MacBook Proも急速充電可能で何でもできる自宅用充電器の決定版!「Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー」レビュー【PR】

USB-C Lightningケーブルを使えばiPhone Xを急速充電可能
SPONSORED LINK

2015年にAppleが12インチMacBookを発売し、

  • インターフェースをUSB-Type Cに統一
  • 充電規格に、USB Power Delivery(USB PD)を採用

した。

この当時は採用製品も少なかったが、あれから3年経ち、

  • 12インチMacBookも採用を続けている
  • 2016年モデルのMacBook ProがUSB-Type Cを採用
  • Androidスマートフォンは、Micro-USBからUSB-Type Cが主流に
  • Nintendo Switchが採用
  • MacBook以外のPCでも採用事例が増える

など、先進的だがまだ珍しいインターフェースではなく、かなり一般的になった

USB-PD対応製品も増えているが、決定版ともいえるUSB-PD対応マルチポート充電器が登場した

Apple製品のアクセサリメーカーとして有名な、satechi社が販売する『Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー』だ。

早速紹介しようと思う。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

USBポートを複数搭載するマルチポート充電器の種類

マルチポート充電器の歴史と種類

『Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー』は、今やすっかり一般的になった気もする、マルチポート充電器の最新型だ

この手の製品は登場から5年ほどの歴史があるが、大きく分けると3世代のタイプに分かれる

  1. 単純なマルチポート(複数のUSBポート)
  2. 充電する機器に応じて、最適な電圧を調整する機能に対応(Anker社の『PowerIQ』などが代表)
  3. Quick ChargeやUSB-PDなど、急速充電技術への対応

2018年現在主流の機器は、2番のタイプで、ポート数やプラグの接続方式(折りたたみ式など)は様々だが、概ね2,000円程度で販売されている

これらの製品は、主にiPhone(1.0A充電対応)、iPad(2.4A充電対応)の充電規格の違いを吸収する目的という側面が強かったと思っているが、2017年以降は流れが変わってきている。

まず、

という感じで、特に新しい急速充電規格への対応が進んでいる。

新しい急速充電規格の恩恵は大きく、概ね2時間かかる充電が、ほぼ30分で終わる。

iPhone Xの場合、80%程度までの充電速度は3倍以上速い

2018年現在においても、ケーブル・充電器共にまだまだ高価だが、今から買うなら最新規格に対応したものが絶対におすすめだ。

USB-C Lightningケーブルの急速充電はほんとに早い!iPhone 8 Plusで試してみた

2017.10.04

『Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー』の特徴

『Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー』の外観(側面から)

今回紹介する『Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー』は、Amazon価格『6,999円』と少々高価だ。

しかし、USB-PD・Quick Chargeなど急速充電規格をほぼ全て満たしているという特徴がある。

高いな~と思うかもしれないが、この充電器の主要ターゲットであるMacBook Proユーザーが利用すると想定した場合、純正品と価格比較すると、

製品名価格
Apple 87W USB-C電源アダプタ9,504円
Apple 61W USB-C電源アダプタ8,316円
Apple 29W USB-C電源アダプタ5,616円
Satechi 75W トラベルチャージャー6,999円

なので、それほど高くはない。

MacBook Proの付属ACアダプタは外出用に使い、自宅用はSatechi製を使う

なんて使い方はありだと思う。

余談だが僕は12インチMacBookに関して、

という使い分けをしている。

自宅での充電場所はほぼ決まっているので、純正ACアダプタの利用頻度は低い状況になっている。

『Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー』開封レポート

『Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー』のパッケージ

『Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー』のパッケージ

『Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー』のパッケージ裏面

『Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー』のパッケージ裏面

簡単な開封レポートを。

価格が約7,000円と高価なので、パッケージも質感が高く高級感がある。

パッケージ開封後

パッケージ開封後

開封するすると、本体が登場する。

同梱品は、

  • 本体
  • ACアダプタ
  • 取扱説明書

の3つのみだ。

『Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー』の取扱説明書は日本語対応

『Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー』の取扱説明書は日本語対応

今回はSatechi社の日本法人が販売する正規品であるため、日本語マニュアルも付属している

『Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー』の外観(正面から) 『Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー』の外観(側面から)

本体の外観はスペースグレーのシックな雰囲気となっている。

質感が非常に高く、派手さはないがどこにおいても、違和感のないデザインと思う。

ポートはUSB-Cが1つ、USB-Aが3つで1つはクイックチャージ対応

ポートは全部で4基搭載している。上から、

  • USB-C(USB-PD対応で最大60W出力)
  • USB-A(Quick Charge 3.0対応)
  • USB-A2基(最大2.4A)

となっている。

使用方法

使用方法

使用するときはこのような感じになる。

『Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー』の充電性能比較

早速手持ちの機器で、様々な機器を充電してみた。

『Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー』は最大75Wでの出力が可能となっているが、ポート毎に規格が決まっている。

細かいが内容をまとめると、以下のようになる。

ポート最大出力規格
USB-C60W5C3A, 9V3A, 15V3A, 18V3A, 20V3A
USB-A(QC3.0)18W3.6V〜6V 3A, 6V〜9V 2A, 9V〜12V 1.5A
USB-A(2基)12W5V/2.4A(2基最大)

最大のポイントは、USB-CポートからUSB-PD規格で最大60Wで充電可能という部分だ。

60W出力できる充電器は非常に珍しく、ほとんどのUSB-PD対応機器は30Wまでであることから、さらなる急速充電に対応していることになる。

ただ、60W出力の恩恵を受けられる機器も少なく、具体的に言えば、

2016年以降のMacBook Pro

ずばりこれを意識しているといえる。

MacBook Proは13インチが61W、15インチが75Wの充電器を同梱しているので、イメージ的には、

13インチは最大速度で充電、15インチは少し遅い

という感じになる。

USB-PDは、

  • 充電器
  • ケーブル
  • 充電される側の機器

この3点セットが全て規格を満たさないと作動しないので、60W出力に対応しているからと言って、30Wまでしか対応していない12インチMacBookも60Wで充電されるわけではない

同じく、iPhone 8・iPhone X・iPad Proについても同じことがいえるため(30W出力までしか対応していない)、誤解しないようにして欲しい。

iPhone 6sを充電

iPhone 6sは1.0Aで充電

iPhone 6sは1.0Aで充電

まずは通常のUSB-Aポートで、iPhone 6sを充電。

1.0Aくらいで充電されている。

iPad Air 2を充電

iPad Air 2は2.4Aで充電

iPad Air 2は2.4Aで充電

続いて同じUSBポートに、iPad Air 2を接続して充電。

2.4A前後の最大出力となっている。

iPhone Xを充電

USB-C Lightningケーブルを使えばiPhone Xを急速充電可能

USB-C Lightningケーブルを使えばiPhone Xを急速充電可能

続いてUSB-Cポートに、USB-C Lightningケーブルを接続し、iPhone Xを充電

計測器が使えないので数値はお見せできないが、80%まで概ね30分という公称値は嘘ではないことということを申し添えておく。

ただ、この充電には1つ条件があり、Apple純正のUSB-C Lightningケーブル(1Mが税抜2,800円)が必要となる。

USB-C Lightningケーブルの急速充電はほんとに早い!iPhone 8 Plusで試してみた

2017.10.04

12インチMacBookを充電

P104072312インチMacBookは定格の30Wで充電

12インチMacBookは定格の30Wで充電

最後は12インチMacBookを充電してみた。

USB-Cポートに接続すると、約30Wで出力されていることが分かる。

僕は、

  • 60W充電に対応したMacBook Proをもっていない
  • Quick Charge3.0に対応した機器をもっていない

ということで、『Satechi Type-C 75W トラベルチャージャー』の限界を試すことはできなかったが、スペック通りに動作していることはお伝え出来たかと思う。

USB-PDの充電テストに最適!「Satechi USB-C パワーメーターテスター」レビュー

2017.07.04

終わりに

2018年現在としては、ほぼフルスペックで全てを満たすと言えるマルチポート充電器と感じた。

その分、お値段もAmazon価格6,999円とお高いが、最後にもう1点補足したいことがある。

それは、

大電流を流す機器は、メーカーの信頼性も重要

ということだ。

恐らく同様のスペックを持つもっと安価な製品は存在すると思うし、今後も登場すると思う。

だが、特にUSB-PDやQuick Chargeは従来の充電と比較すると、数倍の大電流を流す。それはすなわち、発火など故障が発生した時の、影響も大きいしリスクも高まることを意味する。

そういう意味で、基本は純正品が無難とは思うが、USBという汎用規格を利用するメリットは、サードパーティーからもたくさん製品が発売することだ

そんな中で、Satechi社はApple系のアクセサリメーカーとして歴史と信頼を誇っており、その辺りは18ヶ月というかなり長い保証期間にも表れている

マルチポート充電器の買い替えを考えている方や、12インチMacBook・MacBook Proを購入した方には、自宅用の充電器として是非おすすめしたい一品だ。

12インチMacBookのおすすめ急速充電器!Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryレビュー

2016.05.28

12インチMacBook対応USB-C Power Delivery(PD)充電ケーブル。エレコム「USB3-CCP05NBK」レビュー

2016.07.12

MacBookも急速充電できる!USB-PD対応「RAVPower 20100mAh USB-C PDモバイルバッテリー」レビュー【PR】

2017.07.12

USB-C Lightningケーブルの急速充電はほんとに早い!iPhone 8 Plusで試してみた

2017.10.04
SPONSORED LINK