iPhone 12シリーズ発表!詳しくはこちら

Apple Watch Series 6発表!血中酸素濃度測定と進化した心拍数測定で、健康管理と命を守る機能がより充実

Apple Watch Series 6
SPONSORED LINK

2020年9月15日(日本時間16日)のAppleスペシャルイベントで、2020年モデルApple WatchとiPadが発表された。

Apple Watchは近年iPhoneと同時発表が定番だったが、2020年は新型コロナウイルス感染症の影響で製造が遅れ、発表と発売が10月以降とされており、同時発表が見送られた

しかも、発表もウェビナー形式なのでどうしても盛り上がりにかけるのだが、Apple Watchは着実な進化を遂げ、以下のモデルを発表している。

「SE」と名の付くモデルは初登場だが、仕様的には2018年モデルとなる「Apple Watch Series 4」とほぼ同一仕様と思って間違いない。

最安モデルとして「Apple Watch Series 3」も併売されるが、Series 4と思えば価格的にも妥当と思われる。

この記事では、Apple Watch Series 6の概要と、僕の気になったポイントを紹介しようと思う。

チー
予想通り、Apple Watchは「健康管理デバイス」として進化しているので大歓迎!

SPONSORED LINK

「Apple Watch Series 6」の概要

Apple Watch Series 6

2015年4月に発売されたApple Watchは、以来新モデルが毎年発売され、2020年版は第6世代となる。

  • 防水対応
  • GPS内蔵
  • Apple Pay対応(FeliCaなどSuica対応)
  • eSIM」による単体でのモバイルデータ通信対応
  • サイズ感はそのままで、画面だけ大きく
  • ディスプレイ常時表示
  • 海外での緊急通報機能対応

という感じで、世代を重ねる毎に着実に進化しているが、近年のトレンドは転倒検出機能などの「命を守る機能」だった。

チー
Series 6では何が変わるかな?

そんなことを思いつつ、目玉は健康管理機能だろうと思っていたし、僕自身も倒れた経験からその方向制を望んでいた。

Series 6での進化ポイントは以下。

Series 6の進化ポイント
  • 血中酸素濃度センサーを搭載
  • 電気心拍センサーを搭載
  • 省電力時の常時表示ディスプレイがより「明るく」
  • プロセッサの進化(S5→S6)
  • アルミニウムケースに新色「ブルー」と「レッド」が登場

ビックリするくらい少ない……。ガジェット的に進化したと感じるのは、ディスプレイが明るくなったことくらい。

それ以外の進化は、普段の生活でメリットを体感する機会も少なく、いざという時に役立つ「保険」みたいなものだ

ただ、これこそがApple Watchの目指している方向性なのだろう。

チー
Apple Watchは身につけている人の状態を常にチェックする、デバイスに変わった

血中酸素濃度アプリと心拍数測定

血中酸素濃度アプリと心拍数測定

Series 6の目玉機能とされているのは、「血中酸素濃度センサー」と「血中酸素濃度アプリ」を組み合わせて測定できるようになったこと。

電気心拍センサー搭載

合わせて、「電気心拍センサー」を搭載し心拍数測定もより正確になったようだ。

チー
このことで何か「メリット」があるのだろうか?

そう思う方は多いだろう。ぼくもそう思う。

僕は医者ではないので、「血中酸素濃度」とかいきなり言われても、これの大小が体にどう影響するのか分からない

もちろん、健康に関するものなので知っていて損はないのだろうが、知ることが目的ではない。

Apple Watchを身につけていれば勝手に測定され、異常があれば教えてくれる

教えてもらえば「病院に行こうかな」と思うかもしれない。

そこに「気づける」というのが重要。

究極の進化としては、医療機関とも連携し、医師から通院を促すような機能だろうが、これはプライバシーとの絡みもありなかなか実現はしないだろう。

省電力時の常時表示ディスプレイがより「明るく」

省電力時の常時表示ディスプレイがより「明るく」

僕がApple Watch Series 5で、「最高の進化」と思っていたのが「常時表示Retinaディスプレイ」

実際に使ってみると、スリープ時は画面が暗くなり(うっすら見える)、秒針など常時書き換わる情報は表示しなくなるなど、ある程度割り切った仕様だった。

それは理解できるのだが、暗くて若干見づらかったのは事実

特に夏場の屋外は、結局腕を傾けたり、ボタンを押して「スリープ状態を解除」しないと画面が見えなかったので、スリープ時の画面が明るくなったのは、地味だが嬉しい進化だ

バックライトが落ちた省電力状態(常時表示)

常時表示対応でApple Watch Series 5のバッテリー持たなくなった?「最大28時間」旧モデルと比較すると悪くなりました

アルミニウムケースに新色「ブルー」と「レッド」が登場

アルミニウムケースに新色登場

Apple Watchは内部スペックは同じで、素材によってカラーバリエーションや価格が変わる。

  • アルミニウム
  • ステンレス
  • チタニウム

が主な構成だが、一番人気は定番の「アルミニウムケース」

僕自身もアルミニウムケースを使い続けている。

アルミニウムケースは、「シルバー、スペースグレイ、ゴールド」というMacでもお馴染みのカラーバリエーションだったのだが、久しぶりに新色が追加された。

  • ブルー
  • レッド

製品としての進化が少なくなった結果、カラーバリエーションを増やすのは、近年のApple製品では定番。

チー
そして、僕のようなガジェットオタクは「新色」に飛びつきます(笑)

販売終了となったモデル、値下げして販売継続したモデル

2020年のApple Watchラインアップ
このような感じで、個人的には望ましい方向性ではあるものの、「進化」としては地味なものなので、ラインアップも少し変わった動きとなった。

  • 2019年モデル「Series 5」は販売終了
  • 2018年モデル「Series 4」相当スペックの、「Apple Watch SE」が新登場
  • 2017年モデル「Series 3」は最安モデルとして販売継続(値下げなし)

まとめると以下のようになる。

モデル名販売状況新品価格中古価格
Appleストア家電量販店
初代(第1世代)××-5,000円前後
Series 1××-8,000円前後
Series 2××-10,000円前後
Series 319,800円〜15,000円前後
Series 4××-30,000円前後
Series 5×42,800円〜38,000円前後
Series 642,800円〜発売前
SE29,800円〜発売前

「Series 3」の値段は2019年9月の値下げから変わっていないが、発売から3年以上経過しスペック的には見劣りするようになった。

Apple Watch SEが登場

このため、「間」を埋めるモデルとして「Apple Watch SE」が登場したようだ

  • ディスプレイの大型化
  • GPS + Cellularモデルを用意
  • 海外における緊急通報、転倒検出機能など近年のトレンドに対応

という感じで、対応していないのは「常時表示ディスプレイ」と「血中酸素濃度測定」くらい

価格は「29,800円(税別)〜」なので、2020年4月に発売された「iPhone SE(第2世代)」と同じく、高コスパモデルとしてかなり売れるだろう。

僕は長年Apple Watchは安いモデルがおすすめということで、Series 3をおすすめしていたけど、今後はSEになるかなと感じている。

チー
今から買うなら最低でもSeries 3です。
さすがにSeries 2より古いモデルをおすすめする理由はなくなりました。
Apple Watch SEが登場

【2020年版】Apple Watchをはじめて買うなら「値段の安い型落ち」がおすすめ。価格重視ならSeries 3、健康管理もしたいならSEを選ぼう

全体的な感想

Apple Watch Series 6

iPhoneと同時発表されないApple Watchは、2015年4月の第1世代の発売以来。

イレギュラーな年というのは理解しているが、「お祭り感」が薄く少し寂しい感じだ……。

ファミリー共有設定」という新たな機能に対応し、iPhoneなしでも使える機能が増えているが、「iPhoneとセット」という構図はいまだに変わらない

どうせなら、これを機にiPhoneなしでも使えるようになって欲しかったが(笑)

ただ、Apple Watchをどのようなデバイスと位置付けているかは、Series 6でハッキリした。

健康管理と命を守る機能

iPhoneの通知確認、フィットネス、Apple Payなど生活機能、と様々な機能を搭載したが、「身につける」ことを強みにした、よい進化の方向性だと思う。

難点は、誰もが気にしているものの、何かが起こらないと関心を持ちづらい機能であること

おそらく「いらない機能が増えた」という評価も増えるだろう。

僕自身も「健康管理機能はあれば便利だよね」くらいの認識だったが、2019年10月に倒れてから意識が変わり、以来24時間身につけるようにしている

チー
個人事業主なので1人でいることが多いから、命を守るために、Apple Watchを身につけ続ける
Apple Watch Series 5長期利用レビュー

Apple Watch Series 5長期利用レビュー。体調不良で倒れて分かった、旧モデルと比較した最新モデルの魅力は「命を守る機能」

チーは何を買うか

で、僕は何を買うのかと言えば、

Apple Watch Series 6(GPS + Cellularモデル)- 44mmブルーアルミニウムケースとアトランティックブルーブレイデッドソロループ

と決めている、というかもう注文した(笑)

Apple Watch Series 6(GPS + Cellularモデル)- 44mmブルーアルミニウムケースとアトランティックブルーブレイデッドソロループを購入
チー
新色に行きます(笑)

終わりに

Apple Watch Series 6

Series 6唯一の不満は、バッテリー駆動時間の改善がなにもなかったこと

今でも1日使う分には問題ないが、逆に言えば「毎日充電は必要」なわけで、旅行の時に専用充電器を持ち歩くのが面倒なので、もう少し持って欲しいなぁと感じる。

だが、「次はいよいよ」とも思ったので、まだまだApple Watchは進化するのだろう。

Apple Watch Series 6は機能的進化には乏しいが、2回目以降の購入なら絶対幸せになれると思うし、健康に不安がある方は是非選択して欲しいモデルだと思う

「Apple Watch」はAmazon・家電量販店・大手キャリアなど幅広く販売されていますが、在庫・納期面で一番おすすめは、Appleでの購入です。

Apple Watch Series 5長期利用レビュー

Apple Watch Series 5長期利用レビュー。体調不良で倒れて分かった、旧モデルと比較した最新モデルの魅力は「命を守る機能」

Apple Watchはどこで買うのが安いのか?

パパンダ
まだまだApple Watchを買う余裕はないけど、うちは家計が厳しいので「少しでも安く」買いたい!
チー
それなら「ビックカメラ」か「Amazon」がおすすめかな。ポイントは大してたまらないけど、ポイントが使えたり在庫が豊富なので。
簡単に比較するとこんな感じ。
2020年12月時点のApple Watch Series 6(40mm、アルミニウムケース&スポーツバンド)販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗タイプ定価(税込)値引き実質価格
Apple StoreGPS47,080円-47,080円
GPS + Cellular59,180円-59,180円
AmazonGPS47,080円1,413ポイント45,667円
GPS + Cellular59,180円1,776ポイント57,404円
ビックカメラ.comGPS47,080円1,413ポイント45,667円
GPS + Cellular59,180円1,776ポイント57,404円
Apple Watchをどこで買うのがお得?

Apple Watchはどこで買うのが安い?値下げはいつ?Apple Store・家電量販店・Amazonで比較してみた

Apple Watchに関する記事

チー
2015年4月の発売以来、ほぼ毎日使い続けて感じたことをまとめています。
Apple Watchは必要か

Apple Watchはいらない?何ができる?5年間使った私が必要性を考えてみた

「Apple Watch」レビュー

Apple Watch Series 5長期利用レビュー

Apple Watch Series 5長期利用レビュー。体調不良で倒れて分かった、旧モデルと比較した最新モデルの魅力は「命を守る機能」

常時表示ディスプレイに対応したApple Watch Series 5

Apple Watch Series 5発表!ついに来た「常時表示ディスプレイ」。既存ユーザーなら買い替え価値あり!

Apple Watch Series 4レビュー

Apple Watch Series 4(SE)長期利用レビュー。画面が大きくなって使いやすくなり、誰でもメリットを体感できる定番スマートウォッチ

Series 4とSeries 5

Apple Watch Series 6・SEのケースは40mmと44mmどっちがおすすめ?Series 4の40mmを使った感想

オプションサービスについて

watchcare

Apple Watchに延長保証「AppleCare+」は必要か?5年間未契約で故障無しだが、故障リスクは生活スタイルによります

Apple WatchのApple Pay起動はサイドボタン2度押し

Apple Watch Cellular版レビュー。LTE通信機能は必要?何ができる?1年使った感想のまとめ

Apple Payについて

チー
Apple Payは本当に便利だから、「食わず嫌い」の方もだまされたと思って使ってみて欲しい!
Apple Payは凄く便利なので、みんなに使って欲しい!

Apple Pay使ってますか?面倒じゃないよ!iPhoneのキャッシュレス生活が便利すぎるので、魅力を徹底解説

applepay

Apple Watchの機種変更時に、Apple PayのクレジットカードとSuicaの残高を移行する方法

初代モデルからApple Watchを使い続けている管理人が、これまで書いて来たサービスの解説・お得な使い方などを、Apple Watchカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年11月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!