docomo withで携帯料金は安くなった?日割りの適用有無・料金明細をまとめてみた

docomo withは安いのか
SPONSORED LINK

2017年のdocomo夏モデルは、フラグシップ端末のXperia XZシリーズ・Galaxy S8シリーズより、新登場のdocomo withシリーズが注目されたと思う。

対象スマホのご購入で、利用料金が『ずっと』毎月1,500円割引というのがポイントなのだが、僕は発売した2017年6月に購入し(Galaxy Feel SC-04J)、以来約2ヶ月経過した。

docomo with「Galaxy Feel SC-04J」を買ってみた。ずっと1500円割引なiPhoneそっくりスマホ

2017.06.24

料金明細なども揃ったので、

本当に安くなったのか?

を検証してみようと思う。結論を先に言うと、我が家の場合かなり安くなったと感じている。

SPONSORED LINK

従来の割引『月々サポート』・『端末購入サポート』

月々サポート

月々サポート

2017年6月から開始した『docomo with』と呼ばれるプランは、MNVO(格安SIM)対策なんて言われたりもしたが、値引きを目的としたプランだ。

従来の割引の仕組みは、

  • 端末購入を2年間(24回)の分割払い(または一括払い)とする
  • 分割払い金の一部を、docomoがサポート(=月々サポート)

というもので、サポートする金額やサービス名がキャリアによって変わっているだけで、基本的に格安SIMも含めて端末購入の仕組みは横並びだった。

docomoに関して言えば、もう1つ『端末購入サポート』というものがあり、これは24ヶ月分の割引を初回購入時に適用し、1年間は機種変更すらも縛るというプランだが、割引は24回という考え方は変わっていない。

【docomo】月々サポートと端末購入サポートは何が違う?機種変更で使うとお得なスマホ購入術

2017.03.06

docomo withの概要

docomo withの考え方

docomo withの考え方

24回の割引というのは、ある意味非常に分かりづらかった。

  • いつから始まり、いつ終わるのか
  • 途中で解約・機種変更すると割引が止まり、残債が請求される
  • 一括購入した場合、月々サポートが終了したあとの『割高感』

これらは全て、割引が24回に限定されていることに起因している。

そして、割引の切れ目が縁の切れ目という感じで、他社にMNPするユーザーも多かったと思う。

そういうわかりにくさを解消する為に生まれたプランが、『docomo with』だ。

内容としては、

  • 対象端末を購入する
  • 購入方法は一括払いのみ(価格は3万〜3万5千円程度)
  • 購入直後から毎月1,500円引きとなり、機種変更しなければこの割引が永続する

といったもの。

なんと言っても、毎月1,500円引きが永続するというのがポイントだ。

対象機種は限定されるが、その端末を使用していなくても割引は継続するということで、SIMフリー端末や他社のSIMロック解除スマホを利用しても問題ない。

つまり、

  • 中華スマホなど1万円程度の安価なスマホ
  • iPhone

も使えてしまうわけで、それがdocomoの格安SIM対策とも言われた理由だ。

docomo withと月々サポートの違い

月々サポートとdocomo withの違いを簡単にまとめると、以下のような感じだ。

分類月々サポートdocomo with
割引24回まで永続
割引金額多め(端末による)1,500円固定
対象機種基本的に全ての端末限定
購入形態一括 or 分割一括のみ

docomo with最大の特徴は、1,500円の割引が永続することだが、その代わりに割引金額は抑えめとなっている。

2017年8月時点でのiPhone 7の月々サポートは毎月2,322円の割引

iPhone 7の月々サポート

iPhone 7の月々サポート

価格的には結構大きなものとなっている。

サポート金額が安い理由は、端末価格の安さも起因している。2017年8月時点でのdocomo with対象機種は2機種となっているが、ドコモオンラインショップでの販売価格は、

端末名価格
富士通の「arrows Be F-05J」28,512円(税込)
Samsungの「Galaxy Feel SC-04J」36,288円(税込)

という感じで、10万円くらいするiPhoneと比較すればかなり安い

SPONSORED LINK

docomo withで料金は安くなったのか?

というわけで、気になる料金がどうなったかを紹介しようと思う。

今回、妻の携帯をGalaxy Feel SC-04Jに機種変更した。

それまでは、ガラケー(FOMA)とiPhone(データ通信用)を持っていたが、iPhoneに一本化した。

つまり、docomoの管理上Galaxy Feelユーザーだが、実態はiPhone 6sを接続して利用している。

日割りは適用されるのか?

Galaxy Feel SC-04Jをドコモオンラインショップで購入し、開通させたのは2017年6月20日だ。

以下は、2017年6月分の利用明細だが『docomo with適用額』として割引され、日割りされていることが分かると思う。

docomo withの割引は日割りが適用される

docomo withの割引は日割りが適用される

なので、月末月初を狙って契約する必要はなさそうと言える。

料金は安くなったのか?

安くなったのか?

という問いについては、利用状況によりけりとは思うのだが、妻の場合は安くなったと感じている。

妻の携帯は、

  • 通話専用のガラケー(1,000円の無料通話付き)
  • データ通信専用のiPhone(月2,000円程度)

というのを長年続けていた。

docomo with導入後は、

  • docomo withを契約
  • 端末はiPhoneを利用
  • 通話プランは『カケホーダイ・ライト』
  • データ通信はシェアパックに加入(シェアパックは僕が契約済)

という感じなのだが、料金は以下のようになる。

月額1,000円

月額1,000円

月額1,000円

docomo回線が利用でき、5分間のカケホーダイ付きでこの値段ならかなり安い。

これまではガラケーの契約だけで、月1,500円(1,000円の無料通話付き)かかっていたので、安くなったと実感する。

データ通信はシェアパックなので、妻が加入する事によりシェアパックの使用量が増える。さらに言えば、これまでは別契約で月7GB程度使えていたことと比較すれば、データ通信の総量は減った

だが、今のところはシェアパックの10GBで足りているので、データ通信の負担は増えていない。

通信量の節約にかなり寄与してくれたと思う。
MNVO(格安SIM)を契約するよりも安い。

終わりに

docomo withは安い

docomo withは安い

docomo withはこの契約のまま長く使うなら確かにお得なサービスだ。

ただ、

1,500円値引きの根拠って一体何なんだろう

という疑問も沸く。

端末価格は約3万円。つまり、24回以上割引を受けたら利用者にとって黒字になることを意味する。

この原資は誰かが負担していることになる。
だったらもう、

通信サービスのみ提供するプラン

をこの価格かもう少し安い価格で提供すればいいわけで、端末購入とセットにしたプランがいよいよ崩壊してきたなと感じる。

近年の大手キャリア料金プランは、docomoがプライスリーダーとなっている印象が強いが、docomoの次の一手はこの辺りが関係するのではと思った。

docomoユーザー必携!dカードゴールド

docomoユーザーなら利用料金の10%がポイント還元される、「dカードゴールド」の契約をおすすめします。
詳しくは以下の記事をごらんください。

【docomo】dカードゴールドはお得?年会費1万円の元を取るメリットを解説

2016.08.22
  • 年会費無料でとりあえず持つならdカード
  • dカード
  • ポイントの還元率が10%となり一番お得なdカードゴールド
  • dカード GOLD

ドコモに関するまとめページ

SPONSORED LINK

docomo withは安いのか

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)