インターネット無しでは仕事も生活も出来ません。こだわって決めた、おすすめのモバイル・固定回線サービス一覧【2019年3月時点】

chimobile 通信
SPONSORED LINK

ブログ「アナザーディメンション」を運営している、チーこと戸井健吾です。

当ブログのメインコンテンツは、大きく分けると以下の3種類です。

ガジェットはレビュー依頼などを受けて、数多くの製品を使って来ましたが、通信サービスのレビューというのはあまりありません

通信サービスはその人の生活に深く依存するモノなので、「ネタで契約」みたいなことは難しいからと思います。

とはいえ、僕はこのようなブログを運営している関係上、普通よりは沢山の回線を契約しています。

必要かどうかよりも、サービスの特性を知るために試している側面もあるからです

この記事では、僕が使っている通信サービスを紹介します。

  • 携帯、スマホ回線のメイン回線
  • 固定回線
  • サブ回線の格安SIM
  • 大容量通信用モバイルWi-Fiルーター

大きく分ければ、上記4種類です。

チー
通信回線には、毎月3万円ほどかかっているよ
2019年3月時点の情報です

僕個人のプロフィール・使っているガジェットについては、以下の記事をください。

岡山県倉敷市のブロガー チーのプロフィールとブログの概要について

チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年3月時点】

アイドル記事を書き続けている理由

アイドルが好き!ヲタク歴19年の僕が、アイドル記事を書き続ける理由と推しのアイドル【2019年3月時点】

SPONSORED LINK

携帯、スマホ回線のメイン回線は「NTTドコモ」

ドコモのブランドビジョン

まず、携帯、スマホ回線は「NTTドコモ」を利用しています。

  • 大手キャリア
  • 大手のなかでもシェアNo.1のドコモ

ということで、面白みが全く無いのですが、家族で利用する場合、お得なのはドコモだと思っています

ドコモのブランドビジョンは「いつか、あたりまえになることを。」

docomoを利用するメリット・デメリット。10年以上の長期利用者が感じるau・SoftBankに移らない理由

2015年3月28日

2019年3月時点で、契約している回線は以下です。

  1. 僕の回線(主契約)
  2. 母の回線(名義は僕)
  3. 妻の回線
  4. iPad Pro用の回線
  5. サブ回線
  6. 6歳の長男用回線(主契約は僕)
  7. ドコモ光(固定回線)

必須の回線は本来3番までなんですが、家族向けの「シェアパック」を導入すると、維持費が安いので契約しています

iPad回線の請求額

端末を一括払いしていることもありますが、4番のiPad Pro用回線の請求額は「毎月700円くらい」、端末代を含めても3,000円

サブ回線の明細

5番のサブ回線請求額は「毎月2円」、端末代を含めても2,000円です。

かなり安いです。

メイン回線の料金は高い

6番の子供用回線は「学割」を適用して安くしていますが、1年間限定の割引なので2年目以降は「docomo with」に切り替える予定にしています。

小学生の子供にドコモの学割でiPhoneを購入した理由

小学生1年生になる子供に、ドコモの学割でスマホを購入。キッズ携帯より安い月額280円と位置情報サービス(GPS)が決め手

2019年1月21日

その分、主契約となる僕の回線は「ウルトラシェアパック30(30GB)」を契約しているため、14,000円くらいと高くなります

ドコモの支払い額は月平均25,000円

ただ、7回線をまとめても請求額は「25,000円」なので、主回線以外はかなり安くなっています。

docomoの通信費を節約する方法

ドコモは高いって本当?スマホの通信費を安く抑える3つの節約術

2018年4月2日

dカード GOLDを契約し実質負担を節約

さらに僕は、dカード GOLDを契約しています。

dカード GOLDを契約すると、利用料の10%がポイント還元されます

特典名還元率
dカードGOLD会員特典ドコモ通信料の9%分ポイント還元
dポイントクラブ会員向けドコモ通信料の1%分ポイント還元

dカード GOLDを契約しているのは僕なので、高額なシェアパックがポイント還元対象となるわけです。

大体毎月1,100ポイントくらいは還元されているイメージですかね。

さらに、もう一つ後述する「ドコモ光」を契約しているため、こちらの利用料も10%ポイント還元されます。

dカード GOLDはドコモユーザー必携

dカード GOLDのメリットは?会員特典で10%ポイント還元で年会費の元がとれます

2016年8月22日

家族でパケットをシェア、支払い・ポイントも一元化

常時大量のdポイントを保有している

ドコモの料金プランは、基本的に家族で契約することが想定されています

そして、契約年数の長い「お父さん」が主回線になることで、料金を安くするように見せているわけです。

ポイントは、

  • シェアパックを契約する
  • 主回線の契約年数が長い

という辺りなのですが、僕はまさにそのパターンにはまるので、最大限活用しています。

契約年数は20年以上です

さらに、長期契約による割引「ずっとドコモ割プラス」も、現金値引きではなく、dポイント還元による値引きを選択しました

毎月dポイントは3,000ポイントほど還元される

このため、dポイントは毎月「3,000ポイント」くらい還元されます

固定回線は「GMOとくとくBB ドコモ光」

ドコモ光

このように、携帯はドコモ回線を長年利用していましたが、固定回線は「auひかり」を利用していました

これは、過去の名残でもあったのですが、

  • auひかりが高速かつ安定していて、快適すぎた
  • ドコモ光(NTTフレッツ)は、遅いと言われていた

ことから、導入を躊躇していた面があります。

しかし、auひかりが契約満了した2018年4月に、ドコモ光への移転を決意しました。

au

auひかり ホームの速度は上りも下りもIPv6標準対応で早い!So-netで5年使った口コミレビュー

2018年3月23日

プロバイダーに特にこだわりは無いため、インターネットでは一番評価が高いと感じた「GMOとくとくBB ドコモ光」を選択します。

噂通りでした。

チー
ドコモ光は本当に遅かった……

特に、夜間のスピード低下は著しく、モバイル回線の方が早い状態……。

しかし、価格的なメリットはやはり大きいです

  • dカード GOLD契約による10%ポイント還元
  • ドコモ光セット割
  • 月額5,200円という安価さ

これらを総合すると、実質価格は2,000円くらいなので、激安といえます

ドコモ光を使うなら「v6プラス」は必須

ちなみに、通信速度の問題は「v6プラス」を導入することで、ある程度解消しました。

デフォルトの接続方式である「IPv4 PPPoE」をやめ、IPv6接続(v6プラス)を導入した結果、特に夜間の速度低下はマシになっています

ただし、auひかり程のスピードではないですが……

IPv6接続(v6プラス)は高速化技術ではないですが、空いているという意味で、早くて安定しています

専用機器が必要

というのが欠点ではあるものの、僕が契約した「GMOとくとくBB」は対応機器を無償レンタルさせてくれます

なので、積極的に導入しましょう。

ドコモ光はauひかりより早い?

ドコモ光は早い?通信費の節約でauひかりから乗り換えましたが、速度と安定面では不満があります

2018年8月21日
ひかり電話を導入している場合は、NTTから貸与されるホームゲートウェイが対応しています
チー
ドコモ光を使うなら、v6プラス対応機器を無償レンタルしてくれる、GMOとくとくBBがおすすめ

サブ回線(バックアップ回線)には格安SIM「UQ mobile」

UQ mobileを契約中

ここまで、紹介してきた内容が、普段使っている回線なのですが、それ以外にもサブ回線(バックアップ回線)を契約しています。

1つは、格安SIMの「UQ mobile」です。

  • 月額1,000円で維持出来る
  • ドコモではなくau回線を使っている

ことが大きなポイントでしょうか。

UQ mobileの速さと手軽さは反則!旧型iPhoneを長期利用する初心者におすすめの格安SIM

2017年10月11日

SIMカードは持ち歩いていますが、普段は基本的に使っておらず、「掛け捨ての保険」と位置付けています

通信障害や災害発生時のバックアップ回線です。

通信障害・災害対策にモバイルのバックアップ回線(サブ回線)を契約しよう

スマホが使えないと困る…。通信障害・災害対策にモバイルのバックアップ回線(サブ回線)を契約しよう

2018年12月22日

大容量通信用モバイルWi-Fiルーターは「GMOとくとくBB Wimax2+」

wimax2+

ある意味もう1つのバックアップ回線が、「Wimax2+」です。

これは、いわゆる「ポケットWi-Fi」、モバイルWi-Fiルーターとして利用しています。

Wimax2+最大の特徴は、大容量通信をしても、速度低下が少なく、通信制限も緩いことです

僕は、岡山在住で車の移動が多いです。車では大抵YouTubeの動画を流しています。

また、常に12インチMacBookを持ち歩いており、いわゆる「ノマドワーカー」的に外出先で仕事をすることも多いです。

チー
テザリングを起動するのが、面倒くさい……。

そう思って、Wi-Fiルーターを持ち歩いています。PCで作業すると、データ通信量も増えがちですし。

月間40GB通信しても定額

車移動が多い時は「月に40GB」ほど通信することもありました

メイン回線のドコモでこれをやったら、一発で通信制限です。

敢えてメイン回線以外で大容量通信する

こうすることで、安心して使うことが出来ます。

チー
ただ、Wimax2+は屋内や郊外での利用は難しいのが欠点……。

一長一短ですね。

ちなみに、ドコモ光と同じ「GMOとくとくBB」を契約した、深い理由はありません。

キャンペーンが多く、一番安かったから

これだけです。
Wimax2+に関して、元になる回線は全て同じなので、契約する業者によってサービス内容の違いはありません。

チー
Wimax2+を契約するなら、キャッシュバックなど価格で選べばOK

「GMOとくとくBB」はNo.1にこだわっているので、一番安いことが多いです。

終わりに

僕が使っている回線だけに限定(=家族は除く)すると、2019年3月時点では以下のような構成です。

回線種別用途料金
ドコモメイン回線14,000円
ドコモiPad回線2,500円
ドコモサブ回線1,500円
ドコモ固定回線(光)5,200円
UQ mobileサブ回線1,000円
Wimax2+大容量通信回線4,000円
合計28,200円

これを安いと考えるか、高いと考えるかは色々議論はあるでしょう。

無駄も多いとは思います。

近いうちに見直すと思うのは、2020年1月で契約満了する、Wimax2+回線です

ドコモの契約容量をアップさせたら、統合出来るのではないかと思っています。

何かの参考になればと思います。

チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年3月時点】

2018年12月17日
アイドル記事を書き続けている理由

アイドルが好き!ヲタク歴19年の僕が、アイドル記事を書き続ける理由と推しのアイドル【2019年3月時点】

2019年1月5日

あわせて読みたい

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)