うつ病にかかりやすい人ってどんな人?責任感の強い人は気を付けよう

闘病期間
SPONSORED LINK

数週間前まで続いていた軽いデスマーチ。

約1ヶ月間だったがようやく終わって、現在は一息ついている状態なんだが、張り詰めた糸が切れたかのように体調がすこぶる悪い。

特に朝が辛くなってきて、休日に寝てしまうことが多くなった。この状態以前にも覚えがある。

そう、うつ病になり始めた頃だ。

SPONSORED LINK

責任感が強い人はうつ病にかかりやすい気がする

去年の今頃から約4ヶ月休職して、今年の4月に職場復帰して半年以上経つが、現在も一応通院と投薬は続けている。

初めての発症ってことでお医者さんには、治ったかなと言われてから半年間は通院を続けて欲しいと言われているからだ。

その「一応治ったかな」的な状態になったのが今年の10月くらいだった。

その後、仕事が忙しくなるのは分かっていたので、これをとりあえず昔のような感じで仕事してみて、結果どうなるかは自分の中でもお試し的な意味合いが強かったのだが、どうもまだ早かったのかもしれない。

自分で言うのも何だが、僕はよく言えば責任感が強く、悪く言えばタスクを自分で抱え込んでしまう傾向がある。

今回の仕事も別に僕がやらなくていいような事まで手を出してしまった面はある。

でも、暇なときならともかく、みんな忙しくしてる中でほっとくなんてできないじゃないですか。

ついつい、どうにかしようとしてしまう。これはもう人情のレベルとも言えるもので、正直僕にはやめられそうにない。

うつ病にかかりやすい人の行動(仕事)パターン

結果、また体調を崩したんじゃ目も当てられないが、うつ病になりやすい人の一つのパターンとして僕みたいな人はそうなんだろうな。

悪く言えば空気を読めないくらいにマイペースな人っているけど、逆にそれがちょっとうらやましい。

まあ調子が良くなってきたからと、勉強会とかにやたら顔出したりした反動もあるのかもしれない。

とりあえずしばらくは、元々職場復帰時に決めていた、

  • 復帰から1年間は頑張らない
  • 自ら仕事を取りに行かない
  • アピールしない

という普通のサラリーマンとしては失格かもしれないが、自分を守る手段として有効と判断した方法で生活していきますかね。

やっぱりうつ病って奥が深いというか、ほんと分からないね、、、

うつ病経験を経て、独立しました

2010年からうつ病を患い、休職などを経て会社員生活を続けていましたが、2018年7月に会社員を卒業し独立しました。

チー
安定した収入を失う恐怖はありますが、新しい「働き方」を模索しながら、その記録を発信していきます
ピープルソフトウェア株式会社

ピープルソフトウェア株式会社を退職しました。これから就職・転職する方に伝えたいことと、僕が会社員を卒業する理由

2018年8月1日

あわせて読みたい

SPONSORED LINK