遂に発売!MacProの全部盛りUltimateモデル「103万円」を見て感じるAppleの自信

iMac
SPONSORED LINK

今年夏に行われたWWDC2013で発表されて、年内に発売が予定されていた新しいMacPro。

年末に迫った昨日からついに発売が開始された!

MacBook Pro Retinaを購入したばかりだし、今更デスクトップPCを使う気も無いので購入する予定もないが、気になるのはやはり価格。最小構成で30万オーバーというのにも驚くが、逆に全部盛りのUltimateモデルにしたらどうなるのかも気になる、、、

SPONSORED LINK

MacProのUltimateモデル

スペックは以下のような感じになる。

  • CPU:2.7GHz 12コア、30MB L3キャッシュ
  • メモリ:64GB(16GB x 4)1,866MHz DDR3 ECC
  • SSD:1TB
  • GPU:デュアルAMD FirePro D700 GPU

この構成で「¥1,031,399」なり!
安い軽自動車なら買えちゃう値段ですよw

ちなみにカスタマイズで一番高いのはCPUで「¥334,700」。どんだけ高いCPUよと思いよく見たら、「12コア」との記載。どこのサーバー機ですかw

もはや笑ってしまうようなスペック。

MacProはどんな人が使うべきか

今まで高額だと思っていたMacBook Pro Retinaディスプレイモデルが安く感じてしまうような値段だが、実際のところここまでのスペックを必要とする人ってどれだけいるのだろうと思う。

昔から比較的高スペックなマシンを必要としている人としては以下ぐらいが思いつく。

  • 開発者(プログラマー)
  • グラフィックデザイナー
  • 映像制作

開発者(プログラマー)は僕もそうなのだが、10年前ならともかく今は一般的なPCでも十分。Eclipseなど比較的重いIDE(統合開発環境)と、ローカルに構築した検証環境を動かすにしても、ストレージはSSDでメモリは8GBくらいあればほぼ不満無く動かせる。この構成も今やそれほど高価な構成ではなくなった。

グラフィックデザイナーは主にPhotoshopなどAdobe系アプリケーションを複数立ち上げて、大きな画像を処理する事が多いので、大抵の人はメモリが沢山欲しいという。それでも16GBもあれば大抵は事足りるだろう。

残るは映像制作を行う人だが、MacProのスペックが必要になるとしたらこの人達なんでしょうね。しかも、プロとして活動しているような本格的なレベルの。

後はもうAppleファン以外しかないが、ネタで買えるレベルの値段ではないですねw

終わりに

こんな超絶スペックのパソコンを誰が買うんだよと思わなくもないが、納期は既に2月。アメリカ国内での生産にこだわった、「Made in USA」製品故かもしれないが案外人気があって驚く。

でも、この製品をみて思うのです。ブランド力のある企業はすごいなと。
例えば富士通が同じスペックで「Made in JAPAN」として売り出したとしても、多分買う人はほとんどいない。半額でもほとんど以内だろう。SONYならもしかしたらと思うが、それでも恐らく厳しい。

MacProを買うのはやはり「Mac」というか「Apple」だから買うんですよね。iPhoneのように多売する製品ではないが、それでも売れるという自信が無ければ、こんな製品は作れないと思う。繰り返しになるが、安い軽自動車なら買えるようなパソコンを今どき誰が買うんだって話だ。

技術力は高いと言われる日本だが、やはり付加価値がなければ、今の時代特に高価格製品は売れない。そういうブランディングの下手さが、今の日本メーカーがダメと言われる一番の理由なんだなと、改めて思い知らされた気がする。

デスクトップタイプのMacは、Appleストアや家電量販店で販売されています。

一般ユーザーでもカスタマイズできるのは、iMacのメモリ増設くらいなので、スペック選定は慎重に行ってください。

デスクトップタイプのMac
  • オールインワンの「iMac
  • ディスプレイなど全て別売りだがコンパクトな「Mac mini
チー
僕は2019年4月までiMacを使っていたけど、平成30年7月豪雨の体験を経て(被災はしてません)、コンパクトなMac miniに切り替えました
Mac miniを搭載したデスク(Thunderbolt 3のディスプレに接続)

27インチiMac 5KからMac mini 2018に買い替えました。不満はないけど大型デスクトップをやめたのは「災害時の故障リスク」

2019年10月30日
Mac mini 2018パッケージ

Mac mini 2018購入レポート。カスタマイズのポイントは?CPUは「Core i5」、メモリは「16GB以上」がおすすめ

2019年11月8日

Macはどこで買うのが安いのか?

パパンダ
Macは10万円以上する高い買い物だし、「少しでも安く」買いたい!
チー
それなら「ビックカメラ」か「Amazon」がおすすめかな。ポイントは大してたまらないけど、特に「dポイント」が使えたりするので。
簡単に比較するとこんな感じ。
2020年1月時点の「MacBook Air」販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗タイプ定価(税別)値引き実質価格
Apple Store128GB119,800円-119,800円
256GB139,800円-139,800円
Amazon128GB112,750円6,089ポイント106,661円
256GB133,120円7,189ポイント125,931円
ビックカメラ.com128GB112,750円6,088ポイント106,662円
256GB133,120円7,188ポイント125,932円
Macを買うならどこがお得なのかを考察

Macはどこで買うのが安い?値下げはいつ?Apple Store・家電量販店・Amazonで比較してみた

2019年12月25日

Macのメモリ増設について

MacはWindowsと異なり、メモリがあればあるだけ使うので、多いほど動作が速くなります。近年のMacはCPUを増強するより、メモリ増設の方がおすすめです。

チー
迷ったときは、「メモリを16GB」に増設しておくとかなり快適に使えます!

Macが遅いならメモリ増設が効果絶大!27インチiMacのメモリを増やす方法・対応メモリとそのメリットとは(Late 2015・2017・2019)

2017年1月18日

MacBook Proはメモリ16GBへ増設がおすすめ!メモリ不足に悩まされた体験と後悔の記録

2014年7月3日

一緒に使いたいおすすめアクセサリ

チー
僕がデスクトップタイプのMacユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。

特にThunderbolt 3」対応製品はチェックしてみて欲しい!
DSC01373

Magic Keyboardが不満のMacユーザーに捧げる。Logicool「CRAFTワイヤレスキーボード(KX1000s)」レビュー【PR】

2018年11月17日
東プレリアルフォースの外観

東プレ「REALFORCE91UBK-S(販売終了)」長期利用レビュー。Macでも使える?これから買う方に伝えたいおすすめモデルも紹介

2016年2月27日

デスクトップ型Macに関する記事

iMacは便利です!

27インチiMac 5K VESAマウントモデル(Late 2015)長期利用レビュー。書斎を「基地化」!マニアックに使えるデスクトップPCの魅力を再認識

2018年1月20日
Mac mini 2018パッケージ

Mac mini 2018購入レポート。カスタマイズのポイントは?CPUは「Core i5」、メモリは「16GB以上」がおすすめ

2019年11月8日

Macカテゴリートップ

2007年以来のMacユーザーである管理人が、これまで書いて来たMac関連レビューを、Macカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年1月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK