Apple Watch Series 6発表!詳しくはこちら

Apple Watch Series 5長期利用レビュー。体調不良で倒れて分かった、旧モデルと比較した最新モデルの魅力は「命を守る機能」

Apple Watch Series 5長期利用レビュー
SPONSORED LINK
Y!mobileバナー

2019年9月にApple Watch Series 5を購入した。

Apple Watch Series 5開封レポート

Apple Watch Series 5 開封フォトレポート。Series 4と比較して何が変わった?ディスプレイ常時表示のメリットをチェック

前モデルとなる「Apple Watch Series 4」から買い足すイメージで購入したのだが、以来ほぼ毎日身につけて使ってきた。

5代目となる「Apple Watch」だが、同時にSeries 4が販売終了になったのも納得できるくらい、Series 4と5の機能差は小さい

Series 5の進化ポイント
  • 常時表示Retinaディスプレイ搭載
  • コンパスを搭載
  • プロセッサの進化(S4→S5。S3より2倍高速らしい)
  • チタン、セラミック素材の「Apple Watch Edition」が復活
  • Cellular版は海外での緊急通報機能に対応

最大の特徴は初代モデルからの弱点を解消した、

常時表示Retinaディスプレイ搭載

なのだが、正直初めて使う方にはメリットと感じづらい……。

ある意味「地味」なモデルだが、Apple Watchの使い方が変わるきっかけになったモデル。

この記事では、以下を紹介しようと思う。

  • Apple Watch Series 5を使った感想
  • ガジェットではなく「保険」として使うデバイスになった理由
  • 購入をおすすめする方
チー
iPhoneとセットで使うと便利な「ガジェット」と長年考えていたけど、今は「命を守る保険」として使っています

SPONSORED LINK

2020年9月時点の「Apple Watch Series 5」販売状況

Apple Watch Series 5

「Apple Watch Series 5」は、2019年9月20日に発売されたApple Watchの最新モデル。

常時表示ディスプレイに対応したApple Watch Series 5

Apple Watch Series 5発表!ついに来た「常時表示ディスプレイ」。既存ユーザーなら買い替え価値あり!

Apple Watch Series 5開封レポート

Apple Watch Series 5 開封フォトレポート。Series 4と比較して何が変わった?ディスプレイ常時表示のメリットをチェック

Apple Watchの販売状況は、簡単にまとめると以下のような感じ。

モデル名販売状況新品価格中古価格
Appleストア家電量販店
初代(第1世代)××-5,000円前後
Series 1××-8,000円前後
Series 2××-10,000円前後
Series 319,800円〜15,000円前後
Series 4××-30,000円前後
Series 5×42,800円〜38,000円前後
Series 642,800円〜発売前
SE29,800円〜発売前

僕は初代モデルが発売した2015年4月以来Apple Watchを使っているが、初めて買う方には最新モデルをおすすめしていない

チー
今買うなら、中古はSeries 2、新品ならSeries 3がよいと思います
Apple Watch SEが登場

【2020年版】Apple Watchをはじめて買うなら「値段の安い型落ち」がおすすめ。価格重視ならSeries 3、健康管理もしたいならSEを選ぼう

Apple Watch Series 5ファーストインプレッション

Apple Watch Series 5開封レポート

Apple Watch Series 5は2018年9月に発売された。

僕はいつものようにApple Storeで予約し発売日に入手。

Apple Watchの販売傾向は、iPhoneよりさらに「初動型」で発売日に入手する場合、Apple Storeでの購入が無難な選択

ただ、iPhoneと異なるのは、発売後1ヶ月も経つと、どこでも手に入るようになり、需給関係が平準化する

iPhoneと異なり「なくても困らないデバイス」なので、発売日に飛びつくのは僕のような「ガジェットヲタク」の割合が高い証拠だろう。

「毎年買う人」は極めて少ないので、前モデル「Series 4」の進化を改めて紹介すると以下のような内容。

Series 4の進化ポイント
  • ディスプレイの大型化
  • 全体的な薄型化
  • デジタルクラウンのリニューアル
  • プロセッサの進化(S3→S4。S3より2倍高速らしい)
  • ワイヤレスチップの進化(W2→W3)
  • 電気心拍センサー搭載
  • 第2世代の光学式心拍センサー搭載
  • 転倒検出搭載
  • 加速度センサー、ジャイロスコープが進化

最大の進化は「ディスプレイの大型化」で、これはSeries 5でも同様。

40mmケースと44mmケース
左:40mmケース
右:44mmケース

数字で紹介すると、以下のように大きくなって・薄くなった

項目Series 4以降Series 3まで
コンパクトタイプ40mmケース
759平方ミリメートル
38mmケース
563平方ミリメートル
大型タイプ44mmケース
977平方ミリメートル
42mmケース
740平方ミリメートル
厚み10.7mm11.4mm

そんなに大きな画面ではないし、「大して変わらないでしょ?」と思っていたが、予想以上に広く感じて見やすくなった

Apple Watch Series 4レビュー

Apple Watch Series 4(SE)長期利用レビュー。画面が大きくなって使いやすくなり、誰でもメリットを体感できる定番スマートウォッチ

画面が大型化してもバンドは従来品がそのまま使える

バンドは過去モデルと互換性がある

画面の大型化は大きな進化だが、不安を感じる人も多かった。

今まで使っていた、お気に入りのバンドも買い替えるしかないのかな……。

画面が大型化すると、スマホがそうであるように、ケースなどの流用が効かなくなるのが普通だ。

Apple Watchについても同じだろうなぁと思っていたのだが、そのまま使えるように配慮されている

Series 3までSeries 4以降
38mm用バンド40mm用バンド
42mm用バンド44mm用バンド

Apple Watch」がもつ魅力の1つは、バンドの種類が豊富で着せ替え感覚で楽しめること。

従来品でもバンドが使えるように配慮されているのは、素晴らしい。

チー
信者と言われるかもしれないけど、「さすがApple」って思った

Apple Watch Series 5の魅力

Apple Watch Series 5開封レポート

「Series 4のブラッシュアップ版」という感じで、目立った進化はない。

しかし、僕にとっては「待望のモデル」だった。

チー
ディスプレイの常時表示が実現して、グッと使いやすくなった!

「ディスプレイの常時表示」は僕が初代モデルの頃から言い続けていた、Apple Watchの弱点でこれが解消されたのはかなり大きい。

Apple Watch第1世代(Series 1)は使える?おすすめ?初代を2年間毎日使った長期使用レビュー

そして、その他にも便利な機能が搭載されており、より魅力的になったと思う。

僕が感じる、Apple Watch Series 5の魅力は以下の2点。

Apple Watch Series 4の魅力
  • 常時表示Retinaディスプレイ搭載
  • 緊急通報機能が進化。Cellular版の魅力がアップ

常時表示Retinaディスプレイ搭載

常時表示ディスプレイ搭載

繰り返しになるが、「Apple Watch Series 5」最大の特徴は、常時表示ディスプレイ。

2015年4月に発売した初代モデル以来、一定時間の経過後「ディスプレイは消灯」されていた。

これは、省電力を目的としたもので、スマホと考えたら当たり前と思う。

しかし、「時計」と考えた時、画面を見ても時間が分からないのは「不便」

傾けると点灯するのだが、特にPC作業をしている場合、不便だった。

チー
キーボードに手を置いたまま、腕を動かさずに腕時計をチラ見することが、結構多いことに気がついた

5年ほど使えば慣れた面もあるのだが、やはりあるとないとでは大違い。

ディスプレイの常時表示はすごく便利!

と使って実感した。

通常状態 バックライトが落ちた省電力状態(常時表示)

ちなみに、細かい話だが秒針など常に書き換わる情報は、一定時間経過後に消灯される

完全な意味での「常時表示」ではないのだが、利用上不便と感じることはまずないだろう。

そして、常時表示の弊害としてバッテリー駆動時間が短くなることも懸念されたが、おおむね「24時間」は持つという印象。

少し短くなった印象はあるが、毎日充電する分には問題ないだろう

バックライトが落ちた省電力状態(常時表示)

常時表示対応でApple Watch Series 5のバッテリー持たなくなった?「最大28時間」旧モデルと比較すると悪くなりました

緊急通報機能が進化。Cellular版の魅力がアップ

転倒検知機能

Apple Watch Series 4」以降の目玉機能は、転倒検出機能だと思う。

転倒検知機能

Apple Watchの転倒検出機能とは。緊急通報も自動!倒れた時、自分の命を救うために設定して欲しい頼れる「保険機能」

機能を有効にして、倒れてから一定時間応答がないと、緊急通報を行い、同時に「メディカルID」に登録した緊急連絡先にメッセージする

本当にヤバいときにしか役に立たない。

ただ、あるとかなり心強いアイテムといえる。

緊急通報機能

2020年は新型コロナウイルス感染拡大により、国内はもちろん、国をまたいだ移動が難しい世の中だが、2019年まではグローバル化により、気軽に海外へいける時代だった

コロナで奇しくも国毎の「医療アクセスの違い」が鮮明になったが、海外で何かあったとき、医療機関へのアクセスは簡単ではない

特に日本人は「病院に行けば、誰でも、安価に診察してもらえる」と思いがちだが、全ての国がそうでないどころが、日本が特殊ともいえる状況。

なので、海外で何かあったとき、確実に緊急通報できる安心感は大きいのだが、Apple Watch Series 5の緊急通報は「海外での利用」にも対応している

「Cellular版であること」が利用条件になるが、海外へ行く機会が多い方は、この1点で使う理由になるのではないかと思う。

iPhone・Apple WatchでメディカルIDを登録・参照する方法

命を守れ!救え!iPhone・Apple Watchで個人情報・緊急連絡先(メディカルID)を登録・確認する方法

転倒検知機能

Apple Watchの転倒検出機能とは。緊急通報も自動!倒れた時、自分の命を救うために設定して欲しい頼れる「保険機能」

Apple Watchは「ガジェット」ではなく「保険」

応答すると止まる

2019年は生き方を見直すきっかけになる年だった。

というのも、「Apple Watch Series 5」を購入した直後の、2019年10月に倒れた

リアルに死を意識した

リアルに死を意識した……。早朝に左足のしびれと痛みで倒れて一時意識を失い、救命救急外来で脳卒中を疑われるも異常はなく、しびれは「座骨神経痛」が原因だったという体験談

自宅だったのだが、家族が皆寝ている早朝だったこともあり、誰にも気づかれない。

多分「10分程度」意識を失っていて、それで目覚めたから妻を呼べたが、もし本当にヤバかったら、そのまま死んでいたかもしれない。

この条件がそろっていれば、命が助かるかは置いといて、おそらく緊急通報されただろうが、実はこの時設定していなかった。

機能としては知っていたが、プライバシーとの絡みもあるため、設定をためらっていたからだ

ただ、このことをきっかけに考えを変え、設定することにした。

チー
Apple Watchは、「iPhoneのアクセサリ」ではなく、「命を守る保険」と考えることにした

「保険」と考えた時「Series 5」は強力

転倒検知機能

Apple Watchは既に発売から5年経過し、ユーザーも随分増えた。

昔も今も基本は「iPhoneの通知を見るもの」であり、もう少し使い込んでいる人でも、Apple Payによる決済、ジョギングなどワークデータ取得程度だろう

これらはデバイスとしての大小の差はあれど、ほぼiPhoneで代替可能なものだ

なので、コスパという観点で見たとき、2020年9月現在販売されている、Series 3とSeries 5を比較すると、「Series 3」のコスパが圧倒的に高いという結論になる

Apple Watch SEが登場

【2020年版】Apple Watchをはじめて買うなら「値段の安い型落ち」がおすすめ。価格重視ならSeries 3、健康管理もしたいならSEを選ぼう

ただ、「命を守る保険」と考えると見方が変わる。

転倒検知機能
  • 電気心拍センサーを搭載し、心電図(ECG)が作成できる(日本では未認可)
  • 転倒検出機能

これらはSeries 4以降の機能。

必須かと問われたら、そうじゃない。

心電図なんてほとんどの場合「異常なし」なわけだが、異常があったとき、早期検出できるのがメリット

「転倒検出機能」も倒れなければ使われることはない。

ただ、何かあった後で後悔しても遅い。

一度倒れた経験から、僕はこれらの機能を「掛け捨ての保険」と考え、Apple Watchを常に身につけるようにした

その結果、普段は睡眠データが取得できたり、目覚ましに活用できたり、24時間365日身につけることで分かったメリットもある

チー
普通はここまで考える必要はないんだけど、見方を変えると「最新モデルのApple Watch」のコスパが高く見えてくるんです
Apple Watchのアラームは優秀

朝起きられない人に試して欲しい。Apple Watchのアラームは手首が振動するので「目覚まし」として便利!

睡眠分析をApple Watchで行うと便利

Apple Watchとアプリ「AutoSleep」で睡眠分析。身につけて寝るだけで、睡眠データを取得し健康管理に活かそう

スペックの選び方

Apple Watch Series 5

では、Apple Watch Series 5の購入を決めたとして、スペックをどう決めるか。

選定ポイントは大きく分けて4つある。

Apple Watchスペック選定ポイント
  • ケースの素材はアルミニウムかステンレスか
  • バンドは何にするか
  • GPS版か通信機能を内蔵した「GPS+Cellular版」か
  • ケースのサイズは40mmか44mmか

これらについて僕の考えを紹介しておこうと思う。

ケースの素材は安い「アルミニウム」、バンドはお好みで

チタン・セラミック高級素材搭載モデル

Apple Watchのケースは、伝統的に2種類の素材が主流となっている。

  • 安価なアルミニウム
  • 少し高価なステンレス

僕は初代モデルではステンレス、その後はアルミニウムを買い続けている。

理由は単純で、安いからアルミニウムケースを選択している

発売当初のApple Watchは、スーツで身につけても見劣りしないような高級感を持ち合わせていたが、徐々にカジュアルな製品に変わっていった。

同時に、

iPhoneと同じく数年に1度買い替える製品

という位置付けに変わっていったので、高級な素材を選ぶ理由がなくなった。

Apple Watchの特徴として、素材が変わってもスペックや機能に差はない。ステンレスだから高機能とかではないので、積極的に高いモデルを選ぶ理由は薄い。

高級モデル「Apple Watch Edition」としてチタン・セラミックケースは用意されているが、余程の理由がない限り選ぶ必要はないと思う。

チー
高級素材のケースを買うなら、1年後にアルミニウムの新モデルを買った方がコスパはよいです

また、バンドについては完全に好みなので、好きなものを選択すればよい。

僕は最近「スポーツバンド」を選び続けている。

  • 安価であること
  • 汚れやすいが、洗いやすいので汚れも落としやすい

この辺りが選択理由だ。

チー
要するに僕は、Apple Watchで一番安いモデルを選ぶようにしているよ

「GPS+Cellular版」は基本的に不要だが「保険」としては優秀

デジタルクラウンの赤枠はCellular版の象徴

通信モジュールについても基本は「GPS版」でよいと思う

  • 単体で通信できない「GPS版」
  • eSIMに対応し、単体で通信出来る「GPS+Cellular版」

もちろんあるか無いかでいえば、「GPS+Cellular版」の方がよいのだが、以下の3点が理由で正直おすすめしづらい状況だ。

  • 値段がGPS版と比較して、1万円程度高い
  • 本体代金に加えて、eSIMの利用料が発生する(=ランニングコストがかかる)
  • ドコモ・au・SoftBankでしか使えない(=格安SIMでは使えない)

やはりコスト面は気になるところだろう……。

キャリアサービス名月額利用料(税別)登録手数料(税別)
docomoワンナンバーサービス500円500円
auナンバーシェア350円0円
SoftBankApple Watchモバイル通信サービス350円0円

eSIMの利用料は上記の通りで、高くないがランニングコストがかかることは、最大のデメリット。

ただ、前述の通り2019年から「Apple Watchは保険」という考えで使うようになった。

保険は、「いざという時」役に立たないと意味が無い

転倒検出機能」など緊急時の機能は、iPhoneとセットでないと通信できない「GPS版」より、単体で通信可能な「GPS+Cellular版」の方が有効なのはいうまでもないだろう。

なので、僕は「GPS+Cellular版」を使っている。

チー
ランニング中に倒れたとして、そういう時スマホは自宅においてることは珍しくないし……。
Apple WatchのApple Pay起動はサイドボタン2度押し

Apple Watch Cellular版レビュー。LTE通信機能は必要?何ができる?1年使った感想のまとめ

ケースは画面の大きい「44mmケース」がおすすめ

44mmケースがおすすめ
  • ケース素材は安価なアルミニウム
  • バンドは一番安いスポーツバンド
  • LTE通信非対応の「GPS版」

ここまでとにかく「安いモデル」をおすすめしてきたが、ケースサイズだけは「大型の44mmケース」をおすすめしたい

僕は初代モデル以来、コンパクトな38mmケースを購入し続けていたので、Series 4において40mmケースを購入した。

ただ、画面が大きくなったメリットが予想以上に大きく、40mmケースを購入して後悔した

なので、Series 5では「44mmケース」を購入したが、常時表示ディスプレイの利便性とセットで、画面が見やすくとても使いやすくて満足している。

Series 4とSeries 5

Apple Watch Series 6・SEのケースは40mmと44mmどっちがおすすめ?Series 4の40mmを使った感想

終わりに

Apple Watch Series 5開封レポート
  • パソコン
  • iPhoneなどのスマートフォン
  • iPadなどのタブレット

これらは時が経つにつれて、スペックが上がり便利になったが、使い方が大きく変わることはなかった

どんなに進化しても、その形には理由があり、使うのが人間である以上、劇的に変わることは少ないし、変わる時は「使うものが変わる」というのが自然だろう。

そういう意味で、Apple Watchは時が経つにつれて、使い方が変わる珍しいデバイスだと思う。

  • iPhoneの通知を見るデバイス
  • Apple Payなど生活を便利にするデバイス
  • 転倒検出機能など命を守るデバイス

2015年の発売当時、Appleがこの未来を描いていたのかは分からないが、「ウェアラブルデバイスの意義」をようやく認識できた気がする。

  • 通知やApple Payの利用がメインなら「Series 3まで」
  • 命を守る機能を重視するなら「Series 5」

どちらが正解というものではなく、使いたい機能によって選べばよいだろう。

後者の機能を重視するなら、Apple Watch Series 5は最良の選択になると思う

チー
僕はフリーランスで、自宅での仕事も、行動も1人が多いので、「保険機能」を重視します

「Apple Watch」はAmazon・家電量販店・大手キャリアなど幅広く販売されていますが、在庫・納期面で一番おすすめは、Appleでの購入です。

Apple Watchはどこで買うのが安いのか?

パパンダ
まだまだApple Watchを買う余裕はないけど、うちは家計が厳しいので「少しでも安く」買いたい!
チー
それなら「ビックカメラ」か「Amazon」がおすすめかな。ポイントは大してたまらないけど、ポイントが使えたり在庫が豊富なので。
簡単に比較するとこんな感じ。
2020年9月時点のApple Watch Series 6(40mm、アルミニウムケース&スポーツバンド)販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗タイプ定価(税込)値引き実質価格
Apple StoreGPS47,080円-47,080円
GPS + Cellular59,180円-59,180円
AmazonGPS47,080円1,413ポイント45,667円
GPS + Cellular59,180円1,776ポイント57,404円
ビックカメラ.comGPS47,080円1,413ポイント45,667円
GPS + Cellular59,180円1,776ポイント57,404円
Apple Watchをどこで買うのがお得?

Apple Watchはどこで買うのが安い?値下げはいつ?Apple Store・家電量販店・Amazonで比較してみた

Apple Watchに関する記事

チー
2015年4月の発売以来、ほぼ毎日使い続けて感じたことをまとめています。
Apple Watchは必要か

Apple Watchはいらない?何ができる?5年間使った私が必要性を考えてみた

「Apple Watch」レビュー

常時表示ディスプレイに対応したApple Watch Series 5

Apple Watch Series 5発表!ついに来た「常時表示ディスプレイ」。既存ユーザーなら買い替え価値あり!

Apple Watch Series 4レビュー

Apple Watch Series 4(SE)長期利用レビュー。画面が大きくなって使いやすくなり、誰でもメリットを体感できる定番スマートウォッチ

Series 4とSeries 5

Apple Watch Series 6・SEのケースは40mmと44mmどっちがおすすめ?Series 4の40mmを使った感想

オプションサービスについて

watchcare

Apple Watchに延長保証「AppleCare+」は必要か?5年間未契約で故障無しだが、故障リスクは生活スタイルによります

Apple WatchのApple Pay起動はサイドボタン2度押し

Apple Watch Cellular版レビュー。LTE通信機能は必要?何ができる?1年使った感想のまとめ

Apple Payについて

チー
Apple Payは本当に便利だから、「食わず嫌い」の方もだまされたと思って使ってみて欲しい!
Apple Payは凄く便利なので、みんなに使って欲しい!

Apple Pay使ってますか?面倒じゃないよ!iPhoneのキャッシュレス生活が便利すぎるので、魅力を徹底解説

applepay

Apple Watchの機種変更時に、Apple PayのクレジットカードとSuicaの残高を移行する方法

初代モデルからApple Watchを使い続けている管理人が、これまで書いて来たサービスの解説・お得な使い方などを、Apple Watchカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年9月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!