運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

iPhone SE(第2世代)発表!SIMフリーで税込5万円以下。恐ろしく高コスパなiPhoneの、気になるポイントをピックアップ

iPhone SE(第2世代)発売
SPONSORED LINK

3月に発表されると以前から噂され、新型コロナウイルス感染拡大のため延期されていた、「ホームボタンを搭載したiPhone 8」の後継モデルが発表された。

iPhone SE

2016年3月に発売された、「4インチディスプレイiPhone最終モデル」のリニューアル版という位置付けだ

このため、世代を区別するために以下のように呼ばれている。

以後、2020年4月24日発売のiPhoneは、「iPhone SE(第2世代)」と表記します
モデル名 発売年月 ディスプレイサイズ
1st generation(第1世代) 2016年3月 4インチ液晶
2nd generation(第2世代) 2020年4月 4.7インチ液晶

iPhone SE(第2世代)は「4.7インチ液晶」を採用しており、第1世代の後継モデルというより「iPhone 8」の後継モデルと言った方が近い感じ

この記事では、iPhone SE(第2世代)について、以下の内容を紹介しようと思う。

  • iPhone SE(第2世代)の機能概要
  • iPhone SE(第1世代)、iPhone 8からの進化ポイント
  • iPhone SE(第2世代)は買いなのか?
チー
今まで「コスパの高いiPhone」といえば旧モデルだったけど、5万円以下で内部スペックは最新モデル「iPhone 11 Pro」と同等っていうのはヤバすぎる!

SPONSORED LINK

iPhone SE(第2世代)が発売された背景

iPhone SE(第2世代)発売

iPhoneは高い

昔も今もそう言われているが、2018年発売の「iPhone X」以来その傾向はさらに強まった。

「最新のフラグシップモデルは10万円オーバー」というのは、Androidも含めた近年の傾向だが、Androidは5万円程度の安価なモデルも販売するのが定番

さらに、日本市場に関していえば、2019年10月の「改正電気通信事業法」施行に伴い、分離プランの導入義務化、端末手引きの制限が法制化した。

今までは「MNP乗り換えで安く」みたいな流れがあったが、それが無くなった結果、高価格帯のスマホは軒並み売れなくなる……。

さらにいえば、2020年は新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るっており、企業の業績にも多大な影響がでて、不況への道まっしぐらだ。

高いスマホを買う余裕がある人・企業が減る

というのは間違いないので、Appleが現在の状況を予見していたわけではないだろうが、これ以上ない最高のタイミングでの発売だったと思う

チー
ちなみにiPhone SE(第2世代)は、指紋認証「Touch ID」対応。

マスク着用が義務化した世の中で、顔認証「Face ID」は使いにくかったから、そういう意味でも助かる!

iPhone SE(第2世代)は「iPhone 11シリーズの廉価版」ではない

高級感のあるデザインは共通

Appleは伝統的に「廉価版」という表現は使わないが、「49,280円(税込)〜」という価格のインパクトはかなり大きく、Androidスマホと比較されるとそのような扱いを受けるだろう。

ただ、iPhone SE(第2世代)は「廉価版」というには、豪華過ぎるスペックを有している。

最大のポイントは、

チップセットが「A13 Bionicチップ」

という点。

最新プロセッサA13搭載

「A13 Bionicチップ」は、2019年モデルであるiPhone 11 Pro」と「iPhone 11」が採用する、2020年4月時点としては最新のチップセット

Androidもそうだが、ミドルクラス・エントリーモデルと言われる「廉価版」は、チップ(CPU)のスペックが落ちることがほとんど。

これはパソコンでも同様と思う(例:Intel Core i7→i5→i3と安くなる)。

チー
ハイエンドモデルと同じチップセットの「廉価版」なんてない

なので、iPhone SE(第2世代)は「ホームボタンを搭載iPhoneの最新モデル」であり、「iPhone 11シリーズの廉価版」ではない

Appleが「廉価版」と呼ばないことにはちゃんと理由がある。

iPhone SE(第2世代)のスペック概要とおすすめポイント

iPhone SE(第2世代)のスペックポイント

基本的に「iPhone 11 Pro」の仕様を踏襲しているのだが、価格が半額以下ということで、やはりコストダウンした部分はある。

主な違いは以下の4点。

iPhone 11 Proと比較
  • ディスプレイが4.7インチと小さい
  • ディスプレイが有機EL(OLED)ではなく、液晶(LCD)
  • Face ID」非対応(「Touch ID」には対応)
  • カメラがシングルカメラ

ディスプレイとカメラは、「iPhone 8」相当の機能となっており、ここが最大のコストダウンポイントだろう。

ただ、カメラはスペックを落としているが、チップセットが最新の「A13 Bionicチップ」になった影響で、大きく進化している

iPhone 8はデュアルカメラを搭載した「iPhone 8 Plus」でしか、ポートレートモードは利用できなかったが、iPhone SE(第2世代)はシングルカメラでも利用できる

portlate
iPhone 11シリーズのポートレートモード実力は

iPhone SE(第2世代)は見た目もiPhone 8そっくりで、使い勝手も変わらないが、2020年時点だからこそ言えるおすすめポイントがある。

iPhone SE(第2世代)のおすすめポイント
  • プロセッサが「A13 Bionicチップ」に最新化
  • 「ポートレートモード」対応などカメラ機能が進化
  • USB-PD急速充電・ワイヤレス充電
  • デュアルSIM対応(2枚目は「eSIM」)
  • マスクをつけても使える指紋認証「Touch ID」採用
  • 価格が「税込5万円以下」と圧倒的に安い

以下、もう少し詳しく紹介しようと思う。

プロセッサが「A13 Bionicチップ」に最新化

最新プロセッサA13搭載

プロセッサについては既に紹介したとおり。

最新モデルと同じプロセッサを搭載

というのは、正直言って反則だと思う。

こんなことができるのはAppleが搭載するプロセッサは、独自に開発しているもので、一時期よりシェアが落ちたとはいえ、世界中で売れているスマホに搭載しているからだろう

プロセッサは量産効果が大きいと言われている。

一世代前のプロセッサを搭載するより、売れている最新モデルと合わせることで、量産効果としてコストダウンするというのは、iPhoneだからできる芸当だろう。

「ポートレートモード」対応などカメラ機能が進化

ポートレートモード対応

こちらも既に紹介しているが、「A13 Bionicチップ」搭載に伴い、カメラ機能が大きく進化した。

シングルカメラなので、

iPhone XR」のように被写体が人物の時のみポートレートモードが動作する

記事の初回公開時に「被写体関係なくポートレートモードが利用できる」と記載していましたが、正しくはiPhone XR同様に「被写体が人物の時のみ」動作するポートレートモードでした
  • ポートレートライティング
  • 被写界深度の調節

にも対応しており、ディアルカメラ・トリプルカメラでないだけで、かなり高機能なカメラを搭載していると言える。

iPhone 11シリーズのポートレートモード実力は

USB-PD急速充電・ワイヤレス充電

様々な最新機能にも対応

3つ目はiPhone 8の仕様を踏襲しているが、「USB-PD」による急速充電・ワイヤレス充電にも対応している。

残念ながら、18W出力の急速充電器と「USB-C Lightningケーブル」は同梱されないが、最近はサードパーティー製も安くなっているので、合わせて購入するのもよいかと思う。

ワイヤレス充電器の選び方を徹底解説
iPhone・Macで使いやすいUSB充電器のおすすめ

デュアルSIM対応(2枚目は「eSIM」)

IIJmioデータプラン ゼロ

正直日本では大手キャリアが及び腰なので普及していないが、iPhone 11シリーズ同様「eSIM」にも対応した。

iPhoneの対応モデルは以下の通り。

モデル名 モデル番号 デュアルSIM対応 備考
nano-SIM
eSIM
nano-SIM
nano-SIM
iPhone 6s - × ×
iPhone 7 - × ×
iPhone 8 - × ×
iPhone X - × ×
iPhone XS 全モデル ×
iPhone XS Max A2104 × 中国大陸(香港版)
上記以外 × 日本版を含む
iPhone XR A2108 × 中国大陸(香港版)
上記以外 × 日本版を含む
iPhone 11 A2223 × 中国本土・香港版
上記以外 × 日本版を含む
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
A2217
A2220
× 中国本土・香港版
上記以外 × 日本版を含む
iPhone SE(第2世代) A2298 × × 中国本土版
全モデル × 日本版を含む
iPhone 12 Pro
iPhone 12 Pro Max
A2408
A2412
× 中国本土・香港版
上記以外 × 日本版を含む
iPhone 12 A2404 × 中国本土・香港版
上記以外 × 日本版を含む
iPhone 12 mini 全モデル ×

そして、2021年7月現在、日本でeSIMをサービスをまともに展開しているのは2社のみ。

このうち、「電話も使える」のは楽天モバイルのみ

楽天モバイルではiPhone SE(第2世代)を含め、iPhone全般が動作保証対象外だが、SIMフリーであればおそらく動作すると思われる

ただ、楽天の場合は「端末セットプラン」のみ申込み可能で、IIJmioはデータ通信のみなので、なかなか使いづらいのが現状だ……。

\ 交換手数料も無料 /

楽天モバイルのeSIMをチェック

iPhoneでDSDS

マスクをつけても使える指紋認証「Touch ID」採用

Touch ID対応

4つ目が指紋認証「Touch ID」対応であること。

近年のiPhoneは顔認証「Face ID」を基本としており、iPhoneでは3年ぶりに登場した「Touch ID」搭載モデルだ

モデル毎の対応をまとめると以下の通り。

モデル名 Touch ID Face ID
第1世代 第2世代
iPhone 5s × ×
iPhone 6
iPhone SE(第1世代)
iPhone 6s ×
iPhone 7
iPhone 8
iPhone X ×
iPhone XS
iPhone XR
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 12
iPhone 12 Pro
iPhone SE(第2世代) ×

正直、Face IDに慣れた今となっては、Touch IDが目玉になるとは思えなかったが、2020年は新型コロナウイルスが猛威を振るっており、評価が変わった

チー
マスクをつけていると、「Face ID」は認証しないので、不便なんだよね……。
Touch ID

逆に「Touch ID」はマスクをつけていても関係ない。

2020年は「Touch IDを使いたいから、iPhone SEを買う」という人も、一定数いるのではないかと思う

価格が「税込5万円以下」と圧倒的に安い

とにかくコスパが高い

最後が価格。

近年のiPhoneは10万円を超えるものが少なくないため、安いモデルを求める声は強かった。

その声にAppleは「旧モデルを値下げ」という形で対応してきたのだが、iPhone SEはこの流れを変えた

iPhone SE(第2世代)のAppleが販売する、SIMフリー版の価格は以下の通り。

ストレージ Apple販売価格(税込)
64GB 49,280円
128GB 54,780円
256GB 66,880円

とにかく安い

新品のiPhoneで5万円以下という地点でヤバいのに、このスペック。

僕はブログ記事ではあまり、極端な表現をしないようにしているが、控えめに言っても「恐ろしくコスパの高いiPhone」と言える

型落ち(旧モデル)iPhoneの狙い目を解説

「iPhone 8」は販売終了。フロントパネルが「ホワイト」モデルが欲しいなら急ごう!

iPhone 8を購入

iPhoneの新モデル発表は確かに注目されるが、その裏で別の注目ポイントがある。

既存モデルがどのような扱いになるか?

毎年9月の新モデル発表時は、旧モデルの扱いと値下げ額が注目ポイントだが、iPhone SE(第2世代)の発売にあたっては、以下の対応となった。

iPhone 8」が販売終了

まあ当然と言えば当然……。

ここまで紹介してきたスペックを見ても、価格差を考えたらiPhone 8以前のモデルを、あえて新品で購入するメリットはなくなった

ただ、iPhone 8との大きな違いは「見た目」にある。

iPhone 8のシルバーとゴールドは「フロントパネルがホワイト」だった。

iPhone SE(第2世代)でもホワイトはあるのだが、「フロントパネルはブラック」。

チー
特に女性は「フロントパネルがホワイト」を好むので、これが欲しいならiPhone 8の在庫品を急いで確保した方がいいと思います!
iPhone 8のカラバリは3色
人気No.1iPhone「iPhone 8」の選び方を解説

チーは何を買うか

で、僕は現在「iPhone 11 Pro」を使っているので、iPhone SE(第2世代)を買う理由はない。

しかし、ガジェットブロガーとしての使命感がある。

チー
今回はブラックがカッコイイ気がする!

というわけで、多分「iPhone SE ブラック 64GB」を買うと思う(笑)

終わりに

iPhone SE(第2世代)発売

最先端のスマホはiPhone

という時代はとっくに終わった。

さらに、スマホが一般化し、利用スタイルも人によってほぼ固定化しているので、「スマホが変われば生活が変わる」ものでもない

そうなると、「コスパの高いスマホ」が求められるようになり、日本においては端末値引きの制限もあり、5万円以下のスマホが売れる傾向が続いている

この流れはもう変わらない。

  • かつて「格安スマホ」と呼ばれていた、3万以下のAndroidスマホ
  • 2016年に発売した「iPhone 7

これらがiPhone SE(第2世代)が発表された、2020年4月時点でも普通に使えてしまうのがその証拠。

しかし、スペック的には問題なくても、物理的に故障することはあるし、ガラスが割れたなどの理由で買い替えたくなることもあるだろう。

買い替えに最適なiPhone

といえるだろうが、ポイントは最新プロセッサを搭載していること。

最新モデルに近いものを体感することで、「次は最新モデルを買おう」と思う人もいるかもしれない。

iPhone SE(第2世代)を見てそんなことを思った。

チー
控えめに言っても「恐ろしくコスパが高いiPhone」だと思います!

iPhone SE(第2世代)はAppleおよび、大手キャリア・サブブランドで販売されています。

AppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

買い方のポイント
チー
iPhone 11 Proと同じプロセッサ(A13 Bionic)を搭載し、ポートレートモードも使えて、「税込5万円以下」なので恐ろしくコスパが高い!
Y!mobileUQ mobileBIGLOBEモバイルでの販売がスタートしました
ビックカメラ.comでも、SIMフリー版の取り扱いを開始しました
iPhone SE 第2世代長期利用レビュー

一緒に使いたいおすすめアクセサリ・サービス

チー
僕がiPhone SE(第2世代)ユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。是非チェックしてみて!
iPhone 8用の紹介記事ですが、大多数がiPhone SE(第2世代)にも対応予定のようです。
詳細は各製品のホームページをご確認ください

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でもたくさんのメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

ゆりちぇる
2021年7月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

注目の料金プラン「ahamo」・「5Gギガホプレミア」

2021年3月以降、料金プランが大きく変わります。ほとんどの方はプラン変更する価値があるので理解しておきましょう。

ahamo」が目立っていますが、1,000円値下げされて、テザリング込みで「データ通信無制限」の「5Gギガホプレミア」はヘビーユーザー要チェックプランです

ぽんイケ
やはり注目は「ahamo」です!
元携帯ショップ店員の僕も驚くようなプランで、各社同種のプランを出しましたが、以下の記事で詳しく解説しています
ahamo 元携帯ショップ店員が徹底解説
docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」とは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

SIMのみ契約なら「初期費用0円」

ドコモSIMのみ契約

分離プランの開始後、SIMのみで契約も可能になりました。

チー
ドコモSIMはとても使いやすいので、何気におすすめです!
ドコモSIMのメリット
  • IMEIロックなどややこしい縛りがない
  • 「5G」はもちろん、スマホ・タブレット・ルーターがSIM交換なしで使える
  • 新プラン「ahamo」にも対応
\ オンラインショップは初期費用0円 /

ドコモのSIMをチェック

iPhone SE 第2世代の考察記事

iPhone SE 第2世代長期利用レビュー
iPhone SE第2世代背面

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!