Apple Watch Series 5のケースは40mmと44mmどっちがおすすめ?Series 4の40mmを使った感想

Series 4とSeries 5
左:40mmケース 右:44mmケース
Apple Watch Series 5
SPONSORED LINK

Apple Watch Series 4」を購入して1年が経過した。

Apple Watch Series 4

Apple Watch Series 4開封レビュー。画面が大きくなったメリットをSeries 3との比較から考察

2018年9月26日

Apple Watchとして初めてのデザイン変更が行われたモデルだ。2019年9月に発売された、「Apple Watch Series 5」にもこの仕様はそのまま引き継がれている。

簡単に言えば、

画面が大きくなっただけ

といえばそうなのだが、この違いが思いのほか大きかった。

  • Series 4とSeries 5の40mmと44mm
  • Series 3との比較

両方の観点で、どちらを買うか悩んでいる人もいると思うので、Series 4の40mmを購入して感じたことを紹介しようと思う。

僕が一番感じたこととして、「Series 4以降」は過去にApple Watchを使ったけど、何らかの理由で手放した方に、もう一度試して欲しいと感じる製品だ。

SPONSORED LINK

Apple Watch Series 4とSeries 5のケースは40mmと44mm

Apple Watch Series 5

Apple Watchは2015年の初代モデル発売以来、世代を重ねる毎に進化してきた。

  • Apple Payに対応
  • 完全防水対応
  • GPSを内蔵
  • eSIM」によるモバイルデータ通信に対応

しかし、2017年発売のSeries 3までデザインは基本的に変わっていなかった

その流れが変わったのは、2018年9月発売の「Apple Watch Series 4」で、ケースサイズが微妙に大きくなり、画面が広く・薄くなった。

ざっくりまとめると以下のような感じだ。

項目Series 4以降Series 3まで
コンパクトタイプ40mmケース
759平方ミリメートル
38mmケース
563平方ミリメートル
大型タイプ44mmケース
977平方ミリメートル
42mmケース
740平方ミリメートル
厚み10.7mm11.4mm

画面が大きくなり、薄くなった

のが最大のポイントだが、数字でみると大して変わった感じはしなかった。

ところが実際に使ってみると、この違いは思いのほか大きかった。

以後、感じたことを紹介するのだが、写真で見ても伝わりづらいと思うので、是非店頭で比べてみて欲しいと思う

Suicaをどうかざすか?

Apple WatchのSuicaは自動改札・コンビニでどうかざす?右手?左手?私の使い方を紹介

2017年10月27日
Apple WatchのApple Pay起動はサイドボタン2度押し

Apple Watch Cellular版レビュー。LTE通信機能は必要?何ができる?1年使った感想のまとめ

2018年1月22日

Apple Watchに大画面は必要か?

Apple Watchの画面拡大の効果は
左から、Series 4 40mmケース、Series 3 42mmケース、Series 3 38mmケース

僕は2015年の初代Apple Watch発売以来、ほぼ毎日使い続けている。

Apple Watch第1世代(Series 1)は使える?おすすめ?初代を2年間毎日使った長期使用レビュー

2015年7月22日

iPhoneと同じような操作性なので、タッチパネル操作など可能だが、ほとんど使っていない。

Apple Watchは「通知を見る」ことが一番便利

と感じていたので、見ることにしか使っていない。

この場合、画面が大きいと確かに便利だが、必須ではないので値段も安く安価な、コンパクトなモデルを選ぶのがよいと考えていた。

なので僕は、初代モデル以来38mmを購入し、Series 4でも40mmを購入した。

40mmはSeries 3までの42mmよりも画面が広い

その状況になって、

チー
画面がすごく見やすいし、操作しやすい。

これならApple Watchを操作したくなる!

と感じた。

Apple Watchに大画面なんて必要ないと思っていたが、大画面には意味があると感じた

Apple Watchは必要?

Apple Watchはいらない?何ができる?4年間使った私が必要性を考えてみた

2018年2月12日

Apple Watchのアプリが使いやすくなる

アプリ一覧。左がSeries 3、右がSeries 4 設定画面。左がSeries 3、右がSeries 4
左がSeries 3、右がSeries 4

ボケた写真ですみません…

Apple Watchが大画面化する魅力は、主に2つある。

  • 視認性が上がる
  • 操作性が上がる

ただ「腕時計」という体裁である以上、スマートフォンのように画面は大きくできない。

限られた領域

という制限に変わりはないので、Appleがとった選択は、

サイズを変えず、画面だけ広くする

という方法だった。
これがよく考えられているなと、僕が感心したポイントだ。

ほぼ同じ大きさで、表示領域が広がったので、前モデルを知っていると、数字以上に広くなったと感じる

小さな話を言えば、アイコン1つとっても押しやすくなった。このことで、Apple Watchアプリを使ってみようという気になる。

僕は、Apple Watchアプリはほとんど使っていなかった。

  • 起動が遅い
  • 操作しづらい

というのが主な理由だが、そのほとんどが解消されていたのだ。

現状、Apple Watchならではというアプリが登場していないと思っているが、キラーアプリが登場したとき、普及する地盤はできたと思う

初代Apple Watchを買ってよかったことは?iPhoneからの通知で「気づき」が得られるのが魅力

2015年7月12日

Series 4・Series 5は40mmと44mmどっちがおすすめ?

40mmケースと44mmケース

左:40mmケース
右:44mmケース

僕は今までApple Watchを「操作」することがなかったし、そういう部分をおすすめもしなかったので、Apple Watchのケースサイズを相談されたとき、

チー
基本的には価格の安い、ケースサイズの小さいものがおすすめ

と回答してきた。

なので、Series 4の購入にあたっても、コンパクトな40mmケースを迷わず選択した

ただ、ここまで紹介してきたように、Series 4の画面拡大のインパクトは予想以上だ。

チー
より画面が広い、44mmケースを選択するべきだった…

正直そう思っている。

僕は男性にしては手が小さく、手首も細いので、大きな時計より、小さな時計の方がしっくり来る。

  • 女性は40mmケース
  • 男性は44mmケース

ざっくり分ければこんな感じだろうが、Apple Watchはファッション時計より、「ガジェット」と見るべきと思う

そう考えた時、より大きなディスプレイを搭載するモデルの方が、今後利便性は高くなると予想される

アルミニウムケースGPSモデルのサイズと価格比較

画面の広さを比較する

参考までに、Series 3までの38mm または 42mmケースを含む、サイズと価格比較をすると以下のようになる。

38mmと42mmはApple Watch Series 3のスペックです

アルミニウムケースGPSモデルを基準にしています

項目38mm40mm42mm44mm
38 mm40 mm42 mm44 mm
33.3 mm34 mm36.4 mm38 mm
厚さ11.4 mm10.7 mm11.4 mm10.7 mm
重量26.7 g30.1 g32.3 g36.7 g
価格19,800円〜42,800円〜22,800円〜45,800円〜

全体的には、薄くなったわりに、わずかに重くなっているのが特徴だろうか

そして、肝心の40mmと44mmの価格差は「3,000円」

この価格差であれば、長く使うなら44mmの方が幸せになれると思う。

コスパが高いのは「19,800円〜」に値下げされたSeries 3の新品

Apple Watch Series 3

サイズの価格比較はこんな感じだが、2019年9月の「Apple Watch Series 5」の発表に伴い、Series 4は販売終了となり、Series 3は大幅値下げされた。

この値下げはかなり衝撃的だった
Apple Watchとしては初めて2万円を割る価格となり、コスパが圧倒的に高くなったからだ。

一番コスパが高いモデルと問われたら、僕は迷わずこう答える。

チー
「Series 3の新品」を買うこと

Apple Watchはスマートウォッチと呼ばれる製品のなかでは、リセール価値が高く下取りも1万円を超えるものが珍しくなかった

なので、中古市場もわりと活況で価格帯は以下のような感じで棲み分けられていた。

モデル名中古相場
Series 15,000〜10,000円
Series 210,000〜20,000円
Series 320,000〜30,000円
Series 4など最新モデル30,000〜40,000円

そんな状況が一変してしまった。

Apple Watch Series 3が「19,800円〜」に値下げ

これによって、Series 2以前は10,000円以下にまで価値が暴落した。

というのも中古ショップのApple Watchは本体のみ販売していることが多い。

  • バンド
  • 充電ケーブル

などのアクセサリは別途購入する必要があり、その場合Apple純正品の場合1万円程度かかる。

だったら、新品だし、アクセサリ類も全部ついてるSeries 3を買う

となるわけで、Series 3の値下げは驚きだし、コスパ面で言えば圧倒的にお得だモデルになった

チー
2万円以下になれば、Apple Watchを試してみてと言いやすいので、長年使っているユーザーとしては嬉しい!

Series 5でついに実現した「常時表示ディスプレイ」は機種変更ユーザーにおすすめ

常時表示ディスプレイ搭載

コスパで比較されるとSeries 3が圧倒的にお得と思うが、機種変更や「使えない」という理由で過去に手放した人には、最新モデル「Apple Watch Series 5」をおすすめしたい。

チー
Apple Watch Series 5はこれまでで「最高の進化」を遂げている!

「最高の進化」と言うのには理由がある。

常時表示Retinaディスプレイ搭載

この1点で感動してしまう(笑)

僕は2015年4月の第1世代Apple Watchが発売して以来、Series 3→Series 4と機種変更しながら、Apple Watchは毎日身につけて使っている

  • バッテリー駆動時間が短い(理想は充電なしで3日持って欲しい)
  • iPhoneとセットでないと使えない
  • 価格が案外高い

なんて不満はあったが、価格以外は世代を重ねる毎に改善されていた。しかし、いつまで経っても実現しなかったのが「常時表示ディスプレイ」。

Apple Watchは文字通り「時計」だ。

見たいときにすぐ確認できないと意味が無いのだが、バッテリー駆動時間を延ばすために、基本はスリープしており、腕を傾けるとディスプレイがオンになる

4年も使えばさすがになれたが、やはり不便であることには変わりない。

チー
時計はいつでも見えるのが当たり前。そうじゃないと、腕時計を身につける意味が無い

初代Apple Watch最大の不満は「バッテリー」。時計としての利便性向上に期待

2015年7月15日

Apple Watchの次期モデル(Series 5)に望むたった1つの機能は、時計としてのスペック向上。時計の常時表示を実現して欲しい

2017年5月10日
Apple Watch Series 5開封レポート

Apple Watch Series 5 開封フォトレポート。Series 4と比較して何が変わった?ディスプレイ常時表示のメリットをチェック

2019年9月28日

終わりに

Series 4とSeries 5

左:40mmケース
右:44mmケース

Apple Watch Series 5になって、Apple Watchはいよいよ完成の領域に入ったと言われている。

初代モデルから使い続けてきた人間として、その辺りは気になっていたが、確かに完成度が高いと実感した

時計という製品は、身につけるものなので、デザイン的に冒険もできないし、セオリーを曲げるメリットもない。

身につけるガジェット

と考えた時、サイズ感を変えないまま、進化させることは相当苦労したのではないかと思う。

Series 5は、過去にApple Watchを使ったけど、何らかの理由で手放した方に、もう一度試して欲しいと感じる製品だ。

Apple Watchは必要?

Apple Watchはいらない?何ができる?4年間使った私が必要性を考えてみた

2018年2月12日

「Apple Watch」はAmazon・家電量販店・大手キャリアなど幅広く販売されていますが、在庫・納期面で一番おすすめは、Appleでの購入です。

Apple Watchはどこで買うのが安いのか?

パパンダ
まだまだApple Watchを買う余裕はないけど、うちは家計が厳しいので「少しでも安く」買いたい!
チー
それなら「ビックカメラ」か「Amazon」がおすすめかな。ポイントは大してたまらないけど、ポイントが使えたり在庫が豊富なので。
簡単に比較するとこんな感じ。
2019年10月時点のApple Watch Series 5(40mm、アルミニウムケース&スポーツバンド)販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗タイプ定価(税別)値引き実質価格
Apple StoreGPS42,800円-42,800円
GPS + Cellular53,800円-53,800円
AmazonGPS42,796円1,387ポイント41,429円
GPS + Cellular53,789円1,743ポイント52,046円
ビックカメラ.comGPS42,790円1,386ポイント41,404円
GPS + Cellular53,790円1,742ポイント52,048円
Apple Watchをどこで買うのがお得?

Apple Watchはどこで買うのが安い?値下げはいつ?Apple Store・家電量販店・Amazonで比較してみた

2019年7月10日

最新モデルApple Watch Series 5発表!

チー
Apple Watchユーザー待望の「常時表示ディスプレイ」に対応した、Apple Watch Series 5が発表されました!
常時表示ディスプレイに対応したApple Watch Series 5

Apple Watch Series 5発表!ついに来た「常時表示ディスプレイ」。既存ユーザーなら買い替え価値あり!

2019年9月11日

Apple Watchに関する記事

チー
2015年4月の発売以来、ほぼ毎日使い続けて感じたことをまとめています。
Apple Watchは必要?

Apple Watchはいらない?何ができる?4年間使った私が必要性を考えてみた

2018年2月12日

最新モデル「Apple Watch Series 4」レビュー

Apple Watch Series 4レビュー

Apple Watch Series 4長期利用レビュー。画面が大きくなって使いやすくなり、誰でもメリットを体感できる定番スマートウォッチ

2019年8月13日

オプションサービスについて

watchcare

Apple Watchに延長保証「AppleCare+」は必要か?3年間未契約で故障無しだが、故障リスクは生活スタイルによります

2018年11月15日
Apple WatchのApple Pay起動はサイドボタン2度押し

Apple Watch Cellular版レビュー。LTE通信機能は必要?何ができる?1年使った感想のまとめ

2018年1月22日

Apple Payについて

チー
Apple Payは本当に便利だから、「食わず嫌い」の方もだまされたと思って使ってみて欲しい!
Apple Payは凄く便利なので、みんなに使って欲しい!

Apple Pay使ってますか?面倒じゃないよ!iPhoneのキャッシュレス生活が便利すぎるので、魅力を徹底解説

2019年6月29日
applepay

Apple Watchの機種変更時に、Apple PayのクレジットカードとSuicaの残高を移行する方法

2018年11月6日

Apple Watchカテゴリートップ

初代モデルからApple Watchを使い続けている管理人が、これまで書いて来たサービスの解説・お得な使い方などを、Apple Watchカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年9月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK