運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

iPhone SE(第2世代)のストレージ(容量/ギガ)は64GBで足りる?128GB・256GBが必要なのは動画を長時間撮る人だけです

iPhone SE(第2世代)のストレージをどうするか
SPONSORED LINK

2020年4月24日に発売する「iPhone SE(第2世代)」は、最小ストレージ(ギガ)が「64GB」となっている

2017年9月発売の「iPhone 8」・「iPhone X」以来、この傾向が続いており、毎回こんな悩みを聞く……

64GBで足りる?

「売れ筋」は少しでも値段の安い「64GBモデル」だが、長く使うことを考えた時、「大は小を兼ねる」と考えることが多いのも事実……。

この記事では以下を紹介しようと思う。

  • iPhone SE(第2世代)のストレージ(容量/ギガ)構成
  • 128GB・256GBが必要な人
  • 64GBで足りるのか
  • 容量不足が心配な人は「iCloud」容量を購入
チー
1時間以上の動画を頻繁に撮るような方は、128GB以上をおすすめするけど、それ以外の方は「64GB」で十分だよ
この記事ではiPhone SE(第2世代)向けの、ストレージ選びについて解説しています。

他モデルについては、以下の記事をご覧ください。

SPONSORED LINK

iPhone SE(第2世代)のストレージ(容量/ギガ)構成

iPhone SE(第2世代)発売

iPhone SE(第2世代)のストレージ構成は、「iPhone 11」と「iPhone XR」を踏襲している。

ストレージ構成と、Apple StoreのSIMフリー版販売価格をまとめると以下のようになる。

ストレージApple販売価格(税込)
64GB49,280円
128GB54,780円
256GB66,880円

ハイエンドモデルの「iPhone 11 Pro」の場合、64GBの次が256GBで差が大きく悩むのだが、iPhone SE(第2世代)の場合「128GB」があるので選びやすい

多くの方は、64GBと128GBで悩むのではないだろうか?

僕もそうだ。
基本64GBで十分という考えは、昔も今も変わらないものの、ある程度余裕は欲しいとも思う。

ちなみに僕は今回「128GB」を購入した。

これは、足りなくなったときの保険みたいなものと考えている

チー
iPhone SE(第2世代)は64GBと128GBの価格差が「約5,000円」と小さいので、大は小を兼ねると考えて選択しました

128GB・256GBストレージをおすすめする人

iPhone SEはSIMフリーでも税込5万円以下〜

冒頭で記載した通り、僕は基本的に「64GB」モデルをおすすめしている

では、「64GBを選択してはいけない人」はどんな人なのか。

僕の考えでは以下のような方だ。

64GBを選択してはいけない人
  • そもそも、今64GB以上使用している人
  • 通信契約が小容量(3GB未満)かつ、自宅にWi-Fiアクセスポイントが無い人
  • セミナー、イベントなど、スマホで長時間の動画撮影を行う人

逆に言えば、上記に該当しない方は64GBで十分

2020年現在のストレージ選択の、基本的な考え方は以下だと思う。

  • 大容量ストレージを選択して、通信量を抑える
  • 小容量ストレージを選択して、クラウド化する(=通信量は増える)

詳しくは後述するが、iPhoneのストレージ使用量を抑えるためには、iCloudの容量を増やすことが有効

しかし、「クラウド化」すると通信量は増えがちになる。

  • 自宅に固定回線(Wi-Fi)がない
  • 携帯キャリアと契約している通信量が、3GBなど極限まで削っている

そんな方はクラウド化には適さないので、大容量ストレージのiPhoneを購入するのが無難だろう。

また、今やセミナー・イベントの撮影をスマホで行うのも珍しくないい。

僕が大好きなアイドルグループ「わーすた」のファンは、1時間以上あるライブを4Kで全部録画するなんて強者もいるが、この場合あっという間に数十GBを消費する。

長時間動画を撮影する方も、大きい容量を選択した方が無難だろう。

チー
僕は子どもの行事を撮影することがあって、1時間くらいになるのも珍しくないから、最近は128GBか256GBを選択しています

ストレージは基本「64GBで十分足りる」理由

iPhone SE(第2世代)のスペックポイント

では、なぜ64GBモデルでも十分足りるのか。

理由は大きく分けて4点ある

64GBで十分足りる理由
  • 64GBは一昔前の最大容量なので「十分多い」
  • iCloudストレージが値下げされ、コスパが高くなった
  • iCloudフォトライブラリーに保存するとiPhoneの容量をほぼ使わない
  • iOS11以降は画像・動画フォーマットに「HEIF/HEVC」が導入された

64GBは一昔前の最大容量なので「十分多い」

とにかくコスパが高い

64GBという容量は、2015年あたりまでは「最上位モデルのストレージ」だった

このため、比較すれば少なく感じるが、大多数の方にとっては十分過ぎる容量。

ただ、スマホで動画を撮る人が増えた結果、容量が足りなくなるシーンも増えてきたし、僕もそうだが子どもがいると、写真を撮る頻度は高くなる。

なので、容量を空けても、定期的に整理しなければあっという間に数十GB使ってしまう。

かといって、「時間をかけて定期的にデータを整理する」なんてことは面倒……

なので大容量モデルを選ぶべきかと悩むわけだが、ここで価格を見て欲しい。

以下の表は、ドコモ版とAppleが販売するSIMフリー版の、ストレージ構成と価格比較。

  • 64GBと128GBの価格差は「約5,000円」
  • 128GBと256GBの価格差は「約10,000円」
  • 64GBと256GBの価格差は「約15,000円」

容量と価格は比例するが、価格上昇率という意味で、「128GB」はコスパが高いと言える

基本的な方針は以下が無難かと思う。

ストレージの選択基準
  • 基本は「64GB」
  • 容量不足が心配なら「128GB」
  • 1時間以上の4K動画を撮影するなら「256GB」

ただ、どうしても低容量で乗り切りたい方におすすめしたいのが、「64GBモデルを買って、iCloudの容量を増やす」という方法。

ちなみにこれは、iPadにも同じことが言える。

iPad・iPad Air・iPad miniのストレージ選び

iPad・iPad Air・iPad miniの容量(ストレージ)は32GBか64GBで十分足りる?私の選び方は「最小容量」

iCloudストレージが値下げされ、コスパが高くなった

iCloud

iCloudストレージは、2020年5月時点で以下の価格帯となっている。

容量月額料金(税込)ファミリー共有
5GB無料×
50GB130円×
200GB400円
2TB1,300円

ここでポイントとなるのは、200GBプラン(月400円)

200GBプラン以降は「ファミリー共有」が可能となる。iPhoneを使っている人の家族は、iPhoneユーザーが多いので有効活用できるだろう。

そしてiPhoneなどApple製品を使うなら、iCloudが一番便利なクラウドで、「iPhoneのデータを自動的にバックアップする機能」が一番便利と思う。

これを使うためには、iCloudの無料容量(5GB)では絶対に足りない。最低でも50GB(月130円)が必要だが、家族で共有できる200GBの方が大人数で使うなら利便性が高い。

月額課金となるため、難色を示す方も多いが、1年使っても5,000円程度。

  • iPhoneの容量アップは「約5,000〜15,000円」
  • iCloudの容量アップは「年額5,000円」

256GBモデルを買うなら、単純計算同じ機種を3年以上使う場合、iPhoneの容量をアップした方が安いと言える。

しかし、バックアップを含めた利便性を考えるとiCloudの方がコスパが高いと思う

iCloud写真(iCloudフォトライブラリ)に保存するとiPhoneの容量をほぼ使わない

iCloud写真が便利

iCloudの容量を増やすと使いやすくなるのが、「iCloud写真(iCloudフォトライブラリ)」だ。

iPhone上で機能をONに設定すれば使えるものだが、簡単に説明すると以下のような機能。

iCloud写真
  • 写真、動画などのメディアデータは、「iCloud」へ自動的にアップロードされる
  • アップロード完了後は、同一Apple IDでログインしたiPhone・iPad・Macからも閲覧可能
  • iCloudへアップロード後は、iPhone内のストレージ使用量は激減する

最大のポイントは3つ目で、iCloud写真は画像データを端末に最適化して、iPhoneに保存する機能がある。

iCloud写真

なので、例えば写真を数千枚撮って一時的にストレージを大量消費しても、iCloudにアップロード後に最適化が完了すると「容量が増えてくる」という減少が発生する。

4K動画を長時間撮影した状態

上記画像は4Kの動画を1時間ほど撮影した時の、ストレージ使用容量。

左の画像がiPhone、右の画像がiCloudのストレージ使用量です
保存先全体容量使用容量
iPhone256GB83.6GB
iCloud2TB383.8GB

40GBの動画を撮り、iPhoneのストレージは83GB消費していた。これが一定時間経過すると以下のようになる。

iCloud二アップロード完了後のストレージ利用状況

iCloudにアップロード後一定時間経過すると、動画データは最適化され「40GB程度まで減っている」。

保存先全体容量使用容量(前)使用容量(後)変化
iPhone256GB83.6GB37.9GB-45.7GB
iCloud2TB383.8GB426.1GB+42.3GB

iCloudにオリジナルが保存され、iPhoneのデータは最適化される

これが数字でも読みとれると思う。

その代わり大容量通信が発生するので、最低限自宅のWi-Fi環境は必要になるが、特別な操作をしなくても勝手に最適化してくれるので使いやすいと思う。

また、iCloud写真を使うと、機種変更時のデータ移行が楽になるというメリットもある

チー
機種変更で、写真データがなくなったって方は、昔も今も多いけど、iCloudを使えばそのリスクは限りなくゼロになる
iPhoneの機種変更作業チェックリスト

iPhone機種変更で確実にデータ移行するために、必要な準備・やることチェックリスト(写真・Suica・Apple Watch・LINE・銀行ワンタイムパスワード)

iOS 11以降は画像・動画フォーマットに「HEIF/HEVC」が導入された

iOS 11で写真が便利に
iOS 11以降は写真が便利に

最後は細かい話だが、iOS 11から画像・動画フォーマットが変更されている。

「HEIF/HEVC」というフォーマットなのだが、細かい技術的なことは割愛して、最大のメリットは、

従来と比較して、データ使用量が半分程度に減った

ということだ。

iOS 11以降を搭載した、iPhone 7以降の端末で、フォーマットに『高効率』を選択した場合のみだが、これはかなり大きな変更だ。

「HEIF/HEVC」フォーマットで保存できる
「HEIF/HEVC」フォーマットで保存できる

単純計算はできないが、同じ容量で今までの倍くらい写真や動画が保存できるメリットは大きい。

Appleは大容量ストレージ無しでも使えるようにしている

iPhone SEはSIMフリーでも税込5万円以下〜

このことから言えること。

Appleは大容量ストレージでなくても、快適にiPhoneを使えるようにしている

ということだ。

iPhone 6s」の時代まで最低容量は16GBだった。このことには批判も多く、

容量不足でアップデートできない!!

なんて声もあってか、iPhone 7では最低容量が32GBになり、2017年に発売したiPhone 8以降は64GBになった。

以来、2年以上「最低容量は64GB」という状況が続いているので、この容量ならクレームも少なく、顧客満足度が高いとAppleが判断しているのだと思う

256GBなんて大容量は大半のユーザーには無用の長物だ。だが、必要な人もいるのでそういう人向けの、ハイエンドモデルと言える。

チー
iPhone 11 Proは最低容量を「128GB」にして欲しかったけどねぇ……。
iPhone販売価格の推移とアメリカとの比較

iPhone・iPad歴代モデル発売時の販売価格推移を振り返る。日本だけ高いのかアメリカの販売価格と比較してみた(2019年モデルiPhone 11までの情報)

終わりに

iPhone SE(第2世代)発売

というわけで、iPhoneのストレージに関しては、基本「64GB」を選択しておけば十分と思う。

iPhone 11 Proのストレージ利用状況

これはiPhone 11 Proの256GBモデルを、約6ヶ月使用したあとのストレージ利用状況。

完全に余っている……。

さらに、余談だが新しいiPhoneを購入した時、バックアップから復元すると思うが、バックアップから復元すると、余計なキャッシュなどが消えるせいか、残容量が増えるケースが多い

左がiPhone 7、右がiPhone 8 Plus以降直後
左がiPhone 7、右がiPhone 8 Plus移行直後

上記画像は2017年にiPhone 7からiPhone 8 Plusへ移行した時だが、残容量が増えているいる

そこからさらに数日経過すると……。

iCloudフォトライブラリとの同期が完了すると一気に容量が減った
iCloudフォトライブラリとの同期が完了すると一気に容量が減った

使用済みストレージが『18GB』まで減ってる!

これは写真・動画データーがiCloudに保存され、最適化されたため。

こんな感じで、64GBでも十分過ぎるくらいの余裕がある。

チー
繰り返しになるけど、長時間の動画・大量の写真を撮る場合は、一時的にiPhoneのストレージを消費します。

大容量が必要になるケースもあるのでそこは注意してください

iPhone SE(第2世代)はAppleおよび、大手キャリアから販売されます。

AppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、契約事務手数料が「無料」のオンラインショップがおすすめです!

買い方のポイント
チー
iPhone 11 Proと同じプロセッサ(A13 Bionic)を搭載し、ポートレートモードも使えて、「税込5万円以下」なので恐ろしくコスパが高いす!
iPhone SE(第2世代) (PRODUCT)RED開封フォトレポート

iPhone SE 第2世代 (PRODUCT)RED 開封フォトレポート。iPhone 8から何が変わった?マスクをつけても使えるiPhoneの実力をチェック

一緒に使いたいおすすめアクセサリ・サービス

チー
僕がiPhone SE(第2世代)ユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。是非チェックしてみて!
iPhone 8用の紹介記事ですが、大多数がiPhone SE(第2世代)にも対応予定のようです。
詳細は各製品のホームページをご確認ください
パパンダ
チーさん、多いよ……。
チー
あともう1つ!
Apple Payは本当に便利だから、「食わず嫌い」の方もだまされたと思って使ってみて欲しい!
パパンダ
Apple Payはチーさんに言われて使い始めたけど、確かに便利だった!
Apple Payは凄く便利なので、みんなに使って欲しい!

Apple Pay使ってますか?面倒じゃないよ!iPhoneのキャッシュレス生活が便利すぎるので、魅力を徹底解説

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でも大きなメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

ゆりちぇる
2020年5月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
【4G】docomoの最新キャンペーン
  1. ドコモの学割
    25歳以下なら最大12ヶ月間、ギガホが1,500円割引、ギガライトが1,000円割引!
  2. ギガホ割
    最大6ヶ月間、月額料金が1,000円割引!
  3. ギガホ増量キャンペーン
    通常30GB/月のデータ量が、2倍の60GBまで使える!
  4. 端末購入割引
    対象機種の購入で、最大22,000円割引か最大20,000円分のポイント還元!
  5. はじめてスマホ割
    ガラケーからスマホへのデビューで最大12ヶ月間、月額1,000円割引!
  6. はじめてスマホ購入サポート
    ガラケーからスマホへのデビューで、対象機種を割引!
【5G】docomoの最新キャンペーン
  1. 5Gギガホ割
    最大6ヶ月間、月額料金が1,000円割引!
  2. 5Gギガホ音声割
    最大12ヶ月間、音声オプションが700円割引
  3. 5G WELCOME割
    5G対応機種購入で、機種代金を5,500円割引、または20,000ポイントプレゼント!
  4. データ量無制限キャンペーン
    5Gギガホ契約で毎月の利用可能データ量がエントリー不要で無制限!
やぶなお
オンラインショップなら24時間受付可能で、最短翌日発送もできるので、手続きがすごく楽です。

お得な情報もドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
\ スマホがおトク!手数料無料 /

最新キャンペーンをチェック

docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

【2020年5月最新】最大3万円以上もおトクになる!?docomoのキャンペーンを賢く併用して、一番おトクな契約方法を紹介!

おすすめモデルについて

チー
おすすめモデルについて、タイプ別に解説します

料金プランと通信費節約方法

ギガホ・ギガライト
チー
ドコモ新料金プラン「ギガホ・ギガライト」や「スマホおかえしプログラム」の開始で、旧プランの受付終了など(docomo withなど)色々変わるので、オトクなのかを考察しました
ドコモの分離プラン「ギガホ・ギガライト」を解説

ドコモ分離プラン(新料金プラン)「ギガホ・ギガライト」はお得?いつ変更する?契約するメリット・旧プランの比較を徹底検証

スマホおかえしプログラムを徹底解説

ドコモ「スマホおかえしプログラム」とは。購入ではなくリース?オトクになるパターンと注意点を解説

「ギガホ・ギガライト」はdカード・dカード GOLDで支払うと「dカードお支払割」が適用されます。

2年縛りがなくなり解約金不要で2年契約の料金になるので、この機会にカードを作ってみてはいかがでしょうか。

\ 年会費永年無料 /

dカードの入会特典をみる

パパンダ
ドコモの料金をもう少し節約するには、どうしたらいいんだろう……。
チー
それなら「dカード GOLD」を契約するといいかも!

年会費が1万円かかるけど、ドコモのケータイ・ドコモ光の利用料金「税抜1,000円につき10%」がdポイントとして還元されるので、月1万円以上使っているならお得になるよ
dカード GOLDはドコモユーザー必携

dカード GOLDのメリットは?会員特典で10%ポイント還元。ドコモユーザーなら持って損のないカード

\ 月額1万以上のドコモユーザー必携 /

dカード GOLDの入会特典をみる

iPhone SE 第2世代の考察記事

iPhone SE(第2世代)発売

iPhone SE(第2世代)発表!SIMフリーで税込5万円以下。恐ろしく高コスパなiPhoneの、気になるポイントをピックアップ

iPhone SE(第2世代) (PRODUCT)RED開封フォトレポート

iPhone SE 第2世代 (PRODUCT)RED 開封フォトレポート。iPhone 8から何が変わった?マスクをつけても使えるiPhoneの実力をチェック

iPhone SE第2世代背面

iPhone SE 第2世代の人気色(カラーバリエーション)は?ホワイトが売れ筋だが、(PRODUCT)REDの渋さは男性におすすめ!

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年5月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!