iMac 5K(Late 2015)長期利用レビュー【男のロマン】マニアックに使えるデスクトップPCの魅力を再認識

iMacは便利です!
SPONSORED LINK

2017年1月にiMac 5K Retina 27インチ(Late 2015)を購入して、1年が経過した。

iMac Retina 5K VESAマウントアダプタ搭載モデル開封レポート。スタンド版との違いをチェック

2017.01.13

以来、2泊3日以上で自宅を空けたことは無いので、使用時間の差はあっても文字通り毎日使ってきたわけだが、良い買い物をしたと思っている。

会社でも、自宅でも、ここ5年くらいはノートPCばかり使っていた僕にとって、

今更デスクトップPCに『回帰』するのか?

という疑問は消えないまま、ポチったわけだが、結果的にはこれが大正解だった。

ブログ執筆の、生産性は確実に上がった。

また、2017年の大きなトピックとして、新しいイベント『岡山ブログカレッジ』を立ち上げ、ここでは講演動画を共有するために、動画作成を行うようになった

これには時間がかかるので、マシンパワーという意味でも助かった。

最低3年、できれば5年は使う想定で購入したが、次もiMacにしようと決意するくらい満足度は高い。

僕の使い方は、わりとマニアックなところも多いが、

1年使い続けたiMacの魅力

を紹介しようと思う。

デスクトップPCなんて『時代遅れ』と思っていた

2018年1月のデスク

2018年1月のデスク

僕が初めてパソコンを購入したのは1998年の話。

確かWindows 98が入ったNECのデスクトップPCだったが、当時はパソコンと言えばデスクトップだった

ノートPCも存在したが、値段が高かった。

だが、その後ノートPCはどんどん進化し、主流派となっていく。

  • 持ち運び出来る
  • キーボードが一体化しているので、ケーブル類がスッキリしている
  • 価格も安くなった

などの要因で、2010年頃にはパソコンと言えばノートPCになった。

僕は会社では2005年頃からノートPCだったが、自宅はわりと長い間デスクトップで、2011年のMacBook Air購入がきっかけだ。

自宅も外出先も、これ1台で完結させる

というのがこれからの使い方で、デスクトップPCなんて時代遅れという考えもあった。

だが、自宅も外出先も同じ環境が使えるメリットは確かにあるものの、自宅で不自由なく使えるパソコンとなると、高スペック(=重い)パソコンになる

重いというただ一点で、持ち歩くのが面倒になるという矛盾、、、

だが、2016年4月に12インチMacBookを購入して、軽くて薄いモバイルPCの機動力を知ると、1kgを超えるPCなんて持ち歩けなくなった

【レビュー】12インチMacBook(Early 2016)は最高評価!1年以上使い続けた感想のまとめ

2016.12.28

その結果、巡り巡って、

  • 自宅はデスクトップPC
  • 外出先は機動力重視のモバイルPC

というスタイルに行きついた。
カッコイイとか、時代遅れとかそんなものではなく、

役割分担

の問題と感じた。
作業効率を求めるならやはりデスクトップPCが良いとというのが、2018年時点における僕の考えだ。

デスクトップとノートはどっちがいい?iMacを使って分かったデスクトップPCの魅力

2017.07.19

デスクトップPC『iMac』の魅力

iMacの箱

iMacの箱

2017年1月に購入した、iMac 5K Retina 27インチ(Late 2015)は『2015』とつく通り、2015年10月に発売した。

つまり、この記事を書いている2018年1月時点から見ると、2年以上前のモデルとなる。

結構古いモデル

そういう印象を持つと思う。
実際2017年1に購入する際も、近々新モデルが発売すると言われていて、新モデルを待つかどうかかなり悩んだ(実際は半年後の2017年6月に登場した)。

確かに、ベンチマークなどを取れば最新モデルの方が早いのは言うまでもないが、実使用上で差が出るかと言えばそこまで感じることはないと思う。

モニターアームに接続出来るVESAマウントモデル

モニターアームに接続出来るVESAマウントモデル

それでも感じたデスクトップPC『iMac』の魅力(メリット)は、

  • (主観はあるが)とにかく早い
  • 広大なディスプレイ
  • 大容量メモリが搭載出来る
  • 作業スペースを『基地化』出来る

ことにあると感じた。

そして、小さなことだが自宅で使うことが前提になるので、

最新モデルにこだわる必要性が薄い

というのも魅力かもしれない。だって、

見せびらかそうにも、持ち歩けないw

ガジェットヲタク的にはなるべく最新モデルを使いたいし、自慢もしたいが、そういう欲求と無縁でいられるのがデスクトップPCの魅力とも言える。

また、例えば重い・デカいなどのデメリットもあるが、デスクトップPCなら当たり前なのでこの記事では敢えて触れない。

iMac Retina 5Kの買いどきは欲しい時!新型(Late 2017)を待たず購入した理由

2017.01.08

とにかく早い

作業効率が上がる

デスクトップPC最大のメリットはやはり、早いことだろう。

モバイルPCはバッテリー駆動時間とのバランスや、熱処理の関係もあり、CPU本来のスペックを活かすのは案外難しい。

夏場は熱くなって、ファンが常時回りっぱなしなんていうのも珍しく無く、そうなると途端に遅くなる。

だが、iMacを購入してからは真夏の暑い時も含めて、遅いと感じたことがほとんどない。

  • Parallelsで並行稼働しているWindows 10
  • ブラウザは10タブ以上
  • Lightroomなど重たい画像管理ソフト
  • ブログエディタ

を立ち上げていても、全くへこたれない

CPU稼働率は高くてもせいぜい50%、メモリは24GB積んでいるので、20GB程度使うことも多いが、安定感が抜群だ。真夏でもファンが回ることがほとんどない

そして、一番驚いたのが動画エンコードをした時だ。

2017年4月から開始した岡山ブログカレッジは、講演動画を参加者向けに共有している。

この動画は、無駄に高画質な4Kで撮影しているのだが、

  1. iMovieで編集
  2. 4K画質で出力

なんてことをやっても、ファンは回っても、動画エンコード中に普通に操作できる

iMacの前に使っていたMacBook Proだと、動画エンコードを行うと、重すぎで使い物にならなかった。

どこまでいじめたら音を上げるんだろう

と購入から1年経った今でも、限界を知らない印象がある。

広大なディスプレイ

27インチディスプレイと縦置きディスプレイ

27インチディスプレイと縦置きディスプレイ

27インチiMacは5Kディスプレイなので、とにかく高解像度だ。

だが、高解像度ディスプレイでも画面が大きいと、見やすいエリアというのは自然に決まってくる

僕はブログ執筆がメインなので、エディタアプリを一番見やすい場所に配置し、他を周りに散らすような使い方をしている。

僕はここまで大きなディスプレイを使うのが初めてだったが、大型ディスプレイを使うメリットは、

役割毎にエリアを完全に決められる

ということだと気がついた。

ディスプレイは大きく分けて3つの役割分担

ディスプレイは大きく分けて3つの役割分担

僕の場合、縦置きのフルHDディスプレイも使用しているが、

  • 中央は、ブログエディタ or ブラウザ
  • 右側は、SNSなどサブブラウザ
  • 左側は、カレンダー・リソースモニターなど参照系

という役割分担が、いつしか出来上がった。

こんなことは、ノートPC1台ではできない。

27インチiMacのデュアルディスプレイは、液晶を回転した「縦置き」が便利!試してみた

2017.01.27

大容量メモリが搭載出来る

iRam PC3-14900 (DDR3-1866) SO.DIMM 16GBを購入

iRam PC3-14900 (DDR3-1866) SO.DIMM 16GBを購入

負荷の掛かる処理、広大なディスプレイ、これらの実行環境を支えているのは、CPUではなくどちらかと言えばメモリだ。

Macは昔からメモリ消費が多いと言われる。

iMac購入前に使用していたMacBook Proは8GBメモリで、最後の方はメモリ不足に悩まされていた。

MacBook Proはメモリ16GBへ増設がおすすめ!メモリ不足に悩まされた体験と後悔の記録

2014.07.03

Macはメモリを積めるだけ積め

という意見を昔から使っている人ほどよく言うのだが、それを実感したので、iMac購入に当たってできる限り搭載した

27インチiMacはメモリが自分で換装できるので、

  • 元々入っている8GB
  • 増設メモリ16GB

で、合計24GBメモリの構成で運用している。

足りなくても32GBまで増やせる余力は残しているが、1年間使った感じだと、Windows 10(メモリ割当は4GB)を並行稼働させても、不自由なく使えている。

この構成でのメモリ使用量は平均20GBなので、Windowsを動かさなければ余裕だ。

Windowsも本気で使う場合は、Macのメモリを32GBにした上で、Windowsには8GB割り当てるとかなり快適になりそうだ。

MacBookシリーズはメモリ増設ができないので、こういう自由度はデスクトップならではとも言える。

Macが遅いならメモリ増設が効果絶大!iMacのメモリを増やす方法とそのメリットとは

2017.01.18

作業スペースを『基地化』出来る

2018年1月のデスク

2018年1月のデスク

そして、デスクトップPCを使う最大のメリット。

動かせないというデメリットの裏返しともいえるが、徹底的にマニアックな環境を作り込めることだと思う。

ノートPCはカフェなど外出先はもちろん、自宅でも、

  • 書斎などのデスクに座って
  • ソファに寝転がって
  • ダイニングテーブルに座って

という感じで作業場所を柔軟に変更する事ができる

デスクトップPCはそれができず、さらに言えば十分なスペースも必要になるのだが、仕事場として環境を作り込むことができる

僕は自宅リビングの一角が作業スペースなのだが、iMacの購入前に机を拡張した。

そして、液晶ディスプレイなどはもちろんだが、

など、様々なアイテムを揃えて、作業環境を『基地化』した

これは、

男のロマンでもあるw

椅子とかもいいものを揃えた

椅子とかもいいものを揃えた

この環境は自分で言うのもなんだが、最高に快適で、

もうここにずっといたい、、、

って思うくらいだ。

こういう環境が作れるのは、やなりデスクトップならではだと思う。

自宅だと作業に集中出来ないから、外に出る

なんて人は多いし、僕も実際そうだったが、この環境になってからは、自宅作業を何よりも愛するようになった。

だから、結果として外に出る時間などがなくなったので、ブログ執筆に使える時間が増えて、アウトプット量は増えたと感じている。

ブログをもっと書きたい!快適な作業環境を求めて購入したPC・Mac周辺機器まとめ

2016.04.07

終わりに

今の時代デスクワークの大半はパソコンを使う仕事だ。

今回紹介した内容はiMacしかできないこと『ではない』のも1つのポイントで、

  • Windowsのデスクトップでもいい
  • ハイスペックなノートPCに、外部ディスプレイを接続してもいい

ので、ご自身にあったPCを選べばよいと思う。

だが、

  • ケーブルなどが少ないオールインワンデスクトップ
  • モニターアーム接続モデル(VESAマウント)がある

というのはiMacならではといえ、僕にとっては27インチiMacは最適なパソコンだったというのは申し添えておこうと思う。

パソコンの作業効率UPなどを模索している方の、参考になればと思う。

iMacを購入する

iMacはAppleストアや家電量販店で販売されています。

購入はメモリ増設などカスタマイズが可能で、宅配になるオンラインストアでの購入がおすすめです(大型で持って帰るのは大変です)。

ブログをもっと書きたい!快適な作業環境を求めて購入したPC・Mac周辺機器まとめ

2016.04.07

Macのまとめページ

SPONSORED LINK

iMacは便利です!

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)