【iPhone 8対応】パパが車好きの子供に見せたい木製iPhoneケース。CaseYard商品レビュー【PR】

SPONSORED LINK

iPhoneにケースを付けないと心が落ち着かないパパンダ(@papanda_life)です。

世の中にはたくさんのiPhoneケースがあり、どれを選ぶか迷いますよね。

今回は、

  • お子様が車好き
  • 格好いい車が好き
  • 木製ケースが好き

というひとにおススメするケースヤード(CaseYard)社のiPhoneケースです。

木目調から感じられる見た目の安心感、そして手触りのよさを感じられましたよ。そして、もちろん格好いいデザイン

では早速紹介します。

なお、僕が持っているiPhone 6sはiPhone 6sシルバーです。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

ケースヤード(CaseYard)『Daytona 24 Hour Race Cherry』の特徴

P1000924

一番右側が「Daytona 24 Hour Race Cherry」

今回紹介する、ケースヤード(CaseYard)『Daytona 24 Hour Race Cherry』は、アメリカはカリフォルニア州発祥のブランドが、デザインと品質にこだわってアメリカ国内で生産したものです。

なんだか、これを聞いただけでオシャレ(*‘ω‘ *)

さらに、海外の芸能人やハリウッドセレブも使用、インスタグラムやツイッターなどのSNSでも話題になっているそうです。

表面の木目調ですが、こちらはプリントではなく天然木材を使用しています。

そのため手触りが良く、使い込むほど味が出て独特の風合いを楽しめるそうです。

これは最初にiPhoneに装着したドキドキ感と、しばらく経ったときの風合いと、2回楽しめるケースですねぇ。

他の特徴としては、

  • ケース内側は独自開発の強化ポリカーボネート。それにより軽さと強度を両立。
  • ケース表面の縁を画面より少し高めの設計しているので、下向きに置いても画面に擦り傷が付かない。

など、iPhone自体にも優しい設計となっています。

なお価格は、Amazonで1,980円です。

ただし2017年9月現在、期間限定セールのため上記価格ですが、通常は2,380円です。

iPhone 6sだけではなく、iPhone 8、iPhone 7、iPhone 6にも対応しています。

開封レポート

P1000884

お菓子のパッケージみたい

簡単に開封レポートをします。

パッケージは、まるでチョコレートでも入ってそうな簡易的なパッケージになっています。

表面は透明なので、中身の商品がよく見えます。

P1000889

こんな感じで開封

中にはケース本体のみ入っており、特に説明書はありません。

P1000890

パッケージ上部にはジッパーが付いてます

では、本体を見てみましょう。

P1000891

ケースの表。木目は車の白い部分のみ

P1000895

内側はポリカーボネート

これが『Daytona 24 Hour Race Cherry』です。

絵柄部分が木材、他がポリカーボネートのため少し重めです。(27g)

装着の状態

P1000896

縁がポリカーボネートのため黒い

手持ちのiPhone 6sシルバーにつけてみました。

ポリカーボネートが、ちょっとした滑り止めにもなっており手で持ったところ、安心感も出てきました。

P1000897

絵柄。カメラが穴の中心にこない

絵柄のほうを見ると、まずカメラ位置に目が行きます。

上側に寄っちゃっています。「写真撮影に影響があるかなぁ」と思いましたが、もちろんそんなことなく普通に撮影できました。

iPhone 6sだと上記画像のようになりますが、

iphone7sample

iPhone 7・iPhone 8だとカメラが真ん中

iPhone 7・iPhone 8だと、ちゃんとカメラが真ん中にくるのでご安心ください。

iPhone 7とiPhone 8はカメラ位置が同じです
P1000906

各種コネクタ

P1000905

電源ボタン

P1000903

ボリュームボタン

電源ボタン、ボリュームボタンの下側ギリギリにポリカーボネートが迫ってきているので、若干ですがボタンが押しにくいです。

ただ、ここは慣れの問題かと思っています。

ケース装着時を持ったときの感想

先ほども少し書きましたが、側面のポリカーボネートが滑り止めの役目をしています。

ケースを装着したときの重量感は、特に感じませんでした。

ただ、ケース自体のデザインが角ばっているため、触感的に重くなったと感じるかもしれません。その反面、角ばっている部分が指の関節部分にしっかりハマり込むので、安定感があります。

iPhone本体側面の丸みがあるデザインが好きな場合、その触り心地は失われます。

他の2商品も紹介しちゃうぞ

P1000910

ギターとパイナップルの絵がカワイイ

今回は『Daytona 24 Hour Race Cherry』の紹介ですが、素敵なケースがあと2つもあるので、こちらも簡単に紹介しちゃいます。

ギターのデザイン『Acoustic Guitar Cherry』

P1000918

円の部分に奥行を感じる

こちらは、ギターが好きだったり、音楽好きのひとが持つといいかもしれませんね。

僕はなぜ、『Daytona 24 Hour Race Cherry』したかというと、息子が車好きだからです。

パイナップルのデザイン『Pineapple Cherry』

P1000917

見ただけで「夏!!」と思う

こちらは、パイナップルが好きだったり、南国が好き、夏が好き!!というひとにおススメです。

他の2点と違うのは、本体の装飾です。よく見てくださいね。

P1000916

表面がデコボコしている

木材に彫刻をしてあるので、デコボコしています

ただの絵柄デザインではなく、こうした変化も取り入れた素敵な仕上がりになっていますよ。

なお、両デザインともに内側や側面は『Daytona 24 Hour Race Cherry』と同じくポリカーボネートです。

そして、装着後のiPhone各種ボタン位置も同じです。

終わりに

P1000923

ケースヤード(CaseYard)『Daytona 24 Hour Race Cherry』(一番右側)

木目調が好き自然感あふれたケースを持ちたい、でも頑丈なものがいいというひとには、おススメです。

ただ木目だけを推しているだけではなく、本体をカラフルに仕上げ少しだけ木目を見せる

または彫刻を施し、見た目や触り心地を刺激する

そんな工夫がたくさん込められたケースでした。

他にも、お子様が車好き変わったデザインのケースが欲しいってひとにもピッタリですよ(*‘ω‘ *)

今のケースから少しだけ気分を変えてみたいなと思っているひと、こちらのケースはいかがですか。

iPhone 7ケースに関する記事

SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは、パパンダです(´・ω・`)。岡山県在住、38歳。 娘(2歳)と息子(3歳)の年子を持つパパです。『1年間のリモートワーク』さらに『1年間の育休』を取得したあと、思い切って会社を退職しました。 育児系を中心としたブログを運営しています。ブログ名:パパンダの年子育児ライフ URL:http://www.papanda-life.com