サブスマホにiPhone SEを購入。スマホ2台持ちのメリットと使い分け

iPhone 5s/5c/SE
SPONSORED LINK

2017年3月にiPhone SE 64GBローズゴールドを購入した。

僕は基本的に毎年最新のiPhoneを購入しているが、多少古いiPhoneをサブスマホとして残し、日常的に持ち歩いている。

いわゆる、

スマホ2台持ち

なのだが、僕がスマホ2台持ちをする目的・メリット・使い分けなどを紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

ドコモ旧モデルの値下げスマホ『端末購入サポート』制度を利用

iPhone SE

iPhone SE

iPhone SEを購入した理由はいくつかあるが、一番大きい理由は、

旧モデルとして値下げされている

ことがある。

iPhone SEの価格

iPhone SEの価格

64GB版の購入価格は22,680円。
AppleのSIMフリー版は49,800円(税別)なので、docomo回線を利用し続ける分には、半額で購入できるイメージとなる。

2017年3月時点の情報です

このきっかけとなる制度が、『端末購入サポート』という制度。

いわゆる実質0円の原資となっていた、2年間の利用で端末が安くなる割引(月々サポート)を、1回で受けられるというのが最大の魅力で、2年縛りならぬ1年縛りを受ける事になるが、今回の回線は母親用であり解約する予定がないこともあり、全く問題にならない。

ドコモの端末購入サポートとは?月々サポートとの違いを知って機種変更でスマホを安く購入しよう

2017.03.06

というわけで、2017年3月1日にドコモオンラインショップで機種変更として購入した。

dポイントを利用し0円で購入

dポイントを利用し0円で購入

端末購入サポートとして値下げされる旧モデルは、随時変わっているため、最新の対象機種は以下の記事を確認して欲しい。

【2018年9月版】ドコモ旧モデルスマホのおすすめは?機種変更でもお得な値下げモデルを狙おう

2018.04.15

iPhone SEを購入した理由

iPhone SEの化粧箱

iPhone SEの化粧箱

背面には『iPhone SE』の刻印

背面には『iPhone SE』の刻印

ドコモオンラインショップで購入したiPhone SEが早速届いた。

iPhone SEは2016年3月に発売した、4インチ液晶ディスプレイを搭載するiPhoneの最新モデル。

iPhone SEとiPad Proを発表したAppleの狙いは?低価格・コンパクトがポイント

2016.03.22

位置付けとしては、iPhone 5sの後継モデルに辺り、発売当時の最新モデルであるiPhone 6sのスペックに近いという特徴がある。

2018年現在でもスペック的に見劣りはしない。

とはいえ、僕は例年9月に発表&発売される最新のiPhoneを毎年買っている人間

「何に使うの?」って思う方もいるだろうが、

利用用途は『サブスマホ』

と考えている。

つまり、スマホ2台持ちするためだ。

SPONSORED LINK

サブスマホとしてスマホ2台持ちするメリット

サブスマホはiPhone 6s Plus

サブスマホはiPhone 6s Plus

2017年2月時点における、僕のスマホ構成は、

  • メインスマホ:iPhone 7
  • サブスマホ:iPhone 6s Plus(海外版SIMフリー)

だった。
実はスマホ2台構成というのは、2016年3月に海外版SIMフリーのiPhone 6s Plusを購入した時が初めてだった。

アメリカで海外版SIMフリーiPhoneを購入。技適やシャッター音など国内版との違いをチェック

2016.03.31

で、この体制になって思ったのが、

スマホ2台持ちは便利

ってことだった。

バッテリー切れに強くなる

2016年はアイドルグループ『わーすた』にハマったなど、遠出する機会が増えた。

旅行などで外出すると、移動時間が増えるためスマホを触る時間が増える。

そうするとバッテリー切れも当然増えるわけだが、充電がキレたらカバンに突っ込んで、モバイルバッテリーで充電させて、サブスマホを使えばいいというのが案外楽だった。

ケーブルに繋いだスマホを持ち歩かなくて良いからだ。

ケーブルに繋いで持ち歩くのって不便だし、危ないと思う。

サブスマホは、無駄と思っていたが、旅行などで長時間外出する時、合理的だと思うように考えが変わった。

MacBookも急速充電できる!USB-PD対応「RAVPower 20100mAh USB-C PDモバイルバッテリー」レビュー【PR】

2017.07.12

モバイル回線を複線化しトラブル対応

もう1つサブスマホを使うメリットは、モバイル回線の複線化だ

僕はドコモ回線をメインに使用しているが、例えばドコモで通信障害が発生した場合、かなり困ることになる。

なので、敢えてau回線を使う格安SIMを契約し、複線化している。

  • メイン回線:ドコモ
  • サブ回線:au(UQ mobile)

という体制も出来上がり、通信障害が発生したりド田舎に行っても、余程の事がない限りモバイルデータ通信が使えないということはないだろう

マニアックなことをしている自覚はあるが、au回線用に契約した「UQ mobile」は、月1,000円以下の維持費なので保険と考えたら大した負担ではない

UQ mobileの速さと手軽さは反則!旧型iPhoneを長期利用する初心者におすすめの格安SIM

2017.10.11

2台持ちのサブスマホ選定基準

どこにでも指が簡単に届く

どこにでも指が簡単に届く

このように活用している、サブスマホだが『サブ』なので選定基準もメインスマホとは異なっている。

基本は、

新規購入ではなく、以前使っていたスマホ

になると思う。

僕は2017年3月にたまたま安売りされていたiPhone SEを新品で購入したが、これはタイミングが良かっただけだ。

ただ、選定基準は当然あった。

コンパクトで軽いスマホであること

2台持ちのサブスマホは、日常的に利用することは少ない。

基本的にはカバンに忍ばせておくという使い方なので、デカくて重いスマホだと荷物に感じてしまう

なので、何よりも重視したのは軽くてコンパクトなスマホであることだ

その部分で、4インチのiPhone SEは最適だった。

SIMロック解除してSIMフリー化できる

左がiPhone SE、右がiPhone 5s

左がiPhone SE、右がiPhone 5s

実は4インチのiPhoneはまだ持っていた。
docomo版iPhone 5sスペースグレイで、4インチiPhoneは手元に残しておきたかったことが理由だが、1つ欠点があった。

SIMロック解除できない

ということだ。
2015年6月以降に発売した端末については全てSIMロック解除可能となったが、iPhone 5sは対象外。

格安SIM(MVNO)の利用を考えた時、一番使いやすい(MVNOの大半はドコモ回線を利用する)のは事実だが、今僕のメイン回線はドコモだし、全てがドコモ回線というのはリスクと考えてしまう。

前述のモバイル回線の複線化を考えた場合、SIMフリーであることが必須なので、SIMロック解除できない端末は僕にとってメリットが薄かった。

だが、iPhone SEはもちろんSIMロック解除可能なので、その心配はない。

【docomo】SIMロック解除の手続き方法。料金・手順など疑問点をまとめました

2016.05.12

終わりに

抜群のフィット感

抜群のフィット感

サブスマホなんて必要あるの?

という意見は当然あると思う。

1つに集約した方が管理は楽だし、荷物も減る。

僕も実際にサブスマホを触ることは、週1回程度で、

基本は何かあったときの『保険』

と考えている。

今やスマホ無しの生活は考えられないし、ちょっと忘れただけでも不安になるものだ。

安心のためにサブスマホを作り、それは日常的につかうカバンに常に忍ばせておく、スマホ2台持ち生活はいかがだろうか。

【docomo】SIMロック解除の手続き方法。料金・手順など疑問点をまとめました

2016.05.12

ドコモの端末購入サポートとは?月々サポートとの違いを知って機種変更でスマホを安く購入しよう

2017.03.06

【2018年9月版】ドコモ旧モデルスマホのおすすめは?機種変更でもお得な値下げモデルを狙おう

2018.04.15

iPhoneカテゴリートップ

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

iPhone 5s後継となる、4インチiPhoneの最新モデル「iPhone SE」はUQ mobile・Y!mobileなどサブブランドを中心とした、格安SIMで幅広く販売されています(大手キャリアはdocomoを除き完売です)。

docomo版および格安SIMではSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です(Appleは販売終了)。

契約はオンラインショップがお手軽です!

iPhone SEレビュー。4インチiPhoneの魅力は手のひらに収まる「機動力」

2017.04.19

節約だけで格安SIMを選んで大丈夫?主婦/主夫目線で、安さNo.1でない「UQ mobile」を選択した5つの理由

2018.02.15

あわせて読みたい

SPONSORED LINK