docomo with「Galaxy Feel SC-04J」を買ってみた。ずっと1500円割引なiPhoneそっくりスマホ

SPONSORED LINK

ここ数年の携帯キャリアはdocomoがプライスリーダーとして動いている傾向がある。月額980円のシンプルプランの登場にも驚いたが、

通話定額なしで980円。ドコモ「シンプルプラン」の他社にないメリットとしたたかさ

2017.05.06

2017年夏モデルでは、毎月1,500円引きで月々サポートを永遠に提供するイメージとなる『docomo withシリーズ』を発表した。対象端末は2017年6月時点では、

  • 富士通の「arrows Be F-05J」
  • Samsungの「Galaxy Feel SC-04J」

の2機種のみで、価格は3万円前後と今どきのスマホとしては比較的安価なモノとなっている(いわゆるミドルクラスに該当する)。

価格的には「arrows Be F-05J」の方が安く、僕はメインがiPhoneなので基本的にはこちらで十分なのだが、iPhone 8と呼ばれる2017年モデルは有機ELディスプレイ(OLED)を搭載すると言われている。

有機ELと言えば伝統的にSamsungのGalaxyシリーズが思い浮かぶわけで、個人的にそれほど好きではないが、今回は最近の有機ELがどんな感じか気になる事もありこちらを選択した。

で、使ってみると想像以上にいい仕上がりだった。

開封レポートなどと共に紹介してみる。

SPONSORED LINK

docomo with「Galaxy Feel SC-04J」の概要

製品概要として特徴的な部分をピックアップすると以下のような感じ。

  • 4.7インチ有機ELディスプレイ搭載
  • Android 7.0搭載
  • 防水・おサイフケータイ・ワンセグに対応
  • 生体認証として指紋認証に対応
  • SIMスロットはnanoSIM

ディスプレイサイズが4.7インチと、今どきのAndroidとしては小型というのが大きな特徴だと思う。

ただ、これは実際手にしてみるとよく分かった。

完全にiPhone 6シリーズからの移行を狙っている

というのが。
僕はiPhone 6→6s→7と4.7インチiPhoneを長年使っているのでよく分かる。

それくらい本体のサイズ感やボタン配置がそっくりと感じた。良くも悪くもAndroidっぽさがなく、iPhoneって言われても違和感がない。

docomo with「Galaxy Feel SC-04J」の購入価格

今回は妻のdocomo回線を機種変更という位置付けで購入した。

妻の携帯は、

  • 通話専用のガラケー(月1,200円)
  • データ通信用のiPhone

の2台構成だったのだが、docomo with端末を購入し、導入済みのシェアパック(家族シェアのパケットプラン)に加入すればカケホーダイ・ライト(5分間の通話が無料)でも月1,000円程度と今より安くなる事が分かった。

というわけで、通話専用のガラケーを機種変更し、そのSIMは今使っているiPhoneで利用し端末を一本化することにした。
※「Galaxy Feel SC-04J」はnanoSIMなのでiPhoneと共用できる

価格は発売直後なので定価の36,288円(税込)。
ただし、dポイント一括払いだが。

今回もポイント一括0円

今回もポイント一括0円

購入は機種変更なら手数料や頭金がないため圧倒的にお得な、ドコモオンラインショップで。

ドコモオンラインショップのメリット・デメリットは?機種変更はネットが安いぞ

2014.09.27

「Galaxy Feel SC-04J」開封レポート

というわけで、発売日の6月15日から数日遅れて、我が家に「Galaxy Feel SC-04J」がやってきた。

登場しましたGalaxy Feel「SC-04J」

登場しましたGalaxy Feel「SC-04J」

3万弱という比較的安いスマホということもあってか、パッケージはかなりシンプル。

箱の裏側

箱の裏側

箱の側面

箱の側面

箱は意外と簡素

箱は意外と簡素

こんな感じで蓋を開け、、、

化粧箱登場

化粧箱登場

中にまた箱が。

どこかで見覚えのある風景、、、

どこかで見覚えのある風景、、、

パカっとあけると、そこには完全に既視感のある風景

DSC00553

iPhoneそっくりですよねw

同梱品はワンセグアンテナ・SIMスロット取り外し用ピン、取説のみ

同梱品はワンセグアンテナ・SIMスロット取り外し用ピン、取説のみ

同梱品はケーブルやACアダプタすらない、簡素なもの。
今更いらないが、随分割り切ったなぁと思った。

「Galaxy Feel SC-04J」の外観をチェック

絶対この雰囲気知ってる

絶対この雰囲気知ってる

今回購入したのは『ムーンホワイト』。
他にインディゴブラック、オパールピンクがあり全3色。

裏側はカメラとFeliCa

裏側はカメラとFeliCa

背面は至ってシンプルだが、そこに輝くdocomoロゴ

こういう自己主張を未だにやるdocomoは好きじゃない。いつまでキャリアをアピールするのか、、、

Galaxy Feel「SC-04J」

Galaxy Feel「SC-04J」

デザインは既視感があるものの、しっかりした作りとなっている。

本体下部はスピーカー・イヤフォンジャック・microSDポート

本体下部はスピーカー・イヤフォンジャック・microSDポート

充電やデータ転送のポートは2017年現在Androidで主流のUSB-TypeCではなく、従来通りのmicroUSBとなっている。

これは、恐らくベースとなったGalaxy A3(2016発売)がmicroUSBを採用しているからと思われる。

右側面はスリープボタン

右側面はスリープボタン

本体上部はSIMスロットとmicorSDカードスロット

本体上部はSIMスロットとmicorSDカードスロット

左側面にはボリュームボタンとストラップホール

左側面にはボリュームボタンとストラップホール

ストラップホールを搭載している辺りが、日本向けモデルらしいが、この辺りのボタン配置は本当にiPhoneそっくり。

iPhone 7との比較

iPhone 7との比較

iPhone SEとの比較

iPhone SEとの比較

「Galaxy Feel SC-04J」を使った感想

手に持つとiPhoneそのもの

手に持つとiPhoneそのもの

docomoロゴが目立つ

docomoロゴが目立つ

指紋認証センサーもTouch IDそっくり

指紋認証センサーもTouch IDそっくり

手に取ってみると、側面の金属の質感やサイズ感、そして本体下部にあるボタンに配置された指紋認証センサーなどを使ってみて、改めてiPhoneそっくりだなと感じる。

逆に言えば全く違和感がない
そして、Android 7.0は非常に完成度が高いといわれており、評判の悪かったAndroid 5.0系などと比べると確かに操作性もよくなっていると感じた。

有機EL(OLED)もかつては発色がよすぎて、僕はちょっと苦手だったが、そういう印象はもうなく、自然になったと思う。

3万弱のスマホだが、確かにこれなら2年くらい楽勝で使えそうだ。

ちなみに僕はこの端末をメイン機として使う考えは特になく、基本的にはアラームで使っている。

祝日など指定日が除外できるお勧めの目覚ましアプリ。Androidアプリ「スマートアラーム」レビュー。

2015.03.02

ただ、もう1つ魅力を感じていたのが時計やカレンダーの常時表示機能『Always On Display』だ。

デスクの横に置くといい感じ

デスクの横に置くといい感じ

ディスプレイの一部のみを発光出来る有機ELならではの機能と言え、ちょうど今使っているiMacの手元に時計が欲しいと思っていたので、これはいいと思い使ってみた。

表示方式はカレンダーとセットにするなどいくつか選択肢はあるが、シンプルに時間を表示。

常時表示なので、スリープに落ちてもずっと表示される。

同じ位置でずっと表示していたら焼き付きとか起こりそうだが、定期的に表示位置を上・中・下という感じで微妙にずらしているようだ。

上

真ん中

真ん中

下

気になるバッテリー消費は、

  • スマホとしてはほぼ操作なし
  • Googleアカウントはセットアップ済
  • Wi-Fiに常時接続

という状態で、丸1日で約25%消費される。Wi-Fiをオフにして通信を減らせばもっと持つだろうが、3日くらいは余裕で使える。

この事でいえるのは、『Always On Display』によるバッテリー駆動時間への影響は極めて少ないということだろうか。

時間を確認するためだけに、スマホのスリープを解除する事ってよくあると思う。この機能はめっちゃ便利で、有機ELの全面ディスプレイになると言われるiPhone 8にも欲しいと思った。

有機ELのiPhone 8にも採用?液晶の常時表示「Always On Display」機能が便利!

2017.07.01

SIMロック解除も可能

別に他社のSIMを挿す予定もないが(自宅用なので)、2017年5月24日以降は一括購入なら即日SIMロック解除可能となったので、とりあえずSIMロック解除してみた。

SIMロック解除が即日可能に

SIMロック解除が即日可能に

あっさり申込み完了

あっさり申込み完了

docomo withは一括購入する方も多いと思うので、SIMロック解除はとりあえずやっとけばよいかと思う。
※WEBからの手続きなら無料

【docomo】SIMロック解除の手続き方法。料金・手順など疑問点をまとめました

2016.05.12

終わりに

完成度の高いdocomo with「Galaxy Feel SC-04J」

完成度の高いdocomo with「Galaxy Feel SC-04J」

docomoが販売する格安スマホであり、格安SIM対抗プランとも言えるdocomo withシリーズは、

ずっと1,500円引き

というのが非常に分かりやすく、僕はかなり売れると思っている。
現実を見れば28,000円〜36,000円程度の価格はするわけで、元を取るには約2年かかる。

つまりこの割引金額が生きてくるのは、2年以上使うのが条件になるわけで、その頃には機種変更したくなることも現実問題としては多い。

ただ、docomoとしてはSIMフリー端末を利用したり、他社のSIMロック解除品を使用してもOKと言っており、この使い方は想定済みのようだ。

つまり、それでもdocomoを契約してくれていればOKと言っているようなもので、裏を返せばそれくらいネットワーク品質に自信があるということだろう。

2017年6月時点では他社(au・SoftBank)も追随しておらず、それなりの台数を調達できるdocomoならではの横綱相撲といえるプランなのかもしれない。

強すぎるドコモ

はちょっとよくないと思うが、、、

docomo withで携帯料金は安くなった?日割りの適用有無・料金明細をまとめてみた

2017.08.30

docomoユーザー必携!dカードゴールド

docomoユーザーなら利用料金の10%がポイント還元される、「dカードゴールド」の契約をおすすめします。
詳しくは以下の記事をごらんください。

【docomo】dカードゴールドはお得?年会費1万円の元を取るメリットを解説

2016.08.22
  • 年会費無料でとりあえず持つならdカード
  • dカード
  • ポイントの還元率が10%となり一番お得なdカードゴールド
  • dカード GOLD
SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)