運営者チーが使う、厳選ガジェットを知りたい方はこちら

iPhoneのデュアルカメラの使い方は?「ポートレートモード」の仕組みと作例を解説

portlate
SPONSORED LINK

スマホのカメラで、一眼レフで撮影したような、背景をぼかした写真が撮れる、

ポートレートモード(被写界深度エフェクト)

というものをご存じだろうか?

カメラのレンズを2つ搭載する『デュアルカメラ』によって実現するこの機能は、2016年に登場したiPhone 7 Plus以降、採用時例が一気に増えた。

大型のレンズが搭載出来ない、スマートフォンならではの使い方と言えるわけだが、普段使いではかなり本格的な写真が撮影出来る。

何よりポイントは、

特別なスキル・機材は不要

ということで、簡単に使えて、本格的な写真が撮影出来ることが最大のメリットだ。

僕も便利に使っているので早速紹介しようと思う。

SPONSORED LINK
ゆりちぇるバナー

iPhoneポートレートモードの作例

まず、ポートレートモードで撮影した写真を見て欲しい。

iPhone Xのポートレートモードで撮影した写真1
iPhone Xのポートレートモードで撮影した写真1
iPhone Xのポートレートモードで撮影した写真2
iPhone Xのポートレートモードで撮影した写真2
iPhone8 Plusのポートレートモードで撮影した写真
iPhone 8 Plusのポートレートモードで撮影した写真

これらの写真は、基本的に

  • 手持ち
  • サッと取り出して撮影しただけ

で撮影した写真だ。

特別な撮り方をしたわけではないが、随分キレイに撮影できていると思う。

スマートフォンのトレンド『デュアルカメラ』

iPhone Xのデュアルカメラ

スマートフォンは登場から10年程経過する。

この製品は人々の生活を激変させたと思うが、もう1つ凄いことがある。それは、

10年間、ガジェットの最先端を常に走り続けている

ということだ。
2013年くらいから「スマホの進化は終わった」、なんてよく言われ、『スマホの次』が注目されていたが、スマホの次はスマホだったと思っている

など、スマホが一番最初かと言えばそうでもないが、普及させたのはスマホというのは間違いないだろう。

そんな、スマホで2016年頃から採用事例が増えたのが、

デュアルカメラ

だ。
コンパクトなスマートフォンがどうあがいても太刀打ちできないのが、大型センサーやレンズを搭載したカメラだ。

デュアルカメラは、スマホならではのアプローチとも言える。

iPhoneシリーズのデュアルカメラ仕様

iPhone Xのデュアルカメラ仕様

iPhoneシリーズにおけるデュアルカメラは、2016年9月に発売したiPhone 7 Plusで初めて採用された。

iPhoneの場合、

  • 広角カメラ
  • 望遠カメラ

の2種類を搭載しているが、広角カメラは1200万画素のƒ/1.8(開口部)で共通仕様となっている。

2018年4月時点では、

において採用されている。

カメラのスペックとしては、iPhone 8 PlusはiPhone 7 Plusと同じだが、iPhone Xは望遠側のレンズが進化した

比較すると以下のような感じだ。

スペックiPhone XiPhone 8 Plus
レンズ仕様ƒ/2.4の開口部ƒ/2.8の開口部
光学式手ぶれ補正ありなし

iPhone Xの望遠レンズは、手ぶれ補正が付いて、少し明るくなった

というのが大きな違いだ。

デュアルカメラのメリットは『ポートレートモード(被写界深度エフェクト)』

ポートレートモードが目玉

そしてこのデュラルカメラを使った撮影で一番大きいのは、2つのレンズを組み合わせたポートレートモード(被写界深度エフェクト)だ。

iPhone8 Plusのポートレートモードで撮影した写真 iPhone Xのポートレートモードで撮影した写真

この写真を見て欲しい。

アイドルグループ「わーすた」のライブでポートレートモードを使って撮影した写真だが、こんな写真がスマホで撮れることは感動した

推しのいい写真が撮れる幸せ!!

は、置いておいてw

普段使いで言えば、

  • 子供の写真を撮る
  • 食事の写真を撮る

というような用途では非常に役立つ。

ただ、デュアルカメラの使い方は広角カメラと望遠カメラと限ったものではなく、例えば「V20 PRO L-01J」は、135度まで撮影可能な超広角カメラを搭載するというアプローチをとっている。

「V20 PRO L-01J」の感想

広角カメラスマホ LG「V20 PRO L-01J(ドコモ版)」レビュー。超広角カメラの実力をチェック

ポートレートモードの仕組み

このポートレートモードは、ざっくりした説明をすると、

  • 広角カメラで撮影
  • 望遠レンズで撮影
  • 両者の写真をソフトウェアで合成して、背景をボカす

というもので、簡単に言えば『合成写真』と思えば良い。

一例として、まずこの写真を見て欲しい。

ポートレートモード ポートレートモードを無効化

おわかりだろうか?
背景に注目して見て欲しい

  • 1枚目はポートレートモード
  • 2枚目はポートレートモードを無効化

となっている。

iPhone Xのポートレートモードで撮影した写真 ポートレートモードを無効化

この写真の方がより分かりやすいかもしれない。

このように写真アプリ上で、簡単にポートレート効果を外すことができる

さらに言えば、合成写真なので、境界線がハッキリしないと上手く撮影出来ない

ポートレートモードの失敗例
ポートレートモードの失敗例

この写真なんて分かりやすいが、お好み焼きの麺がボケてしまった残念な写真となっている。

つまり、ポートレートモードも得意・不得意があり、絶対的なものではない。

デュアルカメラとポートレートモードの使い方は?

ポートレートモードの使い方は、

カメラアプリ上からポートレートモードを選択するだけ

でモード切替が必要なことを除けば、特別設定は不要で簡単に使える。

なので、気軽に使えてキレイな写真が撮れるポートレートモードは、スマホカメラの決定版とも言えるわけだが、やはり欠点もある。

僕が使って感じたのは、

  • 撮影が遅い、連写できない(合成処理がはいる関係と思われる)
  • 焦点距離の条件が厳しい
  • 境界がハッキリしない被写体(風景など)は不得意

この3点だ。

特に2つ目には苦しめられる。

ポートレートモードで撮影すれば全て、ポートレート写真になるわけではない

というのは知っておいた方が良いと思う。

ポートレートモードが適用されている

このようにカメラのプレビュー上で、自然光などポートレートモードが有効と表示された時、撮影する必要がある

具体例を簡単に説明すると、ポートレートモードで撮影していても、

近すぎるとポートレートモードにならない
近すぎるとポートレートモードにならない

このように近すぎてもダメ

IMG_0424遠すぎてもポートレートモードにならない
遠すぎてもポートレートモードにならない

遠すぎてもダメ

という感じで、大体1~2.5メートルくらいの距離感が必要となる。

なので、手持ちのものをポートレートモードで撮影するとかは苦手だ。

  • 被写体が1人〜2人程度の人物、またはもの(食事など)
  • 被写体と背景の境界線が分かりやすい

という写真は得意なので、普段使いで一番重宝するのは、子供の写真を撮る時だ

望遠レンズの光学ズームは過信しない

iPhone Xの光学2倍ズームで撮影
iPhone Xの光学2倍ズームで撮影

デュアルカメラになることによる、もう1つの恩恵は、望遠レンズによる光学2倍ズームだ

スマホでは長年搭載されなかった光学ズームだが、これの画質は『それなり』という認識の方が良いかと思う。

前述の通り、広角カメラよりはスペック的に劣るのだが、実際使ってみてもそんなに画質は良くない。

望遠レンズはポートレートモードのためにある

と考えた方がよいように感じた。

終わりに

デュアルカメラって何がいいの?

価格は高くなるし、大したメリットもないと思っている方は多いだろうが、

ポートレートモードが使えることが最大のメリット

だと僕は思う。

ポートレートモードが使えると、

単焦点レンズの一眼レフやコンデジはいらない

と感じるようになった。

そして、デュアルカメラの次はトリプルカメラともいわれており、『Huawei P20 Pro』など、採用事例も出てきた。

デュアルからトリプルカメラへ
デュアルからトリプルカメラへ

また、2019年のiPhoneはトリプルカメラという噂も盛り上がってきているため、増やせばいいものでもないが、

スマホカメラの進化

はまだまだ注目される分野なのではないかと思う。

iPhone Xは販売終了しました。
現在は後継モデルとして「iPhone 12 Pro」が販売されています。

キャリア版はSIMロックされていますが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

買い方のポイント
チー
一番大事なのは、オンラインショップで購入することです
今はとにかくスマホが高いので、少しでも節約しましょうね。
iPhone 12 Pro パシフィックブルー開封フォトレポート

iPhone 12 Pro パシフィックブルー開封フォトレポート。角張ったフレームは持ちやすい?使い勝手を検証してみた

一緒に使いたいおすすめアクセサリ・サービス

チー
僕がiPhone Xユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。是非チェックしてみて!

ドコモでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

購入手続きはオンラインショップで行うのがおすすめです。
利用するメリットは、以下のようなものがあります。

チー
手続きの楽さだけで無く、価格面でもたくさんのメリットがありますよ!
オンラインショップのメリット
\ 送料・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

ゆりちぇる
2021年3月現在、オンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

【2021年2月最新】最大3万円以上もおトクになる!?docomoのキャンペーンを賢く併用して、一番おトクな契約方法を紹介!

注目の料金プラン「ahamo」・「5Gギガホプレミア」

2021年3月以降、料金プランが大きく変わります。ほとんどの方はプラン変更する価値があるので理解しておきましょう。

ahamo」が目立っていますが、1,000円値下げされて、テザリング込みで「データ通信無制限」の「5Gギガホプレミア」はヘビーユーザー要チェックプランです

ぽんイケ
やはり注目は「ahamo」です!
元携帯ショップ店員の僕も驚くようなプランで、各社同種のプランを出しましたが、以下の記事で詳しく解説しています
ahamo 元携帯ショップ店員が徹底解説

docomoの新サブブランド!?「ahamo」(アハモ)メリット・デメリットは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」とは?元携帯ショップ店員が徹底解説!

docomo新料金プラン「5Gギガホプレミア」・「ギガホプレミア」は安くなった?おすすめは無制限の5G。変更ポイントを解説します

SIMのみ契約なら「初期費用0円」

ドコモSIMのみ契約

分離プランの開始後、SIMのみで契約も可能になりました。

チー
ドコモSIMはとても使いやすいので、何気におすすめです!
ドコモSIMのメリット
  • IMEIロックなどややこしい縛りがない
  • 「5G」はもちろん、スマホ・タブレット・ルーターがSIM交換なしで使える
  • 新プラン「ahamo」にも対応
\ オンラインショップは初期費用0円 /

ドコモのSIMをチェック

iPhone Xのまとめ記事

【2021年版】iPhoneを今買うならどれがいい?高コスパモデルは「SE 第2世代」だが、イチオシは「iPhone XR」!iPhoneマニアが徹底解説

iPhone Xレビュー

iPhone X長期利用レビュー。不満はあるが高評価!10年先の未来を『体験』できる、新しいiPhoneの始まり

2011年発売のiPhone 4S以来、iPhoneを毎年購入している管理人が、これまで書いて来たiPhone関連レビューを、iPhoneカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2021年1月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!