Apple Watch Series 3(GPS+Cellular)開封レポート!初代からの買い換えで意識したチェックポイント

発売日に入手したApple Watch Series 3
発売日に入手したApple Watch Series 3
Apple Watch Series 3
SPONSORED LINK

Apple Watch Series 3(GPS + Cellularモデル)を購入した!

今回購入したのは、

  • GPS + Cellularモデル
  • スペースグレイアルミニウムケースとグレイスポーツバンド
  • 38mm

ということで、GPS + Cellularモデルとしては最も安価な構成

とはいえ、税別45,800円と安くはないが、2年半ぶりのApple Watchの買い替えはワクワクしたので、その辺りも含めて紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

Apple Watchの購入は2年半ぶり

Apple Watch Series 3

Apple Watch Series 3

今回Apple Watchを購入したのは、2年半ぶり。

つまり、2015年4月に購入した初代Apple Watch以来となる。正直あの当時、2年半で買い換えるとは思っていなかった

だから、ステンレスケースで8万円ほどするわりと高いモデルを購入した。

【初代モデル】Apple Watch 38mm ミラネーゼループ 開封フォトレポート

2015年4月25日

だが、結局2年半で買い換えた。
ガジェットとしてみれば2年半は長いが、腕時計としては、恐ろしく製品寿命が短いと思う。

Apple Watch購入まで使っていた、アナログの腕時計は10年以上使っていたし、Apple Watchを買わなければ今でも使っていただろう。

何十万円もする腕時計が存在するように、腕時計は一生使う事が出来る製品と思っているからだ。

だからこそ、2015年当時100万円を超えるような製品が存在したのだと思っているが、実際はといえばiPhoneと同じように毎年新製品が登場

チー
100万円のApple Watch Editionを購入した人、どんな気持ちなんだろう……。

と思いを馳せてしまう。

というわけで、今回2年半ぶりにApple Watch Series 3を購入したが、今回は、

また2年後には買い換える

という前提で、安価なモデルを選択した。

Apple Watchの特徴は種類の違いは素材の違いで、内部スペックに差は無いということなので、安いモデルで十分と思う。
※今回はCellular版があり、ストレージも異なっているがあまり重要では無いと思う

Apple Watch Series 3

【2019年版】Apple Watchをはじめて買うなら「値段の安い型落ち」がおすすめ。新品はSeries 3、中古はSeries 2を狙おう

2016年9月13日

Apple Watch Series 3の購入で悩んだポイント

何を買うべきか?

何を買うべきか?

というわけで、素材は一番安いもの(=アルミニウムケース)と決めていたが、その他にもいくつか悩んだ事はある。

  • GPS(Wi-Fi版)とCellular版のどちらにするか
  • カラーはどうするか
  • バンドはどうするか

それぞれを簡単に解説する。

GPS(Wi-Fi版)とCellular版のどちらにするか

eSIM対応でLTE通信に対応(Cellular版のみ)

eSIM対応でLTE通信に対応(Cellular版のみ)

Apple Watch Series 3の目玉は、eSIMに対応したCellular版だ。

これまでのApple Watchは、iPhoneとセットで利用するのが前提となっており、逆に言えば、

iPhoneがなければ何もできない子

だった。

Cellular版は単体で通信出来る。

  • 電話が出来る
  • 音楽が聴ける
  • 通知が受けられる

これらの機能は、人によっては「それのどこがいいの?」といいたくなる機能かもしれない。

だが、今まで出来なかった事が出来るというのは、ちょっとワクワクするのですw

例えば、電話が出来ると言っても、僕はそもそもそんなに電話を使わない。

この辺りは、やっぱり僕はガジェット好きなんだなと実感する瞬間だw

eSIM(イーシム)とはどんなもの?日本国内で使える?Apple Watch・iPhoneで使ってわかったことを徹底解説

2017年8月21日
Apple Watch Series 3の目玉

通信機能なんていらない?ウェアラブルの未来を感じるApple Watch Series 3 Cellular版の可能性

2017年9月16日

カラーはどうするか

Apple Watch Series 3ではケース(本体)の素材は2種類で、

  • アルミニウム
  • ステンレス

となっているが、アルミニウムの方が安価でカラーバリエーションも多い。

特に初めて買う方は、アルミニウムケースが無難だと僕は思う。そのカラーバリエーションは、

  • シルバー
  • スペースグレイ
  • ゴールド

の3種類となっているので、基本的にMacやiPhoneと同じカラバリになっている。

なので、使っているMacやiPhoneに合わせるのも良いかと思っている。

ちなみに僕はといえば、

という構成にしているため、バラバラなのだが、一応男性かつおっさん(30代後半)なので、スーツを着ることも意識した選択をした

今回はMacBookに合わせるイメージでスペースグレイにした。

【レビュー】12インチMacBook(Early 2016)は最高評価!1年以上使い続けた感想のまとめ

2016年12月28日
iPhone 8 Plus 64GB

iPhone 8 Plusゴールド開封レポート!女性人気の高い淡い色が魅力

2017年9月23日

バンドはどうするか

バンドのお勧め

バンドのお勧め

バンドについて言えば、実は全く悩まなかった

Apple Watch Series 3の登場に合わせてスポーツループというバンドが新登場した。

Apple Watchのバンドは大きく分けると、

  • シリコン
  • ナイロン
  • 金属
  • レザー

の4種類だが、値段的に安価なのはシリコンかナイロン製のバンドとなる。

シリコンは初代から続く『スポーツバンド』が定番で、ナイロンは2016年から登場した『ウーブンナイロンバンド』が代表格だ。

ちなみに、新登場のスポーツループはナイロンタイプとなる。

ウーブンナイロンは1年以上使っていたバンドで、軽くて装着感も良好なのだが、

汗などが染みこみ、汚れやすい

という最大の欠点がある。
妻には結構嫌がられましたね。「不潔だ」と、、、

なので、ナイロン素材は候補から消え、高級な金属・レザーバンドは最初から候補にしていないので、スポーツバンドを迷わず選択した

最大のメリットは汚れにくく洗いやすいことで、カラーは本体に合わせてスペースグレイとした。

Apple Watchバンド「ウーブンナイロン」レビュー。安価でスーツにも合うシンプルさが魅力

2016年4月23日

Apple Watchバンドのお手入れ方法は?汚れ・シミがひどいのでウーブンナイロン・スポーツバンドを洗濯機で洗ってみた

2017年6月3日
SPONSORED LINK

Apple Watch Series 3が到着!

パッケージ

パッケージ

今回の目玉はCellular版ということで、発売時はCellular版に人気が集中するのは予想済みだった。

なので、予約開始の9月15日16時から速攻で手続きを行った。

さらに言えば、今回ドコモなどキャリアでも販売を開始したが、在庫面などかなり怪しそうと感じていたので、Apple公式で購入することにした。

結果としてこれは正解だったと思う。

発売日の9月22日にはキッチリ配送された。

パッケージ

パッケージ

パッケージ裏面

パッケージ裏面

これがパッケージ。
スポーツバンドだと横長の化粧箱になるようだ。

開封!

開封!

いよいよ開封。

Apple Watch Series 3お目見え

Apple Watch Series 3お目見え

スペースグレイアルミニウムが渋い

スペースグレイアルミニウムが渋い

今回購入したのは「スペースグレイアルミニウムケースとグレイスポーツバンド」なので、全体的にグレーとなっている。

男っぽい色使いだが、渋いなと思った。

全体像

全体像

全体はこんな感じ。

Apple Watch Series 3

Cellular版のデジタルクラウンは赤い

Cellular版の証拠とも言える、赤いデジタルクラウン。
※個人的には「なぜ赤くした」って思っているが、、、

化粧箱はモデル毎に違う

ちなみに、今回ちょっと勉強になったのが、Apple Watch Series 3はバンドによって化粧箱が異なるということだ。

僕はスポーツバンドなので、

Apple Watch Series 3お目見え

広げて配備

このように細長い化粧箱だが、

スポーツループの化粧箱

スポーツループの化粧箱

同じアルミニウム素材でも、スポーツループになると、正方形に近い化粧箱で、配置もかなり異なる。

これ、僕が購入した初代Apple Watchとほとんど同じだ。

初代Apple Watchミラネーザループ

初代Apple Watchミラネーザループ

この当時は、アルミニウム素材は『Apple Watch Sports』、それ以外を『Apple Watch』と呼んでいたのだが、今はそういう区別がない。

アルミニウム素材=スポーツバンド

という図式はSeries 3では成り立たないので、このようになっているようだ。

これは知らなかったので勉強になったなぁと。

初代Apple Watchとの比較

初代との一番分かりやすい違いは「明るさ」

初代との一番分かりやすい違いは「明るさ」

冒頭でも記載したとおり、初代Apple Watchからの買い替えとして購入した。

この間、

  • Apple Watch Series 1(初代のリニューアル版)
  • Apple Watch Series 2

が登場しているが、見た目も形状もほとんど変わっていないので、「新しいの買ったぞ!!!」みたいな感動は薄い。

ただ、初代と比較するとハッキリ分かるのは、

ディスプレイの明るさ

だ。

初代との一番分かりやすい違いは「明るさ」

左が初代、右がSeries 3

画像では分かりづらいが、明らかに視認性が上がった

初代だと、点灯しても見づらいので腕を近づけるシーンがよく合ったが、Series 3ではほとんどない。

スペック的なものだとOLED(有機EL)という部分は変わりないが、

Series 3初代・Series 1
ディスプレイ第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ2倍の明るさ(1,000ニト)感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ(450ニト)

と、明るさが違うのはスペックにも表れている
※Series 2との差異はない

小さな事だが、これが一番嬉しい。

SPONSORED LINK

eSIMでのモバイル通信契約

契約はWEBで

契約はWEBで

今回はApple公式で購入したが、Cellular版のApple Watchは、docomo・au・SoftBankの大手キャリアも販売している。

その理由は、Cellular版が利用する「eSIM」での通信契約に対応しているからなのだが、

どういう流れで契約するの??

というのはちょっとした疑問だった。

Appleで購入するとSIMフリーで、docomoで購入するとSIMロックなんて話も聞かない。

現物が届いても、何も説明はなかったのだが、セットアップしていると、普通に通信契約を行うかどうかを聞いて来た。

ペアリングするiPhoneの通信契約を判定しているようで、僕はdocomoなので通信契約先としてdocomoが表示され、ボタンを押したら、
※docomoは「ワンナンバーサービス」という名称

申込み画面

申込み画面

このように契約申込み画面に遷移した。
その後手続きを完了すればおしまいだ。

特別な操作は不要

特別な操作は不要

契約はWEBで

完了画面

どうもApple Watch Series 3の通信契約には、SIMロックの考えは無いようで、日本国内であれば、

  • docomo
  • au
  • SoftBank

の3社と契約するような事は、仕組み上可能らしい(やるメリットはあまりないが)。

キャリアサービス名月額利用料(税別)登録手数料(税別)
docomoワンナンバーサービス500円500円
auナンバーシェア350円0円
SoftBankApple Watchモバイル通信サービス350円0円

装着感など使ってみての感想

付けてみた

付けてみた

スポーツバンドの裏側

スポーツバンドの裏側

まだ購入から数日だが、実際に使ってみて思うのは、

特に何も変わらない

ということだ。
ウェアラブル端末は普段あまり意識する事が無い。形状も変わらないので、変わった意識がほとんどない。

ただ、スポーツバンドは初めて使ったが、サラッとした手触りで、腕に付けていてもひっかる感じがほとんどない。

汗をかいたら、そのまま洗ってしまえるという気楽さは大きく、シンプルだがこれが一番いいなと感じた。

終わりに

Apple Watch Series 3

eSIMの通話はまだ不安定

セットアップが終わった後に、とりあえず試したのは、

iPhoneを機内モード(=通信不可状態)にして、Apple Watchで電話がとれるのか?

だ。

妻に電話をかけてみてもらったが、、、

電波の届かない〜

繋がらずw

外にでて見ると物理的にiPhoneと通信不可となる状態にすると、

電話が鳴った〜!!

どうもまだまだ通信周りは不安定な感じがする。まあ、この辺りは恐らくソフトウェアの問題と思われるので、そのうち改善すると思う。

ちなみに、購入直後の「岡山スマホユーザー会」で試した時も、上手く行かなかった。

こういう『過渡期』って感じが楽しくて、ワクワクしてしまうw

Apple Watch Series 3は面白いですよ!

「Apple Watch」はAmazon・家電量販店・大手キャリアなど幅広く販売されていますが、在庫・納期面で一番おすすめは、Appleでの購入です。

Apple Watchはどこで買うのが安いのか?

パパンダ
まだまだApple Watchを買う余裕はないけど、うちは家計が厳しいので「少しでも安く」買いたい!
チー
それなら「ビックカメラ」か「Amazon」がおすすめかな。ポイントは大してたまらないけど、ポイントが使えたり在庫が豊富なので。
簡単に比較するとこんな感じ。
2019年9月時点のApple Watch Series 4(40mm、アルミニウムケース&シリコンバンド)販売価格です。カラーによる価格変動はありません。
店舗タイプ定価(税別)値引き実質価格備考
Apple StoreGPS45,800円-45,800円
GPS + Cellular56,800円-56,800円
AmazonGPS45,800円495ポイント45,305円
GPS + Cellular56,800円613ポイント56,187円
ビックカメラ.comGPS45,790円1,483ポイント44,307円
GPS + Cellular56,790円1,839ポイント54,951円
Apple Watchをどこで買うのがお得?

Apple Watchはどこで買うのが安い?値下げはいつ?Apple Store・家電量販店・ドコモオンラインショップで比較してみた

2019年7月10日

最新モデルApple Watch Series 5発表!

チー
Apple Watchユーザー待望の「常時表示ディスプレイ」に対応した、Apple Watch Series 5が発表されました!
常時表示ディスプレイに対応したApple Watch Series 5

Apple Watch Series 5発表!ついに来た「常時表示ディスプレイ」。既存ユーザーなら買い替え価値あり!

2019年9月11日

Apple Watchに関する記事

チー
2015年4月の発売以来、ほぼ毎日使い続けて感じたことをまとめています。
Apple Watchは必要?

Apple Watchはいらない?何ができる?4年間使った私が必要性を考えてみた

2018年2月12日

最新モデル「Apple Watch Series 4」レビュー

Apple Watch Series 4レビュー

Apple Watch Series 4長期利用レビュー。画面が大きくなって使いやすくなり、誰でもメリットを体感できる定番スマートウォッチ

2019年8月13日
Apple Watch Series 3とSeries 4

Apple Watch Series 5のケースは40mmと44mmどっちがおすすめ?Series 4の40mmを使った感想

2018年10月8日

オプションサービスについて

watchcare

Apple Watchに延長保証「AppleCare+」は必要か?3年間未契約で故障無しだが、故障リスクは生活スタイルによります

2018年11月15日
Apple WatchのApple Pay起動はサイドボタン2度押し

Apple Watch Cellular版レビュー。LTE通信機能は必要?何ができる?1年使った感想のまとめ

2018年1月22日

Apple Payについて

チー
Apple Payは本当に便利だから、「食わず嫌い」の方もだまされたと思って使ってみて欲しい!
Apple Payは凄く便利なので、みんなに使って欲しい!

Apple Pay使ってますか?面倒じゃないよ!iPhoneのキャッシュレス生活が便利すぎるので、魅力を徹底解説

2019年6月29日
applepay

Apple Watchの機種変更時に、Apple PayのクレジットカードとSuicaの残高を移行する方法

2018年11月6日

Apple Watchカテゴリートップ

初代モデルからApple Watchを使い続けている管理人が、これまで書いて来たサービスの解説・お得な使い方などを、Apple Watchカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年9月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK