UltrabookのライバルはMacBook Airなのだろうか?

最近母親の友人にパソコン購入の相談を持ちかけられた。
もちろんWindows希望という事で、久々にWindowsパソコンを物色するためNEC・富士通・ソニー・東芝などの国内大手メーカーのパソコンを見るわけだが、ほんとに安くなりましたね。Intel Core i5、メモリ4G、HDD500GBくらいでも10万円しないどころか、6万くらいあれば買えてしまう。

Ultrabookのスペック

そりゃあパソコンメーカーの合従連衡や、撤退も相次ぐわって話なのだが、そんな国内外のメーカーが最近こぞって発表してきているのがUltrabookというもの。各メーカーのスペックを見ると、

  • ディスプレイは11.6型か13.3型
  • SSD128GBくらい
  • メモリ4GB
  • 薄型軽量

というのが標準的な構成。これみて何を思います?まるっきりMacBook Airですよね、、、
意識してるのは嫌でも分かる。

Macbook Airに対する誤解

今の構成になったMacBook Airが発売されたのは2010年秋。以来、僕も購入したし本当にAirユーザーは増えた。普段見かけるMacユーザーの半分以上はAir使ってるんじゃないかっていうくらい多い。IT関係の勉強会とかいくと、その比率はさらに高まる。ほんと驚くくらいの普及率なんだが、それだけ魅力がある端末って事なんですよね。

だからメーカーとしてその領域に進出するのはある意味当然だとは思うのだが、UltrabookとMacBook Airで大きく違う事がある。それは、

Macのラインアップ内でAirは最安機種であるということ

薄型軽量パソコンというのは昔でいえばVAIO505みたいに一定の需要は必ずある。そして薄型軽量というのが付加価値になるため、少々高くても欲しい人は買うというある意味ヘビーユーザー向けの機種だった。MacBook Airはそれを一気にエントリー機種にしてしまったわけだが、Windows系PCメーカーはそうなっていない。5万円前後で買えてしまう機種が沢山ある。そうなると、Ultrabookは10万円くらいの価格らしいので相対的に高級機の位置付けとなってしまう。

Ultrabookで売れまくってるMacBook Airに対抗!
下がり続けているパソコン販売価格もこれで少しは上昇する!!

なーんてことをもしもPCメーカーが考えてるとしたら、甘い気がする。Ultrabook最大のライバルはMacBook Airではなく半額程度で買える自社のエントリー機種なんじゃないかと思う。

ちなみに個人的にはUltrabookはちょっと興味あるw

SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)

2 件のコメント

  • 後で出す割にはデザインが百万年遅れてますね。ただで貰っても要らないわ(笑飛

    • デザインはほんと残念な感じですよね、、、
      特にSONYとかはひどい、、