iPhone 8の新色はブラッシュゴールド?有機EL全面ディスプレイに合うのはブラック系

iPhone 7のリアパネル
SPONSORED LINK

10周年を迎える2017年モデルのiPhoneは、以下のモデル構成になると言われている。

タイプモデル名
コンパクトiPhone 8
大画面iPhone 8 Plus
プレミアムiPhone 8 Pro または iPhone 8 Edition

この中で最も注目されているのは、もちろん初登場となるプレミアムモデルだ。

このモデルは有機EL(OLED)の全面ディスプレイを採用すると言われている。全面ディスプレイになると、ただでさえ個性のないスマホのデザインは、さらに没個性的になると思うので、注目はカラーバリエーションになると思う。

iPhone 8のカラーバリエーションがどうなるかを考えてみる。

iPhoneカラーバリエーションの歴史

iPhoneは初代モデルから2012年発売のiPhone 5まで、基本的にはブラックとホワイトの2種類だった。

この流れが変わったのは2013年のiPhone 5sからで、この時はじめて完全新色のゴールドが登場した。

以降、

  • 2015年発売のiPhone 6sで『ローズゴールド』
  • 2016年発売のiPhone 7で『ジェットブラック』

と新色が増え続けている。

iPhoneはもちろん、スマートフォンという製品そのものがコモディティ化したと言われて何年も経ち、差別化要素がカラーバリエーションくらいしかなくなった証拠とも言える。

ただ、iPhoneのカラーバリエーションには1つ特徴があり、色が違うのは背面と側面でありフロントパネルはブラックかホワイトのいずれかに集約される。

iPhone 7を例に紹介すれば、

iPhone 7のフロントパネル

iPhone 7のフロントパネル

iPhone 7のリアパネル

iPhone 7のリアパネル

こんな感じだ。
特別バージョンの『(PRODUCT)RED』を含めて、パターン別にまとめると以下のようになる。

フロントパネルカラー本体カラー
ブラックブラック
ジェットブラック
ホワイトシルバー
ゴールド
ローズゴールド
(PRODUCT)RED

iPhone 7は新色のジェットブラックに人気が集中し品薄になったことは記憶に新しいし、僕自身も久々にブラック系を購入した。

だが、iPhoneの人気カラーは基本的にフロントパネルがホワイトのモデルというのは、周りにいるiPhoneユーザーをみれば分かるかと思う。

iPhone 8でカラーバリエーションはどうなる?

GalaxyS8は有機ELの全面ディスプレイが目玉

GalaxyS8は有機ELの全面ディスプレイが目玉

iPhone 8において、カラーバリエーションがどうなるかはやはり気になる。

特にiPhone 8のプレミアムモデルは、有機ELの全面ディスプレイになると言われている。

全面ディスプレイということは、フロントパネルはほぼ真っ黒であることを意味する

というか、全てディスプレイだからフロントパネルという概念がほぼ無い。そうなると、カラーバリエーションはブラック系が中心になる可能性が高いと思う。

実際、似たようなスペックであるGalaxy S8を例にとれば、

GalaxyS8のカラーバリエーション

GalaxyS8のカラーバリエーション

このようなカラーバリエーションとなっており、色の違いは背面のみとなっている。

ゴールドやローズゴールドは合わないだろうなと思う。

そこで噂になっている新色は、ブラッシュゴールドという新色
ブロンズ(銅)という表現の方がしっくり来そうだが、全体的に渋めのカラー展開になるのだろう。

ちなみに、iPhone 7とiPhone 7 Plusの後継モデルについては、iPhone 7シリーズと同じ構成になると思っている。

SPONSORED LINK

プレミアムモデルのiPhone 8は何色がおすすめか?

  • ブラック
  • ホワイト
  • ブラッシュゴールド(カッパーゴールド)

の3色構成になると言われているプレミアムモデルのiPhone 8(iPhone 8 Pro)だが、そもそも人気が集中し品薄状態が長く続くと予想される中で、さらに新色に人気が収集するのは明らかだ。

  • 2013年のゴールド
  • 2015年のローズゴールド
  • 2016年のジェットブラック

これらのモデルが発売した時の事を考えたら、今回も同じ流れになると考えるのが自然だと思う。

ただ、新色に群がる傾向もそろそろ終わる時期かなとも思う。

メーカーとしての差別化要素の1つになっている今、今後は新色が毎年出るような可能性もゼロではない。

品薄カラーを早く入手することの優越感は確かになるのだが、

iPhoneはほぼケースに付けて使う(=カラーはあまり見えない)

という根本的な話がある。
実はあんまり関係ないですよねw

終わりに

長年ホワイトモデルを愛用していた僕が、2016年のiPhone 7で久々にブラックモデルを買って思ったことが、

飽きる

ということだ。

これはもうブラックモデルがダメとかそういう話ではなく、好みの問題だと思う。

僕はホワイトモデルの方が合ってると感じたのが、iPhone 7ジェットブラックを使って感じたことなので、iPhone 8では新色ではなくホワイトモデルを選択しようと思う。

iPhoneはホワイトとブラックどっちがいい?久しぶりにブラックを使った感想

2017.06.17

10周年プレミアムiPhoneの名前はどうなる?「iPhone 8 Pro」が有力と思う理由

2017.08.15

Lightningはなくなる?iPhone 8で採用予定の急速充電規格「USB Power Delivery(USB-PD)」とは

2017.08.19

iPhone XとiPhone 8の関連記事

iPhone 8 Plusの短所は「重さ」、長所は「急速充電」。1ヶ月使った率直な感想

2017.10.21
SPONSORED LINK

iPhone 7のリアパネル

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)