iPhone 12シリーズ発表!詳しくはこちら

iPad 第8世代発表!第7世代と比較して何が変わった?USB-C対応アクセサリの同梱が嬉しい!

iPad 第8世代発表
SPONSORED LINK

2020年9月15日(日本時間16日)のAppleスペシャルイベントで、2020年モデルApple WatchとiPadが発表された。

  • 第4世代iPad Air
  • 第8世代iPad

の2つだが、目玉は見た目が大きく変わった「iPad Air」で、第8世代iPadは地味な存在

iPad Air 第4世代発表

iPad Air 第4世代発表!USB-C対応で「Proに寄せた」ポップなiPad。トップボタンに変更されたTouch IDは、今後に注目

第7世代iPadは地味だが、「スペック比較」されたときの欠点を抱えていたので、第8世代はそこを埋めてきたという印象。

第7世代iPad」は僕も購入し、「iPad仕事術」で使ってもらったりして色々試したが、恐ろしくコスパの高い端末だった

Smart Keyboard」や「Apple Pencil」を接続し、パソコン・メモ端末として使える。

さらに、上位モデルとされるiPad Proと比較しても、ヘビーな使い方でなければスピード面でほぼ変わらず、価格は半額以下。

チー
第7世代iPadは最安値モデルだけど、欠点らしい欠点がない

この記事では、第8世代iPadの概要と、僕の気になったポイントを紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

「第8世代iPad」の概要

iPad 第8世代発表
  • ハイエンド&ハイスペックモデルの「iPad Pro
  • 中間層の「iPad Air

両者はどちらかといえば、新しい機能・使い勝手を追求していくスタイルだが、無印のiPadは良くも悪くも、昔ながらのiPad

ホームボタンを搭載し、2010年に発売した初代iPadから続く「伝統のデザイン」。

第7世代iPad

iPadと言われて大多数の方が想像するのはこの形なので、最も身近なiPadといえるだろう。

そういう意味で、「34,800円〜」という価格帯にも大きな意味があり、iPadを使ってみたい人の導入ハードルを下げる目的があると思われる

このため、ハイエンドモデルでできることが徐々に適用されており、前モデルにあたる「第7世代iPad」ではSmart KeyboardApple Pencilに対応。

見た目はもちろんスペックに違いはあっても、iPadでできることとしては、ほぼ同じになった

トラックパッド内蔵キーボード「Magic Keyboard」に対応していないくらいです

しかも、処理スピード面ではProと比較しても大して変わらない

これには正直驚いたし、第7世代は恐ろしく完成度が高かった。

第7世代iPad購入レポート

第7世代iPad購入レポート。どこまで使える?Proを持ってるガジェットヲタクが、購入した理由を紹介

なので、第8世代は機能的な面では目立った進化がなく、スペックの向上に留まっている。

第8世代iPadの進化ポイント
  • プロセッサが「A12 Bionicチップ」に進化
  • 同梱するUSB充電器、ケーブルが「USB-C」対応製品に変更

価格は第7世代と同じく「34,800円〜」と、お安くなっている。

iPad V.S. iPad Pro

iPad仕事術のゆうたが選ぶ、おすすめモデルは?最安値「iPad 第7世代」と最高級「iPad Pro 12.9インチ」で仕事して比べてみた

プロセッサが「A12 Bionicチップ」に進化

プロセッサが「A12 Bionicチップ」に進化

第8世代iPadで、スペック的に変わったのはプロセッサが「A12 Bionicチップ」に進化したことくらい

第7世代は「A10」で、これはiPhone 7に搭載されていたもの。

「A12 Bionicチップ」は、2018年に発売されたiPhone XSシリーズ、iPhone XRに採用されたプロセッサ。

XS・XRユーザーは2020年10月現在もかなり多い。

僕も手元に残しているが、遅いと感じることは皆無。

正直「A10」でも、ネット・メール・動画閲覧程度なら最新プロセッサと比較しても、差がないので、お値段そのままで進化したのは嬉しいポイントだ

チー
iPad Proと検証した時、正直もっと差が出ると思っていたのに、処理スピードに差がでなくてショックだったんだよね(笑)
iPad V.S. iPad Pro

iPad仕事術のゆうたが選ぶ、おすすめモデルは?最安値「iPad 第7世代」と最高級「iPad Pro 12.9インチ」で仕事して比べてみた

同梱するUSB充電器、ケーブルが「USB-C」対応製品に変更

USB-C対応アクセサリの同梱

地味だが一番大きな変化は、同梱するUSB充電器、ケーブルが「USB-C」対応製品に変更されたことだと思う。

iPadには長らく、以下の充電器とケーブルが同梱されていた。

  • 10W USB 電源アダプタ
  • USB-A – Lightningケーブル

別にこれでも困らないが、iPhone・Mac・Androidなど世の中のあらゆるガジェットは、「USB-C」に集約されつつある。

さらに、USB-C対応することで急速充電規格「USB-PD」も使えるようになる。

USB-PDは、バッテリーが大型化した近年スマホが多く採用しており、30分程度で7割くらい充電できるので利便性が高い

チー
特に持ち歩く場合、急速充電の対応有無は使い勝手に影響するので、嬉しいアップデート!
USB-C Lightningケーブルで充電中

USB-C Lightningケーブルの急速充電(USB-PD)はほんとに早い!iPhone 8 Plusで試してみた

第7世代iPadは販売終了

iPadラインアップ

第8世代の登場に伴い、第7世代iPadは販売終了となった。

近年のiPadは旧モデルを併売せず、置き換える形式なので既定路線と言える。

さらに言えば、元々値段も安く、内部スペックの向上のみなので、残す意味も薄いのでこれでよいと思う。

第7世代と第8世代のどちらが買いか?

第7世代とどちらが買い?

価格も機能もほぼ同じなので、家電量販店など在庫処分されている「第7世代」と比較して、どちらがおすすめか気になる方も多いと思う。

チー
僕は最新の「第8世代」をおすすめします

理由は主に2つ。
1つ目は第7世代も元々の値段が「34,800円〜」と安いこと

つまり、在庫処分で販売されても「せいぜい定価の10%オフ程度」で、3,000〜5,000円程度の値引きと思われる。

そして、2つ目は1つ目とも関係するが、USB-C対応充電器とケーブルが同梱され、「USB-PD」に対応していること

USB-C対応充電器とケーブルは安くなったとはいえ、改めてそろえたら5,000円くらいかかる。

つまり、「旧モデル」として安く買えても、第7世代の値引き分を帳消しにしてしまう

ちなみに、同梱されているUSB-Cケーブルと充電器は、無理にiPadで使う必要はなく、iPhoneで使った方がメリットは大きいはずだ

iPhoneは、2017年モデルの「iPhone 8」以降、USB-PDによる急速充電に対応しているが、対応機器は同梱していない。

iPhone 11 Proのみ同梱しています

iPhoneも使っているなら、充電器を入れ替えたら、普段の充電環境がバージョンアップできる。

チー
急速充電「USB-PD」は使わない理由がないので、だまされたと思って使ってみてください(笑)

終わりに

iPad 第8世代発表

第7世代以降のiPadは、価格だけみると「廉価版」なのだが、恐ろしくコスパが高いモデルになった。

  • iPadOSの機能を活かした、パソコン的な使い方
  • Apple Pencilを使ったメモやお絵かき
  • WEB・動画・書籍を「見る」デバイス

かつて「デカいiPhone」と言われていたiPadだが、利用者によってその姿を変えるデバイスがiPadだ。

ただ、逆にいえば何をするにも中途半端なデバイスともいえる

だからこそ、合う合わないの評価は人によって分かれるのだが、10万近くするiPad Proを、お試しでいきなり買うのはハードルが高い

「34,800円〜」という比較的安価に、最上位モデルのProとほぼ同じことができる「エントリーモデル」。

これが、第7世代以降のiPadがもつ魅力だ。

第8世代になっても基本思想は変わっていないので、間違いのない一品。

  • iPadを使ってみたい
  • 昔使っていたが、最近のiPadがどれくらい進化したか知りたい

なんて方は是非購入してみて欲しい。

「iPad」はAmazon・家電量販店・大手キャリアなど幅広く販売されていますが、在庫・納期面で一番おすすめは、Appleでの購入です。

Wi-Fi+Cellular版はAppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除できます。

キャリアで購入するなら、契約事務手数料が「無料」のオンラインショップがおすすめ!

取り扱い店舗Wi-Fi版Wi-Fi+Cellular版
Apple Store
大手キャリア×
Amazon×
家電量販店×
チー
2020年9月18日に第8世代iPadが発売しました。第7世代は在庫処分モードですが、僕は第8世代をおすすめします!
iPad 第8世代発表

iPad 第8世代発表!第7世代と比較して何が変わった?USB-C対応アクセサリの同梱が嬉しい!

iPadのデータSIMは1年間無料の「楽天モバイル」

楽天モバイル

チー
Cellular版iPadのデータSIMは、1年間無料でauエリアが使えて、設定も簡単な「楽天モバイル」がおすすめ!
\ プラン料金2,980円が1年無料! /

楽天モバイルをチェック

iPadには楽天モバイルがおすすめ

iPad Cellular版のデータSIMはどれがいい?1年間無料で使える、楽天モバイルが使いやすくておすすめ!

iPadはどのモデルのコスパが高い?

チー
iPadは種類が多いんだけど、どれを買うのが一番いいかなぁ?
ゆうた
iPad仕事術」で推奨するのは、「Wi-Fi+Cellular版のiPad Pro」だけど、一般的には一番売れ筋の「Wi-Fi版第8世代iPad」で十分だと思いますよ

正直ショック受けるくらい、処理スピードに差がない割に、値段は3倍近いですからね。
iPad V.S. iPad Pro

iPad仕事術のゆうたが選ぶ、おすすめモデルは?最安値「iPad 第7世代」と最高級「iPad Pro 12.9インチ」で仕事して比べてみた

チー
無印iPadを買うんだったら、ビックカメラAmazonで買うのが無難かな。

あと、SoftBank・Y!mobileユーザーは条件を満たせば、Yahoo!ショッピングで買うと「最大20%還元」なのでお得!
2020年10月時点のiPad 第8世代 32GB販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗タイプ定価(税込)値引き実質価格
Apple StoreWi-Fi38,280円-38,280円
Wi-Fi + Cellular54,780円-54,780円
AmazonWi-Fi38,280円383ポイント37,897円
Wi-Fi + Cellular---
ビックカメラ.comWi-Fi38,280円383ポイント37,897円
Wi-Fi + Cellular54,780円548ポイント54,232円
ドコモオンラインショップWi-Fi---
Wi-Fi + Cellular55,440円-55,440円
auオンラインショップWi-Fi---
Wi-Fi + Cellular57,600円-57,600円
SoftBankオンラインショップWi-Fi---
Wi-Fi + Cellular54,720円-54,720円
iPadはどこで買うのが安い

iPadはどこで買うのが安い?値下げはいつ?Apple Store・家電量販店・Amazon・キャリアのオンラインショップで比較してみた

現役社長ゆうたのiPad仕事術

現役社長ゆうたのiPad仕事術

iPad Proを仕事で使いまくる「ガチiPadユーザー」で、「株式会社松本鉄工 代表取締役」のゆうたさんが、仕事に役立つiPad活用術を紹介する連載記事を、2019年3月から公開しています。

ゆうた
iPadは「でかいiPhone」と思ってませんか?

iPadOSに対応したiPadは、パソコン無しで仕事できるポテンシャルがあります。以下の機能を活用すると、凄く便利になりますよ!
iPad仕事術完全版

【iPad仕事術 完全版】iPadで仕事をしたい方に伝えたい、無料で使えるアプリ・テクニック、必須アクセサリのまとめ

iPadのおすすめアクセサリ

ゆうた
iPad仕事術で必須となる、アクセサリは以下です。

あるとないとでは大違いなので、是非合わせて購入してみてください!
iPad仕事術の推奨アクセサリ
\ ガチiPadユーザーのレビュー /

現役社長ゆうたのiPad仕事術を読む

ゆうた
正直iPad仕事術は、文章だけで伝えるのが難しい機能もあるので、操作している様子を撮影して、動画で解説も行ってます。よかったらチャンネル登録しておいてくださいね。
\ 動画でも解説中 /

YouTubeチャンネルをチェック

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年10月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!