【2019年9月版】ドコモミドルレンジスマホで、5万円以下のコスパが高いおすすめ機種は?iPhone・Android別に紹介します(旧docomo with)

ドコモスタンダードモデル2019年9月版 ドコモオンラインショップ
SPONSORED LINK
最近のスマホは10万円以上するし、5万円以下のミドルレンジでコスパの高いモデルが欲しい

2019年6月1日から、新しい端末販売方式「スマホおかえしプログラム」が始まり、ドコモのスマホは大きく2種類に分かれた。

  • スマホおかえしプログラムで、2年リース購入となる「ハイスペックモデル」
  • 5万円以下で買いきりとなる「スタンダードモデル(ミドルレンジ)」

スタンダードモデル(ミドルレンジ)は、2019年5月31日まで提供されていた「docomo with」の対象モデルだったのだが、分離プラン「ギガホ・ギガライト」もラインアップとしてはそのまま残った

  • 5万円以下
  • 買い切り(=長く使える)

という特徴を持つ、ドコモスタンダードモデルスマホ(ミドルレンジ)のおすすめを、この記事では紹介いようと思う。

SPONSORED LINK

2019年9月時点のおすすめは激安の「Pixel 3」

Pixel 3

この記事では、スタンダードモデルのスマホを紹介するのだが、2019年9月時点ではハイスペックモデルなのに、安くてスペックの高いモデルがある

2019年9月5日から大幅に値下げされた、以下の4モデルだ。

  • AQUOS R2とGalaxy S9は、2018年夏モデル
  • Pixel 3は最新モデル

にも関わらず、3万円〜5万円で販売されるスタンダードモデルモデルより安い「21,384円」で販売されている

チー
在庫処分だと思うけど、反則的な安さ!
\ 特価スマホは在庫限り!お早めに /

特価スマホをチェック

値下げの詳細と購入条件

購入条件を記載すると以下のような感じだ。

特価モデルの購入条件
  • ドコモ回線を契約していること
  • 過去6ヶ月以内に機種購入手続きを行っていない(持ち込み機種による新規契約、FOMA→Xi契約変更も含む)

この記事で紹介している特価スマホは、「ドコモ」が販売するもの。つまり、ドコモ回線を持っている人が購入するのは、「当たり前」の話。

なので、実質的な条件は、

過去6ヶ月以内に、機種購入手続きや契約変更手続きをやっていない

これだけだ。

もちろん、「機種変更」を伴うので、今まで使っていた機種を「月々サポート・端末購入サポート」で購入していれば、残債が請求されたり、違約金が発生することがあるのは今までと変わらない

購入条件に合致していれば、購入を前向きに検討してよいと思う。

特価スマホはすべて一括価格「21,384円」と大幅値下げ

Pixel 3

今回の値下げ内容を改めて紹介する。
いわゆる「ハイエンドモデル」の値下げなのだが、その値下げ方法が驚き。

価格をまとめると以下のようになる。

▼値下げ前の価格(2019年9月4日まで)

モデル名スマホおかえしプログラム支払総額スマホおかえしプログラム
適用時負担額
Galaxy S9 SC-02K66,096円44,064円
AQUOS R2 SH-03K56,376円37,584円
Google Pixel 369,984円46,656円
Google Pixel 3 XL69,984円46,656円

▼値下げ後の価格(2019年9月5日〜)

モデル名スマホおかえしプログラム支払総額スマホおかえしプログラム
適用時負担額
Galaxy S9 SC-02K×21,384円
AQUOS R2 SH-03K
Google Pixel 3
Google Pixel 3 XL
チー
めちゃくちゃ安くなってる!
\ 特価スマホは在庫限り!お早めに /

特価スマホをチェック

ドコモスマホ特価情報2019年9月5日版

【セール情報】安すぎる!ドコモスマホGoogle Pixel 3・Galaxy S9・AQUOS R2が「21,384円」に大幅値下げ!(9月30日まで/契約種別関係なし)

2019年9月5日

ハイスペックスマホは最新モデルがおすすめだが「リース購入」

スマホおかえしプログラム

以降は本題となる「スタンダードモデル」に関して紹介する。

ドコモのスマホは2019年6月以降、大きく2つに分類されている。

  • スマホおかえしプログラムで、2年リース購入となる「ハイスペックモデル」
  • 5万円以下で買いきりとなる「スタンダードモデル(ミドルレンジ)」

ハイスペックモデルは、価格が10万円程度するのだが、スマホおかえしプログラムで2年毎にキッチリ機種変更すればお得な購入方法だ

そして、大半のモデルが「定価販売」になった結果、値下げされたコスパの高い「旧モデル」も姿を消してしまった

以下は、毎年2回新モデルを発表する、SONYのXperiaを例にした価格比較だ。

機種名本体価格スマホおかえしプログラム
対象有無24か月目返却時負担額
2019年 夏モデル
Xperia 1 SO-03L
Xperia 1  SO-03L
103,032円68,688円
2018年 冬モデル
Xperia XZ3 SO-01L
Xperia XZ3

→レビュー記事
91,368円60,912円
2018年 夏モデル
Xperia XZ2 SO-03K
SO03K_DeepGreen_M1
81,648円54,432円
Xperia XZ2 Compact SO-05K
SO05K_WhiteSilver_M1
56,376円37,584円

世代が古くなるにつれて、「約1万円」定価が安くなるが、「スマホおかえしプログラム」で24回支払後に返却すれば、価格差は「6,000円」まで縮まる

2018年夏モデルの「Xperia XZ2 SO-03K」と、2019年夏モデルであり最新モデルの「Xperia 1 SO-03L」の価格差が「14,000円」

2年使うことを考えたら最新モデルの方がお得感が強い。

\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

2019年夏モデルをチェック

ドコモ旧モデル値下げ情報2019年9月版

【2019年9月版】ドコモ旧モデルスマホのおすすめは?新規・機種変更で一番コスパが高いのは、21,384円に値下げされた「Google Pixel 3」

2018年4月15日

ドコモミドルレンジスマホの特徴は「買い切り」であること

ハイスペックモデルのコスパは良くなったが、スマホが長寿命化しているなか、2年毎に機種変更するのが「面倒くさい」という人も多い

そのような人が、一番気にするのが、

データ移行の手間

これが嫌なので同じスマホを長く使いたいと考えており、そんな方にはいくら最新モデルの魅力を語っても響かない(笑)

なので、僕はそんな方には「docomo with」をおすすめしていた。

スマホの機種変更が面倒くさい方には「docomo with」シリーズがおすすめ

スマホの機種変更が面倒なら永年割引の「docomo with」を導入しよう。中古・格安スマホへ移行してもお得です!

2018年7月6日

それくらい優れたプランだったのだが、2019年5月で新規受付終了……。

その後どうなるかと思っていたが、

チー
割引はないけど、「買い切り」のスマホとしてラインアップにそのまま残った!
  • 5万円以下
  • 買い切り

という特徴があり、もちろんスペック的にはハイスペックモデルと比較すれば劣るのだが、バランスの良いモデルが多い

「買い切り」であれば、壊れない限り3年でも5年でも使うことができる。

ただ、そのためにはモデル選定を慎重に行う必要がある。

\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

スタンダードモデルをチェック

「docomo with」ユーザーは今後どうするか?端末を売却してよいか

docomo withの考え方

余談だが、2019年5月末の新規受付停止に伴い、ものすごい数の駆け込み需要でユーザーが激増した、「docomo with」ユーザーは今後どうするか?

1年くらいはよいだろうが、それ以降は当然スマホの買い替え・機種変更が視野に入ってくる。

この時、新料金プラン「ギガホ・ギガライト」に変更すると、毎月1,500円引きの権利は消滅する。

権利を維持したまま、機種変更したい!

そう考えた時、方法は大きく分けて2種類ある。

  • SIMフリー版、中古で新しいスマホを購入する
  • ドコモでスマホを購入する

docomo withの権利を維持したまま、ドコモで機種変更も可能

ということは覚えておいて欲しい。

購入済みのdocomo with端末に関しては、新機種購入時に下取りする、売却する、手元に残しておく、何をやっても自由だ。

チー
新料金プラン「ギガホ・ギガライト」へ切り替えると、docomo withの権利がなくなることだけ注意!

ドコモミドルレンジスマホのラインアップ

2019年9月時点での「ドコモミドルレンジスマホ」のラインアップは以下の通りとなっている。

機種名本体価格発売月
Pixel 3
Piexl 3

→レビュー記事
21,384円
※2019年9月5日〜値下げ
2018年11月
Pixel 3 XL
Piexl 3 XL
2018年11月
AQUOS R2 SH-03K
AQUOS R2 SH-03K
2018年6月
Galaxy S9 SC-02K
Galaxy S9 SC-02K
2018年5月
LG style2 L-01L
LG Style2

→レビュー記事
38,880円2019年7月
Google Pixel 3a
Google Pixel 3a

→レビュー記事
46,656円2019年6月
arrows Be3 F-02L
arrows Be3 F-02L
33,048円2019年6月
Xperia Ace SO-02L
Xperia Ace SO-02L
48,600円2019年6月
iPhone 7 32GB
iPhone 7 32GB

→レビュー記事
42,768円2019年2月
AQUOS sense2 SH-01L
AQUOS sense2 SH-01L

→レビュー記事
31,104円2018年12月
Galaxy Feel2 SC-02L
Galaxy Feel2 SC-02L
40,824円2018年11月
arrows Be F-04K
arrows Be F-04K
33,048円2018年5月
LG style L-03K
LG style L-03K

→レビュー記事
27,216円
※2019年7月19日〜値下げ
2018年6月
らくらくスマートフォン me(F-01L)
らくらくスマートフォン me(F-03K)
40,824円2019年2月

半年毎に2機種程度新モデルが発売されており、2019年9月時点での最新モデルは「LG style2 L-01L」だ。

また、「docomo with」時代の2018年9月から初めてのApple製品として、「iPhone 6s」が対象機種に追加されていたが、2019年2月27日からはお値段据え置きで「iPhone 7」に置き換えられ、「docomo with」終了後も販売継続している

docomo withにiPhone 7が追加

iPhoneを安く使う方法は格安SIMだけではなくなった。「docomo with & iPhone 7」がお得過ぎる件

2019年2月20日

新規契約の場合ドコモのスタンダードモデルは安いのか?

2019年9月時点で、既存のドコモユーザーのほとんどが旧プランを継続していると思う。

しかし、新規契約の場合は、分離プラン「ギガホ・ギガライト」しか選択肢がないため、他社と比較してスマホの価格は安いのかが気になるだろう

昔から「ドコモの携帯は高い」と言われていたし、それは事実だったのだが、実はそれが少し変わりつつある。

2019年夏モデルの価格を例に紹介する。

ドコモ2019年夏モデル

ドコモ2019年夏モデル発表。価格の「安さ」に驚いた!Android・ガラケーの注目機種と機能をピックアップ

2019年5月23日
分類モデル名スマホおかえしプログラム販売価格
docomoauSoftBank
ハイスペックXperia 1 SO-03L103,032円112,320円136,320円
Galaxy S10 SC-03L89,424円102,000円
Galaxy S10+ SC-04L101,088円114,960円
AQUOS R3 SH-04L
→レビュー記事
89,424円99,360円113,760円
HUAWEI P30 Pro HW-02L89,424円
スタンダードXperia Ace SO-02L×48,600円
arrows Be3 F-02L33,048円
LG style2 L-01L
→レビュー記事
38,880円
Google Pixel 3a
→レビュー記事
46,656円57,120円

ハイスペックモデル・スタンダードモデル関係なく、他社と比較してドコモのスマホは安い

分離プラン導入の影響で、「〜年間利用した場合の実質価格」を比較する意味は薄いし、この記事で紹介しているミドルレンジは、そもそも買い切りなので関係ない。

格安SIMも比較対象になるとは思うが、大手キャリア同士で比較した場合、ドコモは安いと思う。

その上で、通信品質勝負になるのだが、直接の競合相手となる、「UQ mobile」の場合は大体これくらいの料金だ。

月額料金内訳明細書 UQ mobile 4月分(4月1日から4月30日まで)

2018年4月の明細

5GB程度のデータ通信契約で比較すれば、ドコモは5,000〜6,000円、「UQ mobile」なら4,000円程度となる。

チー
高品質なドコモ回線を使っても、1,000〜2,000円の差なら、ドコモをとる

そんな考えの人もいるだろう。

僕は、通信回線については安定感重視なので、この価格差ならドコモを選択する。

\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

スタンダードモデルをチェック

docomo withは安いのか

ドコモの値下げプラン「docomo with」は本当に安い?いつから割引?日割りの適用有無・料金明細をまとめてみた

2017年8月30日
格安SIMへの移行で通信費を節約できたのかを検証

格安SIMで通信費を「月2,000円」節約できた!月額料金とMNP移行費用のまとめ

2018年6月2日

ミドルクラスで買えるiPhoneは「iPhone 7」のみ

docomo withにiPhone 7が追加

では、ミドルクラス購入できるスマホで、おすすめのiPhoneは何かと問われたら、1つしかない。

iPhone 7」だ。2019年2月27日から発売された。

docomo withにiPhone 7が追加

iPhoneを安く使う方法は格安SIMだけではなくなった。「docomo with & iPhone 7」がお得過ぎる件

2019年2月20日

価格は「42,768円(税込)」

この価格だけ見ると、多少高く感じるかもしれない。しかし、こう言えば印象が変わるだろう。

チー
Appleが販売するSIMフリー版よりも安い!
※Appleは54,864円

正直、ドコモ版がなぜこんなに安いのかが謎だが、iPhoneとしては驚異的に安いといえる

発売から既に2年以上経過しているが、まだまだ普通に使う事ができるし、UQ mobileY!mobileではは主力機種となっている。

つまり、サブブランドではまだまだ売れるスマホなのだ。

iPhone 7は、

  • Apple Payに対応して、Suicaなどが利用できる
  • 防水対応している

という特徴があり、特に首都圏在住の方なら非常に使いやすいiPhoneだ。

\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

iPhone 7をチェック

docomo withにiPhone 7が追加

iPhoneを安く使う方法は格安SIMだけではなくなった。「docomo with & iPhone 7」がお得過ぎる件

2019年2月20日

スタンダードモデルおすすめのAndroid

Androidに関しては、多数のモデルが販売されているが、基本的なスタンスは、

なるべく新しいモデルを買う

ということになる。

価格帯が同じで、安価ゆえに値下げもほとんどないため、最新モデルを選んでおくのが一番無難な選択だ

ただし、Androidはメーカーによってかなり、ソフトウェアの作り込みが異なる。

今使っているメーカーと同じものがあれば、それを選択するのが無難と思うが、敢えておすすめをピックアップすれば以下の2機種だろうか。

  • Google「Pixel 3a」
  • シャープ「AQUOS sense2 SH-01L」

アップデート3年保証のGoogle「Pixel 3a」

Pixel 3a

2018年11月にGoogle「Pixel 3」が発売された。

一部では大歓迎されたし、僕自身も高機能さに驚かされた。

チー
ただ、どうしても「高い」印象は拭えなかった……。
Pixel 3の廉価版と言える、Pixel 3aはプロセッサや素材など若干コストダウンしているが、ほとんど差がないのに、価格はほぼ「半額」

ピュアAndroidが使えるという魅力はそのままで、価格が安いのでこれは注目だと思っている。

Pixel 3のカメラ

Pixel 3のカメラ機能レビュー。驚異の「夜景モード」をシングルレンズ&ソフトウェアで実現する性能をチェック

2018年12月9日
Made by Google

Pixel 3 / 3XLは他のAndroidスマホと比較して何が違う?Made by Googleだからこそのメリットを紹介

2019年3月27日
チー
僕は、Pixel 3を3月に買っちゃったけど、今から買うなら「Pixel 3a」がおすすめ
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

Pixel 3aをチェック

Google「Pixel 3a」レビュー

Google「Pixel 3a(ドコモ版)」レビュー。iPhoneをやめたい方におすすめのコスパが高すぎるAndroidスマホ

2019年7月7日

日本メーカーのスマホなら「AQUOS sense2 SH-01L」

シャープ「AQUOS sense2 SH-01L」レビュー

Androidユーザーには、「日本メーカーのスマホがいい」という人が多い。

そんな人におすすめするのは、「AQUOS sense2 SH-01L」だ。

以下の点で僕はおすすめしている。

AQUOS sense2のよいところ
  • au・UQ mobile・SIMフリーなど幅広く販売されている(=ユーザーが多い)
  • シャープという日本メーカーが販売している
  • iPhoneのホームボタン相当の、指紋認証センサーボタンがある
  • 指紋がつきにくい、サラッとしたアルミ素材の筐体
  • 手に収まりやすいサイズ感。ケース無しで「雑に扱いやすい」

僕も実際購入したのだが、ワンセグ、おサイフケータイ、防水など、基本機能は全て搭載し、物足りなく感じるシーンはほぼ無い。

敢えて言えば、特筆するほど優れた点も無いことが欠点といえるくらい、優等生のスマホだ。

全モデルの「AQUOS sense SH-01K」は画面の小ささと、メモリ(RAM)がの少なさから、廉価版という雰囲気が強かった。

しかし、「AQUOS sense2 SH-01L」ではそれらを解消しつつ、価格が「31,752円(税込)」と安いのが大きい。

\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

AQUOS sense2をチェック

シャープ「AQUOS sense2 SH-01L」レビュー

シャープ「AQUOS sense2 SH-01L(ドコモ版)」レビュー。3万円前後ミドルクラススマホの実力をチェック

2019年5月4日

終わりに

ドコモ2019年夏モデル

2019年6月以降の、ドコモ端末ラインアップは分かりやすくなった。

  • スマホおかえしプログラムで、2年リース購入となる「ハイスペックモデル」
  • 5万円以下で買いきりとなる「スタンダードモデル(ミドルレンジ)」

どちらが良い・悪いの話ではなく、ユーザーの利用スタイルに合わせて端末が選択できるのが魅力的だ。

ミドルレンジ

と言うと、「安かろう悪かろう」というイメージを持つ方もいるだろうが、そんなことはない

2019年現在販売されているスマホに、「ハズレ」はないのでお気に入りの端末を自信を持って選択して欲しい。

\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

スタンダードモデルをチェック

ドコモスタンダードモデル(旧docomo with)のおすすめモデル

スタンダードモデルのドコモスマートフォンは以下の特徴があります。

価格が安いため、「値下げ」はほぼありません。このため、在庫が豊富で、事務手数料が「無料」のドコモオンラインショップでの購入がおすすめ!

条件を満たせばSIMロック解除も可能です。

スタンダートモデルの特徴
機種名本体価格発売月
Pixel 3
Piexl 3

→レビュー記事
21,384円
※2019年9月5日〜値下げ
2018年11月
Pixel 3 XL
Piexl 3 XL
2018年11月
AQUOS R2 SH-03K
AQUOS R2 SH-03K
2018年6月
Galaxy S9 SC-02K
Galaxy S9 SC-02K
2018年5月
LG style2 L-01L
LG Style2

→レビュー記事
38,880円2019年7月
Google Pixel 3a
Google Pixel 3a

→レビュー記事
46,656円2019年6月
arrows Be3 F-02L
arrows Be3 F-02L
33,048円2019年6月
Xperia Ace SO-02L
Xperia Ace SO-02L
48,600円2019年6月
iPhone 7 32GB
iPhone 7 32GB

→レビュー記事
42,768円2019年2月
AQUOS sense2 SH-01L
AQUOS sense2 SH-01L

→レビュー記事
31,104円2018年12月
Galaxy Feel2 SC-02L
Galaxy Feel2 SC-02L
40,824円2018年11月
arrows Be F-04K
arrows Be F-04K
33,048円2018年5月
LG style L-03K
LG style L-03K

→レビュー記事
27,216円
※2019年7月19日〜値下げ
2018年6月
らくらくスマートフォン me(F-01L)
らくらくスマートフォン me(F-03K)
40,824円2019年2月
\ 送料・手数料無料 /

スタンダードモデルをチェック

docomoユーザー必携!dカード GOLD

docomoユーザーなら利用料金の10%がポイント還元される、「dカード GOLD」の契約をおすすめします。

dカード GOLDはドコモユーザー必携

dカード GOLDのメリットは?会員特典で10%ポイント還元で年会費の元がとれます

2016年8月22日
\ 月額1万以上のドコモユーザー必携 /

dカード GOLDのキャンペーンをみる

パパンダ
え~。でも年会費が1万円もするし、高いじゃん。普通のdカードで充分だよ
チー
高いといっても、毎月の携帯利用料金の10%がポイント還元されるんだから、持ってて損はないカードだよ
パパンダ
確かにそうだけど、いきなり年会費1万円はハードル高いし、まずは年会費無料のdカードでいいや。

普通のクレジットカードとして十分使えるし
\ カード利用で年会費無料 /

dカードのキャンペーンをみる

ドコモカテゴリートップ

20年以上ドコモを契約している管理人が、これまで書いて来たサービスの解説・お得な使い方などを、ドコモカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって契約した、通信サービスを紹介しています。
chimobile

インターネット無しでは仕事も生活も出来ません。こだわって決めた、おすすめのモバイル・固定回線サービス一覧【2019年9月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK