iPhone 8は何が変わる?新機能・モデル構成・発売日など噂のまとめ(2017年9月12日発表予定)

発表は2017年9月12日
発表は2017年9月12日
iPhone 8
SPONSORED LINK

Appleのスペシャルイベントが2017年9月12日(日本時間9月13日)に開催され、いよいよiPhone 8と噂されている2017年モデルのiPhoneが発表される

2017年はiPhone発売から10周年ということで、わりと地味な変化だった2016年モデルのiPhone 7と比較して、色々変わると言われており、iPhoneファンとしては気になるモデルだ。

発表まであと数日だが、噂の内容をまとめてみようと思う。

SPONSORED LINK

10周年モデルのiPhoneの名前は「iPhone X」?

iPhoneのラインアップ

iPhone 8のラインアップはどうなる?

1つほぼ確定情報と言えるのは、2017年モデルのiPhoneは3つの製品が存在するということだ。

  • 4.7インチのiPhone(iPhone 7の後継モデル)
  • 5.5インチのiPhone(iPhone 7 Plusの後継モデル)
  • 5.8インチのiPhone(初登場のプレミアムモデル)

目玉はどう考えてもプレミアムモデルのiPhoneなのだが、このナマエについては諸説ある。噂になったレベルで列挙すると、

  • iPhone 8
  • iPhone 8 Pro
  • iPhone 8 Edition
  • iPhone X(テン)

といった感じだ。
iPhone 7の後継モデルがiPhone 7sになり、プレミアムモデルがiPhone 8になるなんて噂もあるが、僕はないと思っている。

僕の予想としては、

タイプ名称
コンパクトiPhone 7s または iPhone 8
大画面iPhone 7s Plus または iPhone 8 Plus
プレミアムiPhone 8 Pro または iPhone 8 Edition または iPhone X

だと思っている。
要するに同じ世代で複数のモデルナンバーを同じに展開する事はないと思っている。

無難な予想はiPadやMacに合わせた『Pro』だと思っているが、個人的にはプレミアムモデルは『iPhone X』だったらいいなと思ってる。

理由はカッコイイからって言うのと、Mac OSもかつて『X』の名前を使い、大幅なバージョンアップを果たしたし、10周年という意味でも分かりやすいと思うからだ。

10周年プレミアムiPhoneの名前はどうなる?「iPhone 8 Pro」が有力と思う理由

2017.08.15

新機能は有機EL(OLED)の全面ディスプレイ

GalaxyS8は有機ELの全面ディスプレイが目玉

GalaxyS8は有機ELの全面ディスプレイが目玉

iPhone 7とiPhone 7 Plusの後継モデルはほぼ従来のデザインになると言われているが、プレミアムモデルは見た目も含めて大きく変わると言われている。

特に、大きなものは、

  • 有機EL(OLED)の全面ディスプレイ
  • 全面ディスプレイ採用に伴いホームボタンは廃止
  • Touch ID(指紋認証)は廃止され、虹彩認証・顔認証など新しい生体認証が採用される

といった感じだ。

特にホームボタンの廃止はかなりのインパクトがある
iPhoneの象徴ともいえ、iPhoneがAndroidと比較して分かりやすいと言われることが多かったのは、物理ボタンのホームボタンの存在は大きかった。

だが、iPhone 7ではホームボタンもソフトウェア化し、ただの丸いくぼみになっていた。

iPhone 7を使って感じるのは、

これならもうホームボタンはなくてもいい

ということで、iPhone 7ってこの為の地ならしだったとすら思う。

iPhone 7・iPhone 8感圧式ホームボタンの仕組みは?押しにくい? → 違和感あるけどすぐ慣れます

2016.10.13

また、全面ディスプレイについても2017年のトレンドともいえ、既にGalaxy S8などで採用が広がっている。

見た目のインパクトが大きく、iPhoneが変化した象徴になるかもしれない。

個人的には、iPhoneにも流石に飽きてきたと感じる面もあったので、このデザイン変更は大歓迎で、かなり期待している。

iPhone 7を使って感じた「飽き」と、iPhone 8でのデザイン変更に対する期待

2017.07.24

ワイヤレス充電(Qi)やUSB-PDの急速充電に対応

ワイヤレス充電規格『Qi』

ワイヤレス充電規格『Qi』

これはプレミアムモデルに限らず採用されると言われているが、充電周りも大きく変わると言われている。

具体的には以下。

  • USB Power Delivery(USB-PD)の急速充電規格に対応
  • おくだけ充電(QiまたはPowermat)に対応

iPhoneは長年急速充電を採用しておらず、特にPlusシリーズは大型バッテリーを搭載しているため、充電に時間がかかるという難点があった。

USB-C対応のLightningケーブル限定だが、既にiPad ProシリーズではUSB-PDでの充電に対応しており、これはほぼ確定だろう。

USB Power Delivery(USB-PD)とは?iPhone 8以降で採用された急速充電規格

2017.08.19

逆に、若干今更感もあるのが、日本ではNTTドコモが『おくだけ充電』という名前で2010年頃から普及を図っている、QiまたはPowermat規格のワイヤレス充電の対応だ。

既にAndroidの世界では当たり前に採用されており、技術的にも真新しいものではない。

だが、iPhone 7から防水対応を果たしており、充電方法がケーブルのみというのもリスクが高いためか、遂にワイヤレス充電に対応すると言われている。

ワイヤレス充電は2つの規格が主導権を巡って争っているが、iPhoneが採用した規格で決まりになると思われ、どの規格を採用するのかが注目ポイントだ。

個人的にはQi(チー)だと思っているが。

iPhone 8のおくだけ充電は使える?ワイヤレス充電『Qi(チー)』を使って感じたメリット・デメリット

2017.09.06

新カラーは登場するか?

2017年モデルのiPhoneで見た目上大きく変わるのが、iPhone 6シリーズ以降定番だったアルミニウムボディから金属フレームとガラスに変わるといわれていることだ。

前述のワイヤレス充電への対応とも関係するこの変化は、ある意味原点回帰とも言え、質感はiPhone 4Sの頃に近いものになると思われる

この為、特にプレミアムモデルではカラーバリエーションは従来から変更されると言われている。

  • ブラック
  • ホワイト
  • ゴールド(ブラッシュゴールド・ブロンズなど)

の3色展開になるそうだ。
プレミアムモデルは全面ディスプレイなのでブラックモデルとの相性が良いというのは明らかだが、iPhoneは例年新色に人気が集中する。

を思い返せば明らかなので、ブロンズ系のゴールドモデルに人気が集中すると思われる。

iPhone 8の色(カラーバリエーション)はどれが人気?ゴールドがキレイです

2017.08.26
SPONSORED LINK

容量・価格・発売日は?

2016年は例年通り「7」にカウントアップ

2016年ジェットブラックに人気が集中

容量については、年々増え続けているが特にプレミアムモデルについては、小容量モデルは用意されないと言われている。

  • 128GB
  • 256GB
  • 512GB

のうち2つくらいと言われており、特に512GBモデルが登場すれば、もはやMacと変わらないストレージを持つことになる。

ただ、その分価格もプレミアムで『最低でも10万以上~』と言われている。
iPhoneは基本的に、発売時は僕のようなガジェットヲタクが飛びつくため、

  • 高価格モデル
  • ストレージ容量が多い
  • 新カラー

に人気が集中する。
今回であれば、ゴールド系の256GBまたは512GBモデルがしばらく1番人気になると思われる。

9月12日に発表された後は、ほぼ例年通りの流れになると思われ、

イベント日付
予約開始2017年9月15日
発売日2017年9月22日

となる可能性が非常に高い。

プレミアムモデルのiPhoneはかなりの品薄になると言われている。
経験上品薄のモデルでも11月くらいには供給が安定してくるが、年内は手に入らないことも覚悟しておく必要があるかもしれない。

終わりに

発表は2017年9月12日

発表は2017年9月12日

iPhoneが登場して2017年で10年。

僕がiPhoneユーザーになったのは2010年なので、少し遅れるが、7年以上ほぼ同じものを持ち続けているわけで、さすがに色んな意味で飽きてきた感じは否めない。

iPhone発表と言えば、Appleファンのみならず、ガジェットヲタク最大の『祭り』だが、それでも年々ワクワク感がなくなってきた

だが、今年は違う。
完全リニューアルされるiPhoneの発表をワクワクしながら待とうと思う。

個人的にはこのiPhoneと共に発表されるであろう、新型Apple Watchにも注目だ!

新型Apple Watch(Series 3)に望むたった1つの機能は、時計としてのスペック向上

2017.05.10

iPhone 8とiPhone Xのまとめ記事

iPhone 8 Plusの短所は「大きさと重さ」、長所は「カメラと急速充電」。長期利用レビュー

2017.10.21

iPhone X長期利用レビュー。不満はあるが、10年先の未来を『体験』できる、新しいiPhoneの始まり

2018.09.01

iPhoneカテゴリートップ

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

iPhone 8はAppleおよび、大手キャリアから販売されています。

AppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、手数料や頭金がないオンラインショップがおすすめです!

スマホをネットで買うメリットは?ドコモオンラインショップは新規契約・MNP・機種変更の事務手数料が無料!

2014.09.27

ドコモでiPhoneを買うのは安い?「SIMフリー+格安SIM」とどっちがお得かを料金比較

2017.11.14

あわせて読みたい

SPONSORED LINK