iPhoneの機種変更時に、Apple PayのクレジットカードとSuicaの残高を移行する方法

iPhoneの機種変更に伴い、Apple Payデータ移行方法 Apple Pay
SPONSORED LINK

iPhoneなど、Apple製品の魅力の1つに、新機種購入に伴うデータ移行の「楽さ」がある

基本的に復元操作をするだけで、旧機種の環境がまるごと復元されるという優れものだ。

しかし、iPhoneの高機能化、周辺機器の増加でそうも行かない部分が徐々に増えてきた。

Apple PayのSuica

がこれに該当する。

この記事では、iPhoneの機種変更に伴うApple Payデータ移行方法を紹介しようと思う。

記事にしているので、大変な作業なのかと思うかもしれないが、特別な操作はほとんど不要なので、簡単にできる

SPONSORED LINK

Apple Payに格納されるカードの種類

Apple Payの種類

FeliCa方式の対応に伴い、日本では2016年に発売した、iPhone 7とApple Watch Series 2以降、Apple Payが本格的に導入された。

  • Suica
  • iD
  • QUICPay

方式のいわゆる「おサイフケータイ決済」に対応した、ことが最大のトピックだ。

2016年の導入当初、nanaco・WAON・楽天Edyなど、いわゆるプリペイド方式のICカードにも近い将来対応すると思っていたが、対応する決済方式が増える気配はない

これをデメリットと捉えることもできるが、対応方式が絞られている分電子マネーの管理が非常に楽というメリットがある

Apple Payの情報は基本的に「iCloudに保管されている」

ガラケー(フィーチャーフォン)、Androidのおサイフケータイを使ったことがあるだろうか?

僕はおサイフケータイを2003年くらいから利用していた。

とても便利だったのだが、欠点もあった。

  • セットアップ
  • 機種変更に伴う、データ移行

この2つが「非常に」面倒くさいということだ。

あまり普及しなかった「おサイフケータイ」だが、その理由は手続きの煩雑さにあると僕は思っていた。

おサイフケータイをやめる理由。iPhoneに逆輸入される日を信じて

2012.02.27

Androidでおサイフケータイを利用するメリット・デメリット。手続きの複雑さは相変わらずでした

2015.03.12

そのイメージがあったので、

チー
Apple Payも特にデータ移行はきっと面倒だろうな……

と思っていた。

カードの追加は、iD・QUICPayの場合、カメラでクレジットカードを読み取るだけという楽さだが、データ移行は面倒だろうと思い憂鬱だったのが正直なところだ。

ところが、

Apple Payの情報はiCloudに保管されているので、基本は復元するだけ

という簡単さだった。
これには正直驚いた。

同一Apple IDで利用する前提です

クレジットカード(iD・QUICPay)のデータ移行

まず、クレジットカード(iD・QUICPay)のデータ移行だが、旧機種(機種変更前のiPhone)でやることは特にない

新機種(新しいiPhone)で、カードの追加を行うと旧機種で利用していたカードが表示される。

クレジットカードを選択し、セキュリティコードを入力

対象のカードを選択後、セキュリティコードを入力し、

SMSなどでカード認証すると、アクティベート完了

SMSなどでカード認証を行えばすぐに利用可能となる。

セキュリティ対策のため、カード認証などは再度必要となる。しかし、

  • カード番号を入力する
  • カードをカメラで撮影する

などの操作は不要なので、カード1枚につき数分で復元が可能だ。

Suicaのデータ移行は、Walletアプリ上で「削除」が必要

対して、Suicaについては1つだけやることが増える。

それは、

旧機種で、新機種へ移行するSuicaをWalletアプリ上で「削除する」

という作業だ。

旧機種のApple PayからSuicaを「削除」する

削除というと、カードを捨てる操作のように感じて「残高が消えるのでは?」と思う方もいるだろうが、残高もキッチリ移行される

なので、不安に感じる必要はないし、無理に使い切る必要もない。

削除後の手順は、クレジットカードと基本的には同じだ。

Walletアプリ上からカードを追加する

iCloudにバックアップされているので、カード追加を行い、そこからSuicaを選択する。

すると、旧機種で削除したSuicaが表示されるので、選択すれば復元完了だ。

すぐに利用可能となる

Suicaの場合、セキュリティコードの入力・カード認証が不要なので、すぐに復元される。

機種変更でSuicaデータを移行すると「Suica ID番号」が変わる

Suica ID番号

以上の操作でデータは移行されるが、Suicaのデータ移行に関して、1つ注意点がある。

機種変更に伴い、Suica ID番号が変わる

ということだ。

JR東日本公式サイトには以下のような記載がある。

Suica ID番号は、端末からSuicaを削除(サーバ退避)したり、端末間の移動により毎回変わりますので、上記同様各種サービスをご利用の場合にはご注意ください。

引用元:Suica ID番号とは? | Suica Apple Pay よくあるご質問

僕が何度か試したところ、同一端末での削除・復元では変わらない印象があるものの、公式な案内は上記内容なので認識しておく必要はある。

Suicaをプリペイドカードのように使っているだけなら、特に意識する必要はない。

だが、Suica ID番号が変わる事で、影響をうけるサービスがある。

東海道・山陽新幹線で、エクスプレス予約・スマートEXを利用しているケース

新しいSuica ID番号をエクスプレス予約・スマートEXに登録する

エクスプレス予約・スマートEXは、自動改札を通過するSuicaカードと紐付ける形で実現しているので、Suica ID番号が変わると、紐付けが切れてしまう

Suicaアプリ上から、再度エクスプレス予約・スマートEXでSuicaを利用する設定を行っておいた方が無難と思う

iPhone・Apple WatchのSuicaで東海道・山陽新幹線に乗れた!エクスプレス予約の設定手順と利用方法

2017.11.04

終わりに

ガラパゴス携帯と呼ばれた、日本携帯の独自機能と言えば、以下の3本柱だった。

  • おサイフケータイ
  • 防水機能
  • ワンセグ機能

これらの機能を搭載しないiPhoneは、発売当時「日本では普及しない」と言われていた。

ところが、皮肉にも世界を見渡しても、iPhoneが最も普及している国が日本になる。

僕自身も、

チー
iPhoneがFeliCaに対応して、Suicaなどが使えるようになることは、絶対ない

と思っていた。

ある意味、予想外であり、待望の日本上陸だったのだが、時間がかかった分、よく考えられたサービスだなと感じる

特にSuicaデータ移行の楽さは、フィーチャーフォン・Androidの「モバイルSuica」を知っている人ほど実感すると思う

とはいえ、注意点はあるので、この記事を参考に、確実なデータ移行を実施して欲しい。

Apple Payに関する記事

iPhone 7、Apple Watch Series 2以降のモデルは、日本で主流のFeliCa方式によるApple Payが利用可能です。

Suica・iD・QUICPayに対応しているので、まだ使って使っていない方は、1度使ってみることをおすすめします!

iPhone 7・8のApple PayでSuicaを設定し、モバイルICOCA的に岡山で使ってみた

2016.11.05

Apple PayのSuicaで岡山からJR四国の坂出に行ってみた。ICOCAエリアは使えます

2016.12.26

Apple WatchのSuicaは自動改札・コンビニでどうかざす?私のApple Pay活用術

2017.10.27

iPhone・Apple WatchのSuicaで東海道・山陽新幹線に乗れた!エクスプレス予約の設定手順と利用方法

2017.11.04

Apple Watchの機種変更時に、Apple PayのクレジットカードとSuicaの残高を移行する方法

2018.11.06

iPhoneはAppleおよび、大手キャリアから販売されています。

AppleではSIMフリー版が、キャリア版はSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、手数料や頭金がないオンラインショップがおすすめです!

スマホをネットで買うメリットは?ドコモオンラインショップは新規契約・MNP・機種変更の事務手数料が無料!

2014.09.27

ドコモでiPhoneを買うのは安い?「SIMフリー+格安SIM」とどっちがお得かを料金比較

2017.11.14

あわせて読みたい

SPONSORED LINK