Apple Watchの機種変更時に、Apple PayのクレジットカードとSuicaの残高を移行する方法

applepay Apple Pay
SPONSORED LINK

iPhoneとセットで使うアクセサリである「Apple Watch」は、機種変更時のデータ移行もよく考えられている。

ただ、iPhoneと同じく、

Apple PayのSuicaデータ移行

に関しては若干注意が必要だ。

基本的にはiPhoneと同じだが、この記事ではApple WatchのApple Payに追加した、クレジットカード・Suicaのデータ移行方法を紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

Apple WatchのApple Payに格納されるカードの種類

Apple Payの種類

Apple WatchのApple Payは、iPhoneに追加したカード情報を、転送するイメージで実現されている

このため、対応する決済方式はiPhoneと全く同じ。

  • Suica
  • iD
  • QUICPay

の3方式に対応している。

Apple Payの情報は基本的に「iCloudに保管されている」

Apple Payのカード情報は初回登録時に、iD・QUICPayの場合、カメラでクレジットカードを読み取ると、以後はiCloudに保管される

このため、Apple Watchで利用する場合は、まずiPhone側で追加し、その中で必要に応じてApple Watchにも転送するイメージとなる。

同一Apple IDで利用する前提です

Apple Watch単体でカード追加はできない

ということは一応認識しておくべきかと思う。

こう書くと制限があるように感じるかもしれないが、iPhoneとApple Watchはセットなので、不便に感じるようなことは全く無い。

Apple Watchでのクレジットカード(iD・QUICPay)データ移行

クレジットカード(iD・QUICPay)のデータ移行だが、旧機種(機種変更前のApple Watch)でやることは特にない

新機種(新しいApple Watch)と、iPhoneをペアリングさせると、iPhone上の「Apple Watchアプリ」からクレジットカード情報の転送が可能となる。

  • ペアリングするのiPhoneも機種変更などで変わる
  • Apple Watchだけが変わる(iPhoneは今までのまま)

ケースによって若干手順は変わってくるが、基本的な流れは以下のような感じだ。

Apple Payの移行方法
  1. ペアリングするiPhoneにApple Payのカード情報を追加する
  2. iPhoneとApple Watchをペアリングする
  3. iPhoneの「Apple Watchアプリ」から、必要なカード情報をApple Watchへ転送する

ペアリングするiPhoneが変わる場合は1番以降、Apple Watchのみ変わる場合は2番以降の作業が必要なイメージとなる。

iCloudに保管されている場合、新機種(新しいiPhone)で、カードの追加を行うと旧機種で利用していたカードが表示される。

クレジットカードを選択し、セキュリティコードを入力

対象のカードを選択後、セキュリティコードを入力し、

SMSなどでカード認証すると、アクティベート完了

SMSなどでカード認証を行えばすぐに利用可能となる。

セキュリティ対策のため、カード認証などは再度必要となる

クレジットカード情報をApple Watchへ転送する

その後、Apple Watchアプリ上から、カード情報をApple Watchへ転送すれば利用可能だ。

Apple Watchの機種変更方法は?買い替えとペアリング元iPhone変更時のデータ移行手順

2017.11.22

iPhoneの機種変更時に、Apple PayのクレジットカードとSuicaの残高を移行する方法

2018.10.16

Suicaのデータ移行は、Walletアプリ上で「削除」が必要

対して、Suicaについては1つだけやることが増える。

それは、

旧機種で、新機種へ移行するSuicaをWalletアプリ上で「削除する」

という作業だ。

  • Apple Watch上で操作して削除
  • iPhoneのApple Watchアプリ上で操作して削除

2種類の方法があるが、後者の方が簡単と思うので、この記事では後者の方法で説明する。

Apple WatchアプリからWalletを選択

まず、iPhoneのApple Watchアプリから「WalletとApple Pay」を選択する。

Apple WatchからSuicaを削除する
「カードを削除」を実行し、Apple Watch上のSuicaを削除する。

このタイミングで、Suica情報がiCloud上に待避される。

削除というと、カードを捨てる操作のように感じて「残高が消えるのでは?」と思う方もいるだろうが、残高もキッチリ移行される

なので、不安に感じる必要はないし、無理に使い切る必要もない。

削除後の手順は、クレジットカードと基本的には同じだ。

iCloud上のバックアップから復元する

iCloudにバックアップされているので、カード追加を行い、そこからSuicaを選択する。

すると、旧機種で削除したSuicaが表示されるので、選択すればまずはiPhone上にSuicaが復元する。

復元したSuicaをApple Watchへ転送する

その後、iPhoneのApple Watchアプリ上から、対象のSuica情報をApple Watchへ転送すればApple Watchで利用可能となる。

Suicaの場合、セキュリティコードの入力・カード認証が不要なので、すぐに復元される。

エクスプレス予約・スマートEXで利用している場合、再登録が必要

Suica ID番号

以上の操作でデータは移行されるが、Suicaのデータ移行に関して、1つ注意点がある。

機種変更に伴い、Suica ID番号が変わる

ということだ。

JR東日本公式サイトには以下のような記載がある。

Suica ID番号は、端末からSuicaを削除(サーバ退避)したり、端末間の移動により毎回変わりますので、上記同様各種サービスをご利用の場合にはご注意ください。

引用元:Suica ID番号とは? | Suica Apple Pay よくあるご質問

このため、Apple Watchの機種変更による、Suicaデータの移行でもSuica ID番号は変更となる

Suicaをプリペイドカードのように使っているだけなら、特に意識する必要はない。

だが、Suica ID番号が変わる事で、影響をうけるサービスがある。

東海道・山陽新幹線で、エクスプレス予約・スマートEXを利用しているケース

新しいSuica ID番号をエクスプレス予約・スマートEXに登録する

エクスプレス予約・スマートEXは、自動改札を通過するSuicaカードと紐付ける形で実現しているので、Suica ID番号が変わると、紐付けが切れてしまう

Suicaアプリ上から、再度エクスプレス予約・スマートEXでSuicaを利用する設定を行う必要がある

僕はiPhoneではなく、Apple WatchのSuicaにエクスプレス予約を紐付けているので、この操作は必須となる。

Apple WatchのSuicaは自動改札・コンビニでどうかざす?私のApple Pay活用術

2017.10.27

iPhone・Apple WatchのSuicaで東海道・山陽新幹線に乗れた!エクスプレス予約の設定手順と利用方法

2017.11.04

終わりに

iPhoneと異なり、Apple WatchのApple Payデータ移行はわりと忘れがちだ。

とはいえ、AndroidスマホのFeliCaデータ移行と比較すれば、はるかに楽なので、あまり身構えなくてもできると思う。

僕もこの記事は、

機種変更時にやるべき、作業のチェックリスト

の1つにする感じで書いているので。

Apple Payに関する記事

iPhone 7、Apple Watch Series 2以降のモデルは、日本で主流のFeliCa方式によるApple Payが利用可能です。

Suica・iD・QUICPayに対応しているので、まだ使って使っていない方は、1度使ってみることをおすすめします!

iPhone 7・8のApple PayでSuicaを設定し、モバイルICOCA的に岡山で使ってみた

2016.11.05

Apple PayのSuicaで岡山からJR四国の坂出に行ってみた。ICOCAエリアは使えます

2016.12.26

Apple WatchのSuicaは自動改札・コンビニでどうかざす?私のApple Pay活用術

2017.10.27

iPhone・Apple WatchのSuicaで東海道・山陽新幹線に乗れた!エクスプレス予約の設定手順と利用方法

2017.11.04

iPhoneの機種変更時に、Apple PayのクレジットカードとSuicaの残高を移行する方法

2018.10.16

Apple Watch Series 4は大手キャリアからも販売されていますが、在庫・納期面で一番おすすめは、Appleでの購入です
※SoftBankはオンラインでの取り扱い無し

あわせて読みたい

SPONSORED LINK