消えたiPadのナンバリング。そこに込められた思いを深読みする

iPad全般
SPONSORED LINK

昨日の続き。と、引っ張っていたら既に同種の事を書いてるサイトをいくつか見かけたけが、折角書いたのでそのまま継続する。
新しいiPadが発表されたが、その商品名は「iPad3」でも「iPad HD」でもなく、「iPad」だった。iPhoneを含めてiOS機器というのは、世代を表すナンバリングがついているのがこれまでの定番。これがなくなったのはどういう事なのか。そこにはAppleの製品に対する考えが見え隠れする気がする。

SPONSORED LINK

ガラケー全盛期というのはドコモで言えば900i系など、世代やスペックを表すナンバリングが商品名に含まれるのが当たり前だった。それによって、番号の差異が広がると何となく遅れている気がしてきて、新しい商品の購入に向かうというのが定番だったと思う。また、ガラケーの最大の難点はバグ修正を除いて、一度購入した製品に新機能が追加されるようなアップデートは基本存在せず、端末を買い替えることによってしか実現できなかった。

iPhoneから始まったスマートフォンはその概念を覆した。iOS機器で言えば約3年前に発売されたiPhone3GSですら、一部の機能を除いて最新OSで使用できる。WEBとかを見ていたらiPhoneを毎年買い替えるような人が多いが、そんな事をするのはアーリーアダプタと呼ばれる一部の人たちや、僕みたいなデジタルガジェットヲタクぐらい。問題なく使えるなら買い替えることもなくそのままでと考える人もまた多い。

特にiPadについては元々PCを置き換える端末のイメージが強いので、製品体型をMacに合わせたとも言えるかもしれない。Macも各モデル年に1度は新端末がでるが、商品名は変わらず、発売時期でMid 2012などと区別する。

最新端末が欲しい人や、これから新規で購入する人には現在の最高スペックを提供します。今の端末を使いたい人は、そのまま使ってください。
どちらにしてもあなたが使っているのは今も昔も「iPad」,「iPhone」です。

そんな思いを感じるのは僕だけだろうか。
一企業としてはどんどん買い換えを促すのが普通の戦略だと思う。もちろんそういう部分は存在するだろうし、(一時期程ではないにしても)iOSやiOS機器の進化が止まるわけでもない。これからも毎年のように新しい製品は出るはずなので。

現実的な読みとしては主に中国で問題となっている、商標問題対応。複数バリエーションに対応するため。なんて言うのもあるが、信者としてはそういう所はあまり考えないでおこうかな。

いずれにしても次期iPhoneの商品名がどうなるは、個人的にちょっと気になるトピックになりそうだ。

あわせて読みたい

SPONSORED LINK