【docomo】指定外デバイス利用料ってなに?「シンプルプラン」契約時はSIMを挿すデバイスに注意

SPONSORED LINK

2017年6月1日より開始する、ドコモの新料金プラン『シンプルプラン』の申込みを行った。

これまでは『カケホーダイ・ライト』プランの、月額1,700円が最安値だった音声プランが、月980円になるというのが大きな魅力。サブ回線は音声通話を全く使わないため飛びついた形だ。

ただ、いくつか気になることもあった。それは、シンプルプラン契約に伴い発生する、

指定外デバイス利用料

という言葉。
一体何が指定外で、何が指定内になるのかを調べてみた。

SPONSORED LINK

「カケホーダイ・ライト」から「シンプルプラン」への変更

今回5月24日からのシンプルプラン受付開始に辺り、「カケホーダイ・ライト」から「シンプルプラン」へプラン変更を行った。

翌月から適用することに注意

翌月から適用することに注意

この時注意点としては、

必ず『来月から適用』を選択すること

こうしないと、カケホーダイプランに日割りの概念は新規契約時以外無いため、料金が二重に請求されるイメージとなる。

これさえ気を付ければ、あとは、

  • WEBのマイドコモ
  • ドコモショップ店頭

どこで行っても問題ない。
僕はWEBでサクッと行った。

変更前は「カケホーダイ・ライト」

変更前は「カケホーダイ・ライト」

変更後は「シンプルプラン」

変更後は「シンプルプラン」

ちなみに、シンプルプランの導入に当たって、

月々サポートや端末購入サポートの扱いは?減額やリセットはないか?

という疑問があったが、それは何も問題なく、そのまま適用される。

つまり、電話を全く使う予定がないが、最安プランとしてやむを得ず「カケホーダイ・ライト」を契約していた人にとって、メリットしかないプラン変更となる。

通話定額なしで980円。ドコモ「シンプルプラン」の他社にないメリットとしたたかさ

2017.05.06

指定外デバイス利用料とは何か

ただし、シンプルプランの導入にたった1つ注意点がある。

それは、

SIMを挿入する端末によって『指定外デバイス利用料』が発生する

ということ。
ドコモのスマートフォン・タブレット向け基本料金プランは税別では以下のような形となる。

名称 料金(税別)
カケホーダイ 2,700円
カケホーダイ・ライト 1,700円
データプラン(スマホ・タブレット) 1,700円
データプラン(ルーター) 1,200円
シンプルプラン 980円

これまで、カケホーダイ2,700円が高いので、電話を使わない人はデータプランかカケホーダイ・ライトを契約していた人が多いが、

シンプルプランは圧倒的に安い

という特徴がある。
そうなるとどれでもこのプランで行きたくなりますよね。

タブレット(iPadなど)やルーターでもシンプルプランを使いたい

しかし、シンプルプランはスマートフォン向けプラン。
なので、簡単に言えば、

シンプルプランでスマートフォン以外を利用したら発生する超過料金

という位置付けになる。

指定外デバイス利用料の一覧

指定外デバイス利用料は以下に公開している、ドコモの契約書類に記載されている。

抜粋すると以下のような感じだ。

指定外デバイス利用料

指定外デバイス利用料

重要な事は、

  • タブレットを接続すると『720円』
  • Wi-Fiルーターを接続すると『220円』

の料金が発生すると言うこと。この料金も超過料金と聞くと少々高い費用に思えるが、例えばタブレットだと正規料金1,700円からの『差額』だけとなっている。

そして、この使い方以外は全て、『左記以外のデバイス』に該当するため、問題ないと言う事になる。

例えば、

  • Appleストア(海外含む)で購入したSIMフリーiPhone
  • auやSoftBankで購入し、SIMロック解除したiPhone
  • その他SIMフリー・SIMロック解除したスマートフォン

全てシンプルプランで利用可能ということになる。
思った以上に柔軟なプランだ。

SIMフリータブレット・Wi-Fiルーターは指定外デバイス

こうなると気になるのは、

他社で購入しSIMロック解除、SIMフリーで購入したタブレット・Wi-Fiルーターの扱いは?

という話だが、これは指定外デバイスの扱いとなる
※151でドコモのオペレーターに確認済

つまり、

シンプルプランは電話ができるスマートフォン(さらに言えばガラケー)でしか使えない

ということになる。

終わりに

2017年6月1日から提供する『シンプルプラン』

2017年6月1日から提供する『シンプルプラン』

月額980円のシンプルプランは、au・SoftBankが追随するのかが1つのポイントだったが、旧プランとして980円プランを残している両者は追随しないという方針のようだ。

相対的に、ドコモのプランの自由度が高いように見えると思うので、総務省の0円スマホ規制などによって、ドコモの強さが益々際立つ結果になって来てるように感じる。

僕は今のところドコモユーザーなのでこの施策は歓迎だが、強すぎるドコモは危険とも思っているので、市場の停滞を招きつつあるように感じる。

【docomo】月々サポートと端末購入サポートは何が違う?機種変更で使うとお得なスマホ購入術

2017.03.06

通話定額なしで980円。ドコモ「シンプルプラン」の他社にないメリットとしたたかさ

2017.05.06

docomoユーザー必携!dカードゴールド

docomoユーザーなら利用料金の10%がポイント還元される、「dカードゴールド」の契約をおすすめします。
詳しくは以下の記事をごらんください。

【docomo】dカードゴールドはお得?年会費1万円の元を取るメリットを解説

2016.08.22

ドコモに関するまとめページ

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)