ドコモのiPhoneは高い?買うメリットは?「SIMフリー+格安SIM」とどちらがお得かを徹底検証

ドコモのiPhoneは高いのかを検証 iPhoneの選び方
SPONSORED LINK

スマホの通信費が高い!!

今や電気・ガス・水道などのライフラインと同じレベルで必須となった「通信」は、必須ゆえにみんな節約を考える。僕もそうだ。

しかしスマートフォンとして、AndroidではなくiPhoneを使っている場合、購入方法は大手キャリアに限られるため、高い通信費を払う以外に選択肢は少ない

iPhoneが好きだけど、ドコモのiPhoneは高い……。

そのような声をよく聞き、「節約のために格安SIMへ乗り換えたいがどこがいい?」と相談を受けることも多い。

iPhoneユーザーは格安SIMで、節約できるのか?

僕はこの話に疑問を持っている。
「格安」の名に釣られて、安易に格安SIMを契約するのは危険だと思うので、この記事では以下を解説しようと思う。

  • ドコモのiPhone販売価格とSIMフリーの比較
  • 回線と端末の「分離プラン」について
  • 通信量による料金比較
  • おすすめの格安SIM
チー
「最新のiPhone」を使う分には、格安SIMへ乗り換えても節約効果は薄いよ。
この記事は主にドコモのことを中心に紹介していますが、au・SoftBankでも基本は同じ考えです

SPONSORED LINK

目次

2019年現在のiPhone販売状況

iPhone販売状況

まず、2019年9月現在のiPhone販売状況は以下のようになっている。

モデル名発売年月Apple大手キャリア格安SIM実勢価格
iPhone 6s2015年9月××▲(在庫限り)42,768円〜
iPhone 72016年9月×docomoのみ42,768円〜
iPhone 82017年9月×57,024円〜
iPhone X2017年11月×××販売終了
iPhone XS2018年9月×▲(在庫限り)×110,808円〜
iPhone XR2018年10月×69,984円〜
iPhone 112019年9月×80,784円〜
iPhone 11 Pro2019年9月×115,344円〜
  • 最新モデルは「大手キャリア」で販売
  • 型落ちの旧モデルはサブブランドを中心とした、「格安SIM」で販売

これが基本的な構図。

しかし、サブブランド(auは「UQ mobile」、SoftBankは「Y!mobile)を持たないドコモだけは少し変わっており、最新モデルと旧モデル(iPhone 7)を併売している

iPhone 7は防水対応、Apple Payに対応するなど、最新モデルのiPhone XSと比較しても、機能的に見劣りすることがほとんどないため、格安SIMの主力モデルだ。

にもかかわらず、ドコモは「42,768円(税込)」という価格で販売している

いわゆる「格安スマホのAndroid」と比較すれば高く感じるかもしれないが……。

チー
Appleが販売するSIMフリー版よりも安い!
※Appleは54,864円

と言えば、お買い得に感じるのではないだろうか。実際、コスパは非常に高いと思う。

\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

iPhone 7をチェック

ドコモのiPhone販売状況とAppleのSIMフリー版との価格比較

SIMフリーiPhone

では、ドコモに限った場合、Appleが販売するSIMフリー版とどの程度価格が異なるのか。

2019年9月現在販売しているモデルで比較してみる。

以下の表は定価も記載しているが、ドコモの場合「スマホおかえしプログラム」を適用することで、「3分の2程度の価格」で2年間利用できる(その後スマホの返却が必須)

傾向としては以下のような感じだ。

  • 「定価」としてはドコモ版の方が「5,000〜8,000円高い」
  • ドコモ版iPhone 7は突出して安い

スマホおかえしプログラム」を適用せず、「定価」で購入した場合、AppleのSIMフリー版より高い

これが、「大手キャリアのスマホは高い」と言われる理由だろう。

しかし実態は異なる。

2年契約で「実質0円」になります

このようなキャッチコピーが以前は多かった。

「0円スマホ」は2019年現在無くなったが、「10万円のスマホが1万円」みたいな状況は続いているわけで、通信費とトータルで見ると「キャリアのiPhoneの方が安い」という状況になっている

この状況を改善しようという動きが、回線と端末の「分離プラン」導入を総務省が推し進める理由だ。

チー
「囲い込み」という批判もあるけど、ある程度の契約縛りはビジネスとしては当然だと思うけどね……。
分離プランで通信費は安くなるのか

携帯業界に激震!?端末と通信の「分離プラン」とは。いつから義務化が始まる?安くなるの?スマホのSIMロック解除議論から考察

2019年3月12日
ドコモの分離プラン「ギガホ・ギガライト」を解説

ドコモ分離プラン(新料金プラン)「ギガホ・ギガライト」はお得?いつ変更する?契約するメリット・旧プランの比較を徹底検証

2019年5月14日

ドコモ(キャリア)とApple(SIMフリー)のどちらで買うかの選択基準

ドコモ版iPhone XS Maxゴールド 256GB

2019年現在、iPhoneを利用するパターンは主に3つある。

iPhoneの利用パターン
  1. 回線を利用している携帯キャリアで購入する
  2. SIMフリー版を購入し、格安SIMで利用する
  3. SIMフリー版を購入し、ドコモなど大手キャリアで利用する

実態としては、SIMフリーiPhoneの利用者は「大手キャリア」のSIMを挿していることの方が多い印象があるが、比較軸としては1番と2番がよく比較されている

SIMフリーiPhoneと一言でいっても、2019年現在はAppleが販売する新品だけでなく、中古ショップなどで購入して利用する人も多いからだろう。

海外版SIMフリーをかうならiPadがおすすめ

海外版SIMフリーiPhone・iPadは日本国内版と何が違う?デメリットも多いがiPhone 11シリーズなら技適ありなので使いやすい

2015年11月2日
SIMフリーiPhoneの魅力とおすすめのキャリア

SIMフリーiPhone購入後の通信キャリアをどうする?設定が楽でお得なキャリアをピックアップ

2019年8月27日

実際、質問を受けることも多いので、僕の見解を書くと以下のようになる。

  • 格安SIMを使わないなら、ドコモの場合「ドコモオンラインショップ」で買うのが一番安い
  • 「最新のiPhone」を使うなら、格安SIMよりキャリアで購入がおすすめ
  • 手持ちの端末を使うか、Androidを使うなら格安SIMは節約効果が大きい

つまり、基本的な考えは、

素直にキャリアで買った方がいいよ

という感じだ。

では、Appleで買うメリットは皆無なのかと言えばそうでもない。

  • 複数のスマホを使っている人
  • 「毎年」最新のiPhoneを使っている人

に限定すれば契約縛りがないという意味でメリットがある

ただ、「節約」を考える場合、そもそもiPhoneを使うことそのものが「贅沢」だとは思う。

チー
日本では「0円販売」が多かったけど、世界的に見れば「iPhoneは高級品」です

ドコモ回線を解約する気がないなら、「スマホおかえしプログラム」での購入が無難

スマホおかえしプログラム
  • 大手キャリアの割引を含めた販売価格
  • AppleのSIMフリー版販売価格

これを比較するとどれくらいの価格差があるのか。改めてまとめてみる。「2年利用価格」に注目して欲しい

おおむねドコモの方が「2〜3万円」安くなる。

スマホおかえしプログラム購入イメージ

そして、「スマホおかえしプログラム」は36回分割払いプランなので、高額なモデルほど割引効果が大きくなる

チー
iPhone XSiPhone XRで迷う人は多いけど、一括なら「3万円」近い価格差が、2万円くらいまで縮まるので、「iPhone XS」を選ぶ人が増えそう。

従来ドコモは「月々サポート」・「端末購入サポート」という形で、一定期間の通信契約を条件に割引を行っていた

ドコモの端末購入サポートとは?月々サポートとの違いを知って機種変更でスマホを安く購入しよう

2017年3月6日

しかし、分離プラン「ギガホ・ギガライト」を2019年6月から開始したため、端末購入と通信契約は分離した

誤解している方も多いのだが、スマホおかえしプログラム」の購入条件は、「ギガホ・ギガライト」の契約ではない

チー
スマホおかえしプログラム」での購入時、唯一の条件といえるのは「ドコモ回線契約者」であること

そして、これはあくまでも「購入時」の話であって、その後ドコモ回線を解約しても、「スマホおかえしプログラム」で購入したスマホは利用可能だし、分割払いも継続する。

分離プラン「ギガホ・ギガライト」なら、ドコモ端末の有無で通信費の割引もない。

従来通り「SIMロック解除」にも対応しているため、ドコモ回線を解約する気がないなら、素直に「スマホおかえしプログラム」で購入する方がよいと思う

\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

格安SIMへ乗り換えるリスク

格安SIMのリスクはないのか?

この記事をご覧の方は、「ドコモユーザー」が多いと思う。

それ以外でも、au・SoftBankの「大手キャリア」を契約している方が大半だろう。その方に質問。

スマホの料金(通信費)はいくらですか?

もちろん、利用状況にって様々だとは思うが、概ね5,000円以上という人がほとんどではないかと多う。

スマホの料金を安くしたいですか?

「No」と答える人はいないだろう。

格安SIMへ乗り換えれば、「月額1,000円から」使えますよ

そう言われたら、「変更しようかな」と考える方も多いはずだ。

この質問は、家電量販店などで格安SIMの営業マンが使う、キャッチコピーといえるものだ。

しかし、格安SIMには以下のようなリスクがある。

格安SIMのリスク

誤解のないように言えば、通信費自体は、格安SIMの方が全てにおいて安い

ただ、「使いやすいか?」を考慮した場合、格安SIMの安さがメリットに繋がるかは人によるだろう。

使いたいときに使えない

では本末転倒で、特に会社員の場合「平日の昼休み(12時〜13時)」に使えないのは不便と思うが、格安SIMでは総じてこの時間帯は使いものにならない

チー
僕みたいなフリーランス、主婦のように、主に自宅にいる人は格安SIMのメリットは得やすいです
楽天モバイルを試してみた

楽天モバイルの通信速度はどれくらい?「平日昼休み・通勤ラッシュ時間は遅い」という評判は本当なのか試してみた

2018年1月15日

通信量別のドコモ(大手キャリア)と格安SIMの料金比較

ドコモのiPhoneは高いのか?

僕は、格安SIMの欠点を解消したキャリアとしては、「Y!mobile」一択だと思っている。

Y!mobile」をおすすめする理由は、以下の記事を参考にして欲しい。

SIMフリーiPhoneの魅力とおすすめのキャリア

SIMフリーiPhone購入後の通信キャリアをどうする?設定が楽でお得なキャリアをピックアップ

2019年8月27日

なので、以降は通信量によってドコモとY!mobileのどちらがおすすめかを紹介しようと思う

基本的な構図としては以下のようになる。

  • 価格は格安SIMの方が安い
  • 通信速度は大手キャリアの方が早い
  • 小容量通信(10GB未満)は、格安SIMが圧倒的に安い
  • 大容量通信(10GB以上)は、大手キャリアとの価格差がかなり縮まる
比較条件
通信量(月)ドコモY!mobile
1GB2,980円-
3GB3,980円3,480円
5GB4,980円
7GB5,980円
9GB4,480円
21GB6,480円
30GB6,980円

こうして比較すると分かりやすいのだが、10GBあたりまでの通信量だと、格安SIMの節約効果が最も大きくなるが、20GBを超えると大手キャリアとほとんど変わらない

ドコモは未対応だが、他社の動向を見る限り、大手キャリアの大容量プランは今後「通信量無制限」になっていくだろう

  • 小容量なら格安SIM
  • 大容量なら大手キャリア

という棲み分けになっていくと思う。

ちなみに、ここでは通信量を基準に比較しているため掲載していないが、Y!mobileは「10分間までの通話定額」がついている(ドコモも同様のサービスがあるが「オプション料金」が必要)。

電話機能を重視する場合、Y!mobileの節約効果はさらに大きくなるだろう

チー
格安SIMだからといって、本当に安いかどうかは、利用スタイルによるんだねぇ

Y!mobileの通話定額サービス「スーパーだれとでも定額」とは。料金・対象外の通話・使い方・気になることを徹底解説

2019年8月30日

通信費と端末代金を合計した料金比較(2年間)

iPhone XRコーラル開封レビュー

分離プラン」の開始に伴い、通信費と端末代金を合算した、実質価格の比較にはあまり意味がなくなった

ただ、1つの指標として以下のケースで比較してみようと思う。

  • 2019年9月時点の最新モデル「iPhone XS 64GB」を購入
  • 大手キャリアは「ドコモ」、格安SIMは「Y!mobile
  • ドコモは「スマホおかえしプログラム」で購入
  • Y!mobileはiPhone XSを販売していないので、AppleのSIMフリー版を購入
  • 通信量は10GB程度と20GB程度を想定

10GB以下の小容量通信での料金比較

Y!mobileヤフオクで使えるクーポンキャンペーン

まず、10GB以下で2年間使用した場合の、月額利用料の内訳。

プランは以下を想定している。

  • ドコモは「ギガライト(7GB)」
  • Y!mobileは「スマホプランM(9GB)」
税抜価格です
明細ドコモY!mobile
基本使用料143,520円107,520円
端末価格79,200円112,800円
合計222,720円220,320円

2年間の運用価格だと、Y!mobileが「2千円安い」という結果で思いのほか差がつかなかった。

  • Y!mobileはSIMフリーiPhone購入者向けの「特別プラン」がある
  • SIMカードのみでの契約キャンペーンも充実している
  • Y!mobileには「10分までの通話定額」がついている

試算では各種キャンペーンを除外しているが、実際はキャンペーンが適用されるケースの方が多いので、総合的にはY!mobileがかなり安いといえそうだ

\ 最大6,000円分のPayPayをゲット! /

Y!mobileのキャンペーンをチェック

20GB以上の大容量通信での料金比較

ギガホ・ギガライト

しかし、20GBを超える大容量通信になると状況が変わる。

プランは以下を想定している。

  • ドコモは「ギガホ(30GB)」
  • Y!mobileは「スマホプランL(21GB)」
税抜価格です
明細ドコモY!mobile
基本使用料167,520円155,520円
端末価格79,200円112,800円
合計246,720円268,320円

今度はドコモが「2万円安い」状況となる。

  • ドコモの通信量は30GB
  • 通信制限時も「1Mbps」で通信できる

ことなどを考慮すれば、価格差以上の安さといえるだろう。

大容量通信なら大手キャリア

というのは、ここからも読みとれる。

\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

格安SIMとSIMフリーiPhoneは案外安くない

ドコモの分離プランは4種類
明細ドコモY!mobile
基本使用料167,520円155,520円
端末価格79,200円112,800円
合計246,720円268,320円

しかし、2年間の運用価格を比較して改めて思うのは、

iPhoneって高い

ということだ。2年間の通信費と端末価格にそれほど差がない。

これらを駆使すれば多少安くなるとは言え、「節約」を考えた場合、iPhoneを使うことそのものが「贅沢」といえる

格安SIMを検討するより、利用するスマホそのものを見直す方が、節約効果は大きいかもしれない。

その場合「格安スマホ」が候補になるが、僕がiPhoneユーザーにおすすめするのは、「Pixel 3a」だ。

Pixel 3aのよいところ
  • 食べ物の撮影でも「寄れるポートレートモード」
  • 手持ちで星まで撮影できる驚愕の「夜景モード」
  • 使いやすい非接触ICカード決済「Google Pay」
  • 操作性が良くiPhoneからの移行もスムーズ
チー
ちょっと「反則」的な価格と性能の良さ
Google「Pixel 3a」レビュー

Google「Pixel 3a(ドコモ版)」レビュー。iPhoneをやめたい方におすすめのコスパが高すぎるAndroidスマホ

2019年7月7日
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

Pixel 3aをチェック

ドコモでiPhoneを購入する時の注意点

ドコモオンラインショップのメリット

ここまで紹介してきたように、大容量通信を行うなら「ドコモ」の方がお得感が高い

しかし、購入にあたっては注意点が2つある。
これはiPhoneに限った話ではなく、ドコモのスマホ購入すべてにおける注意点だが、是非知っておいて欲しい。

ドコモスマホ購入時の注意点
  • スマホおかえしプログラムで購入し「2年毎にキッチリ機種変更する」
  • 事務手数料、頭金がないオンラインショップで購入する

スマホおかえしプログラムで購入し「2年毎にキッチリ機種変更する」

スマホおかえしプログラム

繰り返しになるが、2019年9月時点のドコモスマホ販売は、以下の2パターン。

最新モデルを購入する場合は前者になると思うのだが、スマホおかえしプログラム」は2年間使って返却することでメリットが最大化する

「3年リース購入」のイメージに近いが、3年間使うメリットは皆無で、2年でキッチリ機種変更するのがポイント

「月々サポート・端末購入サポート」時代から、大手キャリアでスマホを買うなら「2年毎にキッチリ機種変更する」のが重要だったが、これは今も変わっていない。

2019年現在でも、発売から4年以上経ったiPhone 6を大事に使っている方

まわりにいないだろうか?
結構いると思う。

大事に使うことを否定はしないが、こういう人は大手キャリアの上得意様(=カモ)だと思う

この記事での価格比較は「2年間」が基準になっているが、今やスマホの進化は少なくなっているので、3〜4年使うことも珍しく無い。

同じ端末を長く使うなら、SIMフリー版を購入した方が良いと思う。

\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

事務手数料、頭金がないオンラインショップで購入する

ドコモオンラインショップのメリット

「格安SIM」への乗り換えを検討したが、結局大手キャリアに残ることを選択する

こういう事例も実は多い。

ここまで紹介してきたとおり、ヘビーユーザーの場合「大手キャリア」の方が、通信速度や安定性の面でメリットが大きいからだ

ただ、購入方法だけは注意して欲しい。ドコモスマホを購入する方法は、大きく分けて2種類だ。

以前は両者に大した差はなかったのだが、2019年現在はオンラインショップが圧倒的にお得だ

オンラインショップのメリット

諸費用を含めれば、

ドコモショップ店頭での購入は、オンラインより1万〜1万5千円高い

という感じなので、よほど急いでいない限りは「ドコモオンラインショップ」での購入をおすすめする。

チー
ただでさえ最近のiPhoneは定価が10万円超えて高いので、少しでも安く買いたいよね!
頭金って?

ドコモショップの携帯・スマホ販売でみる「頭金」とはなにか。違法性はないのか?払いたくない人向けの購入方法を検証

2013年12月16日
ドコモショップ

ドコモショップでスマホを買うメリットは?事務手数料・頭金の完全無料化でオンラインストア優遇が鮮明に

2018年9月4日
ドコモオンラインショップでMNP手続きする方法を徹底解説

ドコモオンラインショップのMNP契約手順・手数料・受取にかかる日数を解説

2018年12月12日
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

終わりに

15万円でiPhone XS Max 256GBを購入

長々と紹介してきたが、「ドコモのiPhone」と「SIMフリーiPhone+格安SIM」でどちらがお得なのかまとめると以下のような感じだ。

iPhoneをお得に利用する方法
  • 月の通信量が10GB未満なら「SIMフリーiPhone+格安SIM」が安い
  • 10GB以上の場合は、「ドコモのiPhone」と価格差が縮まるのでドコモがお得
  • 格安SIMを契約するなら「Y!mobile」がおすすめ

今やライフラインとも言える、データ通信は人によって、利用頻度や使い方は様々だ。

だからこそ、

こうすれば『必ず』安くなる、お得になる

という方法は存在しないと思っている。

無駄なお金は誰だって払いたくない。だが、

格安SIMにすれば安くなる

と安易に考えないで欲しい。
この記事で紹介したのは一例だが、この記事で一番僕が伝えたいのは、

言われたことだけ信じないで、自分でよく検討して欲しい

ということだ。

  • まだ、料金の高いdocomoなんて使ってるの?
  • 格安SIMにしたらめっちゃ安くなったよ〜

なんて言う人は実際いるし、僕も言われたことはある。

しかし、僕はドコモのiPhoneユーザーで

  • 端末価格
  • 料金
  • 通信スピードなど安定性
  • 各種割引
  • 家族単位での契約

総合的に検討して、ドコモを使い続ける選択としている。

目先の安さではなく、納得感を持って選択していただけたらと思う。

チー
以下の条件で、おすすめのiPhone購入方法を紹介します
前提条件
  • 2019年9月時点の最新モデル「iPhone XS 64GB」を購入
  • 大手キャリアは「ドコモ」、格安SIMは「Y!mobile
  • ドコモは「スマホおかえしプログラム」で購入
  • Y!mobileはiPhone XSを販売していないので、AppleのSIMフリー版を購入
  • 通信量は10GB程度と20GB程度を想定

通信量が10GB未満なら「SIMフリーiPhone+Y!mobile」

明細ドコモY!mobile
基本使用料143,520円107,520円
端末価格79,200円112,800円
合計222,720円220,320円
\ 最大6,000円分のPayPayをゲット! /

Y!mobileのキャンペーンをチェック

Y!Mobile2万円分のPayPayボーナスライトがもらえるキャンペーン詳細ゆりちぇるアイキャッチ

Y!mobileのSIM契約で最大2万円分のPayPayボーナスライトをもらっちゃおう!キャンペーン詳細とやり方を解説【終了】

2019年8月11日

通信量が10GB以上なら「ドコモのiPhone」

明細ドコモY!mobile
基本使用料167,520円155,520円
端末価格79,200円112,800円
合計246,720円268,320円
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

iPhoneの最新モデルは「iPhone 11」と「iPhone 11 Pro」ですが、価格が高いです。

2018年モデルの「iPhone XR」は値下げされ、コスパが良いので、最新モデルにこだわりが無い方にはおすすめです!

チー
iPhone XRは2017年に発売した「iPhone X」の後継モデルで、全面ディスプレイ化・顔認証(Face ID)対応などフルリニューアルモデルで使いやすいです。

よりコスパが高いのは「iPhone 8」だけど、この機会に是非使ってみて欲しい!
iPhone XR徹底レビュー

iPhone XR長期利用レビュー。不人気・売れてないと言われる理由は?iPhoneを初めて買う中高生におすすめしたいモデル

2019年2月16日
iPhone Xレビュー

iPhone X長期利用レビュー。不満はあるが高評価!10年先の未来を『体験』できる、新しいiPhoneの始まり

2018年9月1日

一緒に使いたいおすすめアクセサリ・サービス

チー
僕がiPhone XRユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。是非チェックしてみて!
iPhone XRおすすめケース4選

【2019年版】iPhone XRケースはどれがいい?カラーバリエーションを活かせるシンプルなケースおすすめ4選

2019年6月4日
iPhone X・XS・XR対応画面保護シートのおすすめ

iPhone XR・XS・X用画面保護シートのおすすめ2選。フィルム・ガラス・コーティングで使いやすいのはどれ?

2019年5月22日
iPhone・Macで使いやすいUSB充電器のおすすめ

【2019年版】買ってよかったiPhone純正品以外のUSB充電器(USB-PD急速充電対応)10選。私のおすすめと選び方

2019年8月17日
完全ワイヤレスイヤホンのおすすめ2019年版

【2019年版】買ってよかった完全ワイヤレスイヤホン5選。iPhoneで使うおすすめと私の選び方

2019年1月29日
ワイヤレス充電器の選び方を徹底解説

【2019年版】買ってよかったQi規格ワイヤレス充電器5選。スマホ(iPhone・Android)で使うおすすめと私の選び方

2019年2月6日
紛失防止タグは役に立つ?

紛失防止タグ「第3世代MAMORIO」レビュー。何が変わった?地方でも便利?使って分かった、日本に特化した製品の魅力を紹介【PR】

2019年6月19日
パパンダ
チーさん、多いよ……。
チー
あともう1つ!
Apple Payは本当に便利だから、「食わず嫌い」の方もだまされたと思って使ってみて欲しい!
パパンダ
Apple Payはチーさんに言われて使い始めたけど、確かに便利だった!
Apple Payは凄く便利なので、みんなに使って欲しい!

Apple Pay使ってますか?面倒じゃないよ!iPhoneのキャッシュレス生活が便利すぎるので、魅力を徹底解説

2019年6月29日

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

オンラインショップのメリット
チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でも大きなメリットがありますよ。

そして、万一「在庫無し」でも、予約すれば必ず入荷することは覚えておこう!
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

ドコモオンラインショップで在庫無しのiPhone Xを予約購入

ドコモオンラインショップで在庫無しのスマホを予約すると、どのくらいで入荷する?予約分は必ず入荷するよ

2018年12月12日

利用するメリット

ドコモオンラインショップはお得

ドコモオンラインショップでスマホ・携帯を買うのはお得?デメリットはある?使って感じた感想を本音で解説

2014年9月27日

お得なサービス

ドコモを新規契約したら使いたいお得なサービス

ドコモを新規契約したら使って欲しい、節約できるお得なサービス5選

2019年5月28日

契約手続きの流れと受取までの日数(新規契約・MNP)

ドコモオンラインショップでの新規契約手続きのまとめ

【まとめ】ドコモオンラインショップでのMNP新規契約手続きって面倒?気になる契約開始手順や初回請求分1円単位まで紹介

2019年2月10日
ドコモオンラインショップでMNP手続きする方法を徹底解説

ドコモオンラインショップのMNP契約手順・手数料・受取にかかる日数を解説

2018年12月12日

ドコモ新料金プラン(分離プラン)「ギガホ・ギガライト」・「スマホおかえしプログラム」の解説

ギガホ・ギガライト
チー
ドコモ新料金プラン「ギガホ・ギガライト」や「スマホおかえしプログラム」の開始で、旧プランの受付終了など(docomo withなど)色々変わるので、オトクなのかを考察しました
ドコモの分離プラン「ギガホ・ギガライト」を解説

ドコモ分離プラン(新料金プラン)「ギガホ・ギガライト」はお得?いつ変更する?契約するメリット・旧プランの比較を徹底検証

2019年5月14日
スマホおかえしプログラムを徹底解説

ドコモ「スマホおかえしプログラム」とは。購入ではなくリース?オトクになるパターンと注意点を解説

2019年5月30日

「ギガホ・ギガライト」はdカード・dカード GOLDで支払うと「dカードお支払割」が適用されます。

2年縛りがなくなり解約金不要で2年契約の料金になるので、この機会にカードを作ってみてはいかがでしょうか。

\ 年会費永年無料 /

dカードのキャンペーンをみる

チー
格安SIMは数多くありますが、僕が一番おすすめするのは、SoftBankのサブブランドである「Y!mobile」です。
契約するメリットは、以下のようなものがあります。
Y!mobileのメリット
\ 最大6,000円分のPayPayをゲット! /

5のつく日キャンペーンをチェック

チー
iPhone好きとしては、iPhone 6siPhone 7を公式に販売しているのもポイントが高い!
年度末は特価販売される

Y!mobileのiPhone 7を新規契約でお得に購入(一括販売特典)。解約時の違約金や他キャリアと比較したメリットを検証

2019年3月27日
パパンダ
他の格安SIMでも時々売ってません?
チー
それは海外から中古品を仕入れたリフレッシュ品だったり、ちょっと変わったルートなんですよ。だから悪いものってわけじゃないけど、気分的な問題かな……。
パパンダ
だったら、UQ mobileはダメなの?
チー
完全通話定額プランがないことを除けば、Y!mobileと同じですよ。

SoftBankからの移転(MNP)ならUQ mobileの方がおすすめ
パパンダ
!!!
チー
SoftBankからY!mobileの移転は、グループ内の移転なので割引施策とかがほとんど適用されないんですよ。
パパンダ
今SoftBankユーザーで家計が火の車のなので、UQ mobileに行きます!
パパンダさんはUQに

悩み抜いてSoftBankからUQ mobileへ乗り換えました!節約目的だけど主婦/主夫目線で「安さNo.1」を選ばなかった5つの理由

2018年2月15日

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年11月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK