iPhone 6を買うぞ!iPhone 6 Plusをやめて無印を選んだ理由

iPhone 6
SPONSORED LINK

本日から各キャリアで予約受付が開始されたiPhone 6/6 Plus。

こういうブログやってると「今回は何買うの?」ってよく聞かれるのだが、実はそれほど悩むこともなく、決めました。

docomo版iPhone 6 シルバー64GBモデルで行きます!

その理由や選定ポイントを紹介してみる。

SPONSORED LINK

iPhone発売直後に売れる端末とは

発売日ゲットを目指す人たちは、いわゆるアーリーアダプタや僕のような信者が多い。なので、ハイスペックでストレージも最上位版が売れる。

今回だと、特にWEBの購入レポートでよく見るのは、iPhone 6 Plus 128GBモデルになるだろう。ブロガー的には新しい製品にトライしたい気持ちはかなりあるのだが、iPhoneは毎日使うものなので、使い勝手を重視している。

僕はコンパクトなiPhoneの方が好きだ。
4.7インチでも正直でかいと思っているので、端末の大型化はこれを最後にして欲しいというのが本音。

それがiPhone 6 Plusではなく無印の6を選択する一番大きな理由だが、それ以外にもいくつか理由がある。

iPhone 6 PlusではなくiPhone 6を選択する理由

大きく分けると3つだ。

【理由1】「電話」としてはコンパクトな方が使いやすい

今回無印かPlusどちらを選ぶかにおいて、「電話」をどう扱うかが1つのポイントだと思っている。

今まで僕は通話用のガラケーと、通信用のiPhoneを分けていた。ただ、今回は回線契約をdocomoに戻し、一本化する。

そうなれば、これまで以上にiPhoneで「電話」をする機会が増えるのは間違いない。

また、音声定額サービスも始まっているし、「電話」を使うハードルがかなり下がる。

大幅に増えることはないだろうが、減ることはないと思っている。VoLTEの高音質通話が始まれば、さらに増えるかもしれない。

Plusはビューアとしては優れているだろうが、あれで電話している姿って僕の中であまりスマートじゃない。なので、iPhone 6がいい。

【理由2】モバイルバッテリーとお別れする自信がない

iPhone 6とPlusの違いで一番大きいのは、ディスプレイサイズだ。そして、本体が大きくなれば、それだけ端末内に搭載できるバッテリーを大きくできるため、バッテリー駆動時間は飛躍的に伸びる。

実際スペックを見ても、iPhone 6は5sと比べてちょっと良くなった程度だが、iPhone 6 Plusは軒並み倍以上で、普通に使う分にはかなりヘビーに使ってもバッテリーは丸1日持ちそうだ。

iPhoneを使う上で欠かせないアクセサリーの1つはモバイルバッテリーで、Plusを持てばいらなくなるかもって言う人を結構見るのだが、僕はそんなことする自信は全くない。

いくらバッテリーが持つといっても無限じゃないので、万一無くなった時のことを考えたら、Plusを買ってもきっと今まで通り持ち歩くだろう。だったら、コンパクトな方がいいと思った。

【理由3】本を読むには5.5インチでもまだ小さい

最近は電子書籍を購入している人も多いと思う。

僕もその一人で、特に漫画については最近ほぼKindleで購入している。マルチデバイス対応しているのでiPhone、iPad、Nexus 7で閲覧することがある。

で、使った印象として4インチディスプレイのiPhoneはやはり苦しい。少なくとも見開きでは絶対に読めない。

Nexus 7だとほぼ違和感なく読めるが、それでも見開きだとちょっと読みづらい。電子書籍の可読性を重視するなら、最低でもiPad miniの7.9インチ、できれば10インチくらい欲しいというのが僕の結論だ。

そう考えると、5.5インチって僕にとっては中途半端なのだ。

【どうでもいい理由】iPadを買おうと思っている

まっ、これがかなり大きいかもしれないw

今年はCellular版のiPadを買おうと思っている。iPad Airなのかminiなのかは置いといて、どうせ大型ディスプレイのタブレットを買うなら、もう一方の端末はコンパクトでいい。

まあ、そういう意味ではiPhone 6は不要で5sのままでいいじゃないか、ガラケーとiPhoneの2台持ちやめるのに、iPhoneとiPadの2台持ちするのかよ!ってツッコミが飛んできそうだが、それは正解だw

理屈じゃないんだよ、理屈じゃw
ただ、今までそれほど馴染めなかったタブレットを一度本気で使ってみて、それでいらないという結論になれば、Plusに対する見方も変わるかもしれない。

といっても、その結論が出るのは最速でも半年後だろうが。

終わりに

その他ストレージについては、今までずっと32GBを購入してきて、今回はそれがなくなったので64GBにスライド。

128GBは僕の場合どう考えても不要

カラーについては5sがゴールドだったので、今回はシルバーにしようと思っている。去年は新色ってことで飛びついたが、1年使った感想として、ゴールドはケースを結構選ぶ。

逆にシルバーは何にでもマッチするので、こっちの方がいいかなぁと思った。

今回からSIMフリー版も初めて同時発売されるが、これも回避予定。少なくとも今後1~2年で海外に行く予定も暇も無い。

最後に購入時期だが、現在の契約との兼ね合いもあり、10月の購入を目指すことにした。当初11月と言ってたが、やっぱ無理w

でも、9月だと色々損するので、せめて10月までは我慢する。

そうなると微妙な調整が非常に難しいので、あえて予約開始日の今日予約はせず、かといって発売日を過ぎると殺到しそうなので、数日ずらして予約しようかなぁと思っている(なので、まだ予約はしていない)。

iPhone 6系最新モデルは「iPhone 6s」

iPhone 6系の最新モデルは2015年9月に発売したiPhone 6sで、発売から2年以上経過していますが、格安SIMで幅広く販売されています。

docomoなど大手キャリアで購入していても、SIMロック解除可能となった初めてのモデルであるため、2018年現在も利用者が非常に多い人気モデルです。

格安SIMの人気機種「iPhone 6s」の評価とおすすめポイントは?メリット・デメリットのまとめ

2015.12.26

iPhone 6sはAppleやUQ mobile・Y!mobileなどサブブランドを中心とした、格安SIMで幅広く販売されています(大手キャリアはdocomoを除き完売です)。

docomo版および格安SIMではSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です(Appleは販売終了)。

契約はオンラインショップがお手軽です!

節約だけで格安SIMを選んで大丈夫?主婦/主夫目線で、安さNo.1でない「UQ mobile」を選択した5つの理由

2018.02.15

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

ドコモは店頭が非常に混み合っており、購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
メリットは以下です。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でも大きなメリットがありますよ。

最新キャンペーン

ドコモオンラインショップ「10th Anniversary キャンペーン」

ドコモオンラインショップ「10th Anniversary キャンペーン」開始。機種購入で割引と抽選で豪華景品が当たる!【2019年1月31日まで】

2018.12.10

【docomoユーザー必携】「dカード GOLD」でdポイントが高還元率に!

docomoでiPhoneを買うなら、利用料金の10%がポイント還元される、「dカード GOLD」の契約をおすすめします。

dカード GOLDのメリットは?会員特典で10%ポイント還元で年会費の元がとれます

2016.08.22

iPhoneカテゴリートップ

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

あわせて読みたい

SPONSORED LINK