iPhone使うならどっちがお得?「ドコモでの購入」と「SIMフリー+格安SIM」での料金比較

キャリアか格安SIMか
SPONSORED LINK

iPhoneの2017年モデル、

  • iPhone 8シリーズ
  • iPhone X

が発売し、購入を検討している人も多いと思う。

この頃よく聞かれるのが、

  • 通信費の節約のため、格安SIMにしたい
  • だけど、iPhoneしか使ったことがないので、iPhoneを使い続けたいがどうしたらいい?

という話だ。

iPhoneユーザーは格安SIMで、節約できるのか?

ほとんどの人は「できる」と思い込んでおり、安易に格安SIMへ行っているのだが、僕が毎回言うのは、

『最新の』iPhoneを使う分には、節約効果が薄いよ

ってことで、契約内容・利用形態は様々だが、

  • 10GB以下の少容量データ通信
  • 10GBを超える大容量データ通信

での料金比較を例に、僕の考えを紹介しようと思う。

この記事は主にdocomoのことを中心に紹介していますが、au・SoftBankでも基本は同じです。

なので、docomoユーザー以外でもご覧いただけたらと思います。

キャリアとAppleのどちらで買うか?基本的な考え方

iPhoneはキャリア?SIMフリー?

iPhoneはキャリア?SIMフリー?

まず、本題の価格比較に入る前に、2017年現在の比較軸としてよくある、

  • 従来通り、大手キャリア(docomo・au・SoftBank)で購入する
  • AppleでSIMフリー版を買い、格安SIMを利用する

このどちらが安い(お得)なのか?

という議論について。

僕の考えは、

  • 格安SIMを使わないなら、大手キャリアの特にオンラインショップで買うのがおすすめ
  • 『最新の』iPhoneが使いたいなら、格安SIMはおすすめしない
  • 手持ちの端末を使うか、Androidを使うなら格安SIMは節約効果が大きい

という感じになる。
つまり、今回の記事は最新のiPhone価格をキャリアとAppleで比較するというものなので、基本的な考えは、

素直にキャリアで買った方がいいよ

というのが結論だ。

余談だが、当ブログの格安SIM連載は、3つ目のパターンでの移行というスタンスで書いている。

家計が火の車なので固定費を削りたい!だったらまずは格安SIMでしょ

2017.10.26

では、Appleで買うメリットは皆無なのかと言えばそうでもなく、それは、

  • 複数のスマホを使っている人
  • 『毎年』最新のiPhoneを使っている人

に限定すれば契約縛りがないという意味でメリットがある

なので、基本的に僕みたいなガジェットヲタクしか、Appleストアで購入するメリットは薄い。

日本で使っていると忘れがちだが、

iPhoneは『高級品』である

ということは、認識しておくべきだ。

節約を第一に考えるなら、そもそもiPhoneを使うこと自体をやめるべきだし、iPhoneを買うことそのものが贅沢だと思う。

ドコモオンラインショップのメリット・デメリットは?機種変更はネットが安いぞ

2014.09.27

ドコモオンラインショップとApple公式の販売価格

ドコモオンラインショップ

悩ましい購入先

まず、ドコモとAppleストアでの端末販売価格の比較を。

2017年11月時点の価格です

docomoは新規・MNP・機種変更の契約種別関係なく、同一価格です

ドコモオンラインショップAppleストア
iPhone 864GB:88,776円
256GB:106,920円
64GB:85,104円
256GB:103,464円
iPhone 8 Plus64GB:100,440円
256GB:118,584円
64GB:96,984円
256GB:115,344円
iPhone X64GB:125,064円
256GB:143,856円
64GB:121,824円
256GB:140,184円

端末価格は、

iPhone 8 < iPhone 8 Plus < iPhone X

の順に高くなる構図はどちらも変わらず、

Appleストアの方が3,000円〜5,000円程度安い

ということが言える。

ただ、これだけをみてAppleがお得と考えるのは早計だ。

キャリアは、docomoの場合『月々サポート』と呼ばれる、端末値引きを行う。

かつて、

2年間使えば、実質0円です

なんて言われていたのはこのためだ。

【docomo】月々サポートと端末購入サポートは何が違う?機種変更で使うとお得なスマホ購入術

2017.03.06

docomoの月々サポートを含めた『実質負担金』

月々サポート

月々サポート

というわけで、docomoの月々サポートを含めた、実質負担金で比較すると以下のようになる。

ドコモオンラインショップAppleストア
iPhone 864GB:31,752円
256GB:50,112円
64GB:85,104円
256GB:103,464円
iPhone 8 Plus64GB:43,632円
256GB:61,992円
64GB:96,984円
256GB:115,344円
iPhone X64GB:68,472円
256GB:86,832円
64GB:121,824円
256GB:140,184円

Appleの価格は全く変わらず、docomoの価格がかなり安くなった。

docomoの月々サポートは大体『57,000円』

なのでその分安くなっている。

ただ、この割引を受けるには条件がある。

  1. 月々サポート対象機種のご購入
  2. 指定「基本プラン」へのご加入
  3. 指定「パケットパック/シェアオプション」のいずれかのご加入
  4. 満額の割引を受けるには、2年間の継続利用が必要

1についてはiPhone購入で満たされるが、2と3は人によって色々異なると思う。

ただ、docomoは基本的に家族での契約を訴求しているし、僕もその契約形態だ。

この場合、

  • 基本プランは最安月額980円の『シンプルプラン
  • シェアパック(家族でパケットを共有)は主回線が契約済
  • iPhoneを購入する回線は子回線(シェアオプションを設定)

が一番多く安くなるであろうケースだが、このケースでも月々サポートは適用される

そして忘れてはならないのが、

この割引は、キャリアで購入した時のみ適用される

ということだ。

通話定額なしで980円。ドコモ「シンプルプラン」の他社にないメリットとしたたかさ

2017.05.06

格安SIMにすれば単純に安くなるわけではない

格安SIMで安くなる?

格安SIMで安くなる?

あなたは今、大手キャリアを契約していますか?

該当する方には、さらに質問。

スマホの料金(通信費)はいくらですか?

もちろん、利用状況にって様々だとは思うが、概ね5,000円以上という人がほとんどではないかと多う。

スマホの料金を安くしたくないですか?

「No」と答える人はいないだろう。

格安SIMにすれば、月額1,000円『から』使えますよ

そう言われたら、なびく人も多いのではないだろうか。

この質問は、家電量販店などで格安SIMの営業マンが、勧誘する常套手段だ。

5,000円が1,000円になるなら、これはものすごい節約だ。だが、この内訳について考えたことはあるだろうか。

多くの場合、

キャリア通信費スマホ本体料金(端末代金)
大手キャリア含む含む
格安SIM含む含まない

という構図になる。

誤解の無いように言えば、通信費単体は、格安SIMの方が全てにおいて安い

だが、端末代金を含めずに比較するのは不公平だと思う。通信費の基本的な傾向は、

  • 小容量(10GB以下)は、格安SIMが圧倒的に安い
  • 大容量(10GBより上)は、大手キャリアとの価格差がかなり縮まる

という感じだ。

docomoとdocomo系格安SIM大手であるIIJmioを比較すると、

容量docomo(個人向け)docomo(家族向け)IIJmio
1GB
2GB3,500円
3GB900円〜
5GB5,000円6,500円
6GB1,520円〜
10GB9,500円2,560円~
15GB12,500円
20GB6,000円
30GB8,000円13,500円5,660円~
40GB7,560円~
50GB16,000円
100GB25,000円

という感じで、家族向けプランは高くなるが、

  • 5GBで5,000円と10GBで2,500円程度とギガバイト単価が4倍違う
  • 30GBくらいになると、個人利用の場合価格差が3,000円以下になる

というのが読み取れると思う。

格安SIMを使う人は、通信量が少ない人と非常に相性がよいと言える。

格安SIMのよくある欠点は、

  • 通勤時間帯、夜間
  • 平日のランチタイプ(12時〜13時)

のピークタイムの速度低下が著しいことだ。

このような欠点も、元々データ通信量が少ない人ならそれほど大きな問題にならない。

そして、ここに端末価格が加わってくる。

MVNO(格安SIM)の通信速度が遅く・繋がりにくい理由。安さの秘密から考察

2015.04.09

通信費と端末代金を合計した料金比較

iPhone 8 Plus 64GB

2017年9月に購入したiPhone 8 Plus 64GB

2017年売れ筋モデルは、

  • iPhone 8 64GB
  • iPhone X 64GB

の2つになるかと思う。

これらの端末を

  • 音声契約あり
  • 個人向けプラン(シェアプランではない)
  • データ通信は5GB程度と、30GB

2年間利用した場合の価格を比較する

個人向けプランで契約した場合の、データ以外の通信プランは最安値のプランと想定すると、

docomoIIJmio
基本プランシンプルプラン:980円みおふぉん:700円
ISPSPモード:300円

というような構成になる。

この場合の2年間運用価格を、

  • 小容量通信(10GB以下)
  • 大容量通信(10GBより上)

で比較してみる。

小容量通信での料金比較

まず、2年間使用した場合の、月額利用料の内訳。

  • ドコモは5GB(データパックM)
  • IIJmioは6GB

としている。

明細毎の2年間運用価格。

docomoIIJmio
基本使用料23,520円16,800円
ISP料7,200円0円
データ通信料120,000円36,480円
iPhone 8実質負担金31,752円85,104円
iPhone X実質負担金68,472円121,824円

合計金額比較。

docomoIIJmio差額
iPhone 8 64GB182,472円138,384円44,088円
iPhone X 64GB219,192円175,104円44,088円

2年間の運用価格差は、約44,000円で、月額にすれば2,000円。

これだけ違うと、格安SIM契約のメリットは大きいと感じる。

大容量通信での料金比較

次は大容量通信で、2年間使用した場合の、月額利用料の内訳。

  • ドコモは30GB(ウルトラデータLLパック)
  • IIJmioは30GB(ファミリーシェアプラン+大容量オプション20GB)

としている。

明細毎の2年間運用価格。

docomoIIJmio
基本使用料23,520円16,800円
ISP料7,200円0円
データ通信料192,000円135,840円
iPhone 8実質負担金31,752円85,104円
iPhone X実質負担金68,472円121,824円

合計金額比較。

docomoIIJmio差額
iPhone 8 64GB254,472円237,744円16,728円
iPhone X 64GB291,192円274,464円16,728円

2年間の運用価格差は、約17,000円で、月額にすれば700円。

グッと価格差が縮まってきた。

SPONSORED LINK

格安SIMとSIMフリーiPhoneは結構高い

iPhone 8 Plus ゴールド

iPhoneは高級品

このことから言えるのは、冒頭でも記載したが、

iPhoneを使うと高くなる

ということだ。

大手キャリアはiPhoneを主に売っているし、これは各社共通であるため、あの手この手で割引をしている。

敢えて記載しなかったが、

  • 下取りプログラム
  • 機種変更応援プログラム
  • 割引クーポン(大体2年使っているとiPhone発売時期に届く)

などを駆使すれば、実質負担金はさらに数万円下がることが多い

SIMフリーiPhoneをAppleで購入しても、Appleの下取りプログラムは利用できるが、docomoで機種変更するなら、docomoの制度を利用した方が割引は大きい

大手キャリアを使うなら『2年毎にキッチリ機種変更する』

キッチリ2年で機種変更する

キッチリ2年で機種変更する

そして、もう一つのポイントは、

大手キャリアを使うなら、iPhoneは『2年毎にキッチリ機種変更する』

ということだ。

2017年現在でも発売から4年以上経った、iPhone 5sを大事に使っているような方

まわりにいないだろうか?
結構いると思う。

大事に使うことを否定はしないが、大手キャリアの上得意様(=カモ)だと思う

月々サポートが終わった端末を、使い続けるのは損

これは言い切れる。
2年間キッチリ使って、それを下取りに出して、また2年使う。これが、大手キャリアを使う基本であり、メリットだ。

同じ端末を長く使うなら、節約効果は格安SIMが圧倒的に大きい。

今回の価格比較は『2年間』が基準になっているが、今やスマホの進化は少なくなっているので、3〜4年使うことも珍しく無い。

2017年11月時点で2年前の端末と言えば、iPhone 6sになり、僕自身もまだ持っているが、著しく遅いと感じることは少ない(もう1つ前のiPhone 6になると流石に苦しいと感じるが)

ただ、2年くらい経ってくると調子が悪くなるのも珍しく無いので、今docomoを契約していて、格安SIMへの移行を検討している方は、

  • 2年毎にdocomoで機種変更を続ける
  • 今使っている機種の月々サポートが終わる(=2年使う)タイミングで格安SIMへいく

この2択がおすすめだ。

ただ、格安SIMへ行ったあと、再びiPhoneを購入する場合、新品購入はApple公式にほぼ限られるので、10万円程度の出費が発生する(キャリアのように分割払いで基本は購入できない)ことは認識しておく必要がある。

携帯・ネット回線の2年縛り契約満了月(更新月)を絶対に忘れない方法。常に複数回線を運用している私の、必須ツールはGoogleカレンダー

2015.06.27

機種変更はオンラインショップを使うことになれておく

ドコモオンラインショップを使うメリット

ドコモオンラインショップを使うメリット

格安SIMへの移行を検討したが、色々検討した結果、大手キャリアに残ることを選択する

僕が主催イベントである岡スマで、格安SIMの相談を受けたとき、iPhoneユーザーにこの記事で紹介したことを説明すると、多くの方はこの選択になる。

そうなった場合に、覚えておいて欲しいことは、

機種変更はオンラインショップを使うようにする

ということだ。

2017年現在、ドコモショップ店頭での手続きは非常に高い。

2015年頃までは、機種変更の手数料(税抜き2,000円)くらいしか価格差がなかったのだが、2017年現在は『頭金』という制度が生まれている

一般的な頭金は、本体代金の一部負担金だが、ドコモショップにおける頭金は『手数料』と同義となっている。

しかも、この費用が端末や契約形態(新規・機種変更など)にもよるが、1万円程度と非常に高い。

つまり、

ドコモショップ店頭での購入は、オンラインより1万〜1万5千円高い

ということになる。

オンラインで購入するのに抵抗がある方は多いようだが、ここは本当に節約効果が大きいので、是非ドコモオンラインショップを利用してほしい。

ドコモショップの携帯販売でみる「頭金」とは。違法性と払いたくない人向けの購入方法を検証

2013.12.16

ドコモオンラインショップのメリット・デメリットは?機種変更はネットが安いぞ

2014.09.27

終わりに

購入明細

納得感のある契約をして欲しい

今やライフラインとも言える、データ通信は人によって、利用頻度や使い方は様々だ。

だからこそ、

こうすれば『必ず』安くなる、お得になる

という方法は存在しないと思っている。

無駄なお金は誰だって払いたくない。だが、

格安SIMにすれば安くなる

と安易に考えないで欲しい。
この記事で紹介したのは一例だが、この記事で一番僕が伝えたいのは、

言われたことだけ信じないで、自分でよく検討して欲しい

ということだ。

  • まだ、料金の高いdocomoなんて使ってるの?
  • 格安SIMにしたらめっちゃ安くなったよ〜

なんて言う人は実際いるし、僕も言われたことはあるが、僕はiPhoneユーザーで

  • 端末価格
  • 料金
  • 通信スピードなど安定性
  • 各種割引
  • 家族単位での契約

総合的に検討して、docomoを使い続ける選択としている。

目先の安さではなく、納得感を持って選択していただけたらと思う。

冒頭でも記載した通り、この記事は主にdocomoのことを中心に紹介していますが、au・SoftBankでも基本は同じ考え方です。

iPhone Xを購入する

iPhone XはAppleおよび、大手キャリアから販売されています。

AppleではSIMフリー版が、キャリア版はSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、手数料や頭金がないオンラインショップがおすすめです!

ドコモオンラインショップのメリット・デメリットは?機種変更はネットが安いぞ

2014.09.27

iPhone使うならどっちがお得?「ドコモでの購入」と「SIMフリー+格安SIM」での料金比較

2017.11.14

iPhone XとiPhone 8の関連記事

iPhone 8 Plusの短所は「重さ」、長所は「急速充電」。1ヶ月使った率直な感想

2017.10.21
SPONSORED LINK