Apple Watch Series 4発表!Series 3から何が変わった?気になる変更点をチェックしてみた

Apple Watch Series 4 Apple Watch Series 4
SPONSORED LINK

2018年9月12日(日本時間13日)のAppleスペシャルイベントで、2018年モデルのiPhoneとApple Watchが発表され、iPhoneは、

  • iPhone Xs
  • iPhone Xs Max
  • iPhone XR

計3モデルの構成となった。

iPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XR発表!「S」を冠するセカンドモデルとして気になるポイントをピックアップ

2018.09.13

iPhoneとセットで使うアクセサリとも言える、Apple Watchは第4世代の「Apple Watch Series 4」が発表されている。

この記事では、Apple Watch Series 4の概要と、僕の気になったポイントを紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

初めてのリニューアルとも言える「Apple Watch Series 4」

Apple Watch Series 4

2015年4月に発売されたApple Watchは、以来新モデルが毎年発売され、2018年版は第4世代となる。

  • 防水対応
  • GPS内蔵
  • Apple Pay対応(FeliCaなどSuica対応)
  • eSIMによる単体でのモバイルデータ通信対応

など、着実な進化を遂げてきたが、見た目は全く変わっていなかった

だが、Series 4では見た目が変わり、初めてのリニューアルともいえるモデルだ。

といっても、変わった部分はそれほど多くない。

Series 4の進化ポイント
  • ディスプレイの大型化
  • 全体的な薄型化
  • デジタルクラウンのリニューアル
  • プロセッサの進化(S3→S4。S3より2倍高速らしい)
  • ワイヤレスチップの進化(W2→W3)
  • 電気心拍センサー搭載
  • 第2世代の光学式心拍センサー搭載
  • 転倒検出搭載
  • 加速度センサー、ジャイロスコープが進化

といった辺り。

プロセッサやセンサーの進化は、見た目に影響しない上、操作しない分には、スピードの差を体感することがほぼない

また、重要なポイントはバッテリー駆動時間は18時間で、恐らくSeries 3と同じくらいであるということだ

スペック上は全く同じです

Apple Watch Series 3のバッテリーは『2日』持つ。初代との比較を実測しました

2017.10.07

僕の感覚では、Series 3ではかなりバッテリー駆動時間が延びたと思う。しかし、公称値が変わらない以上、進化を期待するのはやめた方が無難だろう。

要するに、

Series 4は見た目が多少変わった

程度の違いしかない。

デザインの変更ポイント

ディスプレイの大型化が目玉

細かい違いは、Apple公式サイトで比較するのが一番分かりやすいので、気になる方は以下を参照してみて欲しい。

今回一番のポイントは、ディスプレイが大型化したことだと思う。

項目Series 4Series 3まで
コンパクトタイプ40mmケース
759平方ミリメートル
38mmケース
563平方ミリメートル
大型タイプ44mmケース
977平方ミリメートル
42mmケース
740平方ミリメートル
厚み10.7mm11.4mm

画面が大きくなり、薄くなった

特に注目なのは、Series 3の42mmケースより、Series 4の40mmケースの方が画面領域が広いということで、表示領域が広くなったことは強く実感できると思う。

デジタルクラウンのリニューアル

また、Apple Watchの象徴的ボタンと言える、デジタルクラウン(サイドのネジみたいなボタン)も再設計され、反応を返すようになったそうだ

確かに便利にはなったのだろう。だが、

チー
3年以上使って、Apple Watchを『操作』することはほぼないから、あまりメリットは感じない

と思っている。

Apple Watchはいらない?3年間使った私が必要性を考えてみた

2018.02.12

話しかけるだけで使える「Siri」使いやすそう

Siriがようやく実用的になる期待

Apple Watchは、操作しないでどこまで使えるかがポイントだと思っている。

なので、今回Siriが使いやすくなりそうと期待している。

正直、僕は今Siriを使うことがほとんどない。

  • そもそも精度が高くない
  • ボタン押下の起動は、面倒くさい
  • 「Hey Siri」と話しかけるのは、恥ずかしいし、面倒くさい

これだけの条件が揃うと、使わない方向になってしまう。

だが、今回「Hey Siri」と言わなくても、認識してくれるようになるそうだ

チー
  • 次の予定は?
  • 15時になった教えて
  • 妻に帰宅するとメッセージする

とか言えば、対応してくれるかも

そう考えたら、かなり使えるかもと期待している。

Apple Watchシリーズのラインアップ変化とおすすめモデル

Series 3とSeries 4のどちらがおすすめ?

Apple Watchシリーズは、iPhoneと同じく最新モデルと旧モデルが併売されている

2017年のSeries 3発売までは、初代モデルのリニューアル版と言える「Series 1」が長年併売されていた。

しかし、Series 4の発表に当たって、ラインアップは以下のように変わった。

  • Series 1は販売終了
  • Series 3が旧モデルとして併売される

これは、ある意味チャンスだとおもう。

Series 1はさすがにスペック的にも機能的にも見劣りしていたので、Apple Watchを体験するモデルとしてしかおすすめできなかった

だが、Series 3は僕自身も使っているが、非常に完成度が高く、

  • GPS内蔵
  • 防水対応
  • Apple Pay対応

などApple Watchの目玉と言える機能は全て有している。

Series 4で変わったのは前述のようなポイントしかないため、普通に使う分に差は感じないと思う。

最新モデルにこだわりがないなら、Series 3が断然おすすめだ。

Apple Watch Series 3(GPS+Cellular)開封レポート!初代からの買い換えで意識したチェックポイント

2017.09.25

Apple WatchのSuicaは自動改札・コンビニでどうかざす?私のApple Pay活用術

2017.10.27

チーは何を買うか

で、僕は何を買うのかと言えば、正直悩んでいる。

昨年(2017年)は、2年半使った初代Apple Watchからの買い替えだったので、迷わず購入した。

しかし、今年(2018年)はまだ1年しか経っておらず、利用用途とSeries 4での進化ポイントを見ると、買い換える必然性は薄い

まあ買うのであれば、

Apple Watch シルバーアルミニウムケースとホワイトスポーツバンド 40mm GPSモデル(45,800円)

かなと思っている。

チー
eSIM対応のCellular版はもういいかな。十分遊んだ

という感じだ(笑)

Apple Watch Cellular版のLTE通信機能は使える?便利?4ヶ月使った口コミレビュー

2018.01.22

終わりに

Apple Watch Series 4

機能的な進化は少ないが、Apple Watchの発売以来、初めてのデザイン変更ということで、「とにかく見てみたい」という思いは強い。

Apple Watchは、毎日身につける時計であり、iPhoneと違い触ることは少ない。

最新モデル使ってていいな〜

なんて言われることも皆無なので、僕のようなガジェットヲタクにとって、自己満足以外の要素がない(笑)

ただ、毎年発売し着実に進化を遂げているので、「そろそろ買おうかな」と思っている人も多いと思う。

そんな方には、

  • とりあえず使いたいなら、安くなった「Series 3」
  • 画面の大きさ優先なら、最新モデルの「Series 4」

かなと思う。

価格差は「14,000円」

安くはない差なので、十分に検討して購入して欲しい。

Apple Watchの感想まとめ

Apple Watchを発売から3年以上使い、初代→Series 3と機種変更も含めて使ってきたて感じたことを、本音でまとめた記事です。

Apple Watchはいらない?3年間使った私が必要性を考えてみた

2018.02.12

Apple Watchカテゴリートップ

初代モデルからApple Watchを使い続けている管理人が、これまで書いて来たサービスの解説・お得な使い方などを、Apple Watchカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

Apple Watchを購入する

Apple Watch Series 4は大手キャリアからも販売されていますが、在庫・納期面で一番おすすめは、Appleでの購入です
※SoftBankはオンラインでの取り扱い無し

あわせて読みたい

SPONSORED LINK