海外版SIMフリーiPhone・iPadは日本国内版と何が違う?デメリットも多いがiPhone 11シリーズなら技適ありなので使いやすい

海外版SIMフリーをかうならiPadがおすすめ iPhoneの選び方
SPONSORED LINK

2013年から日本でもApple自身がSIMフリー版のiPhone・iPadを販売するようになり、以前ほど海外版のSIMフリーiPhone・iPadはもてはやされなくなった。

個人的に「SIMフリーiPhone」が最高に盛り上がったのは、iPhone 4Sの時代だと思う。

当時電波の弱さに悩んでいたSoftBankユーザー、iPhone発売直後で不安定だったauユーザーと比較して、3G回線網としては抜群の強さを誇っていた、「docomoのFOMA」と「SIMフリーiPhone 4S」の組み合わせは最強だったからだ。

しかし、その後国内販売の開始に伴い、人気は低下していった。

以下の記事でも紹介したが、SIMフリーiPhoneを選ぶことで得られる「自由さ」はプライスレス。

しかし、多くのユーザーにとってそれは重要なことではなく、通信費や端末価格の方が関心としては大きい

なので、特に価格的メリットが薄い「海外版SIMフリーiPhone・iPad」に関して、2019年現在として僕は強くおすすめしない。

しかし、あえておすすめをあげればiPhone 11シリーズとiPadは購入を検討する価値がある

この記事では、海外版SIMフリーiPhone・iPadについて考察しようと思う。

SPONSORED LINK

海外版のスマホ・タブレットを購入する方法

iPhoneモデル一覧

スマートフォン・タブレットはフィーチャーフォン(ガラケー)と違い、基本的に世界中で販売されているグローバル端末だ。

代表はiPhone・iPadだが、他にも日本でよく聞くメーカーだとSamsungのGalaxyシリーズやSONYのXperiaは海外でも販売されている。

日本で主に大手キャリアが販売する同種の端末は、「おサイフケータイ」や「ワンセグ・フルセグ対応」など日本向けのローカライズが施されているが、基本的な作りは同じ。

だから、海外で購入し日本で使うこと自体は可能だ。

では、どのように入手するかといえば、主に2つだろうか。

海外版を入手する方法
  • 海外旅行・海外出張時に現地店舗で購入
  • 個人輸入の通販サイトで購入する

海外旅行・海外出張時に現地店舗で購入

Apple Store

一番真っ当な方法が、海外旅行や出張時に購入するというもの。

別に自分が行く必要はなく、例えばハワイに海外旅行に行く友人がいれば、ハワイのAppleストアで購入を頼んで入手することもできる。

しかし、余りに数が多いと、税関などで引っかかる可能性があるので、特に友人・知人に頼む場合転売目的で買わせるのはNGと思った方がよいと思うが。

チー
僕はハワイへ旅行にいった友達に買ってもらったことがあるよ

ハワイのApple Storeでアメリカ版SIMフリーiPhone 6sを購入。技適マークはある?カメラのシャッター音は?日本版と比較してみた

2016年3月31日

個人輸入の通販サイトで購入する

もう1つが業者を使う方法。
いわゆる「個人輸入」の扱いになるが、例えば「EXPANSYS」など有名どころの通販サイトであれば、リスクも低い。

ただ、信頼できる業者かは製品が届くまでわからないし、価格的にはどうしても高くなってしまうなど、リスクは承知の上での購入となる。

また、「ヤフオク」などにも多数の端末が出品されているが、基本は自己責任になる事を認識した上で利用することになるだろう。

チー
どうしても欲しい人に「やめろ」とは言わないけど、おすすめはできません
SPONSORED LINK

海外版SIMフリーiPhone・iPadを購入するメリットは?

SIMフリーはどこのキャリアでも使える

では、そこまで手間をかけて海外版を入手するメリットはあるのか?

海外版のメリットは主に3つある。

海外版を購入するメリット
  • 基本的に「SIMフリー」であること
  • 為替相場によっては安く買えることがある
  • カメラのシャッター音を「なし」に設定できる

基本的に「SIMフリー」であること

SIMフリーは自由

1つ目は「SIMフリー」であることだ。

海外版のスマートフォン・タブレットはiPhone・iPadに限らず、基本的に全てSIMフリー版で販売されている。

つまり、購入した端末はドコモなどの大手キャリアはもちろん、格安SIMでも利用可能だ。

かつてはこれが最大の魅力だったのだが、2019年時点としてはそれほど大きな魅力ではなくなった。

  • iPhone、iPadはApple JapanがSIMフリー版を販売している
  • SIMロックされているキャリア版も、条件を満たせば「SIMロック解除」できる
チー
昔に比べて「SIMフリー」は随分身近な存在になった
スマホ初心者パパンダ、格安SIMへの道3

SIMフリーになるとどうなる?iPhoneをSIMロック解除して他社SIMをさしてみた

2017年11月7日
SIMフリーiPhoneの魅力とおすすめのキャリア

SIMフリーiPhone購入後の通信キャリアをどうする?設定が楽でお得なキャリアをピックアップ

2019年8月27日

為替相場によっては安く買えることがある

また、海外版ということで「為替相場によって価格が変動する」。

日本人目線だと、円高なら安く、円安なら高くなる

参考までに、アメリカのApple Store、日本のApple Store、EXPANSYSで比較すると、比較時は「円高」ということもあり、アメリカで買うのが一番安い状況となった

2019年8月時点の価格です。為替相場は 「1ドル=106円」で換算しています
モデル名販売価格(税抜)
アメリカ日本EXPANSYS
iPhone XS105,894円
※$999
112,800円112,880円

カメラのシャッター音を「なし」に設定できる

iPhoneのカメラが無音になる

そして、2019年現在海外版を購入する最大のメリットといえるのが、「カメラのシャッター音を無音」にできることだ

正確には、「ボリュームに従って調整可能」と言った方が正確なのだが、

マナーモード(サイレントモード)時などでカメラのシャッター音が「OFF」に設定できる

というのが、唯一無二の魅力といえる。

日本においては盗撮防止などを目的に、「メーカーの自主規制」として、シャッター音はマナーモードであっても必ず鳴る。

しかし、そのような制度がない海外において、シャッター音はボリュームと同じく調整可能となっている。

機能をまとめると以下のようになる。

シーン通常サイレントモード
写真撮影×
写真撮影(バースト)×
動画撮影×
スクリーンショット××

ただ、これは海外版のスマホすべてに言えるものではなく、あくまでもiPhone・iPadの場合だ

例えば、SONYのXperiaの場合、海外版であっても「日本のSIM」を挿せば、シャッター音が鳴る

SIMカードによって、利用している国を判定しているからで、Androidスマホにおいてはこのような機能が搭載されるモデルがあるが、Apple製品では海外版を日本で使ってもシャッター音を消すことが可能だ

チー
僕も一度だけ海外版を使った事があるけど、大きすぎるシャッター音が鳴らないのは、快適だった

【Android】グローバル版スマホXperia(E5823)の欠点。「シャッター音を消す機能」は日本で使えません

2016年8月8日

海外版SIMフリーiPhone・iPadを購入時の注意点

海外版SIMフリーiPhone

このように多少ハードルは高いものの、購入するメリットはあるのだが、注意して欲しいことも当然ある(むしろ注意点の方が多い)。

個人輸入にはリスクが伴うというのはもちろんだが、「海外版」独特なものも多いからだ。

海外版iPhoneを使うデメリット
  • 保証が弱く「AppleCare+」などの延長保証にも加入出来ない可能性がある
  • 日本専売モデルだったiPhone 7〜iPhone XSまで、海外版には「技適マーク」がないため、厳密な意味で日本国内での利用は電波法違反
  • iPhone 7シリーズは、FeliCa方式の「Apple Pay」に対応していない(iPhone 8以降は対応)
  • LTE対応バンドが日本向けではないため、通信エリア・速度面で少し不利(日本独自1.5GHz帯のバンド21は、日本版しか対応していない)
  • 日本で修理対応を受けると「シャッター音」は復活する
iPhone 11シリーズ」はグローバル版のため、中国版以外は技適マークに対応しています

特に「AppleCare+」と日本国内で修理を受けた場合など、故障時の対応については詳しく紹介しようと思う。

保証が弱く「AppleCare+」などの延長保証にも加入出来ない可能性がある

AppleCare+

海外で購入した端末は、基本的に現地で使用することが前提となる。

通常購入後1年間はメーカー保証が付いているものだが、日本国内でも適用されるかは良く確認しておく必要がある。

輸入業者を介すると業者が保証してくれるケースもあります

ちなみにiPhone・iPadについては、日本のAppleストアに持ち込んでも対応可能と言われているが、店舗によってはダメと言われた情報もあり、一番確実なのはAppleのコールセンターに電話で確認することのようだ。

僕が海外版SIMフリーiPhoneを入手したときは、「友達が代行で購入」するケースだったのだが、店舗とコールセンターで対応が分かれており、最終的には契約出来たが少々大変だった。

海外版SIMフリーiPhone・iPadはAppleCare+に加入できるのか→出来ます。その手順を解説します

2016年4月12日

ただ、こんなことができるのは世界中で端末を販売しているApple製品くらいだ。

それ以外のメーカーだと延長保証どころか、通常のメーカー保証も受けられない可能性が高いことは認識しておくべきかと思う。

日本で修理対応を受けると「シャッター音」は復活する

そして、これが一番重要な話。

海外版iPhone・iPadを購入する最大のメリットである、「シャッター音が消せるという機能」は、日本国内で修理保証を受けて、新品交換されると国内版(シャッター音が消せない)になってしまうということだ。

海外で購入してそれと同じものが手に入る訳ではないため、何としても壊さないようにする必要がある。

iPhone・iPadのLightningケーブルが壊れても、保証期間内なら無償交換可能かも。その手順を紹介します

2015年6月21日
AppleCare+

AppleCare+は必要?iPhone・iPadの延長保証加入メリットは「エクスプレス交換サービス」

2015年9月8日

海外版SIMフリーを購入するなら「iPad」がおすすめ

iPad Proの購入はおすすめ

では、実際買うとして何を買うのがよいか。

  • iPhone
  • iPad

買う気になればなんでも買えるのだが、前述のようなリスクがある。

なので、僕は海外版SIMフリーを購入するなら、「iPad」にすることをおすすめしている

理由は2つある。

iPadはカバンに入れて持ち歩くので「壊れにくい」

1つ目は壊れにくいからだ

iPhoneはポケットやカバンに入れて常に持ち歩く。触る機会も多い。

つまり、落としたりして破損するリスク、機械的に故障するリスクは高い。

修理して交換になったら、前述の通り海外版を高いお金で購入したメリットが消えてしまう。

しかし、iPadはカバンに入れて持ち歩くので、落としたりして壊すリスクが低い

チー
僕はヘビーユーザーとまではいえないけど、10年近くiPadを使っていて、一度も壊れたことがない

使用期間が長くなる傾向にある

iPadは長く使える

iPhoneは機種変更サイクルが長くなったとはいえ、大半の人は2〜3年に1度機種変更する人が多い

では、iPadはどうか?

2011年に発売した「iPad 2」を未だに使っている人がいる。

2011年に発売したiPhoneは「iPhone 4S」だ。さすがに僕の周りで使っている人はもう見ない。

つまり、iPadの製品寿命は長く、使用期間が長くなる傾向にある

海外版SIMフリーiPadを購入した場合、長く使えるモデルの方がメリットは体感しやすいだろう。

なので、僕はあえて買うならiPhoneよりもiPadをおすすめする。

iPhone 11シリーズは海外モデルも「技適マークあり」

iPhone 11 Pro ミッドナイトグリーン開封フォトレポート

なお、余談だが2019年9月に発売された「iPhone 11 Pro」および「iPhone 11」は海外版であっても、技適マークを取得している。

理由は、日本で販売されるモデルが日本専売モデルではなく、グローバル版となったため

地域別のモデル番号は以下の通りだ。

販売地域iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
カナダ、米国A2111A2160A2161
中国本土、香港、マカオA2223A2217A2220
その他の国や地域
※日本含むグローバル版
A2221A2215A2218

このため、海外で購入してもグローバル版であれば、技適マークがあるため日本でも問題なく使用できる。

ちなみに、2019年現在海外モデルとして人気があるのは、「中国本土、香港、マカオ版」

理由は、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)が、nano-SIM2枚に対応していることから、日本で人気が高まっているからだ。

グローバル版もDSDSに対応していますが、2枚目のSIMが「eSIM」なのであまり役に立ちません

しかし、「中国本土、香港、マカオ版」は技適マークがないため、厳密な意味では日本国内での利用は、海外渡航客以外が利用するのは違法となる。

使えるか使えないか、だと「使える」のだが、利用は自己責任でという感じになる。

iPhoneでDSDS

iPhoneはDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応している?日本版でドコモと格安SIM「eSIM」を同時に使った感想

2019年8月5日
\ 初期費用1円・3ヶ月間1,000円引き /

eSIMプランをチェック

IIJmioみおふぉん(eSIM)

終わりに

海外版のスマートフォンやタブレットを購入するなんて事を考えるのは濃い人が多いと思う。

僕も正直この手の製品にあまり詳しくない人にはおすすめできないが、特に海外旅行で購入しようか悩む人は多いと思うので、参考になればと思う。

ハワイのApple Storeでアメリカ版SIMフリーiPhone 6sを購入。技適マークはある?カメラのシャッター音は?日本版と比較してみた

2016年3月31日

SIMフリースマホに関する記事

SIMフリー端末は、Android、iPhoneともにメーカー直販で販売されることが多いです。

定番は、Appleストアで購入するSIMフリー版iPhoneですが、現在ではキャリアで購入しても、SIMロック解除することで、SIMフリー化が可能です。

チー
SIMフリーと言えばかつては「海外版」が多く、シャッター音が無音化できるなど、メリットは確かにあるんだけど、今はあまりおすすめできないかな……。
海外版iPhoneを使うデメリット
  • 保証が弱く「AppleCare+」などの延長保証にも加入出来ない可能性がある
  • 日本専売モデルだったiPhone 7〜iPhone XSまで、海外版には「技適マーク」がないため、厳密な意味で日本国内での利用は電波法違反
  • iPhone 7シリーズは、FeliCa方式の「Apple Pay」に対応していない(iPhone 8以降は対応)
  • LTE対応バンドが日本向けではないため、通信エリア・速度面で少し不利(日本独自1.5GHz帯のバンド21は、日本版しか対応していない)
  • 日本で修理対応を受けると「シャッター音」は復活する
iPhone 11シリーズ」はグローバル版のため、中国版以外は技適マークに対応しています
販売地域iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Max
カナダ、米国A2111A2160A2161
中国本土、香港、マカオA2223A2217A2220
その他の国や地域
※日本含むグローバル版
A2221A2215A2218
SIMフリーiPhoneの魅力とおすすめのキャリア

SIMフリーiPhone購入後の通信キャリアをどうする?設定が楽でお得なキャリアをピックアップ

2019年8月27日
\ SIMフリーを買うならApple Store /

Apple Storeをチェック

ハワイのApple Storeでアメリカ版SIMフリーiPhone 6sを購入。技適マークはある?カメラのシャッター音は?日本版と比較してみた

2016年3月31日

携帯・スマホのSIMロック解除とSIMフリーとはどういう意味?利用者にとってのメリットを解説します

2015年12月12日

SIMロック解除まとめと確認方法

SIMロック解除方法は、キャリアや端末(iPhone・Android)によって違います。

その違いや、SIMロック解除後のSIMフリーになったかどうかの確認方法は以下の記事をご覧ください。

SIMロック解除まとめ

【全キャリア対応】SIMロック解除を自分でやる方法は?SIMフリーになるメリットは?iPhone・AndroidをWEBから解除した手続きのまとめ

2017年12月5日
スマホ初心者パパンダ、格安SIMへの道3

SIMフリーになるとどうなる?iPhoneをSIMロック解除して他社SIMをさしてみた

2017年11月7日
AndroidのAPN設定

SIMフリーAndroidスマホはAPN設定が必要な場合あり!Y!mobileのDIGNO Eに他社SIM(UQ mobile・SoftBank・ドコモ)をさして通信してみた

2017年11月28日
チー
そして、SIMロック解除して「SIMフリー」になったら、格安SIMを検討してはいかがでしょうか

格安SIMを購入するなら、Y!mobileのSIMがおすすめです。
Y!mobileのメリットは以下のようなものがあります。

Y!mobileがお得な3つの理由
やぶなお
通信速度にこだわりがあって、電話もかける人ならY!mobileがおすすめ。

最大6,000円分のPayPayでお買い物もできるから、さらに嬉しいね!
ゆりちぇる
今なら、データ増量キャンペーンもしてるし、お得なチャンス!!
\ 最大6,000円分のPayPayをゲット! /

Y!mobileのキャンペーンをチェック

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年9月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK