運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

iPhone 13・iPhone 13 Pro発表!2021年iPhone新モデルは何が変わった?気になるポイントをピックアップ

iPhone 13・iPhone 13 Pro発表!
SPONSORED LINK

iPhoneの2021年モデルが発表された。

  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max

の4モデルで、2020年モデルの「iPhone 12シリーズ」とまったく同じ構成。

iPhone 12シリーズがフルリニューアルモデルだったので、iPhone 13はプロセッサなど内部スペックのブラッシュアップ中心の、マイナーバージョンアップモデルといえるだろう

全モデル共通の進化は、以下の4点。

  • iPhone 12 Proに搭載されていた「センサーシフト光学式手ぶれ補正」が、全モデルに適用(すべてのカメラではない)
  • シネマティックモード、フォトグラフスタイルという新たな撮影機能に対応
  • バッテリー駆動時間の向上(モデルによる)
  • TrueDepthカメラ(ノッチ)が少しだけ小型化

そして、ある意味もう1つの注目は、

既存モデルのどれが販売終了し、どれが残るのか

チー
iPhone 12 Proが販売終了となり、iPhone 12シリーズ、iPhone 11が値下げされました

販売終了となったのは「iPhone XRで、近年の販売サイクル通りだった。

この記事では、「iPhone 13」・「iPhone 13 Pro」の概要と、僕の気になったポイントを紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

2021年モデルのiPhoneはiPhone 13とiPhone 13 Pro

iPhone 13

今回のモデル構成を、ざっくりタイプ分類して、2020年モデルと比較すると以下のような感じだろうか。

タイプモデル名2020年モデル名
大画面iPhone 13 Pro MaxiPhone 12 Pro Max
プレミアムiPhone 13 ProiPhone 12 Pro
スタンダードiPhone 13iPhone 12
コンパクトiPhone 13 miniiPhone 12 mini

見ての通り、2020年モデルとまったく同じ構成。

13 Proと13の違いは、カメラ機能とディスプレイとなっている。

  • 13 Proはトリプルカメラで、13はデュアルカメラ(望遠カメラ非対応)
  • 13 ProはLiDARスキャナ搭載で、ナイトモードポートレートに対応(12 Proと同様)
  • 13 Proは最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートを持つ、ProMotionディスプレイ搭載

大きく分けると違いは3点で、最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートを持つ、ProMotionディスプレイ搭載という点が、最大の違い

iPhone 13 Proで変わったこと(iPhone 12 Proからの進化ポイント)

iPhone 13 Pro

では、2021年モデルのフラグシップいえるiPhone 13 Proは、前モデルiPhone 12 Proから何が進化したのか。

これは、Androidの世界ではすでに採用が進んでいる、トレンドを採用したという雰囲気が強いと思う。

ProMotionディスプレイ搭載

これにつきるだろう。

最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートを持つ、ProMotionディスプレイを搭載することで、より滑らかな画面表示が可能となる

マクロ撮影

ちなみにカメラ機能も、マクロ撮影に対応するなど進化している(Proのみ)

しかし、「iPhone 12 Pro Max」で搭載されていたセンサーシフト光学式手ぶれ補正が、全モデル対応になるなど、Pro Maxの機能が広がった印象の方が強い

チー
13 Pro Maxは今回、「画面がでかいだけ」という位置付けに再度戻された印象

iPhone 13でも変わらなかったこと

ノッチは若干小型化

逆に変わっていない部分は以下。

  • 生体認証は「Face IDのみ」
  • 充電端子はlightning(=USB-C対応は見送り)
チー
生体認証が顔認証「Face ID」のみ、というのが一番残念だった……。

噂通りといえば確かにそう。
ただ、指紋認証「Touch ID」は復活させて欲しかった。

2020年モデルは、新型コロナウイルス感染症の流行を予測できなかったと思うし、まあ分かる。

しかし、2021年モデルのiPhone 13シリーズは、開発計画そのものはコロナ流行前にスタートしただろうが、1年以上の時間はあったはず

余計なものを増やしたくないという気持ちは理解するが、短期的に収束が考えられないので、iPhoneもコロナ対応を強化してほしかった

それは、一言でいえば、マスク生活では使いづらい顔認証「Face ID」だけの採用をやめることだと思っていたので、残念な気持ちになった……。

ちなみに、ノッチはわずかながら小型化したようだ。

iPhone 13シリーズの特徴

iPhone 13シリーズ

このような感じで、マイナーバージョンアップなので全体的に地味な印象を持つが、以降は細かい進化ポイントをピックアップしようと思う。

iPhone 13シリーズの特徴
  • 全モデル最低ストレージが「128GB」に
  • 全モデルの広角カメラに「センサーシフト光学式手ぶれ補正」搭載
  • iPhone 13 Proは最大120Hzリフレッシュレートの「ProMotionディスプレイ搭載」
  • iPhone 13 Proは「マクロ撮影」に対応

全モデル最低ストレージが「128GB」に

最大で1TB

iPhoneの最低ストレージは長年「64GB」だったが、ついに「128GB」となった

Proでは「1TB」モデルまで登場したが、スマホで1TBとか何に使うのだろうと、逆に気になってしまう(笑)

チー
ストレージは基本的に「128GB」を選んでおけば大丈夫と思います

全モデルの広角カメラに「センサーシフト光学式手ぶれ補正」搭載

カメラモジュール

iPhoneのカメラには、「光学式手ぶれ補正」が長年搭載されていた。

これを進化させたのが「センサーシフト光学式手ぶれ補正」なのだが、iPhone 12 Pro Maxにのみ搭載されていた機能

iPhone 13では「Pro」に搭載されるまでは予想通りだったが、miniを含む「iPhone 13シリーズ全て」に搭載された

チー
iPhone 13にも搭載されたのは驚き。どれくらい違うのか体験してみたい

iPhone 13 Proは最大120Hzリフレッシュレートの「ProMotionディスプレイ搭載」

ProMotionディスプレイ搭載

繰り返しになるが、iPhone 13 Proの目玉機能といえるのは、最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートを持つ、ProMotionディスプレイを搭載したこと

iPhoneというかiOSの特徴として「指に吸い付く感じ(ヌルヌル感)」をあげる方は多いが、描画速度が速くなることで体験は向上するだろう。

ただ、常時120Hzで動くわけではなく、「利用シーンに応じて調整される」という点は注意して欲しい。

なお、iPhone 13のディスプレイも進化していて、iPhone 12 Pro相当の「最大輝度800ニト」とより明るくなった(iPhone 12は「650ニト」)

iPhone 13 Proは「マクロ撮影」に対応

マクロ撮影

これもProのみとなるが、接写できる「マクロ撮影」に対応した。

iPhoneのカメラは昔から「寄れるカメラ」だったので、むしろ「なにが変わったの?」と思う方も多いだろう。

多分、めちゃくちゃ寄れると思う(笑)

チー
グルメブロガーさんは是非使ってみて欲しい!

販売終了となったモデル、値下げして販売継続したモデル

iPhone 12

iPhoneの新モデル発表は確かに注目されるが、その裏で別の注目ポイントがある。

既存モデルがどのような扱いになるか?

値下げされた旧モデル狙いの人はここに注目する人のだが、以下のような対応となった。

値下げされた2モデルは、「約1万円」の値下げとなっている

Appleストアにおける税込み価格です
モデル名値下げ前値下げ後
iPhone 1171,280円〜61,800円〜
iPhone 1294,380円〜86,800円〜
iPhone 12 mini82,280円〜69,800円〜
iPhone SE 第2世代49,280円〜49,800円〜

この結果、iPhoneのラインアップは以下のようになった。

モデル名発売年月Apple大手キャリア格安SIM実勢価格
iPhone XS2018年9月×××販売終了
iPhone XR2018年10月×
※在庫限り
×販売終了
iPhone 112019年9月61,800円〜
iPhone 11 Pro2019年9月×××販売終了
iPhone SE(第2世代)2020年4月49,800円〜
iPhone 12 / 12 mini2020年10月69,800円〜
iPhone 12 Pro / Pro Max2020年10月×
※在庫限り
×販売終了
iPhone 13 / 13 mini2021年9月×86,800円〜
iPhone 13 Pro / Pro Max2021年9月×122,800円〜
チー
iPhone 11のお得感が強い
型落ち(旧モデル)iPhoneの狙い目を解説

チーは何を買うか

で、僕は何を買うのかと言えば、

iPhone 13のスターライト128GBモデル

かなと思っている。

例年なら迷わず「Pro」に行くのだが、実はこの1年ほど12 Proを使っていてショックを受けたことがある。

チー
コロナ禍で外出機会が減り、カメラを全然使わないから、「カメラ機能が宝の持ち腐れ」に……。

例年なら両モデル購入するのだが、今年は13だけにして、不満を感じることがあるのかを試してみようと思っている

終わりに

iPhone 13 Pro

コロナ禍になり、スマホの使い方は随分変わった。

僕の場合、自宅作業が増え、東京出張などの「移動」が減った結果、スマホを使う機会が激減。

むしろ、Mac(パソコン)を使う機会が増えたので、デバイスの優先度が変わってしまった

iPhone 13 Proの進化として「ディスプレイ」があげられるが、自宅中心の生活でも進化を実感しやすいだろう。

とくにiPhoneの高リフレッシュレート対応は、これまでにない体験を生み出してくれる期待感もあるので、気になる方はチェックしてみて欲しい。

iPhone 13シリーズはAppleおよび、大手キャリアから販売予定です。

AppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされ、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

買い方のポイント
  • 契約事務手数料が無料の、オンラインショップを活用する
  • ストレージは「128GB」がおすすめ
チー
一番大事なのは、オンラインショップで購入することです
今はとにかくスマホが高いので、少しでも節約しましょうね。
iPhone 13 mini スターライト開封フォトレポート

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でもたくさんのメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

  • 公式ショップだから安心して購入できる
  • 機種変更は「モバイル回線からの注文のみ可能
ゆりちぇる
2021年12月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

注目の料金プラン「ahamo」・「5Gギガホプレミア」

2021年3月以降、料金プランが大きく変わります。ほとんどの方はプラン変更する価値があるので理解しておきましょう。

ahamo」が目立っていますが、1,000円値下げされて、テザリング込みで「データ通信無制限」の「5Gギガホプレミア」はヘビーユーザー要チェックプランです

ぽんイケ
やはり注目は「ahamo」です!
元携帯ショップ店員の僕も驚くようなプランで、各社同種のプランを出しましたが、以下の記事で詳しく解説しています
ahamo 元携帯ショップ店員が徹底解説
docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」とは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!