旧モデル値下げ!広角カメラスマホ「V20 PRO」レビュー

「V20 PRO L-01J」の感想 Android 7.0系
SPONSORED LINK

ドコモ旧モデルの値下げを狙ってますか?

近年のスマートフォンは、例えばiPhoneの場合2018年4月時点の最新モデル「iPhone X」は、10万円以上の値段となっている。

  • ネット
  • メールやSNS
  • 動画や音楽の再生

程度でしかスマホを使わない方にとって、オーバースペックな製品だ。

そんな方が狙うのは、

最新モデル発売に伴い、値下げされた旧モデル

ではないかと思う。
ドコモに限らずスマートフォン購入は様々な制度があり、非常に分かりにくいのだが、時々掘り出し物のスマホが安く売られることがある。

今回紹介する「V20 PRO L-01J」は、まさにそんなスマホだ。

価格は機種変更でも、なんと『648円』

そして安いだけでなく、「V20 PRO L-01J」には、他のスマホにはあまりない目玉機能がある。

それは、広い範囲が撮影できる『広角カメラ』だ。集合写真・風景を撮る時に役立つ、広角カメラ搭載のスマートフォンは非常に珍しい。

『値下げされた在庫品』などと侮れないスペックを持っているので、旧モデル狙いの方にはおすすめしたいスマホだ。

SPONSORED LINK

「V20 PRO L-01J」のスペック

V20 PRO L-01J

V20 PRO L-01J』は、韓国のLGエレクトロニクスによって日本国内向けに開発された、Androidスマートフォンだ。

グローバルモデルである『LG V20』がベースになり、日本向けにローカライズされ、日本国内ではドコモ専売モデルとなっている。

発売は、2017年2月17日で、この記事を書いている2018年4月起点で見ると、1年ちょっと前に発売された。

後継モデルとして『V30+ L-01K』が発売されており、V20 PRO L-01J』は旧モデルという扱いで値下げされている

というわけで、旧モデルとして安く販売されているが、最新モデルと比較して遜色ないスペックを有している。

  • Android 7.0搭載
  • ROM(内蔵ストレージ)は『32GB』、microSDカードで拡張可能
  • IPX5/IPX7の防水対応
  • ワンセグ・フルセグ対応
  • おサイフケータイ対応
  • 通常カメラと広角カメラ搭載(デュアルカメラ)

辺りがスペックとしての大きな特徴で、

「V20 PRO L-01J」の広角カメラで撮影

「V20 PRO L-01J」の広角カメラで撮影

特に広角カメラは面白い機能なので是非使って見て欲しい。

広角カメラについては後述します

そして、最大の特徴は何と言っても安さだろう。

購入価格は『648円(税込)』

端末価格は機種変更で送料500円を抜くと『668円』!

ドコモオンラインショップで購入すると、500円の送料が発生するが、送料の方が高く感じるくらいで、格安スマホもビックリの激安スマホだ。

「V20 PRO L-01J」開封レポート

「V20 PRO L-01J」のパッケージ

簡単な開封レポートを

パッケージは、ドコモ専売モデルらしく、シンプルなものとなっている

付属品は4つ

付属品は以下

  • 本体
  • イヤフォン
  • テレビアンテナケーブル
  • SIMスロット用ピン
本体正面 本体裏面

これが本体。
カラーは『チタン』で1色のみの展開となる。

ドコモロゴ付き

ドコモ版なので、ドコモロゴもプリントされている。これは議論があると思うが、位置・色共に比較的大人しい感じだ。

最大の特徴はデュアルカメラ。

ただし、iPhone 7 Plus以降搭載された、デュアルカメラといえば、

一眼レフのように背景をボカして撮影出来る『ポートレートモード』

が有名だが、V20 PRO L-01Jのアプローチは用途を完全にわける2種類のカメラとなる。

iPhoneのデュアルカメラの使い方は?「ポートレートモード」の仕組みと作例を解説

2018.04.14

使ってみた感想

「V20 PRO L-01J」の感想

V20 PRO L-01J」は僕のメインスマホではないため、常用はしていない。

常用するとまた印象は変わるかもしれないが、まず手に持って思うのが、

軽い

ってことだろうか。

5.2インチというわりと大型の液晶を搭載している割りには、非常に軽い。重さは『146g』だが、数字よりも軽く感じる

動作は普通に使う分には遜色のないスピードで、操作感は普通のAndroidスマホだ。

Androidはメーカーの独自カスタマイズで、若干操作感が変わったりするが、LGはあまりカスタマイズしないようだ。

唯一戸惑ったというか、不便に感じたのは、

背面の指紋センサーと電源ボタンが一体化していること

だろうか。

背面の指紋センサーと電源ボタンが一体化

普通に「電源ONはどうやってやるのか?」って悩んでしまった、、、

知ってしまえばどうというものでもないが、最初は戸惑うと思う。

「V20 PRO L-01J」のおすすめポイント

V20 PRO L-01J」は旧モデルの値下げ品とはいえ、2017年モデルのミドルレンジスマートフォンなので、機能的には妥協はない。

値段は格安だが、1万円程度で販売されている格安スマホとは比較にならないほど多機能だ

僕がおすすめするポイントは以下の3つ。

  • 通常カメラと広角カメラ搭載(デュアルカメラ)
  • 時計が常時表示できる「セカンドスクリーン」搭載
  • USB-Type Cコネクタ採用

順番に紹介しようと思う。

通常カメラと広角カメラ搭載(デュアルカメラ)

「V20 PRO L-01J」の広角カメラで撮影

「V20 PRO L-01J」の広角カメラで撮影

デュアルカメラは2018年時点でのスマートフォンのトレンドともいえ、各社が採用を進めている。

増やせばいいというものでもないが、トリプルカメラのスマホも登場している。

デュアルカメラのメリットとして各社が訴求しているのは、

  • 標準カメラ
  • 望遠カメラ(大体は光学2倍)

を搭載し、これらを組み合わせて一眼レフのような背景ボケ写真が撮影出来る『ポートレートモード』だ。

iPhone Xのポートレートモードで撮影した写真

iPhone Xのポートレートモードで撮影した写真

こんな写真だ。
iPhoneではiPhone 7 Plusが初採用し、以来一気に採用事例が増えていった。

だが、「V20 PRO L-01J」は少しアプローチが異なる。

  • 標準カメラ
  • 広角カメラ(撮影範囲が広い)

を用途によって分けて撮影するというものだ。

標準・広角カメラの切替はタッチだけ

標準・広角カメラの切替はタッチだけ

この切替はカメラアプリ上でできるようになっている。

標準カメラと広角カメラの比較

まず1つ比較してみる。
僕が住むJR倉敷駅北口の景色だ(この日はあいにくの雨)

「V20 PRO L-01J」の標準カメラで撮影

「V20 PRO L-01J」の標準カメラで撮影

これが、標準カメラでの撮影。

「V20 PRO L-01J」の広角カメラで撮影

「V20 PRO L-01J」の広角カメラで撮影

これが、広角カメラでの撮影。
明らかに画角が広いことは分かると思う。

もう1つ作成を紹介しておく。

「V20 PRO L-01J」の標準カメラで撮影 「V20 PRO L-01J」の広角カメラで撮影

どちらが標準と広角なのかは、一目瞭然かと思う

広角レンズの欠点として、サイドが歪むのだが、大人数の集合写真や風景写真では威力を発揮するだろう。

135度の広角撮影出来るスマホはほぼないので、大きな差別化ポイントだと思うし、非常に面白い機能だ。

iPhone Xで撮影

iPhone Xで撮影

参考までに僕のメインスマホ『iPhone X』で撮影するとこんな感じ。

是非試して欲しい。

時計が常時表示できる「セカンドスクリーン」搭載

セカンドスクリーンが便利

もう1つ面白いなと感じたのが、5.2インチ液晶とは別に搭載されている、セカンドスクリーンだ。

画面右上の部分だが、

常時表示が可能となっている

ガラケーのサブ液晶みたいなイメージだ。

V20 PRO L-01J」の画面は液晶なので、常時表示は難しいのだが、小型の液晶を別途搭載して、スリープ中でも、

  • 時計
  • バッテリー残量
  • アンテナピクト

などが表示できるし、

起動中もショートカットのように使える

スリープ解除後はショートカットのような使い方もできる。

有機ELの特性を活かした『Always On Display』

有機ELの特性を活かした『Always On Display』

常時表示といえば、有機EL(OLED)の『Always on Display』が有名だが、液晶でもこういう使い方があったか〜と驚いた。

USB-Type Cコネクタ採用

USB-Type C対応(急速充電規格はQuick Charge)

最後がインターフェースに最新のUSB-Type Cを採用していることだ。

Androidの世界では、

  • microUSB
  • USB-Type C

の両方が存在するが、2018年現在としてはUSB-Type Cが増えており、V20 PROもその流れに従っている。

先進性という意味では十分だと思う。

急速充電規格は、Quick Charge3.0に対応しているため、対応する充電器を利用すれば急速充電が可能となる。

「V20 PRO L-01J」の値下げ後価格

購入価格は『648円(税込)』

V20 PRO L-01J」は、

  • 新規契約
  • MNP
  • 機種変更

いずれの場合でも『648円』という格安で販売されている。

このため、新規契約よりは機種変更で購入する人が多いと思う。

これは端末購入サポート』という制度で値下げされている

  • 1年間の利用を約束する
  • 2年分の割引を、購入時に適用する

という制度で、月々サポートだと2年で回収する割引を、1年かつ購入時に適用できるというお得な制度だ。

このため、定価としては8万円近くする本体価格が、購入時点で大幅値引きされる

ドコモの端末購入サポートとは?月々サポートとの違いを知って機種変更でスマホを安く購入しよう

2017.03.06

【豆知識】ドコモ旧モデルが値下げされる時期

ドコモの旧モデルが値下げされる時期は?

ちなみに、このような割引が行われるのは、

  • 旧モデル
  • あまり売れなかったモデルの在庫処分
  • 目玉商品にする

あたりが目的と思われる。

このため、いつも安く買えるわけではなく、

  • 年末(12月)
  • 年度末(3月)

など新規契約を増やしたい時期に出てくることが多い。

V20 PRO L-01J」に関して言うと、2017年11月から値下げされており、これは年末にかけての目玉商品にする目的があったと思われる。

この記事を書いている2018年4月は新生活商戦を終えた後のため、このような製品は少なくなっているが、

の4機種は648円や5,832円と大幅値引きされている

V20 PROは2018年4月時点で、在庫無しとなっています

終わりに

送料を入れても1,100円程度で購入できると言うことで、ほとんど遊びで購入した端末だが、十分使えるスマホだった。

後継モデルとして『V30+ L-01K』が既に発売されているが、

  • カメラ性能はV20とほぼ同じ
  • 画面は有機EL(OLED)となり6インチに大型化
  • セカンドディスプレイは廃止、『Always on Display』を採用

など進化はしているものの、価格差(実質負担金の差は約5万円)を考えたらV20の方がお得な気もする。

気になる方は、合わせてチェックしてみてはいかがだろうか。

機種変更なら旧モデルの値下げ機種を狙おう!

特に機種変更では、『端末購入サポート』で値下げされた、旧モデル狙い目です!

旧モデルは売り切れも多いですが、在庫が豊富で、事務手数料・頭金が発生しないドコモオンラインショップでの購入がおすすめです

条件を満たせばSIMロック解除可能です。

2018年9月時点で販売されている、機種変更で購入できる値下げ機種です
オススメ機種は以下の記事をチェック!

【2018年9月版】ドコモ旧モデルスマホのおすすめは?機種変更でもお得な値下げモデルを狙おう

2018.04.15
機種名本体価格割引額割引後価格
2017年冬モデル
Xperia XZ1 SO-01K
Xperia XZ1 SO-01K
86,184円▲66,096円20,088円
Xperia XZ1 Compact SO-02K
Xperia XZ1 Compact SO-02K
77,760円▲62,208円15,552円
2017年夏モデル
AQUOS R SH-03J
AQUOS R SH-03J
89,424円▲68,688円20,736円
2016年冬モデル
Disney mobile DM-01J
Disney mobile DM-01J
58,320円▲57,672円648円
MONO MO-01J
MONO MO-01J
32,400円▲31,752円648円
AQUOS EVER SH-02J
AQUOS EVER SH-02J
32,400円▲26,568円5,832円

スマホをネットで買うメリットは?ドコモオンラインショップは新規契約・MNP・機種変更の事務手数料が無料!

2014.09.27

ドコモオンラインショップの新規契約で受取にかかる日数は?申し込みから開通手続きまでの流れ

2018.03.07

docomoユーザー必携!dカード GOLD

docomoユーザーなら利用料金の10%がポイント還元される、「dカード GOLD」の契約をおすすめします。
詳しくは以下の記事をごらんください。

dカード GOLDのメリットは?会員特典で10%ポイント還元で年会費の元がとれます

2016.08.22

ドコモカテゴリートップ

20年以上ドコモを契約している管理人が、これまで書いて来たサービスの解説・お得な使い方などを、ドコモカテゴリートップページでは整理して紹介しています。

▼以下の画像をクリック!

あわせて読みたい

SPONSORED LINK