全てを満たすUSB-Cアダプタ決定版!HooToo USBハブ Type-C対応「HT-UC001」レビュー【PR】

SPONSORED LINK

12インチMacBookのポート不足に困っていませんか?

12インチMacBook(2016 Early)を購入して1年弱。
基本的な用途は移動中のブログ記事執筆なのだが、2017年からは岡山ブログカレッジというセミナータイプのイベントを始め、人前で喋る機会が増えた

そうなると、

  • プロジェクターに接続
  • USB機器に接続
  • 写真をSDカードで取り込む

なんてシーンが増えてくる。
元々VGA接続用のApple純正アダプタは持っているのだが、HDMIではないし、何よりSDカードスロットがないというのが地味に不便だった。

デジカメはSDカードだし、USB接続のアダプタは持っているが、USB-TypeCに対応したマルチポートのアダプタが一番便利。

という用途にピッタリマッチする、アダプタのレビュー依頼をいただいたので早速紹介しようと思う。

この記事はメーカーより商品を提供いただいた記事広告です。
当サイトのポリシーはリンク先をご覧ください

SPONSORED LINK

HooToo USBハブ Type-C 3 3.0ポート『HT-UC001』の概要

今回紹介する、HooToo社が販売するUSBハブ Type-C 3 3.0ポート『HT-UC001』は、USB-TypeCポートに接続するUSBハブだ。

ただ、普通のハブとは異なり、

  • USB Type-C Power Delivery(PD)対応ポート搭載
  • USB Type-Aポートを3基搭載
  • HDMIポート搭載
  • SDカードスロット搭載(SD/SDHC/SDXC対応)

という機能を有するマルチポートアダプタとなる。
Appleにも同タイプのアダプタは存在するが、USBポートは1基で、SDカードスロットは搭載していない。

その分、サイズはわりと大型で重量は231gで、

iPhone 7と比較

iPhone 7と比較

iPhone 7とほぼ同じくらいの大きさがあるが、これ1つあれば12インチMacBookのポート不足は解消といえるので心強いアイテムだ。

価格はAmazonで6,999円となっており、一般的なアダプタと考えたら高いが、USB-TypeC対応機器と考えたら、標準的な値段だと思う。

カラーバリエーションは、12インチMacBookに合わせられており、

  • グレー(スペースグレイ)
  • シルバー
  • ゴールデン(ゴールド)
  • ピンク(ローズゴールド)

という構成になっている。

なお、12インチMacBookユーザーが利用する事が多いと思うが、同じくUSB-TypeCポートのみを搭載する、2016年モデル以降のMacBook Proでも使用可能となっている。

HooToo USBハブ Type-C 3 3.0ポート『HT-UC001』開封レポート

わりと大きなパッケージ

わりと大きなパッケージ

裏面

裏面

開封レポートを。
小型ながら化粧箱に入っており、高級感のある佇まい。

さらに箱が

さらに箱が

値段が高い事もあり高級感がある

値段が高い事もあり高級感がある

6,999円とわりと高額なこともあってか、パッケージは凝っている。

お目見え。ドーンとロゴが目立つ

お目見え。ドーンとロゴが目立つ

あけると製品よりも目立つロゴ、、、

このセンスはちょっと理解できない、、、

本体

本体

iPhone 7と比較すると結構大きいことが分かる

iPhone 7と比較すると結構大きいことが分かる

これが本体。
アダプタなので特筆すべき特徴はないが、マルチポートなので本体はわりと大型だ。

取扱説明書(日本語対応)は各ポートの説明あり

取扱説明書(日本語対応)は各ポートの説明あり

説明書では各ポートが解説されている。

HDMIポート

HDMIポート

USB 3.0(Type A)とSDカード

USB 3.0(Type A)とSDカード

接続はUSB-TypeC

接続はUSB-TypeC

電源入力用(USB Power Delivery対応)

電源入力用(USB Power Delivery対応)

  • HDMIポート
  • USB 3.0(Type A)3基とSDカードスロット
  • USB-Type Cの入力用(USB Power Delivery対応)

が各側面に配備されている。

12インチMacBook(スペースグレイ)にピッタリ

12インチMacBook(スペースグレイ)にピッタリ

手持ちの12インチMacBookのスペースグレイに接続すると、色はピッタリだった。

ただ、難点もあり、

接続状態

接続状態

ロゴが光る。ちょっとウザイ

ロゴが光る。ちょっとウザイ

接続し通電状態になると、HooTooロゴが光る

正直ただでさえデカいロゴが光る、というのはどうなんだって思った。ちょっとウザイ、、、

HooToo USBハブ 『HT-UC001』を使ってみた

ロゴの自己主張が激しすぎる

という欠点はあるものの、その他の機能性は抜群だ。

個人的には冒頭でも記載した通り、SDカードスロットがあるのが便利で重宝している。

デジカメの写真を取り込むとき、Wi-Fiやネットワーク経由でも可能だが、スピード重視なら直接接続には絶対勝てない。

今は古い会場でセミナーを行う場合を除き、VGAアダプタしか対応しないといわれる事も減ってきた。外部ディスプレイ接続としても基本はHDMIポートがあれば十分だろう。

そう言う意味で、ポート数が圧倒的に少ない12インチMacBook向けなアクセサリと言える。

また、USB-TypeC対応と言うことで気になるのは、充電機能。

『HT-UC001』のUSB-TypeCポートは、MacBookが搭載するUSB-TypeCポートと同じく、高速充電器規格のUSB Power Deliveryに対応している

なので、専用のACアダプタおよびケーブルを使って充電する事で、高速充電が可能。

12インチMacBookのACアダプタは出力に『14.5V2A』と記載されており、

14.5V×2A=29W

となる。そして『HT-UC001』で計測してみると、

USB-Type Cの入力はUSB Power Delivery対応

USB-Type Cの入力はUSB Power Delivery対応

数値は微妙にずれたりもするが、大体29W前後で安定して充電されていた。

USB-PDはまだ過渡期の規格で、安物より多少高くても信頼性が重要と思っているので、HooToo社の製品はそういう意味で、安心して良さそうだ。

終わりに

12インチMacBookや2016年モデル以降のMacBook Proは、USB-TypeCポートしか搭載していない

USB-TypeCは、

  • 高速データ通信
  • 充電
  • ディスプレイ出力
  • 表裏一体の小型ポート

というまさに『夢の汎用規格』で近い将来この規格に集約されていくのは間違いない。

だが、2017年現在としてはまだ早すぎる印象は強く、さらに言えば過去に購入した機器との接続を考えたら、今回紹介したようなアダプタは必ず必要になる。

これ1つ持っておけばとりあえずOK

という安心感は大きいので、持っておいて損はないアクセサリだと思う。

12インチMacBookのおすすめ急速充電器!Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Deliveryレビュー

2016.05.28

12インチMacBook対応USB-C Power Delivery(PD)充電ケーブル。エレコム「USB3-CCP05NBK」レビュー

2016.07.12

12インチMacBookのまとめ記事

2016年4月の購入以来、主にブログ記事執筆で使いまくって、MacBookは最高だという結論にいたりました。その魅力を語り尽くした記事です。

【レビュー】12インチMacBook(Early 2016)は最高評価!1年以上使い続けた感想のまとめ

2016.12.28

Macのまとめページ

SPONSORED LINK