運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

Apple Watchとアプリ「AutoSleep」で睡眠分析。身につけて寝るだけで、睡眠データを取得し健康管理に活かそう

睡眠分析をApple Watchで行うと便利
SPONSORED LINK

Apple Watchは日中に身につけて、寝ている時は外す

「腕時計」と考えた時、こう考えるのが「自然」だと思う。

しかし、2019年10月「早朝に倒れるという経験」をして以来、転倒検出機能」を設定し、24時間365日Apple Watchを身につける運用に切り替えた。

つまり、寝ている時もApple Watchを身につけている。

そうすると、一時期iPhoneで流行った「睡眠分析」が使いやすくなる。

というわけで、「AutoSleep」というアプリを利用して、Apple Watchで睡眠分析を行うように設定してみた。

チー
データ取得自体に大した意味はないんだけど、「健康管理」のために、データを貯め続けることに意味があると思います!

SPONSORED LINK

Apple Watchは「24時間365日」身につけてこそ意味がある

Apple Watchは「24時間365日」身につける

Apple Watchは2015年の発売当初、「iPhoneの通知を見ること」がメイン機能だった。

その機能は今も変わっていないが、世代を重ねるにつれて「健康管理機能」が充実していく

  • Series 2で「耐水性能」を向上し、ランニングで使いやすく
  • Series 3でeSIMに対応し、iPhoneなしでの通信が可能に
  • Series 4で転倒検出機能に対応
  • Series 4で電気式心拍センサーに対応し、心電図も取得可能に(日本では未認可)

特にSeries 4で、Appleが考える進化の方向性が明確になったと思っていて、利用者の健康管理など、「命を守るデバイス」となった

iPhone以上に「肌身離さず使う」ことになる、ウェアラブルデバイスらしい進化だと思う。

つまり、Apple Watchは「24時間365日」身につけてこそ意味があるデバイスになった

2020年9月には「Series 6」が発売されるだろうが、この方向性を理解しておくと、次期モデルの姿が見えてくると思う。

チー
将来的には取得した情報に基づく、病気のリスクなどを通知するようになるような気がする

Apple Watchが対応していない健康機能は「睡眠分析」

睡眠分析をApple Watchで行うと便利

そう考えた時、Apple Watchがまだ対応していない健康管理機能がある。

睡眠分析

iPhoneが発売した当初から、睡眠分析アプリは存在し、ライフログを取得する人達に愛用されていた。

Sleep Cycle」などが代表格といえるアプリだが、iPhoneアプリの場合、枕元に置くことで動きなどを検知して、睡眠分析を行っていた

しかし、「モード切替」が必要だったり、使い勝手も良くなかったので、利用者は徐々に減ったように思う。

その点、Apple Watchの場合、身につけて寝るだけでデータをとってくれる

このお手軽機能が技術的に可能であることは、サードパーティーアプリが対応していることからも明らか。

しかし、標準機能としては今だ対応していない

チー
度々噂になるので、近い将来watchOSに搭載されるのは間違いないと思う

Apple Watchの睡眠分析には「AutoSleep」が便利

AutoSleep

では、僕が実際に使っている睡眠分析アプリだが、「AutoSleep」というアプリを使っている。

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します 6.3.1(¥370)
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, メディカル
販売元: Tantsissa – TANTSISSA HOLDINGS PTY LTD(サイズ: 27.7 MB)

watchOS4.0以降に対応しています

アプリをインストールし、Apple Watchでも有効化しているだけ。

この手のアプリは、「勝手にデータ収集」してもらうことに意味があると思うので、あえて特別な設定は行っていない

使い始めたのは2019年11月頃からで、それ以来の睡眠データが蓄積されている。

2019年11月の睡眠データ

約半年使っているのだが、毎日見るかというと、見ていない

気になるのは「正確性」だと思うが、ある日の睡眠分析データを見て欲しい。

ある日の睡眠情報

この日はソファで午前2時頃まで寝てしまい、その後ベッドに移動したり、トイレに行ったりした。

その辺りが、わりと正確に記録されていることは分かるかと思う。

「疲労蓄積」を感じた時に、睡眠分析を見て「休む」判断に使う

取得できる睡眠分析データ

「AutoSleep」は、睡眠データとして以下の情報を取得している。

睡眠データ
  • 睡眠の評価
  • 睡眠時間
  • 良質な睡眠
  • 睡眠時刻
  • 深い睡眠
  • 心拍数

僕がこの中で見ることが多いのは、「睡眠の評価」と「深い睡眠」だ。

疲労を感じたとき、最初に考えるのは「睡眠不足」だが、単純に睡眠時間が長ければいいかといえば、そうでもない。

  • ソファなど、ベッド以外で寝てしまった
  • 前日に飲み会などで深酒した

こういう時に疲労を感じるケースが多く、やはり「睡眠の質」は大きいと実感する。

これを見て、昼寝をするなど、休息を多めにするかを判断するのが便利な使い方。

新型コロナウイルス感染拡大による「巣ごもり」で疲れがたまる

例えば、この記事を書いている2020年5月5日は、新型コロナウイルス感染拡大により、緊急事態宣言が発令され、3週間ほど経った時期。

外出もできず、家族がずっと家にいて、正直ちょっとストレスを感じ始めていて、一人の時間を作るために、夜中まで起きているケースが増えた

普段は21時〜22時の間に、子どもと一緒に寝て、朝5時くらいに起きます
2020年4月の睡眠分析データ

4月中旬から「睡眠の質」の低下が顕著……

1月の睡眠分析データ

これが、「平時」だった2020年1月だとこんな感じになる。

僕の場合、2018年8月以来、フリーランスとなり基本は自宅作業なので、いわゆる「テレワーク」によるストレスはない(むしろそれが日常)。

それより、休校が長引き、子どもを筆頭に「家族が常に家にいる」状況がストレスになってきているようだ……。

チー
まあ、仕方ないけど最近は昼間もずっと眠い感じ……。

終わりに

睡眠分析をApple Watchで行うと便利

スマホが普及し始めた2010年頃から「ライフログ」という言葉が流行った。

行動を全て記録する

というものだが、今でも細かくつけている人は少ないと思う。

  • 記録が目的化すると、義務感が出て面倒になる
  • そもそも、いちいちアプリなどを立ち上げるのが面倒

という欠点があるからだが、「睡眠分析」の場合は特別な操作が不要で、わりと有益なデータがたまることがメリット

チー
基本は設定をONにして、Apple Watchを身につけて寝るだけ

これを行ったからといって、何かが劇的に変わるものではないが、健康管理の1つとして役立つので、Apple Watchユーザーは是非試してみて欲しい。

AutoSleep Watchを使って睡眠を自動で追跡します 6.3.1(¥370)
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, メディカル
販売元: Tantsissa – TANTSISSA HOLDINGS PTY LTD(サイズ: 27.7 MB)

転倒検知機能

Apple Watchの転倒検出機能とは。緊急通報も自動!倒れた時、自分の命を救うために設定して欲しい頼れる「保険機能」

Apple Watchのアラームは優秀

朝起きられない人に試して欲しい。Apple Watchのアラームは手首が振動するので「目覚まし」として便利!

「Apple Watch」はAmazon・家電量販店・大手キャリアなど幅広く販売されていますが、在庫・納期面で一番おすすめは、Appleでの購入です。

Apple Watch Series 5長期利用レビュー

Apple Watch Series 5長期利用レビュー。体調不良で倒れて分かった、旧モデルと比較した最新モデルの魅力は「命を守る機能」

Apple Watchはどこで買うのが安いのか?

パパンダ
まだまだApple Watchを買う余裕はないけど、うちは家計が厳しいので「少しでも安く」買いたい!
チー
それなら「ビックカメラ」か「Amazon」がおすすめかな。ポイントは大してたまらないけど、ポイントが使えたり在庫が豊富なので。
簡単に比較するとこんな感じ。
2020年8月時点のApple Watch Series 5(40mm、アルミニウムケース&スポーツバンド)販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗タイプ定価(税込)値引き実質価格
Apple StoreGPS47,080円-47,080円
GPS + Cellular59,180円-59,180円
AmazonGPS47,080円1,413ポイント45,667円
GPS + Cellular59,169円1,776ポイント57,393円
ビックカメラ.comGPS47,069円1,413ポイント45,656円
GPS + Cellular59,169円1,776ポイント57,393円
Apple Watchをどこで買うのがお得?

Apple Watchはどこで買うのが安い?値下げはいつ?Apple Store・家電量販店・Amazonで比較してみた

Apple Watchに関する記事

チー
2015年4月の発売以来、ほぼ毎日使い続けて感じたことをまとめています。
Apple Watchは必要か

Apple Watchはいらない?何ができる?5年間使った私が必要性を考えてみた

「Apple Watch」レビュー

Apple Watch Series 5長期利用レビュー

Apple Watch Series 5長期利用レビュー。体調不良で倒れて分かった、旧モデルと比較した最新モデルの魅力は「命を守る機能」

常時表示ディスプレイに対応したApple Watch Series 5

Apple Watch Series 5発表!ついに来た「常時表示ディスプレイ」。既存ユーザーなら買い替え価値あり!

Apple Watch Series 4レビュー

Apple Watch Series 4長期利用レビュー。画面が大きくなって使いやすくなり、誰でもメリットを体感できる定番スマートウォッチ

Series 4とSeries 5

Apple Watch Series 5のケースは40mmと44mmどっちがおすすめ?Series 4の40mmを使った感想

オプションサービスについて

watchcare

Apple Watchに延長保証「AppleCare+」は必要か?3年間未契約で故障無しだが、故障リスクは生活スタイルによります

Apple WatchのApple Pay起動はサイドボタン2度押し

Apple Watch Cellular版レビュー。LTE通信機能は必要?何ができる?1年使った感想のまとめ

Apple Payについて

チー
Apple Payは本当に便利だから、「食わず嫌い」の方もだまされたと思って使ってみて欲しい!
Apple Payは凄く便利なので、みんなに使って欲しい!

Apple Pay使ってますか?面倒じゃないよ!iPhoneのキャッシュレス生活が便利すぎるので、魅力を徹底解説

applepay

Apple Watchの機種変更時に、Apple PayのクレジットカードとSuicaの残高を移行する方法

初代モデルからApple Watchを使い続けている管理人が、これまで書いて来たサービスの解説・お得な使い方などを、Apple Watchカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年7月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!