Apple Watch Series 4長期利用レビュー。画面が大きくなって使いやすくなり、誰でもメリットを体感できる定番スマートウォッチ

Apple Watch Series 4レビュー Apple Watch Series 4
SPONSORED LINK

2018年9月にApple Watch Series 4を購入した。

Apple Watch Series 4

Apple Watch Series 4開封レビュー。画面が大きくなったメリットをSeries 3との比較から考察

2018年9月26日

前モデルとなる「Apple Watch Series 3」からの機種変更として購入したのだが、以来約1年間ほぼ毎日身につけて使ってきた。

4代目となる「Apple Watch」だが、ウェアラブル端末なので見た目や機能が大きく変わらない。

  • Apple PayやGPS対応など、基本機能はSeries 2で完成
  • Series 3からGPS+Cellular版は「eSIM」に対応し、iPhoneなしでもモバイルデータ通信可能に

そんな中でSeries 4は、

ディスプレイが大型化&薄型化

という見た目に分かり安い進化を遂げた。

チー
初代モデルから使い続けているけど、初めて「分かりやすい進化」をした

この記事では、以下を紹介しようと思う。

  • Apple Watch Series 4を使った感想
  • Series 3と比較したメリット
  • どんな方に購入がおすすめ出来るか
チー
2回目以降の購入で、今度は長く使いたいと思う方におすすめしたいモデル!

SPONSORED LINK

2019年10月時点の「Apple Watch Series 4」販売状況

Series 3とSeries 4のどちらがおすすめ?

「Apple Watch Series 4」は、2018年9月11日に後継モデル「Apple Watch Series 5」の発表に伴い販売終了となり、2019年10月時点では家電量販店などの在庫販売のみとなっている

常時表示ディスプレイに対応したApple Watch Series 5

Apple Watch Series 5発表!ついに来た「常時表示ディスプレイ」。既存ユーザーなら買い替え価値あり!

2019年9月11日
Apple Watch Series 5開封レポート

Apple Watch Series 5 開封フォトレポート。Series 4と比較して何が変わった?ディスプレイ常時表示のメリットをチェック

2019年9月28日

Apple Watchの販売状況は、簡単にまとめると以下のような感じ。

モデル名販売状況新品価格中古価格
Appleストア家電量販店
初代(第1世代)××-5,000円前後
Series 1××-8,000円前後
Series 2××-10,000円前後
Series 319,800円〜15,000円前後
Series 4×45,800円〜30,000円前後
Series 542,800円〜38,000円前後

僕は初代モデルが発売した2015年4月以来Apple Watchを使っているが、初めて買う方には最新モデルをおすすめしていない

チー
今買うなら、中古はSeries 2、新品ならSeries 3がよいと思います
Apple Watch Series 3

【2019年版】Apple Watchをはじめて買うなら「値段の安い型落ち」がおすすめ。新品はSeries 3、中古はSeries 2を狙おう

2016年9月13日

Apple Watch Series 4ファーストインプレッション

Apple Watch Series 4

Apple Watch Series 4は2018年9月に発売された。

僕はいつものようにApple Storeで予約し発売日に入手したのだが、近年のApple Watchとしては珍しく、発売当初品薄になっていた

それもそのはず、小さな変化かもしれないが、初代モデルから3年間全く変わらなかった、画面サイズが変更となり、初めてのフルモデルチェンジと言えたのが「Apple Watch Series 4」

このため、初代とかSeries 1から買い替えた人も多かったようだ。画面サイズを比較すると、以下のように大きくなって・薄くなった

項目Series 4Series 3まで
コンパクトタイプ40mmケース
759平方ミリメートル
38mmケース
563平方ミリメートル
大型タイプ44mmケース
977平方ミリメートル
42mmケース
740平方ミリメートル
厚み10.7mm11.4mm

そして、実際に使ってみて最初に思ったのは「画面が広くなった!」ということ。

スマホもそうだが、画面が大きくなったことによる「視認性の向上」は、端末の進化として最も体感しやすい。

そんなに大きな画面ではないし、「大して変わらないでしょ?」と思っていたが、予想以上に広く感じて見やすくなった

画面が大型化してもバンドは従来品がそのまま使える

38mmバンドを40mmケースにつけても互換性がある

一見進化に見える大型化だが、不安を感じる人も多かった。

今まで使っていた、お気に入りのバンドも買い替えるしかないのかな……。

画面が大型化すると、スマホがそうであるように、ケースなどの流用が効かなくなるのが普通だ。

Apple Watchについても同じだろうなぁと思っていたのだが、そのまま使えるように配慮されている

Series 3までSeries 4
38mm用バンド40mm用バンド
42mm用バンド44mm用バンド

Apple Watch」がもつ魅力の1つは、バンドの種類が豊富で着せ替え感覚で楽しめること。

従来品でもバンドが使えるように配慮されているのは、素晴らしい。

チー
信者と言われるかもしれないけど、「さすがApple」って思った

Apple Watch Series 3とのスペック比較

Series 3とSeries 4のどちらがおすすめ?

画面の大型化が最大のトピックだが、前モデルとなる「Apple Watch Series 3」と比較して、以下のような機能が進化した。

Series 4の進化ポイント
  • ディスプレイの大型化
  • 全体的な薄型化
  • デジタルクラウンのリニューアル
  • プロセッサの進化(S3→S4。S3より2倍高速らしい)
  • ワイヤレスチップの進化(W2→W3)
  • 電気心拍センサー搭載
  • 第2世代の光学式心拍センサー搭載
  • 転倒検出搭載
  • 加速度センサー、ジャイロスコープが進化

Series 2以降の進化は、フィットネス機能が中心だったと思っているが、Series 4になると「健康管理」の機能追加が目立ってきた

特に「電気心拍センサー搭載」はアメリカでは心電図(ECG)も取れると話題になったのだが、日本では未だに使えず……。

チー
日本はこういう新しい製品への対応が遅いのが難点……。

機能的な進化は乏しいので「Series 3」を選ぶのが無難

発売日に入手したApple Watch Series 3

このような状況なので、繰り返しになるが初めて購入するなら「Apple Watch Series 3」の方がコスパが高いと思う。

将来どうなるかはわからないが、Series 4の目玉機能「電気心拍センサー」は日本では使えず、積極的にSeries 4を選ぶ理由はない。

結局、「画面が大きいことによる視認性の向上」これをどう捉えるかだ。

Apple Watch Series 3

【2019年版】Apple Watchをはじめて買うなら「値段の安い型落ち」がおすすめ。新品はSeries 3、中古はSeries 2を狙おう

2016年9月13日

Apple Watch Series 4の魅力

Apple Watch Series 4の魅力

このような感じで、正直「Apple Watch Series 4のここが魅力的!」という部分はあまりない。

僕が感じる、Apple Watch Series 4の魅力は以下の2点。

少ないと思うかもしれないが、例えばバッテリー持続時間、「eSIM」対応などはSeries 3と同じなので敢えて記載してない

Apple Watch Series 4の魅力
  • 画面が大きく視認性が高い(老眼でも見やすい)
  • いざという時の安心に「転倒検出機能」

画面が大きく視認性が高い(老眼でも見やすい)

Apple Watchの画面拡大の効果は

左:Series 4 40mm
中:Series 3 42mm
右:Series 3 38mm

繰り返しになるが、「Apple Watch Series 4」最大の特徴は画面が大きくなったことだ。

たったそれだけと思うかもしれないが、驚く程画面が見やすくなった

チー
Apple Watchは操作するものではなく、iPhoneに届いた通知を見るもの

僕は初代モデル以来、Apple Watchとはこういうものと言い続けてきた。

初代Apple Watchを買ってよかったことは?iPhoneからの通知で「気づき」が得られるのが魅力

2015年7月12日

理由として一番大きいのが「画面が小さく操作しづらい」というものだったのだが、ほんのちょっと画面が大きくなっただけで、随分操作しやすくなった

特にボタン類のタッチ操作が快適になり、操作する気になる。大前提として「積極的に触るものじゃない」というのはあるにせよ、トランシーバー的にサッと触ることは増えた

そして、画面が大きくなるということは、それだけ文字も大きくなる。

Apple Watch」の購入を検討する方で、「老眼なので小さい文字が読みづらい」という声をよく聞くが、検討する価値が出てくる方もいるかもしれない。

いざという時の安心に「転倒検出機能」

健康管理機能が充実

近年のApple Watchは、健康管理機能が充実している。

心拍数などは勝手に取得しているし、常時身につけているガジェットならではの特徴ともいえるが、突発的な事故・病気に対応する機能も充実してきている

Apple Watch Series 3で「eSIM」によるモバイル通信に対応したのもそうだが、いざという時役に立つ機能が強力だ。

モバイル通信は、誘拐のように事件性の高いものに襲われたとき、瞬時に通報する仕組みとして役立つと思った。

これに加えて「転倒検出機能」は、倒れたりして一定期間経過(1分間)すると自動的に、緊急連絡先にメッセージなどを送信するという機能。

「保険」に近いサービスだが、いざという時役に立つと思うので、是非活用して欲しい。

ただ、誤検知・誤通報を防止するためか、「デフォルトではオフ」になっているため、内容を理解した上で「オン」に設定することをおすすめする。

転倒検出機能をONにする

「Apple Watchの設定」→「緊急SOS」内の「転倒検出」を有効にすることで利用できる。

チー
僕は有効化しているよ

スペックの選び方

Apple Watch Series 4

では、Apple Watch Series 4の購入を決めたとして、スペックをどう決めるか。

選定ポイントは大きく分けて4つある。

Apple Watchスペック選定ポイント
  • ケースの素材はアルミニウムかステンレスか
  • バンドは何にするか
  • GPS版か通信機能を内蔵した「GPS+Cellular版」か
  • ケースのサイズは40mmか44mmか

これらについて僕の考えを紹介しておこうと思う。

ケースの素材は安い「アルミニウム」、バンドはお好みで

アルミニウムケース

Apple Watchのケースは、伝統的に2種類の素材が主流となっている。

  • 安価なアルミニウム
  • 少し高価なステンレス

僕は初代モデルではステンレス、その後はアルミニウムを買い続けている。

理由は単純で、安いからアルミニウムケースを選択している

発売当初のApple Watchは、スーツで身につけても見劣りしないような高級感を持ち合わせていたが、徐々にカジュアルな製品に変わっていった。

同時に、

iPhoneと同じく数年に1度買い替える製品

という位置付けに変わっていったので、高級な素材を選ぶ理由がなくなった。

Apple Watchの特徴として、素材が変わってもスペックや機能に差はない。ステンレスだから高機能とかではないので、積極的に高いモデルを選ぶ理由は薄い。

また、バンドについては完全に好みなので、お好きなものを選択すればよいと思う。

僕は最近「スポーツバンド」を選び続けている。

  • 安価であること
  • 汚れやすいが、洗いやすいので汚れも落としやすい

この辺りが選択理由だ。

チー
要するに僕は、Apple Watchで一番安いモデルを選ぶようにしているよ

「GPS+Cellular版」は基本的に不要だが「保険」としては優秀

eSIM対応でLTE通信に対応(Cellular版のみ)

なので、通信モジュールについても基本は「GPS版」でよいと思う。

  • 単体で通信できない「GPS版」
  • eSIMに対応し、単体で通信出来る「GPS+Cellular版」

もちろんあるか無いかであれば、「GPS+Cellular版」の方がよいのだが、以下の3点が理由で正直おすすめしづらい状況だ。

  • 値段がGPS版と比較して、1万円程度高い
  • 本体代金に加えて、eSIMの利用料が発生する(=ランニングコストがかかる)
  • ドコモ・au・SoftBankでしか使えない(=格安SIMでは使えない)

やはりコスト面は気になるところだろう……。

キャリアサービス名月額利用料(税別)登録手数料(税別)
docomoワンナンバーサービス500円500円
auナンバーシェア350円0円
SoftBankApple Watchモバイル通信サービス350円0円

eSIMの利用料は上記の通りで、高くないがランニングコストがかかることは、大きなデメリットと思う。

2019年7月から「IIJmio」が「データ通信専用SIM eSIMプラン」をスタートして、ようやく日の目を見たがApple Watchでの利用は対象外となっている

IIJmio(みおふぉん)の「データ通信専用SIM eSIMプラン」ってどんなサービス?通信マニアが使って分かったことを、本音でレビュー

2019年8月2日

ただ、これらの機能は前述の「転倒検出機能」を含めて、「掛け捨ての保険」と考えた方がよいと思う

転倒検出機能など緊急時の機能は、iPhoneとセットでないと通信できない「GPS版」より、単体で通信可能な「GPS+Cellular版」の方が有効なのは言うまでもない。

チー
ランニング中に倒れたとして、そういう時スマホは自宅においてることは珍しくないし……。
Apple WatchのApple Pay起動はサイドボタン2度押し

Apple Watch Cellular版レビュー。LTE通信機能は必要?何ができる?1年使った感想のまとめ

2018年1月22日

ケースは画面の大きい「44mmケース」がおすすめ

Apple Watch Series 3とSeries 4
  • ケース素材は安価なアルミニウム
  • バンドは一番安いスポーツバンド
  • LTE通信非対応の「GPS版」

ここまでとにかく「安いモデル」をおすすめしてきたが、ケースサイズだけは「大型の44mmケース」をおすすめしたい

僕は初代モデル以来、コンパクトな38mmケースを購入し続けていたので、Series 4においても40mmケースを購入した。

ただ、前述の通りSeries 4は画面サイズが拡大したのが最大のトピックで、それによって視認性がかなり向上した

「見やすさ」は老眼でなくても重要だし、これがApple Watchを使い込んで行くきっかけにもなると思うので、正直40mmケースを購入して後悔した。

チー
Series 4を購入するなら、画面の大きさがより体感できる「44mmケース」がおすすめです
Series 4とSeries 5

Apple Watch Series 5のケースは40mmと44mmどっちがおすすめ?Series 4の40mmを使った感想

2018年10月8日

機種変更として2回目以降の購入なら「Series 4」は魅力的

化粧箱のアップ

繰り返しになるが、「Apple Watch Series 4」最大のメリットは画面の大きさだ。

ただし、このメリットは比較対象がないと分からない。

僕がいくら文章で「画面が大きくて見やすくなった」と熱弁しても、初めてApple Watchを購入しようとする方には伝わらないと思う

そういう意味で、「Apple Watch Series 4」は2回目以降の購入者向け

以前使っていたけど「使えない」と売り飛ばしてしまった方など、是非使ってみて欲しいと思う。

チー
Series 4独自機能ではないけど、「Apple Pay」は是非使ってほしい!
Apple Payは凄く便利なので、みんなに使って欲しい!

Apple Pay使ってますか?面倒じゃないよ!iPhoneのキャッシュレス生活が便利すぎるので、魅力を徹底解説

2019年6月29日

終わりに

Apple Watch Series 4

Apple Watchも4世代目になり、いよいよ普及の段階に入ってきたなと感じる。

2015年の発売当初、購入したのは僕のような「Appleファン」と「ガジェット好き」に集中していたが、今はそんな人じゃなくても普通に使っているのを見かける

当時、「スマホの次は、ウェアラブルデバイス」と言われていて、各社スマートウォッチをこぞって発売していた。

ただ、結果として残ったのはApple Watchだけだった

  • iPhoneとセットでの利用を訴求
  • 新モデル発売もiPhoneと同時

iPadでも使えるようにして欲しいなんて声も多い中、実質的に「iPhoneとセット販売」するという戦略は正解だったということだろう。

スマートウォッチといえばランニングなど運動量を計測するもの、というイメージが強い中、健康管理や利用者の身を守る機能を充実させているのは、他社製品と比較した強みだ。

iPhoneユーザーであれば、是非一度Apple Watchを使ってみて欲しい。

「Apple Watch Series 4」はAmazon・家電量販店・大手キャリアなど幅広く販売されていますが、在庫限りの販売です(Appleは販売終了)

Apple Watchはどこで買うのが安いのか?

パパンダ
まだまだApple Watchを買う余裕はないけど、うちは家計が厳しいので「少しでも安く」買いたい!
チー
それなら「ビックカメラ」か「Amazon」がおすすめかな。ポイントは大してたまらないけど、ポイントが使えたり在庫が豊富なので。
簡単に比較するとこんな感じ。
2019年10月時点のApple Watch Series 5(40mm、アルミニウムケース&スポーツバンド)販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗タイプ定価(税別)値引き実質価格
Apple StoreGPS42,800円-42,800円
GPS + Cellular53,800円-53,800円
AmazonGPS42,796円1,387ポイント41,429円
GPS + Cellular53,789円1,743ポイント52,046円
ビックカメラ.comGPS42,790円1,386ポイント41,404円
GPS + Cellular53,790円1,742ポイント52,048円
Apple Watchをどこで買うのがお得?

Apple Watchはどこで買うのが安い?値下げはいつ?Apple Store・家電量販店・Amazonで比較してみた

2019年7月10日

最新モデルApple Watch Series 5発表!

チー
Apple Watchユーザー待望の「常時表示ディスプレイ」に対応した、Apple Watch Series 5が発表されました!
常時表示ディスプレイに対応したApple Watch Series 5

Apple Watch Series 5発表!ついに来た「常時表示ディスプレイ」。既存ユーザーなら買い替え価値あり!

2019年9月11日

Apple Watchに関する記事

チー
2015年4月の発売以来、ほぼ毎日使い続けて感じたことをまとめています。
Apple Watchは必要?

Apple Watchはいらない?何ができる?4年間使った私が必要性を考えてみた

2018年2月12日

最新モデル「Apple Watch Series 4」レビュー

Series 4とSeries 5

Apple Watch Series 5のケースは40mmと44mmどっちがおすすめ?Series 4の40mmを使った感想

2018年10月8日

オプションサービスについて

watchcare

Apple Watchに延長保証「AppleCare+」は必要か?3年間未契約で故障無しだが、故障リスクは生活スタイルによります

2018年11月15日
Apple WatchのApple Pay起動はサイドボタン2度押し

Apple Watch Cellular版レビュー。LTE通信機能は必要?何ができる?1年使った感想のまとめ

2018年1月22日

Apple Payについて

チー
Apple Payは本当に便利だから、「食わず嫌い」の方もだまされたと思って使ってみて欲しい!
Apple Payは凄く便利なので、みんなに使って欲しい!

Apple Pay使ってますか?面倒じゃないよ!iPhoneのキャッシュレス生活が便利すぎるので、魅力を徹底解説

2019年6月29日
applepay

Apple Watchの機種変更時に、Apple PayのクレジットカードとSuicaの残高を移行する方法

2018年11月6日

Apple Watchカテゴリートップ

初代モデルからApple Watchを使い続けている管理人が、これまで書いて来たサービスの解説・お得な使い方などを、Apple Watchカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年9月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK