Apple WatchのSuicaは自動改札・コンビニでどうかざす?私のApple Pay活用術

Suicaをどうかざすか?
SPONSORED LINK

Apple Watch Series 3を購入して、初代以来の進化を色々実感しているが、

Apple Watch Series 3のバッテリーは『2日』持つ。初代との比較を実測しました

2017.10.07

Apple Watch Series 3のメリットは速さ!Macロック解除機能の高速化が嬉しい誤算でした

2017.10.24

Series 2から採用された、Apple Pay(FeliCa)を使うのがある意味一番楽しみだった。

Apple PayそのものはiPhone 7から既に利用しており、元々おサイフケータイ大好きなので、もはやこれ無しの生活は考えられない

だが、

の2台がApple Payに対応したことで迷うようになった。

どっちが使いやすいのか?

ということだ。
さらに言えば、「Apple Watchはどうかざすのがよいのか?」という悩みもあって、色々検証してみた。

結論から言えば、

メインのApple Pay端末は『Apple Watch Series 3』にした

のだが、その理由などを紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

Apple Payを使うための操作の違い

Apple WatchのApple Pay起動はサイドボタン2度押し

Apple WatchのApple Pay起動はサイドボタン2度押し

Apple Payを使う場合、iPhoneとApple Watchでは操作が異なっている

さらに言えばiPhoneは、ホームボタンがあるiPhone 7シリーズ・iPhone 8シリーズ、ホームボタンが廃止されるiPhone Xでも異なっている。

端末操作
iPhone 8まで
  1. ホームボタン2度押しでApple Pay起動
  2. Touch ID認証で支払い
iPhone X
  1. サイドボタンを二度押し
  2. 顔をのぞき込みFace ID認証で支払い
Apple Watch
  1. サイドボタン2度押しでApple Pay起動
  2. 支払い

一番楽なのはApple Watchで、身につけている分、操作が簡易化されているようだ

iPhone 8まではTouch ID認証が必要だったのだが、iPhone 7を使っていて、Touch ID認証によるApple Payが使いづらいと思ったことはなかった

だが、iPhone 8 Plusを購入して端末が大型化。

機動力が落ちて、iPhoneを出すのが面倒

と感じるようになった。
iPhone Xの使い勝手がどうなるかはわからないが、Plus系だと正直使いづらいと感じた。

特に、スピードが重要な自動改札の通過時には取り回ししづらい。

さらに言えば、Touch IDの利用も、例えば手が濡れていた場合など、使いにくいシーンがある。

その点、Apple Watchの場合、サイドボタンを2度押しで起動なので、失敗することがない

機動力はApple Watchの方が上だと感じた。

ただ、Apple Watchをメインにする場合、Suica利用に大きな懸念があった

自動改札のFeliCaリーダーにはどうかざすか?

自動改札は通常リーダーが『右側』

自動改札は通常リーダーが『右側』

それは、

Suicaをかざす自動改札のリーダー(FeliCaリーダー)はどこにあるのか?

という問題。

僕は、右利きなので、腕時計は左手の手首に巻いている。つまり、Apple Watchは左側にある。

だが、自動改札のリーダーは通常『右側』にある。

Apple Watchを右手に付けたらシームレスだが、左手でも使いやすいのか?

例えば、

左手から右側のリーダーに手を延ばし、かつ手首を捻るのは面倒

左手から右側のリーダーに手を延ばし、かつ手首を捻るのは面倒

こんな感じで、Apple Watchのディスプレイ側を自動改札に近づけるような動きをすると、手を延ばし、さらに手首をひねる必要があり面倒くさい

それでも、こうするしかないんだろうなぁと思っていた。

そして、実際はというと、、、

自動改札を通る

自動改札を通る

こんなかざし方でも感知される

こんなかざし方でも感知される

画面側をかざさなくても自動改札通れた!!

これには驚いた。

僕は岡山県倉敷市在住で、JR西日本のICOCA圏内なので、西日本の自動改札特有かもとも思った。

JR東日本管内でも問題なし

JR東日本管内でも問題なし

だが、先日東京に行ったとき試したら、SuicaエリアでもPASMOエリアでも大丈夫だった。

つまり、

自動改札は画面側をかざさなくても通れる!

ということになる。

理由だが、自動改札は特に首都圏のラッシュ時など、1分間に何十人・何百人という人が通る。

この場合、感度が悪いとすぐ止まってしまい混雑するので、かなり感度を高くしているのだと思われる。

実際、このツイートをした後、リプライで、

腰のスマホホルダーにつけてた、iPhoneまで反応して二重課金された

という話もあり、かなり感度が高いようだ。

Apple WatchとiPhoneを持っている人は、逆に『近づき過ぎることに』気を付けた方がよいかもしれない

コンビニ・スーパーなどのFeliCaリーダーはどうなのか

電子マネーのリーダー

電子マネーのリーダー

そして次に気になるのは、自動改札よりも一般的な、

  • コンビニ
  • スーパー
  • 家電量販店

などにある、iD・Suica・QUICPay・Edy・nanaco・WAONなどに対応した、決済用FeliCaリーダー

これらの端末の特徴は、複数の規格に対応していること(Suica・ICOCAなど交通系ICはサービス名がことなるだけで、根本的な規格は同じもの)と、リーダーの種類も様々と言うことだ。

セブンイレブンのレジは本体をかざさないと感知しない

セブンイレブンのレジは本体をかざさないと感知しない

実際、コンビニなどにあるレジ併設のFeliCaリーダーの場合、かなり機種依存が激しく、上記画像のように、セブンイレブンのレジはApple Watchのディスプレイ側をかざさないと感知しない

僕が試した感じだと、

  • イオン系店舗にあるFeliCaリーダー(昔あらあるやつ)
  • セブンイレブンのレジ内蔵のFeliCaリーダー

は100%ダメだった。
Apple Payの普及で2016年辺りから、リーダー端末が刷新される動きが活発化しており、端末によってはOKかもしれないが、

『自動改札以外』は本体をリーダーに触れさせるイメージでかざす

が基本になるかと思う。

やはり、店舗の決済端末の場合、

  1. 電子マネー支払いであることを伝える(選択する)
  2. リーダーが読み取り可能状態になる
  3. かざして決済する

という流れで、自動改札ほどの高速処理は求められていないので、端末の作りが根本的に異なるのだと思う。

わりと長い間かざしておかないと感知しないことも珍しく無い。

また、決済用端末は、自動改札と異なり、左側に設置されていることが多い

なので多少感知に時間がかかっても苦になることは無かった。

終わりに

Apple Watchの決済は便利

Apple Watchの決済は便利

誤解のないように補足しておくが、今回紹介したリーダーの感知性能については、Apple Pay特有のものではなく、カードタイプでも同じことが言える

ただ、カードにしてもスマホにしても、決済端末を、

  • 手に持っているか(カード・スマホ)
  • 身につけているか(Apple Watch)

で、気になることは案外違うんだなと思った。

カード・スマホを使っている時、リーダーの位置とかあまり意識したことがなかった。

だが、どちらが便利かと言えば身につけている方が楽、と僕は感じたので、Apple PayのメインはApple Watchとした。

ただ、iPhoneも忘れた時のことなどを考慮し設定は行っており、

iPhoneにはカードを多めに登録

iPhoneにはカードを多めに登録

Apple Payにはわりと沢山のカードを設定しているが、iPhoneとの棲み分けとして、

Apple Watchのカードは厳選

Apple Watchのカードは厳選

Apple Payはよく使うカードだけ設定

という形にして、さらに、

エクスプレスカードとメインカードを設定

エクスプレスカードとメインカードを設定

  • 選択無しで決済出来るエクスプレスカードは『Suica』
  • メインカードは『ANA VISAカードのiD』

に設定した。

FeliCa決済の8割はこれで満たせるので、かなり便利!

Apple WatchのApple Payは案外使っていない人も多いと聞くが、Apple Watch Series 2と3を使っている方は、是非活用して欲しい。

iPhone 7・8のApple PayでSuicaを設定し、モバイルICOCA的に岡山で使ってみた

2016.11.05

Apple PayのSuicaで岡山からJR四国の坂出に行ってみた。ICOCAエリアは使えます

2016.12.26

10年待った便利さに感動!iPhone・Apple WatchのSuicaで東海道・山陽新幹線に乗った感想

2017.11.04

Apple Watchを購入する

Apple Watch Series 3は大手キャリアからも販売されていますが、在庫・納期面で一番おすすめは、Appleでの購入です
※SoftBankはオンラインでの取り扱い無し

旧モデル扱いで価格の安い、Apple Watch Series 1は、Appleのみ取り扱っています

Apple Watchのまとめページ

SPONSORED LINK