iPhone 12シリーズ発表!詳しくはこちら

Apple Watchはいらない?何ができる?5年間使った私が必要性を考えてみた

Apple Watchは必要か
SPONSORED LINK

2015年4月に「第1世代Apple Watch」を購入し、以来Series 3Series 4Serie 5・Series 6と使い続けている。

Apple Watchの発売から、5年経ち(記事を書いているのは2020年12月)、それなりに普及したが、新たに購入する人も減ってきたように感じる

それなりに普及した結果として、

おっ、Apple Watch持ってる!どうなん?

みたいに聞かれることも減った。

Apple Watchをはじめとする、ウェアラブル端末は無くても困らないモノなので、以下のように思っている方が多いようだ。

  • 腕時計は持ってるから、いらない
  • 電話が出来る、便利さが分からない
  • 必要性を感じない
  • そもそも、何に使ってるの?

しかし、5年も使い続ければ「なくてはならないもの」になったし、1日でも使えないと不便とかじる程度には、僕の生活に密着している

そして、発売から4年経った2019年。
早朝に倒れる」という経験をして以来、Apple WatchはiPhoneのアクセサリではなく、「命を守る保険」と考えるようになった。

この記事ではApple Watchの必要性について、僕なりの考えを紹介しようと思う。

チー
僕は2つのApple Watchを併用して、24時間365日身につけるようにしています

SPONSORED LINK

2020年12月現在のApple Watch販売状況

2020年のApple Watchラインアップ

Apple Watchは2015年4月の発売以来、合計5モデル発売されている。

モデル毎の販売状況・相場観をまとめると以下のようになる。

モデル名販売状況新品価格中古価格
Appleストア家電量販店
初代(第1世代)××-5,000円前後
Series 1××-8,000円前後
Series 2××-10,000円前後
Series 319,800円〜15,000円前後
Series 4××-30,000円前後
Series 5×42,800円〜38,000円前後
Series 642,800円〜発売前
SE29,800円〜発売前

新しいモデルほど高くなるというのは当たり前の特徴だが、ポイントは2点。

  • 新品はApple Watch Series 3・Series 6・SEしか買えない
  • 初代(第1世代)・Series 1・Series 2は、最新OS「watchOS 7」をサポートしていない

僕は2020年12月時点で、最新モデルである「Apple Watch Series 5の44mmケース」を使用しているが、初めて買う方には価格重視なら「Series 3」、機能と価格のバランス重視なら「SE」をおすめしている

チー
Series 3も発売から3年経ちますが、十分便利です!
Apple Watch SEが登場

【2020年版】Apple Watchをはじめて買うなら「値段の安い型落ち」がおすすめ。価格重視ならSeries 3、健康管理もしたいならSEを選ぼう

Apple Watchのメリットは「iPhoneの通知が受けられること」

通知が受けられるのが魅力

Apple Watchでできることは、端末の世代を重ねる毎に増えている。

ざっくりした、Apple Watch進化の歴史は以下のような感じだ。

世代出来ること
初代・Series 1
  • iPhoneの通知を受ける
  • アプリ
Series 2Apple Payに対応し、SuicaなどFeliCaサービスが利用可能に
Series 3eSIM」による、単独でのモバイルデータ通信に対応
Series 4心拍数の取得など、健康管理機能が進化
Series 5ディスプレイの常時表示と、海外での緊急通報機能(GPS+Cellular版のみ)
Series 6血中酸素濃度測定に対応

例えば、僕はApple Payをよく使っているので、進化のメリットを受けているが、5年間使い続ける価値は、

iPhoneの通知確認が便利

これに尽きる。

誰もが便利と感じられる機能だと思う。

初代Apple Watchを買ってよかったことは?iPhoneからの通知で「気づき」が得られるのが魅力

iPhoneの通知を細かく設定できる

  • 電話着信
  • LINEなどメッセンジャーの受信通知
  • アプリからの連絡

など、iPhoneは様々な通知を受ける。

いちいち、iPhoneを確認するのも面倒だし、多すぎて困っている人もいると思う。

例えば、Twitterなんていわゆるバズ(RTやいいね、がたくさん入る)が発生すると、鳴り止まない通知状態になる

こんな通知をいちいち受信していたら、まともに操作できないし、バッテリー消費も激しくなる。ある程度の「間引き」が必要になることも多い。

こんな時、Apple Watchを使っていると、以下のような選択が可能となる。

  • iPhoneは通知を受ける
  • Apple Watchは受けない
逆はできません
通知有無はアプリ単位で設定可能
通知有無はアプリ単位で設定可能

iPhoneが受けた通知を反映するかを、アプリ毎に選択可能となっているので、そこで取捨選択が出来る。

僕の場合は、以下のように棲み分けている。

  • メッセンジャー系アプリは優先的に反映
  • その他の通知はなるべく不可にする

こうすることで、Apple Watchに届く通知は『急ぎ』または『要確認』と判断している

唯一の不満は、Twitterの通知は基本不要だが、DMだけは受けたいなんて設定ができないことだろうか。

細かい設定が可能

なお、電話・メッセージアプリなど、純正アプリはより細かい設定が可能となっている。

Apple PayはApple Watchで使う方が便利

【Apple PayにSuicaを登録する】Suica

2020年時点における、Apple Watchで一番のおすすめ機能は何かと問われたら、

チー
Apple Payを是非使って欲しい

と答える。

かつて、「おサイフケータイ」と呼ばれる携帯決済が存在し、Androidの世界には引き継がれたが、iPhoneには2016年発売の「iPhone 7」および「Apple Watch Series 2」でようやく実現された。

「おサイフケータイ」と考えた場合、やはりiPhoneで使うのが便利と考えるだろうし、実際iPhoneで使う人の方が多い。

だが、Apple Watchを持っているなら、こちらの方が僕は便利だと思う。

最大の理由は、iPhone(スマホ)を取り出さなくても決済出来ることにある。

Apple Watchは腕時計なので、腕に巻いている。

荷物が多い時など、両手が塞がっていてもかざすことくらいは出来るのでわりと重宝する。

左手に付けて電車で使う

悩ましいのは、右手と左手どっちに巻くか。

  • コンビニなど店舗は、左側
  • 電車の自動改札は、右側

という感じなので、どちらが正解というのは無いと思う。

利用シーンに応じて選ぶしかないが、男性は基本左に装着することが多く、僕は岡山在住で電車に乗る機会は少ないので、左手に装着している

Suicaをどうかざすか?

Apple WatchのSuicaは自動改札・コンビニでどうかざす?右手?左手?私の使い方を紹介

また、案外知られていないが、ペアリングするiPhoneがFeliCa非対応のiPhone 6s以前でも、Apple WatchのApple Payは使える。

つまり、

iPhone 6sとApple Watch Series 3の組み合わせで、Apple WatchでSuicaが使える

ことになるので、iPhoneを買い換えたくないけど、Apple Payが使いたいって人は、Apple Watch Series 3以降を購入するのがおすすめだ。

Apple Payは凄く便利なので、みんなに使って欲しい!

Apple Pay使ってますか?面倒じゃないよ!iPhoneのキャッシュレス生活が便利すぎるので、魅力を徹底解説

Suicaを使えば電車はもちろん、新幹線もチケットレス乗車できる

【スマートex 乗り方】新幹線のりかえ口

Apple Payを使ってできることは主に2つある。

  • iD・QUICPayによる決済
  • Suicaによる電車への乗車

どちらも便利なのだが、特にSuicaは使ってみてほしい。

カード型Suicaをいちいち出さなくてよいのはもちろん、チャージもWalletアプリ上から簡単に行えるので、カードより使いやすいと感じるだろう。

SuicaカードをApple Payに取り込む方法

Apple PayにSuicaカードを登録する方法。登録できるSuicaの種類・登録できない原因と対処法まで徹底解説

また、2020年12月現在は東海道・山陽新幹線にも乗車出来る(エクスプレス予約、スマートEXの手続きが必要)ので、非常に使いやすい。

東海道新幹線に乗る

iPhone・Apple WatchのSuicaで東海道・山陽新幹線に乗れた!エクスプレス予約の設定手順と利用方法

スマートEXで新幹線にサクッと乗車

チケットレスで楽々乗車。スマートEXを使って新幹線に乗る方法を画像付きで詳しく紹介

Cellular版のモバイルデータ通信機能は基本的に不要

eSIM対応でLTE通信に対応(Cellular版のみ)
eSIM対応でLTE通信に対応(Cellular版のみ)

Apple Watch Series 3以降の目玉機能は、eSIM」に対応し単体でモバイルデータ通信ができることだ。

モバイルデータ通信対応のCellular版は、価格も若干高くなっており、積極的に使う理由はないと思う。

特にはじめてApple Watchを購入するような方であれば、Cellular版を選択する必要は無い。

本体代も高いし、通信契約が必要で月額350円〜500円の費用が発生するため、維持費が高くなってしまう。

ただ、工場などカメラ付きスマホの持ち込み不可な職場の場合、単体で電話着信やメッセージが確認できるCellular版は非常に便利だと思う。

Apple WatchのApple Pay起動はサイドボタン2度押し

Apple Watch Cellular版レビュー。LTE通信機能は必要?何ができる?1年使った感想のまとめ

「保険」と考えた時「Series 6」と「SE」は強力

転倒検知機能

ここまで紹介したとおり、Apple Watchは昔も今も基本は「iPhoneの通知を見るもの」であり、もう少し使い込んでいる人でも、Apple Payによる決済、ジョギングなどワークデータ取得程度だろう

これらはデバイスとしての大小の差はあれど、ほぼiPhoneで代替可能なものだ

なので、コスパという観点で見たとき、2020年12月現在販売されている、Series 3とSeries 6を比較すると、「Series 3」のコスパが圧倒的に高いという結論になる

Apple Watch SEが登場

【2020年版】Apple Watchをはじめて買うなら「値段の安い型落ち」がおすすめ。価格重視ならSeries 3、健康管理もしたいならSEを選ぼう

ただ、「命を守る保険」と考えると見方が変わる。

転倒検知機能
  • 電気心拍センサーを搭載し、心電図(ECG)が作成できる(日本では未認可)
  • 転倒検出機能

これらはSeries 4以降の機能。

必須かと問われたら、そうじゃない。

心電図なんてほとんどの場合「異常なし」なわけだが、異常があったとき、早期検出できるのがメリット

「転倒検出機能」も倒れなければ使われることはない。

ただ、何かあった後で後悔しても遅い。

一度倒れた経験から、僕はこれらの機能を「掛け捨ての保険」と考え、Apple Watchを常に身につけるようにした

その結果、普段は睡眠データが取得できたり、目覚ましに活用できたり、24時間365日身につけることで分かったメリットもある

チー
普通はここまで考える必要はないんだけど、見方を変えると「最新モデルのApple Watch」のコスパが高く見えてくるんです
Apple Watchのアラームは優秀

朝起きられない人に試して欲しい。Apple Watchのアラームは手首が振動するので「目覚まし」として便利!

睡眠分析をApple Watchで行うと便利

Apple Watchとアプリ「AutoSleep」で睡眠分析。身につけて寝るだけで、睡眠データを取得し健康管理に活かそう

Apple Watchの欠点

Apple Watch Series 3

このように、無くても困らないが、あると確実に便利なデバイスがApple Watchだ。

購入しようと思っている方は、ほとんど半信半疑で、僕も実際そうだったが、4年も使っていると、

もうApple Watch無しの生活は考えられない

という感じになる。

Apple Watchがないと電話の着信一つとっても不便だった。

Apple Watchがあれば見逃すことが少なく、出られないときに切断するのも楽なので、いつのまにかApple Watchのある生活が当たり前になっていた

ただ、そんなApple Watchにも初代から続く欠点がある。

僕の印象では主に2つ。

バッテリー駆動時間が短い

Apple Watchのバッテリー駆動時間が短い

それは、バッテリー駆動時間が短いことで、Series 3以降は「頑張れば2日程度」充電無しで使える。

しかし、これは考え方一つで変わるだろう。

  • 時計と思えば、「たった2日」
  • ガジェットと思えば、「2日も」

さらに言えば、

Apple Watchは時計の常時表示が出来ない

これも『時計』と捉えたら不便だ。

Apple Watchの次期モデル(Series 5)に望むたった1つの機能は、時計としてのスペック向上。時計の常時表示を実現して欲しい

Apple Watchは時計型デバイスなので、どうしても腕時計と捉えがちだし、実際今腕時計を使っている方は、交換する形で使うだろう。

購入する場合は、

時計では無くガジェットを買う

という認識を持った方が良いかと思う。

バッテリーが2日持つ

Apple Watch Series 3/Series 4のバッテリーは充電無しでどれくらい持つ?ギリギリ「2日」持ちました

Series 5でついに実現した「常時表示ディスプレイ」

常時表示ディスプレイ搭載

バッテリーとディスプレイに関しては、初代モデル以来ずっと「不満を持ち続けていた」のだが、Series 5でついにその1つが解消した。

常時表示Retinaディスプレイ搭載

この1点で感動してしまう(笑)

常時表示ディスプレイに対応したApple Watch Series 5

Apple Watch Series 5発表!ついに来た「常時表示ディスプレイ」。既存ユーザーなら買い替え価値あり!

僕は2015年4月の第1世代Apple Watchが発売して以来、Series 3→Series 4→Series 5と機種変更しながら、Apple Watchは毎日身につけて使っている

  • バッテリー駆動時間が短い(理想は充電なしで3日持って欲しい)
  • iPhoneとセットでないと使えない
  • 価格が案外高い

なんて不満はあったが、価格以外は世代を重ねる毎に改善されていた。しかし、いつまで経っても実現しなかったのが「常時表示ディスプレイ」。

Apple Watchは文字通り「時計」だ。

見たいときにすぐ確認できないと意味が無いのだが、バッテリー駆動時間を延ばすために、基本はスリープしており、腕を傾けるとディスプレイがオンになる

4年も使えばさすがになれたが、やはり不便であることには変わりない。

ただ、常時表示はSeries 5のみの機能であることは認識しておいて欲しい。逆に言えば、Series 4までは常時表示非対応モデルだ。

チー
時計はいつでも見えるのが当たり前。そうじゃないと、腕時計を身につける意味が無い
バックライトが落ちた省電力状態(常時表示)

常時表示対応でApple Watch Series 5のバッテリー持たなくなった?「最大28時間」旧モデルと比較すると悪くなりました

機種変更に伴うデータ移行の手間が増える

機種変更などの移行の手間は増える

もう1つは、データ移行の手間が増えることだ。

機種変更した時の移行手順は、以下のようになる。

データ移行手順
  1. Apple Watchとのペアリング解除
  2. iPhoneをバックアップ(iCloudまたはiTunes)
  3. iPhoneを初期化
  4. バックアップから復元
  5. Apple Watchを復元(再ペアリング)

という感じになる。

データ転送中

Apple Watchの機種変更でデータ移行する方法は?買い替えとペアリング元iPhone変更時の作業手順

Apple Watchの設定は、iPhoneのバックアップ内に保管されるため、再設定するような手間はないが、工程が増えることは間違いない

正直面倒だし、機種変更や故障交換することの、デメリットが目立ってくる印象はある。

逆に同じ端末を長く使う人には、非常に相性が良いとも言える。

applepay

Apple Watchの機種変更時に、Apple PayのクレジットカードとSuicaの残高を移行する方法

iPhoneの機種変更作業チェックリスト

iPhone機種変更で確実にデータ移行するために、必要な準備・やることチェックリスト(写真・Suica・Apple Watch・LINE・銀行ワンタイムパスワード)

Apple Watchはいらない?と思う方は「Series 3の新品」でお試しを

Apple Watch Series 4

ここまで、Apple Watchのメリット・デメリットを多く紹介してきたが、結局のところ使ってみないと分からないと思う。

Apple Watchは、身につけるデバイスだ。

ガジェットとして見た場合、機能的には2018年9月発売のSeries 4でほぼ完成の域に達したと感じているため、それほど不満は感じないだろう。

しかし、iPhoneなどのスマートフォンと異なり、使い勝手はもちろん、フィット感・装着後の見た目なども気になるはずだ。

Apple Watchの大きな特徴は、

2015年4月の登場以来、デザインがほとんど変わっていないこと

Series 4では初めて画面が大型化したが、バンドなどアクセサリはそのまま使えるように配慮されている

なので、使い勝手を試したい場合、型落ちをお試しで購入すればよいと思う。

モデル毎の販売状況・相場観をまとめると以下のようになる。

モデル名販売状況新品価格中古価格
Appleストア家電量販店
初代(第1世代)××-5,000円前後
Series 1××-8,000円前後
Series 2××-10,000円前後
Series 319,800円〜15,000円前後
Series 4××-30,000円前後
Series 5×42,800円〜38,000円前後
Series 642,800円〜発売前
SE29,800円〜発売前
  • お試ししたいなら、「Series 3の新品」
  • 価格と機能のバランス重視なら、「SEの新品」

という感じで、試してみればよいかと思う。

Apple Watch SEが登場

【2020年版】Apple Watchをはじめて買うなら「値段の安い型落ち」がおすすめ。価格重視ならSeries 3、健康管理もしたいならSEを選ぼう

コスパが高いのは「19,800円〜」に値下げされたSeries 3の新品

Apple Watch Series 3

そして、2019年9月以降は最新モデルのSeries 5、型落ち(旧モデル)のSeries 3を比較している方が多いと思うが、一番コスパが高いモデルと問われたら迷わずこう答える。

チー
「Series 3の新品」を買うこと

Apple Watchはスマートウォッチと呼ばれる製品のなかでは、リセール価値が高く下取りも1万円を超えるものが珍しくなかった

なので、中古市場もわりと活況で価格帯は以下のような感じで棲み分けられていた。

モデル名中古相場
Series 15,000〜10,000円
Series 210,000〜20,000円
Series 320,000〜30,000円
Series 4など最新モデル30,000〜40,000円

そんな状況が一変してしまった。

Apple Watch Series 3が「19,800円〜」に値下げ

これによって、Series 2以前は10,000円以下にまで価値が暴落した。

というのも中古ショップのApple Watchは本体のみ販売していることが多い。

  • バンド
  • 充電ケーブル

などのアクセサリは別途購入する必要があり、その場合Apple純正品の場合1万円程度かかる。

だったら、新品だし、アクセサリ類も全部ついてるSeries 3を買う

となるわけで、Series 3の値下げは驚きだし、コスパ面で言えば圧倒的にお得だモデルになった

チー
2万円以下になれば、Apple Watchを試してみてと言いやすいので、長年使っているユーザーとしては嬉しい!

終わりに

一番の感動は新幹線にApple Watchで乗れたこと
一番の感動は新幹線にApple Watchで乗れたこと

Apple Watchの登場前から、ウェアラブル端末はたくさん存在し、

スマホの次はウェアラブル端末

なんて言われていた時期もあった。

それから約5年経って思うことは、ウェアラブル端末の可否はスマホが決める、と思っていて結局スマホだなと言う考えになっている。

その理由は、設定の簡単さ。

この記事で紹介した、以下の機能の使い勝手は、設定するスマホに左右される。

  • 通知の有無
  • Apple Payなど決済サービス

ウェアラブル端末側でしか設定ないなんて論外だ。

購入するのであれば、ウェアラブル端末のスペックよりも、セットで利用するスマホやOSとの統一性などを重視した方がよいと感じる。

そういう意味で、Apple Watchはよく考えられた製品だと思うし、使えばきっと満足するモノだと思う。

「Apple Watch」はAmazon・家電量販店・大手キャリアなど幅広く販売されていますが、在庫・納期面で一番おすすめは、Appleでの購入です。

チー
価格重視なら「Series 3」、転倒検出機能など機能と価格のバランス重視なら「SE」がおすすめです。
Apple Watch SEが登場

【2020年版】Apple Watchをはじめて買うなら「値段の安い型落ち」がおすすめ。価格重視ならSeries 3、健康管理もしたいならSEを選ぼう

Apple Watchはどこで買うのが安いのか?

パパンダ
まだまだApple Watchを買う余裕はないけど、うちは家計が厳しいので「少しでも安く」買いたい!
チー
それなら「ビックカメラ」か「Amazon」がおすすめかな。ポイントは大してたまらないけど、ポイントが使えたり在庫が豊富なので。
簡単に比較するとこんな感じ。
2020年12月時点のApple Watch Series 6(40mm、アルミニウムケース&スポーツバンド)販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗タイプ定価(税込)値引き実質価格
Apple StoreGPS47,080円-47,080円
GPS + Cellular59,180円-59,180円
AmazonGPS47,080円1,413ポイント45,667円
GPS + Cellular59,180円1,776ポイント57,404円
ビックカメラ.comGPS47,080円1,413ポイント45,667円
GPS + Cellular59,180円1,776ポイント57,404円
Apple Watchをどこで買うのがお得?

Apple Watchはどこで買うのが安い?値下げはいつ?Apple Store・家電量販店・Amazonで比較してみた

Apple Watchに関する記事

チー
2015年4月の発売以来、ほぼ毎日使い続けて感じたことをまとめています。

「Apple Watch」レビュー

Apple Watch Series 5長期利用レビュー

Apple Watch Series 5長期利用レビュー。体調不良で倒れて分かった、旧モデルと比較した最新モデルの魅力は「命を守る機能」

常時表示ディスプレイに対応したApple Watch Series 5

Apple Watch Series 5発表!ついに来た「常時表示ディスプレイ」。既存ユーザーなら買い替え価値あり!

Apple Watch Series 4レビュー

Apple Watch Series 4(SE)長期利用レビュー。画面が大きくなって使いやすくなり、誰でもメリットを体感できる定番スマートウォッチ

Series 4とSeries 5

Apple Watch Series 6・SEのケースは40mmと44mmどっちがおすすめ?Series 4の40mmを使った感想

オプションサービスについて

watchcare

Apple Watchに延長保証「AppleCare+」は必要か?5年間未契約で故障無しだが、故障リスクは生活スタイルによります

Apple WatchのApple Pay起動はサイドボタン2度押し

Apple Watch Cellular版レビュー。LTE通信機能は必要?何ができる?1年使った感想のまとめ

Apple Payについて

チー
Apple Payは本当に便利だから、「食わず嫌い」の方もだまされたと思って使ってみて欲しい!
Apple Payは凄く便利なので、みんなに使って欲しい!

Apple Pay使ってますか?面倒じゃないよ!iPhoneのキャッシュレス生活が便利すぎるので、魅力を徹底解説

applepay

Apple Watchの機種変更時に、Apple PayのクレジットカードとSuicaの残高を移行する方法

初代モデルからApple Watchを使い続けている管理人が、これまで書いて来たサービスの解説・お得な使い方などを、Apple Watchカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年11月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!