iPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XR発表!「S」を冠するセカンドモデルとして気になるポイントをピックアップ

iPhone Xsは「Max」が目玉 iPhone XS
SPONSORED LINK

iPhoneの2018年モデルが発表された。

発表されたのは3モデルで、全てiPhone Xの後継モデルという位置付けで、ホームボタンがない、全面ディスプレイのiPhoneとなる。

  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR

計3モデルだが、iPhone XSとiPhone XS Maxは、iPhone 6sとiPhone 6s Plusの関係と似ており、基本的な違いは画面の大きさだけとなる(iPhone 7 Plusのようにカメラ機能に差はない)

この記事では、iPhone XSシリーズ・iPhone XRの概要と、僕の気になったポイントを紹介しようと思う。

SPONSORED LINK

2018年モデルのiPhoneはiPhone XSシリーズとiPhone XR

2018年のiPhoneは3種類

今回のモデル構成を、ざっくりタイプ分類すると以下のような感じだろうか。

タイプ名称前モデル
大画面iPhone XS MaxiPhone 8 Plus
プレミアムiPhone XSiPhone X
スタンダードiPhone XR

ポイントは、ホームボタンを搭載した、iPhone 8の後継モデルが存在しないことだと思う。

iPhone XRは廉価版のiPhone Xとも言えるが、コストダウンのポイントは、

  • サイドのバンパーがステンレスではなく、アルミニウム
  • 画面が有機EL(OLED)ではなく、液晶(LCD)
  • 背面カメラがデュアルカメラではない

というだけで、実はほとんど違いがない。

iPhone XSシリーズで変わったこと(進化ポイント)

iPhone XSは「Max」が目玉

では、2018年モデルの目玉と言えるiPhone XSシリーズは、全モデルiPhone Xから何が進化したのかと言えば、実はあまりない。

僕が気になったポイントは以下ぐらいだろうか。

iPhone XSの進化ポイント
  • ゴールドモデルが登場
  • プロセッサが進化(A11→A12)
  • Face IDの認識精度向上
  • 水深2メートルで最大30分間の耐水性能(従来は1M。IP67等級→IP68等級)
  • ストレージ512GBモデルが登場
  • HDRディスプレイとなり、より正確な色再現
  • 進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
  • デュアルSIM対応(nano-SIMとeSIM)

正直かなり、マニアックな内容だと思う。

iPhone XS Maxは、Maxの名の通り6.5インチディスプレイ搭載で、

画面の圧倒的な大きさ・広さが魅力

というのは分かるが、逆に言えばそれ以外は見た目上変わったことはない。

iPhone XS Maxで「Max」と名が付いた理由(iPhone XSとの比較)

iPhone史上最大の6.5インチディスプレイ

今回新モデルと言えるのは、6.5インチディスプレイを搭載した「iPhone XS Max」だと思う。

では、これは何が変わったのか、ベースモデルとなるiPhone XSと比較してみると、驚く程違いがない

コンパクトタイプと大型タイプは、従来モデルだと「Plus」と命名されていた。

「Plus」と呼ばれた理由は、主にカメラ周りで「Plusにだけある機能」が存在したことが理由だと思う。

  • iPhone 6 Plusでは、静止画の光学式手ぶれ補正
  • iPhone 6s Plusでは、静止画・動画の光学式手ぶれ補正
  • iPhone 7 Plus・8 Plusでは、デュアルカメラ

だったのだが、iPhone XSでは「Max」と名付けられた。

チー
なんで「iPhone XS Plus」じゃないんだろう?

と思ったが、スペックを比較すると分かった。

iPhone XRになくて、iPhone XSのみ存在する機能は確かにある。例えば耐水性能の進化などはそれだ。

だが、iPhone XS Maxに関して言えば、

ディスプレイが6.5インチ(XSは5.8インチ)であること以外、何も違いがない

もちろん、画面が大きい分、サイズは大型になり、価格も高くなる。

チー
まさに、画面がMaxなんだな

と思った。

確かに、もう何年も新型が登場していないiPad miniなんて、存在意義がなくなってしまったと思う。

スペック比較表などの記載は割愛するが、興味があればApple公式サイトで見てみて欲しい。

ビックリするくらい違いがない。

iPhone XRシリーズは廉価版のiPhone Xなのか?

iPhone XRは注目モデル

2018年モデルのある意味一番サプライズだったのは、iPhone XRシリーズの発表ではないかと思う。

  • 価格が安い(84,800円〜。iPhone XSは112,800円〜)
  • カラーバリエーションが『6色』と豊富(iPhone XSは3色)
  • ディスプレイは有機ELではなく、液晶(=コストダウンポイント)

これらを聞くと、長年iPhoneを使っている人は思い出すことがあるかもしれない。

2013年発売のiPhone 5sとiPhone 5cのことを

この時、iPhone 5sは売れまくったが、iPhone 5cは全く売れなかった。

iPhone 5cの投げ売り戦線拡大中。むしろ狙い通りでは?と思えるAppleのしたたかさ

2013.10.27

「廉価版」という位置付けが嫌われたことと、アルミニウム素材とポリカーボネート素材の違いが大きすぎたことで人気が出なかった(どうしても安っぽい感じがあった)

今回もiPhone XRはそういう位置付けになる可能性はある。

特に日本においては、キャリアが端末購入補助を行うため、2年間利用したときの実質負担金に差が出にくいため、プレミアムモデルが売れる傾向が強いからだ。

ドコモでiPhoneを買うのは安い?「SIMフリー+格安SIM」とどっちがお得かを料金比較

2017.11.14

ただ、iPhone XRは廉価版ではないと思う。

これは、スタンダードモデルのiPhone Xだと感じた。

その証拠に、iPhone XSの進化ポイントは、ほぼiPhone XRでも対応している

前述の進化ポイントをベースに紹介すると、以下のような感じた。

進化ポイントiPhone XSiPhone XR
ゴールドモデルが登場×
カラバリは豊富
プロセッサが進化(A11→A12)
Face IDの認識精度向上
水深2メートルで最大30分間の耐水性能×
HDRディスプレイ×
進化したポートレートモード
デュアルSIM対応

要するに、

  • 画面が有機ELでないことによる、若干のスペックダウン
  • デュアルカメラでないことによる、若干の写真品質ダウン
  • 耐水性能が従来モデル(iPhone X)相当

だけとも言える。

特にポイントは、

iPhone XRはデュアルカメラでないが、ポートレートモードをサポートする

ということだろうか。

さすがに画質の違いはあるだろうが、

チー
iPhone XRで十分過ぎるのでは

と思ったのが正直なところだ。

あと、人によっては気になるかもしれないが、iPhone 6s以来搭載されていた、3D Touchディスプレイが非対応となっている

正直い使っている人は少ないというか、存在に気づいている人が少ない機能だが、使っている人には重要なポイントなので、購入時は注意して欲しい。

iPhoneの3D Touchディスプレイの使い方は?お勧めの活用法と搭載モデル一覧

2015.10.24

発売が10月26日と、iPhone XSより1ヶ月ほど遅れるが、何となくその理由も分かる気がする。

全体的な感想

iPhone XSは「Max」が目玉

近年のApple製品は、「秘密主義なんて言われていた時代もあったね」と思うくらい、事前に流れていた噂通りなので、サプライズはほぼ無かった

個人的に一番嬉しかったのは、

デュアルSIM対応

なのだが、AndroidでよくあるSIMスロットを2基搭載するものではなく、日本向けモデルでは「nano-SIMとeSIMのデュアル」になるそうで、これは残念だった。

中国向けモデルのみ、SIMスロットを2基搭載するそうです

発表段階では、日本のキャリアが発表されていないが、既にApple Watchでの採用事例もあり、少なくとも大手キャリアは対応するものと思われる。

チー
災害が多い日本なので、バックアップ回線として使えるように、安価なサービスを提供して欲しい

と個人的には思っている。

eSIMってなに?Apple WatchがLTE通信可能になるメリットを考える

2017.08.21

「S」を冠した名前になった理由の考察

Face IDの進化に一番期待

正直、2017年のiPhone Xが10周年ということで、色々すごすぎたこともあり、地味だったなと思うところはある。

だが、発表当時と発売後数年経ったときの評価が同じとは限らない

今回、iPhone 6s以来3年振りに「S」の名前を冠したモデル名となった。

「s」と名の付く、セカンドモデルは、見た目よりも中身の進化に重点が置かれたモデルということだ。

スペック比較をして、

地味だな

と思うのは、ある意味当然で、恐らく誰もが感じたことだろう。

僕は地味なポイントだが、さらに高速になったというFace IDの進化に一番期待している。

Face ID(顔認証)は使える?暗闇・マスクを着けていたら認識しないので不便です

2017.11.26

ただ、触ってみれば違いが実感できるのではないかと思う。

  • iPhone 5s
  • iPhone 6s

両モデルは非常に息の長いモデルで、iPhone 6sに至っては発売から3年経過するにもかかわらず、格安SIMでは未だに主力モデルとして販売されている

これらのモデルは、発売時から評価が高かったわけではないが、iPhone XSは数年後に「名機」と呼ばれ、愛されるポテンシャルを持っていると僕は思う。

格安SIMの人気機種「iPhone 6s」の評価とおすすめポイントは?メリット・デメリットのまとめ

2015.12.26

チーは何を買うか

で、僕は何を買うのかと言えば、

iPhone XS Maxのゴールド256GBモデル

かなと思っている。

ガジェットヲタクなので、やっぱり今回は、

チー
Maxに行かないと、負けた気分…

と思っている面はあるので。

ただ、一般的な判断だとiPhone XRがかなり気になる。

終わりに

2018年のiPhoneは3種類でどれを買うのがおすすめか

今回の発表を見て思ったことは、iPhone Xはこれから先の10年を作るための、礎となるモデルだったんだな、ということだ。

当初の予定を1年前倒しして発売されたと言われるiPhone Xは、初号機にしては完成度が高いが、荒削りな印象も強かった

iPhone Xの不満点から、iPhone 2018年モデル(iPhone Xs)で改善して欲しいこと

2018.09.08

その割には売れまくったという、まさに「Appleマジック」と言えるモデルだが、そのおかげで膨大なフィードバックを得られたと思う。

だからこそ、iPhone XSとiPhone XRにはハードウェア的な差がほとんどないのだろう。

iPhone Xの完成形

はiPhone XS・iPhone XRのどちらでも感じられるのではないかと思う。

発売が楽しみだ。

Apple Watch Series 4発表!Series 3から何が変わった?気になる変更点をチェックしてみた

2018.09.13

ドコモでiPhone XSを一番お得に買う方法は?オンラインショップ利用とクーポン割引で最安値を目指せ!

2018.09.13

iPhone 8とiPhone Xのまとめ記事

iPhone 8 Plusの短所は「大きさと重さ」、長所は「カメラと急速充電」。長期利用レビュー

2017.10.21

iPhone X長期利用レビュー。不満はあるが、10年先の未来を『体験』できる、新しいiPhoneの始まり

2018.09.01

iPhoneカテゴリートップ

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

iPhone XSはAppleおよび、大手キャリアから販売されています。

AppleではSIMフリー版が、キャリア版はSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、手数料や頭金がないオンラインショップがおすすめです!

スマホをネットで買うメリットは?ドコモオンラインショップは新規契約・MNP・機種変更の事務手数料が無料!

2014.09.27

ドコモでiPhoneを買うのは安い?「SIMフリー+格安SIM」とどっちがお得かを料金比較

2017.11.14

あわせて読みたい

SPONSORED LINK