運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

Apple Watchの最新モデル(Series 7・SE)を新品で今買うならどれがいい?おすすめは45mmケースのGPS版

Apple Watch Series 7
SPONSORED LINK

Apple Watchは初代モデルが2015年4月に発売し、2022年1月時点では、以下のモデルが販売されている。

ウェアラブル端末ということで、モデル毎での劇的な進化は乏しく、iPhoneを毎年買うようなファンでも、Apple Watchを毎年買う人は珍しい。

1度購入すれば最低2年は使うと考えた場合、「最新モデル」を選択する人も多いようだ。

僕は、はじめて購入する場合、値段の安いSEをおすすめしているが、この記事では最新モデル(Apple Watch Series 7)を購入する場合のおすすめを紹介しようと思う。

Apple Watch SEが登場

結論を先に書いておくと、

「45mmケースGPS版」の購入がおすすめ!

と思っている。

SPONSORED LINK

2022年1月時点の最新モデルは「Apple Watch Series 7」

Apple Watch Series 7

2022年1月時点のApple Watch最新モデルは「Apple Watch Series 7」。

そして、Series 5以降で何が変わったのかといえば、プロセッサの進化は当然として、大きく3点。

Series 5以降の進化ポイント
  • 常時表示Retinaディスプレイ搭載
  • コンパスを搭載
  • Cellular版は海外での緊急通報機能に対応
  • 血中酸素濃度の測定機能

僕が近年のApple Watchで重視しているのは、転倒検出機能など「命を守る機能」。

  • とりあえず体験するなら「SE」
  • 命を守る機能を重視するなら「Series 7」

というような選び方になると思う。

Series 5以降の目玉機能は「常時表示ディスプレイ」

省電力時の常時表示ディスプレイがより「明るく」

では、SEになくて、上位モデルSeries 7にある機能は何なのか?

常時表示Retinaディスプレイ搭載

僕はこの1点で感動してしまう(笑)

僕は2015年4月の第1世代Apple Watchが発売して以来、ほぼ毎年機種変更しながら、Apple Watchは毎日身につけて使っている

  • バッテリー駆動時間が短い(理想は充電なしで3日持って欲しい)
  • iPhoneとセットでないと使えない
  • 価格が案外高い

なんて不満はあったが、価格以外は世代を重ねる毎に改善されていた。しかし、いつまで経っても実現しなかったのが「常時表示ディスプレイ」。

Apple Watchは文字通り「時計」だ。

見たいときにすぐ確認できないと意味がないのだが、バッテリー駆動時間を延ばすために、基本はスリープしており、腕を傾けるとディスプレイがオンになる

5年も使えばさすがになれたが、やはり不便であることには変わりない。

だからこそ「常時表示ディスプレイ」は待望の機能だった。

ちなみに、Series 7においては、省電力モード時の視認性が高まっており、機能的な進化はとぼしいが、使い勝手が向上している

チー
時計はいつでも見えるのが当たり前。そうじゃないと、腕時計を身につける意味がない
バックライトが落ちた省電力状態(常時表示)
[AppleWatchSeriesBuyList]

「41mmケース」と「45mmケース」はどちらがおすすめ?

広くなった画面

「Apple Watch Series 4以降」最大の特徴は、本体サイズはほぼそのままで画面が大きくなったこと

項目Series 7Series 4〜6・SESeries 3まで
コンパクトタイプ41mmケース
904平方ミリメートル
40mmケース
759平方ミリメートル
38mmケース
563平方ミリメートル
大型タイプ45mmケース
1143平方ミリメートル
44mmケース
977平方ミリメートル
42mmケース
740平方ミリメートル
厚み10.7mm10.7mm11.4mm

画面がより大きくなっている

とはいえ、小さな画面なので、Apple Watchの画面で文字を打ったりすることは少ない。

視認性はやくなったが、操作性はそこまでかわらない

ということは留意しておくべきだろう。

チー
大きな画面になれると、もう元にはもどれないくらいの快適さはあります。
Series 4とSeries 5

「GPS版」と「GPS+Cellular版」はどちらがおすすめ?

eSIMではなくSIMカードが主流の日本

「Apple Watch Series 7とSE」は、2モデル展開となっている。

  • GPS版
  • GPS+Cellular版

GPS+Cellular版は「eSIM」による、Apple Watch単体でのモバイルデータ通信や通話に対応する

しかし、欠点もある。

ユーザーが増えている格安SIM」ではY!mobileなどのサブブランドも含めて利用不可で、大手キャリアでしか契約できないことだ。

そして、ドコモなどの大手キャリアは、Apple Watch用の通信サービスをオプションサービスとして展開してる。

キャリアサービス名月額利用料(税込)登録手数料(税込)
docomoワンナンバーサービス550円550円
auナンバーシェア385円0円
SoftBankApple Watchモバイル通信サービス385円0円
  • 月額350~500円のランニングコストが発生する
  • 本体価格も1万円程度高い

ことを考えると、余程強い理由がない限り「GPS版」を選択するのが無難かと思う

Apple WatchのApple Pay起動はサイドボタン2度押し

コスパが高いのは「22,800円〜」で購入できるSeries 3の新品

Apple Watch Series 3

2021年9月以降は最新モデルのSeries 7、SE、型落ち(旧モデル)のSeries 3の3モデル構成となり、比較検討している方も多いだろう。

僕が考える、基本方針は以下かと思う。

Apple Watchのおすすめ
  • 価格重視なら「Series 3」
  • 機能と価格のバランス重視なら「SE」
  • 健康管理機能をより重視するなら、Series 7

Apple Watchはスマートウォッチと呼ばれる製品のなかでは、リセール価値が高く下取りも1万円を超えるものが珍しくなかった

しかし2019年9月のSeries 3値下げ以来、相場が下がっているのだが、中古ショップのApple Watchは本体のみ販売していることが多い。

  • バンド
  • 充電ケーブル

などのアクセサリは別途購入する必要があり、その場合Apple純正品の場合1万円程度かかる。

だったら、新品だし、アクセサリ類も全部ついてる新品を買う

となるわけで、Apple Watchを購入する場合中古はあまりおすすめしない

Apple Watchは「命を守る」ガジェット

iPhoneが無くても通知が受けられる

ここまで長々と書いて来たが、総合して言いたいのは、

Apple Watchは時計では無く、ガジェット

ということだ。

つまり、使うことで『何か』が便利になる。

  • iPhoneに届いた通知の確認が楽になる
  • コンビニなどでの支払いが楽になる

スマホと違って絶対必要かと問われたらそうでもないが、あれば確実に便利なものという感じだ。

たとえば、Apple Payの起動方法にしても、以下のように違いがある。

  • iPhoneはTouch IDかFace ID認証が必要
  • Apple Payはサイドボタン、ダブルクリックのみ

僕はApple Watch支払いの方が素早くて、確実だと感じている

さらに、Series 4以降は「転倒検出機能」に対応するなど、いざという時に「命を守る」ためのデバイスに進化しようとしている

実際僕は、2019年10月「早朝に倒れるという経験」をして以来、転倒検出機能」を設定し、24時間365日Apple Watchを身につける運用に切り替えた。

その結果、「目覚まし時計」に活用できたり、さらに便利にあったと感じている。

Apple Watchは必要か
転倒検知機能

終わりに

Apple Watch Series 4

Apple WatchはApple製品なので、購入した時に化粧箱をあける『体験』など、所有欲を満たしてくれるガジェットだ。

だが、ある程度こなれてしまった上に、見た目上の区別が付かないことから、自慢するにはあまり適していない

そういう意味でも、ガジェットだが家電っぽい雰囲気があるかもしれない。

2015年の初代モデル発売時は、

使うかどうかも分からない時計に、5万円近く払うのはかなりの勇気が必要

と思って購入したし、実際購入してからも半信半疑だった。

ただ、今ではiPhoneとセットのデバイスとしてすっかり定着したし、使い勝手も年々よくなっている。

iPhoneはあまり進化を感じないが、Apple Watchは買い替えると進化を実感できるし、そういう喜びはiPhoneより大きいとすら思う。

最新モデルのApple Watch購入の参考になればと思う。

「Apple Watch」はAmazon・家電量販店・大手キャリアなど幅広く販売されていますが、在庫・納期面で一番おすすめは、Appleでの購入です。

Apple Watch SEが登場

Apple Watchはどこで買うのが安いのか?

パパンダ
まだまだApple Watchを買う余裕はないけど、うちは家計が厳しいので「少しでも安く」買いたい!
チー
それなら「ビックカメラ」か「Amazon」がおすすめかな。ポイントは大してたまらないけど、ポイントが使えたり在庫が豊富なので。
簡単に比較するとこんな感じ。
2022年1月時点のApple Watch Series 7(41mm、アルミニウムケース&スポーツバンド)販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗タイプ定価(税込)値引き実質価格
Apple StoreGPS48,800円-48,800円
GPS + Cellular60,800円-60,800円
AmazonGPS48,800円1,464ポイント47,336円
GPS + Cellular60,800円1,824ポイント58,976円
ビックカメラ.comGPS48,800円1,464ポイント47,336円
GPS + Cellular60,800円1,824ポイント58,976円
Apple Watchをどこで買うのがお得?

Apple Watchに関する記事

チー
2015年4月の発売以来、ほぼ毎日使い続けて感じたことをまとめています。
Apple Watchは必要か

オプションサービスについて

watchcare
Apple WatchのApple Pay起動はサイドボタン2度押し

初代モデルからApple Watchを使い続けている管理人が、これまで書いて来たサービスの解説・お得な使い方などを、Apple Watchカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!