ケーブル無しでApple Watchを充電!UGREEN「Apple Watch対応モバイルバッテリー」レビュー【PR】

SPONSORED LINK

外出先でのApple Watchの充電はどうやってますか?

ほとんどの方は、モバイルバッテリーにApple純正マグネット充電ケーブルを接続して充電と答えるのでは無いかと思う。

ちなみにいうと僕もそうだ。
だが、数は少ないもののApple Watch対応モバイルバッテリーが存在する。

今回Ugreen社より、レビュー依頼をいただいたので紹介しようと思う。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

UGREEN「Apple Watch用モバイルバッテリー」の概要

UGREEN「Apple Watch用モバイルバッテリー」

UGREEN「Apple Watch用モバイルバッテリー」

今回紹介するUGREEN社のApple Watch用モバイルバッテリーの特徴は以下。

  • MFI認証取得でApple Watchをケーブル無しで充電出来る
  • 約100gと軽量

とにかく、モバイルバッテリーに載せるだけで、Apple Watchが充電出来るというのが最大の魅力だ。

Apple Watchの充電に関しては、

という形で、全てのApple Watchに対応している

2017年モデルとして第3世代のApple Watch(Apple Watch Series 3)も噂されているが、充電規格が変わる可能性は低いため、そのまま使えると思われる

価格はAmazonで4,590円ということで、ただのモバイルバッテリーとして見れば高いが、Apple Watch対応モバイルバッテリーは非常に少ないので、このカテゴリーとしては標準的な価格と思う。

その他のスペックは以下のような感じとなっている。

スペック内容
カラーブラック or ホワイト
電池容量2200mAh
充電電圧4.2V
USB出力5V/1000mA
Micro USB出力5V/1500mA
Apple watch充電モジュールDC 5V/1000mA
サイズ縦13.9 x 横3.95 x 高さ1.6cm
重量100g
製品保証12ヶ月製品保証

UGREEN「Apple Watch用モバイルバッテリー」開封レポート

UGREEN Apple Watch用モバイルバッテリーのパッケージ

UGREEN Apple Watch用モバイルバッテリーのパッケージ

日本語の説明はなし

日本語の説明はなし

こちらがパッケージ
みたら分かるが中国メーカーの製品。

開封後の状態

開封後の状態

同梱品

同梱品

言語は、

  • 英語
  • 中国語

という感じで、日本語のマニュアルなどは同梱されていない

だが、操作に迷うことは、このような製品を購入する方であればまず迷うことはないだろう。

製品の外観

製品の外観

裏面には何もない

裏面には何もない

これがモバイルバッテリー本体。

なんと言っても目に付くのは、白くて丸いエリア

ここが、Apple Watch専用のマグネット充電エリアと言える。

純正ケーブルはこんなモノだが、

Apple純正マグネット式充電ケーブル

Apple純正マグネット式充電ケーブル

色を合わせたのだと思う。

P1020671

iPhone 7とのサイズ比較

iPhone 7と比較すると、半分くらいの大きさ。
ポケットに入れても邪魔にならないサイズだとは思う。

Apple Watch専用のマグネット充電端子(MFI認証取得済み)

Apple Watch専用のマグネット充電端子(MFI認証取得済み)

Apple Watch専用のマグネット充電端子。

Apple認証(MFI認証)は取得済みなので、純正と同じように安心して使う事ができる。

4段階のLEDインジケーター

4段階のLEDインジケーター

バッテリー容量は2200mAhで、Apple Watchなら3回程度充電出来るが、iPhoneだと1回。

iPhone用として見ると、若干心許ない容量だ。

充電はmicroUSB

充電はmicroUSB

バッテリーの充電はmicroUSB経由。

出力用のUSBポートあり

出力用のUSBポートあり

通常のUSB(Type A)もあり、iPhoneなどを充電することも出来るが、出力が1Aなので実質iPhone専用と言える。

Apple Watchの充電機能を試す

P1020675

Apple Watchを充電

そして肝心のApple Watch充電機能だが、純正品と同じく、

載せるだけ

で充電が可能だ。

充電中

充電中

このお手軽さは魅力。

だが、そもそもこのタイプのバッテリーが必要なのかと問われると、やはり悩ましいなと感じた。

Apple Watchをスマホのように移動しながら充電するシーンは少ないと思う。ほとんどの場合、

  • 自宅やオフィスに戻ったとき
  • 就寝時

に充電すると思われ、であれば純正ケーブルだけで事足りるとも思う。

実際僕は以下の記事で紹介したように、純正ケーブル+モバイルバッテリーで使っているのだが、これで困ることはほぼ無い。

Apple Watch対応モバイルバッテリーはいらない!充電は純正ケーブルをおすすめする理由

2017.01.23

僕は出張などの外出が少なく、基本は自宅と会社を往復する生活なので、必要性は低いのだが、移動が多い人なら話は変わると思う。

終わりに

Apple Watch最大の欠点は、約1日しかバッテリーがもたないことで、将来的にはもっと駆動時間は延びるだろうが、移動が多い人程Apple Watch用モバイルバッテリーは役に立つと思う。

Amazon価格で4,590円は、今どきのモバイルバッテリーとしては少々高いが、専用ケーブルなしでApple Watchが充電出来ることが最大のメリット。

この点に魅力を感じるかどうかで、評価は大きく変わると思うので、特にモバイラーにはおすすめだ。

Apple Watch対応モバイルバッテリーはいらない!充電は純正ケーブルをおすすめする理由

2017.01.23

新型Apple Watch(Series 3)に望むたった1つの機能は、時計としてのスペック向上

2017.05.10

Apple Watchのまとめページ

SPONSORED LINK