運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

iPhone 13 mini スターライト開封フォトレポート。画面が小さくなる「レベルダウン感」はあるが、軽さが魅力のバランス重視モデル

iPhone 13 mini スターライト開封フォトレポート
SPONSORED LINK

2021年9月24日に「iPhone 13シリーズ」が発売された。

例年発売日に購入していたが、今回はちょっとケチってMNPで手続きしたら、ものすごく時間がかかり入手できたのは10月10日……

正直今更感もあるが、僕自身の記録として開封レポートを行おうと思う。

例年、ガジェットブロガーの責務として、Proと無印を1台ずつ購入していたが、iPhone 12 Proを持てあましてしまったので、今回は「iPhone 13 miniだけ」という割り切った購入とした

チー
コロナ禍はまだ続くし、遠距離移動が皆無で、在宅ワーク中心の今、ハイスペックスマホはいらない

この考えが正しいかは1年後に結論がでるだろう。

というわけで、この記事では「iPhone 13 mini スターライト」の開封フォトレポートとして以下の内容を紹介しようと思う。

  • 開封レポート
  • 1週間ほど使った感想

SPONSORED LINK

「iPhone 13 mini 128GB スターライト」開封レポート

iPhone 13 mini スターライトの化粧箱

今回僕はdocomo版を購入した。

MNPで購入すると、Appleより安く、2021年9月以降発売したスマホは「最初からSIMフリー(SIMロック解除すら不要)」となっているため

結果としてはMNPのせいで入手が遅れてしまったが……。

128GB版の場合、割引後の価格は「76,208円」だった。

というわけで、早速開封レポートを。

化粧箱上 化粧箱下

化粧箱はもはやお馴染みの佇まいだが、iPhone 13シリーズから外装フィルムが廃止された

環境への配慮とのことで理解はするのだが……。

チー
Apple製品マニアとしては、あのフィルムはがしが楽しみだったんだよねえ(笑)

iPhone 12シリーズから、イヤホン・USB充電器の同梱もやめたため、「開封の儀」の体験は随分弱くなったなぁと感じる……。

シールをはがす

フィルムがなくなったので、「シールをはがす」感じに。

とはいえ、何度やっても快感(笑)

コンパクトな化粧箱

箱を眺める。

開封後

意を決して、開封!

本体がドーンと登場するのは、iPhone 12シリーズと同様

しかし、前モデルまでと比較して明らかに大きくなった「カメラ」が印象的。

Lightningケーブルなど

まず本体を動かすと「Designed by Apple in California」のフレーズとマニュアル、「USB-C Lightningケーブル」が登場

同梱品は以下の通り。

iPhone 12 miniの同梱品
  • 本体
  • USB-C – Lightningケーブル
  • マニュアル

「Magic Keyboard」など一部モデルには、「高耐久タイプのUSB-C Lightningケーブル」が付属しているが、iPhoneは従来型だった

ディスプレイの白いフィルム

本体のディスプレイ側には、各種ボタンの役割が記載された「白いフィルム」

これもはがす!

iPhone 13 mini スターライトをチェック

iPhone 13 miniスターライト

いよいよiPhone 13 miniにご対面。

iPhone 13 mini

こんにちは!

側面

側面をチェック。

デザイン的にはiPhone 12シリーズと大きな違いはない。

今回新色の「スターライト」を購入したが、前モデルまででいう「ホワイト」相当で、側面のアルミニウムがシルバーとゴールドの中間という感じになっていた

充電端子は、従来通りのLightning。

カメラは大型化

iPhone 13シリーズにおける、数少ない分かりやすい進化が「カメラ」。

Proシリーズの強化が目立つが、無印の13も強化されており、カメラの配置が斜めになり、レンズが大型化している

iPhone 12 Proとの比較
左:iPhone 12 Pro
右:iPhone 12 mini

背面はガラス素材で、光沢感がある。

Proシリーズはマットな質感となっており手触りも異なるが、結局のところケースを付けたら違いがなくなってしまう(笑)

iPhone 13 mini

今回、Proシリーズではなく、無印の13を購入したが、比較すればProの方が高級感はあるだろう。

しかし、13を単体で見た時に安っぽさはまったく感じないし、カメラ数が減ったことに起因する、「軽さ」を実感する

iPhone 13 miniのファースト・インプレッション

ファーストインプレッション

以後は、購入後2週間ほど使った感想を。

基本的には「iPhone 12 mini」と同じで、手に取った瞬間の感動は薄い。

ただ、手のひらに収まる「コンパクトさ」、iPhone 12 Proと比較すると50グラムほど軽くなった「軽量感」には驚く。

機能的・デザイン的にはProの方が好きだが、常時持ち歩くスマホの場合「軽さ」は重要だったのだと再認識する

軽さは魅力

ただ、13 miniならではの魅力があるのかと問われたら、そこは微妙……。

バッテリー駆動時間の進化は目玉の1つと思うが、それは確かに実感した。

一番分かりやすいのは大型化したカメラだが、iPhone 13 miniを使い始めて2週間で撮った写真といえば……

身分証明書と備忘録用写真

やはり今の僕にはProのカメラ機能は不要だと実感した(笑)

6.1インチからのレベルダウン感はある

iPhone 12 Proとの比較
左:iPhone 12 Pro
右:iPhone 12 mini

ほぼ不満はないのだが、画面サイズだけはやはりレベルダウン感がある。

12 Proの6.1インチから5.4インチになり、明らかに画面が狭くなった。

辛うじてまだ老眼ではないので(今42歳)、文字が読みづらいとかはないが、動画を見たときの迫力は薄くなった

  • 画面が大きくなれば重くなる
  • 画面が小さくなれば軽くなる

当たり前の話ではあるが、大きな画面に慣れるとなかなか戻れない。

僕の場合、12 Proを手元に残しているので、レベルダウン感を感じることも多く、慣れるには当分時間がかかりそうだ。

チー
画面の大きさは正義だと実感しました

コロナ禍において顔認証のみは不便

Face IDは不便

最後にこれはただの愚痴。

チー
Face IDだけは不便!!!

iPhone 13シリーズが発表されて、日本ユーザーには「生体認証がFace IDだけ」であることに不満を漏らす人が多かった。

僕もその一人で、すでにAndroidでは指紋・顔の両方に対応したり、ディスプレイ内指紋認証を強化するスマホは珍しくなくなった

コロナ禍で使いやすいスマホはAndroid

そのように語る人も多いが、僕もその意見には同意。

Face IDをやめろとはいわないが、時代に合わない機能だと思う。

次期モデルではTouch IDがなんらかの形で復活するとよいのだが……。

終わりに

iPhone 13 mini スターライト開封フォトレポート

iPhone 13シリーズの人気は、おおむね以下の順番のようだ。

iPhone 13シリーズの人気順
  1. 13 Pro
  2. 13
  3. 13 Pro Max
  4. 13 mini

この構図は12シリーズとほぼ同じで、miniはそれほど人気がない状況。

それは当然で、軽くなることより、画面が小さくなる「レベルダウン感」を多くの人が感じるからだろう

なので、僕としてもminiを強くおすすめする気はないのだが、iPhoneは必ず上位モデルを買っているという方には「13を候補に加える」ことを提案しておこうと思う。

13を選ぶメリットは、Proシリーズより軽くなること。

今回13 miniを使って強く実感したのは、Proが重いのはカメラで、本体上部がかなり重いということだ。

対して、13はカメラが1つ減る分、数字上軽くなるのはもちろん、手に取った時のバランス感がよくなる

チー
iPhone 13はとてもバランスがよいと思うので、是非検討してみてください

iPhone 13シリーズはAppleおよび、大手キャリアから販売予定です。

AppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされ、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

買い方のポイント
  • 契約事務手数料が無料の、オンラインショップを活用する
  • ストレージは「128GB」がおすすめ
チー
一番大事なのは、オンラインショップで購入することです
今はとにかくスマホが高いので、少しでも節約しましょうね。

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でもたくさんのメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

  • 公式ショップだから安心して購入できる
  • 機種変更は「モバイル回線からの注文のみ可能
ゆりちぇる
2021年12月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

注目の料金プラン「ahamo」・「5Gギガホプレミア」

2021年3月以降、料金プランが大きく変わります。ほとんどの方はプラン変更する価値があるので理解しておきましょう。

ahamo」が目立っていますが、1,000円値下げされて、テザリング込みで「データ通信無制限」の「5Gギガホプレミア」はヘビーユーザー要チェックプランです

ぽんイケ
やはり注目は「ahamo」です!
元携帯ショップ店員の僕も驚くようなプランで、各社同種のプランを出しましたが、以下の記事で詳しく解説しています
ahamo 元携帯ショップ店員が徹底解説
docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」とは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!