運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

【2021年版】Apple Watchをはじめて買うなら「値段の安い型落ち」がおすすめ。価格重視ならSeries 3、健康管理もしたいならSEを選ぼう

Apple Watch SEが登場
SPONSORED LINK

Apple Watchに興味がありますか?

Apple Watchは2021年7月時点では、以下のモデルが登場した。

このうちAppleが公式に販売しているのは、Series 3・Series 6・SEだ。

僕は2015年4月にApple Watch発売以来ほぼ毎日身につけ、機種変更しながら今でも使い続けている

Apple Watch Series 5開封レポート

2021年現在は選択肢も増え、価格的には購入しやすくなったが、なくても困らないという意味で、「お試ししたい」と考える方は多いだろう

この記事では、以下のような考えで、初めてApple Watch買おうと悩んでいる方へのおすすめを紹介しようと思う。

  • 最新モデルにこだわりがない
  • なるべく安くApple Watchを使ってみたい
チー
あえて1つに絞れば、Apple Watchの強みである「健康管理機能」が充実している、Apple Watch SEをおすすめします!
Apple Watch最新モデルのレビューと感想は以下の記事をどうぞ!
Apple Watchは必要か

SPONSORED LINK

2021年現在で新品、中古で入手出来るApple Watchの価格比較

2020年のApple Watchラインアップ

Apple Watchは2015年4月の発売以来、合計7モデル発売されている。

モデル毎の販売状況・相場観をまとめると以下のようになる。

モデル名 販売状況 新品価格 中古価格
Appleストア 家電量販店
初代(第1世代) × × - 5,000円前後
Series 1 × × - 8,000円前後
Series 2 × × - 10,000円前後
Series 3 21,780円〜 15,000円前後
Series 4 × × - 30,000円前後
Series 5 × × - 38,000円前後
Series 6 47,080円〜 -
SE 32,780円〜 -

新しいモデルほど高くなるというのは当たり前の特徴だが、ポイントは3点。

  • 新品はApple Watch Series 3・6・SEしか買えない
  • Series 5は家電量販店などの在庫限りだが、それほど安くない
  • 第1世代・Series 1・2は最新OS「watchOS 7」をサポートしていない

特に大きなトピックとして、2020年9月の「Apple Watch Series 6」の発売にあわせて、安価なSeries 3との中間的位置付けとして「Apple Watch SE」が登場したこと

Apple Watch Series 6

Series 3は「19,800円〜」と安いが2019年9月の値下げ以来変わっていない。

しかし、2017年9月の発売から3年経過し少し古い感じもするし、転倒検出機能など近年重視しているヘルスケア機能も乏しい。

最新モデル「Series 6」ならあらゆる機能がみたされるが、Apple Watchを初めて購入する方に、最新モデルはおすすめしづらい。

  • 価格重視なら「Series 3」
  • 機能と価格のバランス重視なら「SE」

というのが、基本方針になるだろう。

初代(第1世代)・Series 1・Series 2の購入はおすすめしない

Apple Watch Series 1

まず、最初に2021年時点で買ってはいけないApple Watchを紹介しておこうと思う。

買ってはいけないモデル
  • 初代(第1世代)
  • Series 1
  • Series 2

理由は単純で、これらのモデルは最新OS「watchOS 7」をサポートしていないため。

今使っている方は壊れるまで使えばよいと思うが、積極的に購入する理由はない。

中古であれば1万円以下で入手できるかもしれないが、Series 3が新品でも「19,800円〜」なので、劇的に安いわけでもない

チー
中古で買うにしても、「Series 3」より古いモデルはやめておきましょう

価格重視なら「19,800円〜」に値下げされたSeries 3の新品

そして、2019年9月以降、価格重視な方にイチオシモデルはと問われたら、迷わずこう答える。

チー
「Series 3の新品」を買うこと

Apple Watchはスマートウォッチと呼ばれる製品のなかでは、リセール価値が高く下取りも1万円を超えるものが珍しくなかった

なので、中古市場もわりと活況で価格帯は以下のような感じで棲み分けられていた。

モデル名 中古相場
Series 1 5,000〜10,000円
Series 2 10,000〜20,000円
Series 3 20,000〜30,000円
Series 4など最新モデル 30,000〜40,000円

そんな状況が、2019年9月のSeries 3大幅値下げで一変してしまった。

これによって、Series 2以前は10,000円程度まで価値が暴落した。

というのも中古ショップのApple Watchは本体のみ販売していることが多い。

  • バンド
  • 充電ケーブル

などのアクセサリは別途購入する必要があり、Apple純正品でそろえたら1万円程度かかる。

だったら、新品だし、アクセサリ類も全部ついてるSeries 3を買う

となるわけで、Series 3の値下げは驚きだし、コスパ面で言えば圧倒的にお得だモデルになった

チー
2万円以下になれば、Apple Watchを試してみてと言いやすいので、長年使っているユーザーとしては嬉しい!

初めて買う人におすすめは「Series 3」か「SE」

では、Apple Watchを初めて買うとしておすすめモデルはなんなのか。

僕がおすすめしたいのは以下の2モデルだ。

  • 価格重視なら「Series 3」
  • 機能と価格のバランス重視なら「SE」

「Series 3の新品」のコスパが高いことは前述の通り。

「Apple Watch SE」に関しては、価格が「29,800円〜」と1万円高くなるが、最新モデル「Series 6」に近い機能を有しているので、価格と機能のバランスがよいのが魅力だ。

「Apple Watch SE」の特徴

Apple Watch SEが登場
2020年9月18日に発売した「Apple Watch SE」は、スペック的にはSeries 6とSeries 4の中間的位置付け。

ただ、スペックを見れば分かるのだが、2018年モデルの「Apple Watch Series 4」にかなり似た仕様となっている

つまり、エントリーモデルの「Series 3」と比較して、以下の機能が進化した。

Series 4の進化ポイント
  • ディスプレイの大型化
  • 全体的な薄型化
  • デジタルクラウンのリニューアル
  • プロセッサの進化(S3→S4。S3より2倍高速らしい)
  • ワイヤレスチップの進化(W2→W3)
  • 電気心拍センサー搭載
  • 第2世代の光学式心拍センサー搭載
  • 転倒検出搭載
  • 加速度センサー、ジャイロスコープが進化

画面の大型化、転倒検出搭載など「命を守る機能」が充実しているのが特徴だ。

そして、Series 4に似ているが、実は進化しているのも嬉しいポイント。

Apple Watch SEの進化ポイント
  • プロセッサが「S5 SiP」
  • 「GPS + Cellularモデル」は海外における緊急通報に対応
  • ストレージが32GB

実使用上違いを感じることは少ないが、Series 4の販売当時より安いのはもちろん、スペックも上がっている

Series 4はその後のApple Watchの進化を考えると、「ベース」になったモデル。

チー
僕は当初「iPhoneの通知を見るデバイス」くらいの認識だったけど、2019年10月に倒れて以来「保険」と思って常に身につけてます

「Apple Watch Series 3」の特徴

Apple Watch Series 3
では、エントリーモデルとなるApple Watch Series 3の特徴はなんなのか?

前モデルとなるSeries 2から、以下のような機能が追加された。

  • プロセッサが進化
  • eSIM」を利用したモバイルデータ通信に対応(GPS+Cellular版のみ)
2020年9月以降、Series 3はCellular通信非対応の「GPS版」のみとなりました

機能的にはSeries 2でほぼ完成しているのだが、さらに便利になった感じのモデルがSeries 3で、eSIM」を利用したモバイルデータ通信は大きなトピックだったと思う

ただ、初めて使う方に「GPS+Cellular版」はおすすめしづらいので、2021年現在としては機能的に尖ったモノは何もない。

Series 3までのApple Watchは、iPhoneの通知を見る、Apple Payでキャッシュレス決済、運動量の測定がメインだった。

しかし、Series 4以降は前述の通り、健康管理など「命を守る機能」が充実していく。

健康管理機能に興味がないなら、SEではなくSeries 3を選べばよいと思う。

ちなみに、Series 5以降のApple Watchは、海外での緊急通報機能、血中酸素測定などさらに命を守る機能が充実するが、スペック的なものでいうと「ディスプレイの常時表示」が最大のトピック

この機能はSeries 6でないと対応していないのだが、高額になるためこの記事のトピックとしては割愛する。

Apple Watchの魅力

Apple Watch Series 4

では、そもそもApple Watch Series 3以降では、何が魅力的になったのか?

実はSeries 3までは、GPSを内蔵し防水対応するなど、運動によるライフログ取得が目玉で、スポーツウォッチとしての人気が高かった

しかし、徐々に「生活に根ざした」感じになり、2021年7月現在は以下がApple Watchを使うメリットと思っている。

Apple Payに対応しFeliCaが内蔵された

単体でApple Payに対応し、日本ではFeliCaに対応
単体でApple Payに対応し、日本ではFeliCaに対応

2016年9月に発売したiPhone 7以降のiPhoneは、「Apple Pay」に対応しFeliCaが内蔵されている。

このことで、日本で言う「おサイフケータイ」に対応するイメージとなるわけだが、実はApple WatchもSeries 2から対応している

iPhone 7の場合は、iPhoneをリーダー(Suicaの場合自動改札など)にかざすが、Apple Watchの場合は手首をかざすことになるのが違いだが、機能的な違いは無い。

2021年現在では、iPhone 7以降のユーザーが増えたが、格安SIMではApple Pay非対応の「iPhone 6s」が未だに販売されていることもあり、Apple WatchのFeliCaも価値はある。

個人的にはApple Payは本当に便利なので、是非体験して欲しいと思っている。

SuicaカードをApple Payに取り込む方法
東海道新幹線に乗る

転倒検出機能など「命を守る機能」

転倒検出機能

Series 4で初めて対応した、転倒検出機能は倒れた時に、一定時間応答がなければ緊急通報を自動で行う機能。

こんな事態は起こらないにこしたことはない。だからこそ、普段は関心が薄いモノ。

僕もそんな人で、Series 4を使っていても機能としては有効化していなかった

しかし、2019年10月に早朝に倒れたことがあり、意識が変わった。

その時は幸い10分後くらいに意識が戻ったが、これが誰もいない昼間だったら、下手すれば死んでいただろう。

そう考えると、僕のようにフリーランスで仕事をしている人は、命を守るデバイスとして重要と考えるようになった。

この機能は、Series 4以降か「Apple Watch SE」でないと使えないので、「命を守る機能」を重視するなら、上位モデルを選択した方がよいだろう

チー
僕は「保険」と思って、Apple Watchを24時間365日身につけるようにしています
iPhone・Apple WatchでメディカルIDを登録・参照する方法
転倒検知機能

Apple Watchはどこで買うのがよいか

2020年のApple Watchラインアップ

とはいえ、やはり価格は重要だ。

2021年7月時点でApple Watchを購入する場合、以下のモデルが候補になる。

  • Series 3・Series 6・SEの新品
  • 家電量販店などで在庫限りのSeries 5

価格重視だとSeries 3の新品になるかと思う。

ここで、冒頭の表を再掲する。

モデル名 販売状況 新品価格 中古価格
Appleストア 家電量販店
初代(第1世代) × × - 5,000円前後
Series 1 × × - 8,000円前後
Series 2 × × - 10,000円前後
Series 3 21,780円〜 15,000円前後
Series 4 × × - 30,000円前後
Series 5 × × - 38,000円前後
Series 6 47,080円〜 -
SE 32,780円〜 -

1つ特筆すべき点は、新品と中古の価格差だ。

新品と中古の価格差が思いのほか少ない

直接取引となるヤフオク・メルカリなどは安くなる傾向にあり、ソフマップ・ゲオなどの中古販売業者はそれより若干高くなる。

だが、それでも新品との価格差が1万円もないというのは驚く。

個人的にはSeries 3を買うなら、新品の方が良いと思う。

ウェアラブル端末は、いくらキレイでも中古は嫌という人も多いだろう。

Apple Watchシリーズのおすすめは「安いモデル」

Apple Watch Series 3

では、僕がおすすめするApple Watchはなんなのか。

  • とにかく安さ重視なら、新品のSeries 3
  • それ以外の方は、新品のSE

となる。

繰り返しになるが、僕は最新モデルのSeries 5をつかっている。

Apple Watch Series 5開封レポート
Series 6も購入予定です

普通ならそれをおすすめしたくなるものだが、もしSeries 6を購入するなら「Apple Watch Series 6 GPSモデル」のアルミニウムケースをおすすめする。

共通点をご理解いただけるだろうか。僕は、

Apple Watchを買うなら『安いモデル』を買うことをおすすめしている。

これには理由がある。

Apple Watchの一番おすすめは「安いモデル」である理由

Apple Watch Series 4

Apple Watchの購入にあたり、『一番安いモデル』をお勧めする理由は3つある。

安いモデルをおすすめする理由
  • 買ったところで使い続けるとは限らない
  • バッテリーは進化していない
  • 毎年9月に新モデルが発売する

大前提としては、

価格の違いは素材など違いで、『機能に違いはない』

ということで、上位モデル下位モデルという位置付けとはならない。これがポイントだ。

  • 素材はアルミニウム・ステンレス・セラミックで選べば「アルミニウム」
  • サイズは38mmと42mmがあるが「38mm」(Series 4以降は40mmと44mm)

が僕のお勧めということになる。バンドはお好みで良いと思う。

無難なのはスポーツバンド。

買ったところで使い続けるとは限らない

宝石箱のような高級感も魅力の「Apple Watch」
宝石箱のような高級感も魅力の「Apple Watch」

Apple Watchの発売は2015年4月。

この時、僕も含めてAppleファンやガジェット好きが飛びつき、発売当初は品薄となった。

では、その後どうなったかと言えば、品薄になったことは皆無どころか、ほぼ話題にもならなくなったと思う。

僕は発売から5年以上経過した今でも使っているが、周りを見渡せば使わなくなった人の方が多い。

  • iPhoneは多少不満があっても、ないと困るので使い続ける
  • Macは使用頻度が減っても、使用期間が長くなる(=買換頻度が長期スパンになる)

という感じで、手元には残る。
だが、Apple Watchの場合、合わないなと感じたら使わなくなる。

Apple Watchの基本機能は、時計とiPhoneの通知(電話・メールなど)を受けること。

これらは、iPhone単体でも出来る。要するにApple Watchは『無くても困らない』ので、簡単に使わなくなる。

そういうデバイスなのに、いきなり高いものを買うのはお勧めできない。

Apple Watchは必要か

バッテリーは進化していない

Apple Watchはモバイルバッテリーと純正磁気充電ケーブルで充電

Series 1からSeries 6について、前述の通り細かいスペックでは色々違いはあるが、重要な点は何も変わっていない。それは、

バッテリー駆動時間は18時間のまま

ということだ。

Series 3以降は若干長くなった印象があるが、公称値が変わらない以上過信は禁物だ。

1日の利用でバッテリーが切れることはない

だが、逆にいえば2日はほぼ持たない。

バッテリーが2日持つ

2日間充電無しで使えるかどうかはかなり大きなポイント。

出張や旅行は普段だと1泊2日が一番多く、そういう時って荷物を極力減らしたい。

ところがApple Watchの充電はマグネット式の専用ケーブルで行うため、いちいち充電ケーブルを持ち歩く必要がある。

誤解のないようにして欲しいが、iPhone 8以降のiPhoneが対応している、Qi方式の「ワイヤレス充電」とは異なるので注意して欲しい。

近年はApple Watchに対応したモバイルバッテリーも販売しているが、価格が高い。

  • 一般的なモバイルバッテリー
  • Apple純正のマグネット充電ケーブル

を持ち歩くのが無難かと思う。

Apple Watchはモバイルバッテリーと純正磁気充電ケーブルで充電

最新モデル「Apple Watch Series 6」は2020年9月発売。毎年9月に新モデルが発売、

外箱にすら金がかかっていたのは多分「初代」だけになると思う
外箱にすら金がかかっていたのは多分「初代」だけになると思う

第1世代Apple Watchが発売したのは2015年4月、Series 2の登場は2016年9月だった。

  • 伊勢丹などの百貨店で販売
  • 10万円を優に超える高級品もラインアップに含む
  • Sportsモデル以外は、化粧箱など「貴金属」を思わせるほどの高級感

ガジェットではなく貴金属として売ろうとしているとすら思っていたのだが、2021年時点でAppleはこの方針を撤回したと思う。

その証拠は新製品の発売ペースだ。

モデル名 発売年月
第1世代 2015年4月
Series 2 2016年9月
Series 3 2017年9月
Series 4 2018年9月
Series 5 2019年9月
Series 6 2020年9月

Apple Watch Series 2以降は「毎年9月」に発売

9月といえば、iPhoneが発表&発売される月だ。

つまり、Apple WatchはiPhoneのアクセサリという位置付けになった

実際、Series 2以降強く感じるのは、ランニングでの利用など「ガジェット感」が増し、「時計」という雰囲気が一気に薄くなった。

販売戦略が変わったのは間違いないだろう。

このため、1年〜2年に1度新しいモデルが発売し、現モデルは陳腐化するということを前提に購入する必要がある。

そういう意味で、特に初めて買う方には「一番安いもの」をおすすめしている。

ものすごく気に入って、次はもっとイイモノを買おうと思ったなら、1年後か2年後に買い替えればいい。

最初から高級品に手を出すべきではないと思う。

ただ、最新モデルにこだわりがあるなら9月に購入するのが良いだろう。

恐らく「Apple Watch Series 7」は、2021年9月にiPhoneと共に発表されるはずだ。

2020年モデルのApple Watch Series 6は魅力的!

Apple Watch Series 6

ただ、それでも最新モデルが欲しいと言う方はいると思う。

「「Apple Watch Series 6」はどうなのか?」気になる方もいるだろう。

チー
Series 5以降は、ディスプレイの常時表示が実現したのが最大の魅力!

Apple Watch長年の「不満」は大きく分けて2つある。

  • ディスプレイが常時表示ではないので、時計としては使いづらい
  • バッテリー駆動時間が短い。せめて3日持って欲しい

このうち1つ目の常時表示問題が、Series 5でついに解消した!

バックライトが落ちた省電力状態(常時表示)

Series 6ではこれがさらに進化しており、「時計」としての使い勝手を重視するなら、Series 6がおすすめ

また、健康管理機能もさらに進化している。

血中酸素濃度アプリと心拍数測定

血中酸素濃度の測定、心拍数測定の進化はSeries 6のみの機能。

そして、Series 6・SEを購入する場合、もう1つのポイントがより画面が大きい「44mmケース」をできれば選択して欲しい。

画面の視認性が大幅に上がるので、時計としても使い勝手がよいと思う。

しかも、ケースのサイズが変わってもバンドはSeries 3までのものがそのまま使えることも嬉しい

Apple Watch Series 5長期利用レビュー

終わりに

かなり長い記事になったが、おすすめモデルをまとめると以下のようになる。

Apple Watchのおすすめ
  • 価格重視なら「Series 3」
  • 機能と価格のバランス重視なら「SE」
  • 健康管理機能をより重視するなら、Series 6もよいが高いです

Apple Watchは使えば便利なことは間違いないので、納得感のある選択になればと思います。

チー
あえて1つに絞れば、Apple Watchの強みである「健康管理機能」が充実している、Apple Watch SEをおすすめします!

「Apple Watch」はAmazon・家電量販店・大手キャリアなど幅広く販売されていますが、在庫・納期面で一番おすすめは、Appleでの購入です。

チー
価格重視なら「Series 3」、転倒検出機能など機能と価格のバランス重視なら「SE」がおすすめです。

Apple Watchはどこで買うのが安いのか?

パパンダ
まだまだApple Watchを買う余裕はないけど、うちは家計が厳しいので「少しでも安く」買いたい!
チー
それなら「ビックカメラ」か「Amazon」がおすすめかな。ポイントは大してたまらないけど、ポイントが使えたり在庫が豊富なので。
簡単に比較するとこんな感じ。
2021年7月時点のApple Watch Series 6(40mm、アルミニウムケース&スポーツバンド)販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗 タイプ 定価(税込) 値引き 実質価格
Apple Store GPS 47,080円 - 47,080円
GPS + Cellular 59,180円 - 59,180円
Amazon GPS 47,080円 1,413ポイント 45,667円
GPS + Cellular 59,180円 1,776ポイント 57,404円
ビックカメラ.com GPS 47,080円 1,413ポイント 45,667円
GPS + Cellular 59,180円 1,776ポイント 57,404円
Apple Watchをどこで買うのがお得?

Apple Watchに関する記事

チー
2015年4月の発売以来、ほぼ毎日使い続けて感じたことをまとめています。
Apple Watchは必要か

「Apple Watch」レビュー

Apple Watch Series 5長期利用レビュー
常時表示ディスプレイに対応したApple Watch Series 5
Apple Watch Series 4レビュー
Series 4とSeries 5

オプションサービスについて

watchcare
Apple WatchのApple Pay起動はサイドボタン2度押し

Apple Payについて

チー
Apple Payは本当に便利だから、「食わず嫌い」の方もだまされたと思って使ってみて欲しい!
Apple Payは凄く便利なので、みんなに使って欲しい!
applepay

初代モデルからApple Watchを使い続けている管理人が、これまで書いて来たサービスの解説・お得な使い方などを、Apple Watchカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!