Apple Watch Series 6発表!詳しくはこちら

【docomo】指定外デバイス利用料ってなに?シンプルプラン・データプラン(ルーター)・ケータイプランではSIMを挿すデバイスに注意

指定外デバイス利用料とは
SPONSORED LINK

2017年6月1日より開始した、ドコモの「シンプルプラン」の申込みを行った。

通話定額なしで980円。ドコモ「シンプルプラン」の他社にないメリットとしたたかさ

このプランを契約する際に、聞き慣れない言葉を目にした。

指定外デバイス利用料

その名の通り、想定外の端末を使った場合に発生する料金のことだが、イマイチ意味がわからないですよね。

この記事では、以下を説明しようと思う。

  • 分離プラン「ギガホ・ギガライト」では発生するのか
  • どのデバイスが指定外・指定内となるのか
  • 指定外となったとき、追加の利用料はいくらなのか
チー
かなり高い料金を請求されることを連想する名前だけど、最大でも「1,700円」ですよ

SPONSORED LINK

分離プラン「ギガホ・ギガライト」では指定外デバイス利用料は発生しない

ギガホ・ギガライト

まず、2019年6月1日から提供開始される、新料金プラン「ギガホ・ギガライト」でのケースについて解説する。

「ギガホ・ギガライト」において知っておいて欲しいことは、1つだけ。

チー
「ギガホ・ギガライト」では、指定外デバイス利用料は発生しない

詳しくは後述するが、指定外デバイス利用料は、デバイス(スマホ・ケータイ・タブレットなど)を限定することで、安価に提供されていた基本プランで契約したSIM(UIM)を、契約範囲外のデバイスに接続することで発生する「差分料金」のこと

例えば、ガラケーのみを対象にしたプランが1,000円だったとして、その契約SIMをスマホに挿すと、スマホで利用した場合の料金の「差分」が請求される。

新料金プラン(分離プラン)では、以下のプランが提供される。

  • ギガホ
  • ギガライト
  • ケータイプラン
  • キッズケータイプラン

このうち、キッズケータイプランは契約条件および利用デバイスが限定されているが、その他のプランは利用デバイスの縛りはない

これは、2台目利用を想定して提供される「データプラス」においても同様だ。

極端に言えば、「ケータイプラン」で契約したSIMをスマホに挿しても、指定外デバイス利用料は発生しない。

ただ、ケータイプランのデータ通信量は「100MB」なので、スマホ・タブレットでは速攻で通信制限になると思うが……。

  • データ通信は自宅のWi-Fiがあればいい
  • 電話だけは使いたい
  • ドコモじゃないと嫌だ

という方なら、ケータイプランでスマホを使うのは、「裏技」的な節約術かもしれない

ドコモの分離プラン「ギガホ・ギガライト」を解説

ドコモ分離プラン(新料金プラン)「ギガホ・ギガライト」はお得?いつ変更する?契約するメリット・旧プランの比較を徹底検証

チー
というわけで、以降の記事は旧プラン「カケホーダイ&パケあえる」を契約している人だけ読んでくださいね

指定外デバイス利用料とは何か

多数のデバイス

では、本題となる「指定外デバイス利用料」とはなんなのか。

僕の理解では以下となる。

デバイスを限定して安価に提供されるプランの契約SIMを、異なるデバイスに挿して使用することで発生する「差分料金」

デバイスを限定して安価に提供されるプランの1つが、「シンプルプラン」。

旧プラン「カケホーダイ&パケあえる」の基本料金プランと料金は、以下のような形だった。

全て定期契約あり(=2年縛りあり)の料金です
プラン料金(税別)
カケホーダイプラン2,700円
カケホーダイプラン(ケータイ)2,700円
カケホーダイ・ライトプラン1,700円
カケホーダイ・ライトプラン(ケータイ)1,200円
データプラン(スマホ・タブレット)1,700円
データプラン(ルーター)1,200円
シンプルプラン980円
デバイスプラス 500500円
カケホーダイ2,700円が高いし、電話はほとんど使わないので、安価なシンプルプランにしよう

なんて考える方は多いだろう。

そこに罠がある。同じ流れで、

タブレット(iPadなど)やルーターでもシンプルプランを使いたい

と考えがち。

しかし、シンプルプランはスマートフォン向けプラン。

スマートフォン以外を利用したら発生する超過料金

というのが、「指定外デバイス利用料」の発生イメージだ。

指定外デバイス利用料が発生するプラン(旧プランのみ)

2017年6月1日から提供された『シンプルプラン』
2017年6月1日から提供された『シンプルプラン』

このため、シンプルプランを契約している回線での発生ケースが一番多いと思う。

しかし、正確には2019年5月31日で受付を終了した、旧プラン「カケホーダイ&パケあえる」で提供されていた、以下のプランが対象となる。

指定外デバイス利用料の対象となるプラン
  • カケホーダイプラン(ケータイ)
  • カケホーダイライトプラン(ケータイ)
  • シンプルプラン(スマホ・ケータイ)
  • データプラン(ルーター)
  • デバイスプラス 500
チー
意外とたくさんあるね!

指定外デバイス利用料はいくら?

指定外デバイス利用料はいくら?

指定外デバイス利用料は、ドコモの契約書類に記載されている。

以下から閲覧可能だ。

指定外デバイス利用料の表のみ抜粋する。

全て定期契約あり(=2年縛りあり)の料金です
指定外デバイス利用料の一覧

シンプルプランを基準にした場合、以下のような料金となる。

  • タブレットを接続すると、データプラン(1,700円)との差分「720円」
  • Wi-Fiルーターを接続すると、データプランルーター(1,200円)との差分「220円」

という感じで、正規料金からの「差分」が発生するイメージ

同じ考え方で、

  • ケータイプランで、スマホ・タブレットを接続する
  • データプラン(ルーター)で、スマホ・タブレットを接続する

このようなケースで指定外デバイス利用料が発生する。

少し特殊なのは、「デバイスプラス500」のケースで、2019年時点ではデジタルフォトフレームくらいしか存在しないが、他のプランと考え方が違うようなので注意して欲しい

逆に言えば、上位プランに該当する以下のプランでは、指定外デバイス利用料は発生しない。

指定外デバイス利用料の対象外プランの対象となるプラン
  • カケホーダイプラン(スマホ・タブレット)
  • カケホーダイライトプラン(スマホ・タブレット)
  • データプラン(スマホ・タブレット)

SIMフリーデバイスの扱いは、ドコモ製品と同等の扱い

多数のデバイス

こうなると、SIMフリーデバイスの扱いが気になる方もいるかもしれない。

  • 他社で購入しSIMロック解除したデバイス
  • SIMフリーで購入したデバイス

これらは、ドコモ製品と同等の扱いとなる。

  • Appleストア(海外含む)で購入したSIMフリーiPhone
  • auやSoftBankで購入し、SIMロック解除したiPhone
  • その他SIMフリー・SIMロック解除したスマートフォン

これらは、シンプルプランの契約SIMをさしても、指定外デバイス利用料は発生しない

しかし、タブレットやWi-Fiルーターの場合は、前述の考え方で指定外デバイス利用料が発生する。

終わりに

2017年6月1日から提供された『シンプルプラン』
2017年6月1日から提供された『シンプルプラン』

主に月額980円のシンプルプランにおいて発生する「指定外デバイス利用料」は、デバイスの性質を理解できていないと難しい考え方だと思う

例えば、スマホとWi-Fiルーターなら区別はついても、スマホとタブレットの違いを理解できる人がどれだけいるのか……。

  • 6.5インチのiPhone XS Maxは「スマホ」
  • 7.9インチのiPad miniは「タブレット」

今や「大きさ」では判断が難しく、製品名から正確に判断する必要があるのだが、それゆえに「よく分からない料金を取られた」と思う方も多いだろう。

2019年6月1日から提供開始される、新料金プラン「ギガホ・ギガライト」で、指定外デバイス利用料の考えがなくなったことは「朗報」といえるかもしれない

通話定額なしで980円。ドコモ「シンプルプラン」の他社にないメリットとしたたかさ

ドコモの分離プラン「ギガホ・ギガライト」を解説

ドコモ分離プラン(新料金プラン)「ギガホ・ギガライト」はお得?いつ変更する?契約するメリット・旧プランの比較を徹底検証

ドコモでスマホを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でも大きなメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

ドコモオンラインショップをチェック

ゆりちぇる
2020年9月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
【4G】の最新キャンペーン
  1. ギガホ割
    最大6ヶ月間、月額料金が1,000円割引!
  2. ギガホ増量キャンペーン
    通常30GB/月のデータ量が、2倍の60GBまで使える!
  3. 端末購入割引
    対象機種の購入で、最大22,000円割引か最大20,000円分のポイント還元!
  4. はじめてスマホ割
    ガラケーからスマホへのデビューで最大12ヶ月間、月額1,000円割引!
  5. ずっとはじめてスマホ割
    ガラケーからスマホへのデビューで、ずっと月額1,000円割引!
  6. おしゃべり割
    「ずっとはじめてスマホ割」と同時に音声オプションを申し込むと、最大12カ月間、利用料金が700円割引!
  7. はじめてスマホ購入サポート
    ガラケーからスマホへのデビューで、対象機種を割引!
  8. U15はじめてスマホ割
    15歳以下のスマホデビューで、最大12か月、毎月の利用料金が1,500円割引!
【5G】の最新キャンペーン
  1. 5Gギガホ割
    最大6ヶ月間、月額料金が1,000円割引!
  2. 5G WELCOME割
    5G対応機種購入で、機種代金を5,500円割引、または20,000ポイントプレゼント!
  3. データ量無制限キャンペーン
    5Gギガホ契約で毎月の利用可能データ量がエントリー不要で無制限!
やぶなお
オンラインショップなら24時間受付可能で、最短翌日発送もできるので、手続きがすごく楽です。

お得な情報もドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
\ スマホがおトク!手数料無料 /

最新キャンペーンをチェック

docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

【2020年9月最新】最大3万円以上もおトクになる!?docomoのキャンペーンを賢く併用して、一番おトクな契約方法を紹介!

おすすめモデルについて

チー
おすすめモデルについて、タイプ別に解説します

料金プランと通信費節約方法

ギガホ・ギガライト
チー
ドコモ新料金プラン「ギガホ・ギガライト」や「スマホおかえしプログラム」の開始で、旧プランの受付終了など(docomo withなど)色々変わるので、オトクなのかを考察しました
ドコモの分離プラン「ギガホ・ギガライト」を解説

ドコモ分離プラン(新料金プラン)「ギガホ・ギガライト」はお得?いつ変更する?契約するメリット・旧プランの比較を徹底検証

スマホおかえしプログラムを徹底解説

ドコモ「スマホおかえしプログラム」とは。購入ではなくリース?オトクになるパターンと注意点を解説

「ギガホ・ギガライト」はdカード・dカード GOLDで支払うと「dカードお支払割」が適用されます。

2年縛りがなくなり解約金不要で2年契約の料金になるので、この機会にカードを作ってみてはいかがでしょうか。

\ 年会費永年無料 /

dカードの入会特典をみる

パパンダ
ドコモの料金をもう少し節約するには、どうしたらいいんだろう……。
チー
それなら「dカード GOLD」を契約するといいかも!

年会費が1万円かかるけど、ドコモのケータイ・ドコモ光の利用料金「税抜1,000円につき10%」がdポイントとして還元されるので、月1万円以上使っているならお得になるよ
dカード GOLDはドコモユーザー必携

dカード GOLDのメリットは?会員特典で10%ポイント還元。ドコモユーザーなら持って損のないカード

\ 月額1万以上のドコモユーザー必携 /

dカード GOLDの入会特典をみる

20年以上ドコモを契約している管理人が、これまで書いて来たサービスの解説・お得な使い方などを、ドコモカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって契約した、通信サービスを紹介しています。
契約している通信サービス

インターネット無しでは仕事も生活も出来ません。こだわって決めた、おすすめのモバイル・固定回線サービス一覧【2020年9月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!