70代の母(高齢者)用スマホはAndroidとiPhoneどちらがよい?らくらくフォンよりiPhoneをおすすめする理由

iPhoneの選び方
SPONSORED LINK

先日所用があり家族全員で家電量販店に行った時の話。母(70歳代)がスマホを見て突然こんな事を言い始めた。

私もこういうの(スマートフォン)を使ってみようかな。
ジャパネットの髙田さんが、こういうのは高齢者こそむしろ向いてるみたいな事言ってたので。

そりゃ、ジャパネットでスマホ売りたいからだろ!!

ってツッコミはさておき、この考え自体は僕も同意するところがある。

デジタルデバイドなんて言葉が叫ばれた10年程前から、解消の手段としてピックアップされたのが、

  • タッチ操作
  • 音声認識

で今のスマホはこれらを当然のように搭載している。

スマート『フォン』と呼ばれるから、電話の延長線上と考えている人が多いが、スマホは電話機能が付いた高性能PCなのだ。

ちょっと真面目に検討してその結果、母には2015年3月にiPhone 6 Plusを購入し、その後iPhone 6sにスイッチした。

70歳を超える親がiPhoneでスマホデビューして2年。老眼対策はデカければ良いものではないと実感した出来事

2017.03.10

SPONSORED LINK

シニア向けスマホととしてAndroidとiPhone(iOS)のどちらがお勧めか

iPhone 8 Plusと化粧箱

iPhone 8 Plusと化粧箱

まずはスマホと言えば、大きく分けてiPhoneとAndroidがありどちらが良いのかという話。

これは正直かなり主観が入るが、特別なカスタマイズをしなくても使えるという意味でやはり、iPhoneが良いかと思った。

Android端末は僕も

など色んなスマホを使ったことがあるが、メーカーによって操作性がバラバラであることが不便と感じている。

例えば、iPhoneの象徴とも言われた、ホームボタンだが、Androidでは基本はソフトウェアボタンだが、ボタンを採用するメーカーも存在するなどバラバラ

高齢者向けスマホとしては、

いざとなったらホームボタンという方程式がある

というのが、安心感としては大きいと思った。

iPhoneの良いところは、何と言ってもシンプルな操作性。タッチ操作の滑らかさも未だにiOSの方が優れているため、直感的なのはやはりiPhoneだなと思う。

そして、僕の母親に関して言えば、3年ほど前からiPadは使っていたので移行はスムーズかなと思った。

富士通の「らくらくスマホ」をオススメしない理由

高齢者向け携帯の代表格は、富士通の「らくらくフォン」と「らくらくスマホ」だと思う。

らくらくフォンは本当に良く出来た携帯だと思うが、らくらくスマホは全く魅力を感じない

スマートフォンの魅力は、色んなことが自由にできることだ。

一般的にスマホなどICT機器に弱いとされる高齢者だが、最初から使いこなせないと決めつけて、機能を制限するのはどうかと思っている

やりたいことが増えた場合に、らくらくスマホでは対応できないことが多いので、

スマホを買うならオススメできない

「らくらくシリーズ」を買うなら、フィーチャーフォンの「らくらくフォン」を買う方が良いと思う。

タブレット+ガラケーとスマホはどちらがお勧めか

iPad Pro

高齢者向けのガジェットとして、よく検討されるのは、

  • 電話はガラケー、データ通信はタブレット

という組み合わせだ。

高齢者は老眼持ちが多く、大画面の方がよいという発想からこの考えを持つ人は多い。

僕もそうで、2015年2月まで母は、docomoのガラケーとau版iPad mini(Cellular版)で利用していた。

高齢者(シニア)用iPadにはCellular版をお勧めする理由と比較ポイント

2013.04.02

NEC製携帯「N-02D」を購入。久々に触って感じるフィーチャーフォン(ガラケー)の課題

2013.12.12

この構成には1つ問題があった。

それは、

タブレットは必要な時(=ネットが見たい時)しか使わない

ということだ。
頻度は人それぞれだろうが、こういうものは年齢関係なく最初は抵抗あっても、使わないと覚えないし、メリットも実感できない。

正直そんなに使っている印象がなかったので、ガラケー+タブレットという構成は、『技術の習得』という意味で必ずしも良いとは思えなくなって来ていた。

これがスマホに一本化だと、電話を含めて嫌でも触ることになるので、使用頻度は劇的に増える。

それよって挫折する人もいるかもしれないが、上手く使えたらそれに越したことはない。

SPONSORED LINK

高齢者用スマホとして見たiPhoneのおすすめモデルは?

iPhone 7はブラックが基調カラー

シニア向け端末として今まで僕がiPhoneを全く勧めなかった理由は単純で、画面が小さかったことだ。

『老眼』という避けがたい現実があるため、コンパクトであることは必ずしもメリットにはならない。

なので、ものには限度はあるがある程度画面が大きい方がよい。

iPhone 6以降、

  • 4.7インチの無印(iPhone 6,6s,7,8)
  • 5.5インチのPlus

が存在しており、どちらを選択するべきか結構悩んだ。

当初は、より大きい画面の方が良いだろうと、Plusを選択したのだが、2018年現在としてはどちらでもよいと考えている。

また、通信契約も格安SIMの普及などで、様々になってきているのでおすすめモデルも異なる。

僕のおすすめとしては、以下のようになる。

  • 大手キャリアなら、iPhone 7かiPhone 8の64GB
  • 格安SIMなら、iPhone 6sの32GB
  • AppleのSIMフリー版なら、iPhone 7の32GB

以降は、その理由を紹介しようと思う。

老眼対策に拡大表示が有効

拡大表示

拡大表示

iPadって実は画面は大きいものの、OSレベルでの拡大機能というのはなかった。

しかし、iPhone 6/6 Plus以降のiPhone 6sには、『拡大機能』というものがあり、ホーム画面のアイコン表示列が1列減るが全体的に大きく表示される。

iPhone 6の「拡大表示」機能に抱く期待。iPhoneがらくらくフォンになれるか

2014.09.11

さらに文字を太くしたりする事も出来るので(これは以前から出来た)、いわゆるらくらくフォン的な表示にかなり近づける事ができるのだ。

高齢者用スマホとして重要なのは、ある程度大きな画面であれば(5インチ前後)、その先重要なのは文字が大きくできるかどうかだと思う。

高齢者(シニア)の老眼対策。iPhone・iPadの文字を拡大しらくらくフォン化する方法

2015.11.10

カメラが高性能

デュアルカメラはトレンド

スマホのカメラは年々進化しており、2018年現在のトレンドはカメラを2つ搭載した(デュアルカメラ)スマートフォンだ。

iPhoneのデュアルカメラの使い方は?「ポートレートモード」の仕組みと作例を解説

2018.04.14

ただ、高齢者向けとしてここまでの機能は不要と思う。

カメラの機能として重要なのは、

  • サクッと撮影できること
  • 設定などを意識せず、それなりに高画質な写真が撮影できること

だと思うので、その点でいうとiPhoneのカメラはやはり使いやすい。

iPhoneのカメラは、最新モデルのiPhone Xや、iPhone 7 Plus以降のPlus系はデュアルカメラを搭載している。

前述の通りここまでの機能は不要と思うが、光学式手ぶれ補正機能の搭載有無は大きな違いとなる。

2018年現在で一般的に購入できるモデルで比較すると、以下のようになる。

機種名 光学式手ぶれ補正の有無 備考
iPhone 6s ×
iPhone 6s Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus 望遠レンズは非対応
iPhone 8
iPhone 8 Plus 望遠レンズは非対応
iPhone X

ポイントはiPhone 7以降なら、Plusでなくても光学式手ぶれ補正に対応しているということだ。

2018年時点では大手キャリアの取り扱いは減っているが、狙い目はiPhone 7だとい思う

iPhone 7と8を今買うならどっちがいい?おすすめは7。違いを比較してみた

2018.01.06

無印かPlusのどちらがよいか

2017年のiPhoneは3モデル

無印かPlusのどちらにするかは、わりと迷う面があるが、基本的には無印で良いと思う。

スペック面のポイントは光学式手ぶれ補正の有無で、これは前述の通りiPhone 7以降は全モデル対応している。

なので、基本的にはお好みで良いと思うが、母の事例を紹介しておこうと思う。

僕の母親は、2015年3月にiPhone 6 Plusを購入し、以来2年間使用した。

約2年間使って出た本人の声は、

特に不便はないが、大きいので電話の時使いづらい

というもの。

スマホはデータ通信端末なので、画面が大きい方が見やすいと思っていたが、高齢者は結局電話でのコミュニケーションが多い

このため、電話の使い勝手が満足度に大きく左右するようなので、Plusはデカすぎるという結論になった。

その後、母はお古のiPhone 6sを使用しており、「こっちの方が使いやすい」と本人は満足している。

70歳を超える親がiPhoneでスマホデビューして2年。老眼対策はデカければ良いものではないと実感した出来事

2017.03.10

ストレージ(ギガ)は最小容量で十分

iPhone 8・iPhone Xで大容量ストレージは基本的に不要

ストレージもわりと悩む要素だが、基本的には最小容量で十分だと思う

各モデルの最小ストレージは、2018年時点では、

モデル名 最小容量
iPhone 6s系 32GB
iPhone 7系 32GB
iPhone 8系 64GB
iPhone X 64GB

となっており、通常利用で足りなくなることはまずない。

注意点としては、中古スマホなどで販売されている、iPhone 6sの16GBモデルは購入しないように注意しよう

価格だけ見れば16GBを買いたくなるが、シニア向け端末として考えると機種変更ペースは速くて2年後となる。

その間、写真を何枚撮るかは分からないが、バックアップなんてほとんどやらないと考えた場合、ストレージはある程度余裕を見ておく必要がある

さらに言えば、OSをバージョンアップしようとして、写真を沢山削除する必要に迫られたりして、面倒なことになりかねない(そういう作業は多くの場合、子供がやることになるので)。

ちなみに僕の母親の場合64GBを購入したのだが、2年使っても15GB程度しか使っていなかった

つまり、16GBでもなんとかなったが、さらに長く使うことを考えたら厳しいので、

32GBとあれば十分

と言えそうだ。

iPhone 8/iPhone Xのストレージ(ギガ)は64GBと256GBのどっちがいい?64GBで十分足りた理由

2017.09.30

終わりに

高齢者のスマホは色々悩ましく、僕も長年試行錯誤を続けて来た。

  1. らくらくフォン
  2. ガラケーの拡大モード(らくらくフォン化)
  3. タブレットとガラケー
  4. スマホのみ(大型のiPhone 6 Plus)
  5. スマホのみ(小型のiPhone 6s)

もちろん一括りに高齢者と言っても、ICT機器に対する成熟度、年齢、性別などによって思考は異なっている。

70代の母にとっては、最終的に今の形が一番不満が少ないようなので、我が家は当分この価値になると思う。

高齢者向けスマホ選定の参考になればと思う。

高齢者(シニア)の老眼対策。iPhone・iPadの文字を拡大しらくらくフォン化する方法

2015.11.10

70歳を超える親がiPhoneでスマホデビューして2年。老眼対策はデカければ良いものではないと実感した出来事

2017.03.10

高齢者におすすめのiPhoneは、契約している通信キャリアや購入方法によってことなります。

  • 大手キャリアなら、iPhone 7かiPhone 8の64GB
  • 格安SIMなら、iPhone 6sの32GB
  • AppleのSIMフリー版なら、iPhone 7の32GB

がおすすめです。

大手キャリアと格安SIMのiPhoneはSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、手数料や頭金がないオンラインショップがおすすめです!

70代の母(高齢者)用スマホはAndroidとiPhoneどちらがよい?らくらくフォンよりiPhoneをおすすめする理由

2015.03.10

ドコモでiPhoneを買うのは安い?「SIMフリー+格安SIM」とどっちがお得かを料金比較

2017.11.14

あわせて読みたい

SPONSORED LINK