか

2015年現在のMacBook Proは13インチと15インチモデルの構成。

当初は両者の境界線はディスプレイサイズとGPUの搭載有無くらいだったが、現在はエントリー機も兼ねた13インチとプロ向けの15インチとハッキリ棲み分けが行われており、それは価格を見れば一目瞭然。

ただ、15インチでもやはり不満を持つ人は多い。
特にかつて存在したMacBook Pro 17インチモデルを使っていた人達だ。ディスプレイのサイズは必ずしもコンパクトになったり、解像度が上がれば良いという問題じゃ無い。このサイズに意味があるわけで、こだわりの強い人程未だに17インチの復活を望む人が多い。

そんな時に出てきた、Intel Xeonプロセッサー搭載ノートパソコン。
MacBook Pro 17インチが復活する前触れのような気がするのは気のせいだろうか。廃熱の絡みもあり、このようなCPUを搭載する場合、筐体は大きい方が良く、現在のRetinaモデルでは少々厳しく、かといって現行モデルよりサイズを大きくする事は難しい。

ただ、より大きなディスプレイを搭載するモデルが登場するなら話は別だ。

モデル名CPU対象ターゲット
MacBook Pro 13インチCoreシリーズ(デュアルコア)入門からプロ向け
MacBook Pro 15インチCoreシリーズ(クアッドコア)プロ向け
MacBook Pro 17インチXeonシリーズサーバー運用やCG作成するようなプロ向け

妄想だがこんな構成なら、差別化もできるような気がするw

Xeonプロセッサを使う意味や違いは

ただ、こういう話は単なるスペック論に過ぎない。
実際Xeonプロセッサを搭載したら、早くなるとかそういう単純な話ではない。Xeonはどちらかと言えば、安定性やとことん高速化を求める人向けのCPUだ。

つまり、一般的な用途では費用対効果に見合うような性能は得られない。この辺りの違いについては、以下の記事が詳しい。

これを見ればわざわざ買おうと思う人は、ほとんどいないと思う。

さらに言えば現在のノートPC向けのCPUは省電力化に力を入れているが、元々がワークステーション向けなので省電力性能はあまり高くない。Xeon搭載はその面では圧倒的に不利になるため、Xeonのみになるという事はあり得ない。

終わりに

Xeonプロセッサーは今まで、サーバー機の専売特許と言えるものだった。

サーバーだけに普段操作することは少ないし、操作する場合もリモートというのがほとんどだと思うが、これを自身の作業用PCとする場合はデスクトップ機だと具合が悪い人も多い。

今や「パソコン=ノートパソコン」なわけで、Xeonみたいな高性能プロセッサが使いたくてもデスクトップ向けしか無いため、性能に不満はあってもノートじゃ無いと不便だからと使っている人も一定数は確実にいると思う。

そんな人にとってはXeonプロセッサー搭載のMacBook Proなんて発売したら、大きな意味があるだろう。とにかく高スペックなMacが好きな人も多いため、一定以上の需要はありそうだ。

まあ、プロ中のプロ向けのPCなので、価格も相当なものになるだろうが、、、。既にXeonを搭載しているMac Proが35万円(税別)からのスタートなので、最低でもここがスタートラインと思われる。好奇心で買えるレベルではないですねw

いずれにせよ、Skylake世代のCPUを搭載する次期MacBook Proはかなり注目だ。デザインの変更含めて、大きな変更もありえそうな気がする。

MacBook Pro Retina 13インチ(Late 2013)長期利用レビュー。Proに欠点はあるのはを徹底検証

2013年11月30日

2016年モデルMacBook Proのモデルチェンジに対する期待と不安

2016年6月11日

MacBook Pro 2015と2016・2017はどれがおすすめ?新旧比較から考察

2016年10月30日

MacBook Pro/Airは、Appleストアや家電量販店で販売されています。

購入後のカスタマイズは不可能なので、スペック選定は慎重に行ってください。

ノート型のMac
チー
僕は2016年以来「12インチMacBook」を愛用していたけど、2020年1月現在は「Mac mini」をメイン、「MacBook Air」をサブに使用しています。

Macはどこで買うのが安いのか?

パパンダ
Macは10万円以上する高い買い物だし、「少しでも安く」買いたい!
チー
それなら「ビックカメラ」か「Amazon」がおすすめかな。ポイントは大してたまらないけど、特に「dポイント」が使えたりするので。
簡単に比較するとこんな感じ。
2020年1月時点の「MacBook Air」販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗タイプ定価(税別)値引き実質価格
Apple Store128GB119,800円-119,800円
256GB139,800円-139,800円
Amazon128GB112,750円6,089ポイント106,661円
256GB133,120円7,189ポイント125,931円
ビックカメラ.com128GB112,750円6,088ポイント106,662円
256GB133,120円7,188ポイント125,932円
Macを買うならどこがお得なのかを考察

Macはどこで買うのが安い?値下げはいつ?Apple Store・家電量販店・Amazonで比較してみた

2019年12月25日

MacBookのメモリ増設について

MacBookはカスタマイズができないので「16GBメモリ」を推奨していましたが、近年のモデルはストレージ(SSD)が高速なので、以前ほど大容量メモリの必要性は下がりました。

チー
ただ、迷ったときは、「メモリを16GB」に増設しておくとかなり快適に使えます!

MacBook Proはメモリ16GBへ増設がおすすめ!メモリ不足に悩まされた体験と後悔の記録

2014年7月3日

一緒に使いたいおすすめアクセサリ

チー
僕がMacBookユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。

特にThunderbolt 3」対応製品はチェックしてみて欲しい!
Thunderboltを推進するのはApple

Thunderbolt 3とUSB Type-C(USB-C)は何が違う?高いけど使うメリットは?MacBookがより便利になる「ワンケーブルソリューション」が魅力

2015年6月3日
RAVPower 「RP-PC112」レビューゆりちぇるアイキャッチ

RAVPower「RP-PC112」レビュー。世界最小・最軽量サイズのUSB-C急速充電器!MacBook Proの純正アダプターと徹底比較【PR】

2019年8月16日

ノート型Macに関する記事

【レビュー】12インチMacBook(Early 2016)は最高評価!1年以上使い続けた感想のまとめ

2016年12月28日

Macカテゴリートップ

2007年以来のMacユーザーである管理人が、これまで書いて来たMac関連レビューを、Macカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年1月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK