【ブロガー必読】ブログに役立つ内部リンクの貼り方は?効果的な2つの方法を学ぼう

内部リンクは重要です ブログ記事作成ノウハウ
SPONSORED LINK

内部リンクをなめていたパパンダ(@papanda_life)です。 (´・ω・`)どうも。

2018年3月末で終了した格安SIM連載を、リライトするためパンダが立ち上がったのです。

ぱんさん
リライトって、書いてきた文章を変えちゃえばいいんでしょ?
パパンダ
それもあるんだけど、今回は『内部リンク』に着目!

内部リンクを仕込むのも、リライト作業のうちだよ~

リライトする理由は、格安SIM連載の記事をより多くのひとに読んでもらいたいと思ったからです。

そのためやることは、分析など色々あるとは思うんですが、まずは手を付けやすい『内部リンク』から着手しようと思います。

いざ記事にたどり着いたとして、記事内の動線が不親切だった場合、すぐに離脱しちゃいますから( ノД`)シクシク…

内部リンクには大きくわけて、以下2つの目的があります。

  • 関連記事として見せる内部リンク(「人気記事はこちら」とか)
  • 『SEOテクニック』としての内部リンク

今回は内部リンクの設定や、考え方に関する話しですよ。

SPONSORED LINK

『関連記事として見せる』内部リンクの効果とは

『関連記事として見せる』内部リンク

ブログを書いているとき、内部リンクって貼りますか?

パパンダ
僕はね、めんどうくさいとき一切内部リンクを設定せず、公開しちゃってたよ

さすがに格安SIM連載など、他の媒体で記事を書いているときは、内部リンクの作業は放棄しません(;’∀’)。

わかる範囲で、どんどん貼っちゃいますよ。

では、そもそもなんで内部リンクを貼るのでしょうか。

関連記事としての内部リンクは、ユーザー補助だと思います。

よく、

  • この話の続きはまた次回
  • 第2弾に続きます

みたいな感じで『続き』を匂わせる記事がありますが、

肝心の『続き』に対するリンクがない!!!

こういう経験ありませんか?

サイト内検索を使って、わざわざ探してくれるような読者はほぼいません。僕だってしません。

探していると思われる情報は、『ここにあるよ』と教えてあげる

これはユーザー視点で考えると、非常に大事なことだと思います。

パパンダの考える内部リンク

内部リンクのことを考えるパンダ

僕はねっ、ブログやサイトを内部リンクによって充実させて、Googleに『ここのサイトは、すっごいユーザーに親切なんだなぁ。よし評価あげよ』と認識させるためだと思うんですわ。

チー
ほほぅ

▼んとですね、こんな感じ!

内部リンクがない記事は読者が素通りする画像

読者が記事を見に来て読むんだけど、『あぁ、読んだ読んだ』で終わっちゃうのよ。すぐに離脱よ。

▼場合によっては、途中で離脱しちゃうこともありますよね。

記事を途中離脱して別のサイトに行く画像
ママンダ
あるわ、途中で読むのやめちゃうこと。だって、私がほしい情報がないんだもの

読んでいた記事に目的の情報がなかったとしても、もしかすると『内部リンク』をたどれば欲しい情報があったかもしれません|д゚)

▼どうせなら内部リンクで、ブログ内の別記事も読んでほしいですよねぇ(´ω`)

内部リンクを貼って、ブログ内の別記事を読んで欲しいという画像
ぱんさん
気になる情報があった場合、リンクをタップ(クリック)して、先に進むことがあるよ

そうそう、そんな感じです。

▼極端な例ですが、究極的にはこんなサイトがいい!

内部リンクの設定がしっかりしているブログの画像

さまざまな記事が、内部リンクによって網目のごとく繋がっていたら、読者もきっと欲しい情報にたどり着くことができますよね。

ブログに役立つ内部リンクの貼り方にはどんな種類がある?

内部リンクはどんな風に設定する?

読者として記事を読んでいる立場を考えると、関連性のある記事ならまだしも、関係のない記事貼られていると目障りですよね。

何事にも作戦を立てないとね!

▼内部リンクの見せ方としては、以下の3つがあげられます。

見せ方の話なので、内部リンクとして機能的な差はありません
  • テキストリンク
  • バナーリンク
  • サムネイル付リンク(ブログカード)

それぞれ例を見ていきましょう。

テキストリンク

テキストリンクは、文字にリンクを貼るタイプです。

格安SIM』←このようなタイプですね。

バナーリンク

バナーリンク

▲画像にリンクが含まれているタイプね。

サムネイル付リンク(ブログカード)

稼げるWEBライターになる!リライトの方法やコツを学び格安SIM記事をバージョンアップだ!

2018.04.03

▲記事のアイキャッチとタイトルがあるタイプ。

最近『ブログカード』が流行っていますよね。

パパンダ
見た目がわかりやすく、タップ(クリック)しやすい

どのタイプがよいのかは、いろいろな説があります。

例えば、アフィリエイトリンクは『テキストリンク』のほうがいい!という人が多いです(´・ω・`)

▼理由は、バナー形式だと広告感が強いから

アフィリエイト記事でバナーリンクは、広告に見えすぎてしまう

自分のサイト(ブログ)に適していて、かつ効果的な方法で上手に配置して読者に優しいブログにしたいですねぇ(*´ω`*)

『SEOテクニック』としての内部リンクの効果とは

『SEOテクニック』としての内部リンクとは

内部リンクを貼ることは、先ほど説明してきた『関連記事として見せる内部リンク』、つまりサイト内の回遊性を上げることだけが目的だと思ってたんですよ(´・ω・`)

でも、調べた(聞いた)ところによると『SEO的な意味合い』もあるんですって!

その方法とは、『検索で上位表示を狙っているキーワードでリンクすること』です。

もちろん本質は、『関連記事として見せる内部リンク』と同じで、

「ここをみるとより詳しい情報、プラスアルファの情報がわかるよ」と教えてあげる

ことなんですけどね。
リンクするときによく、

詳細はこちら

みたいなリンクあると思いますが、これはもったいないわけです。その先の情報がなんの記事なのか、最低でも、

〜について詳細はこちら

という感じで、「何がわかるのか」をキーワード付きでリンクする方がいいんです。

ぱんさん
よくわからないっ
パパンダ
チーさんが、推しに推しまくっている、アイドルグループ「わーすた」に関しての記事で説明するよ!
世界標準アイドル「わーすた」の取扱説明書

このブログの運営者であるチーさんは、わーすたの記事で検索上位をとることを1つの目標としています。

だから、「わーすた」というキーワードには必ずリンクを貼っているんですよ。

▼リンク先の記事

「わーすた」ってどんなアイドル?グループの魅力・女性人気の秘密をファン目線で解説

2016.03.20
ママンダ
推しまくっているというのはよく分かったわ。

目眩がするほど長いんだけど、この記事何文字くらいあるのかしら

チー
長すぎたから多少削ったけど、2万文字くらいかなw
パパンダ
本気(と書いてマジ)を感じる、、、、

試しに「わーすた」を検索すると、今まで内部リンクを貼り続けてきた効果が出ており、公式やWikipediaを除けば1位に君臨しているのだ!!(`・ω・´)

「わーすた」で検索をすると、公式を覗いて1位を獲得
チー
狙い通り!

といえばそうだけど、本当はWikipediaと同じ辺りを目指したいけどね。壁は果てしなく高い、、、

ただし闇雲にキーワードへ、内部リンクを貼ればいいわけじゃないですよ~(*´ω`*)うふふ

キーワードに関して、その内容がわかることが重要です。例えば以下のようなことですね。

  • わーすた」ってなに?
  • このリンクをタップ(クリック)することによってわかるよ!

Googleは『キーワードに関する解説がリンク先にあること』を評価します。

(;゚Д゚)ほ、ほほぅ!!

チー
そのために、この記事は最初に公開したのは2016年3月だけど、以来最低でも3ヶ月に1回は内容を見直して、修正しているよ

遊びじゃないんでな!!

被リンクもほしいけど内部リンクはもっと重要

被リンクって聞いたことないですか?
  • 「被リンクほしいわぁ」
  • 「やった!でかいサイトから被リンクもらった!」

という話しを聞いたことないですか?

この『被リンク』も、内部リンクと同じく狙ったキーワードでリンクしてもらうと、Googleの評価が上がると言われています。

パパンダ
超ほしい

ひと昔前に、自作した外部サイトからリンクを貼りまくるSEO、いわゆる『ブラックハットSEO』が流行りましたが、今は通用しなくなってきているんです。

だからこそ、内部リンクが重要だと言われているのですよ!!!

チー
わーすた」の被リンクは、喉から手が出るほどほしい!

内部リンクのキーワードは狙ったビッグキーワードに貼りつける

内部リンクのキーワードは狙ったビッグキーワードに貼りつける

これまで僕が書いてきた格安SIM連載。

こういった『格安SIM系』記事の場合、ビッグキーワードは『格安SIM』になると思います!

その次に大きいのは、一例を挙げれば『UQ mobile』などのサービス名や、『iPhone 6s』のような端末名が考えられます。

▼例えば格安SIM系の特化ブログの場合、以下のように考えますよ。

ページの種類キーワードの種類キーワード
トップページ
(サイト名)
ビッグキーワード格安SIM
カテゴリーページ
(カテゴリー名)
その次に大きいキーワードUQ mobile
記事ページロングテール格安SIM 契約 注意点

これが王道なのです\(゜ロ\)(/ロ゜)/

SEOとしての内部リンクの王道
パパンダ
この『王道』で考えると、格安SIM連載の場合は…

▲この3つが、検索上位を狙える(狙うべき)キーワードとして考えられますよ(*´ω`*)

1つ目については説明するまでもないと思いますが、他については、

  • UQ mobileは、僕が最終的に契約した格安SIM(=今後も利用状況や料金について、記事を増やしていきやすい)
  • SIMロック解除は、既にある程度PVが出ており。検索上位表示されていると予想される(=強化すればさらなる上位表示が狙えそう)

というような予想が立ちます。

内部リンクについてSEOマニアのT氏に聞いてみた

内部リンクについてSEO専門家に聞いてみた
チー
内部リンクに関して、かなり整理出来てきた気がするけど、僕もパパンダさんも専門家ではないし、意見を聞きたいなぁ。

ここはもう『あの方』しかないかな、、、

パパンダ
ま、まさか『師匠』ですか!

この記事に助言していただけるなんて!

師匠
では、お呼びいただいたので、僕から少し補足させてもらいますね。

基本的な考え方としては大丈夫ですが、気になったことが2点あります。

チー
師匠ありがとうございます!
師匠
だって、僕たちは岡ブロ仲間じゃないですか

ありがたいことに、岡山ブログカレッジを共同運営している、トシ師匠が駆けつけてくれました(*´ω`*)

師匠が気になった部分は以下の2点です。

  • 自作自演の外部リンクを利用したブラックハットSEOの有効性
  • 内部リンクのキーワードは、ビッグワードを含んでおけば複合ワードでも効果は同じ

自作自演の外部リンクを利用したブラックハットSEOの有効性

外部リンクを利用したブラックハットSEOの有効性

被リンク目的で、自作した外部サイトから被リンクを付ける『ブラックハットSEO』は、通用しなくなっているというより、今はペナルティリスクが高いので、避けた方が賢明らしいです。

特にブロガーさんは、1つのブログ(ドメイン)を成長させていきますよね。
例えばこのブログはチーさんが運営者で、5年以上続けて成長させています。ペナルティを受けたら、数年かけて積み上げたものを無にしてしまうんです

ペナルティリスクが高いので、特にブロガーさんにはおすすめできないですし、倫理的にもあまりいいこととは思えないかなぁ。

師匠
ブラックハットSEOには「自演リンク」だけじゃなく、いろいろ手法があります。

ただし、素人は火傷するので手を出さない方がいいですよw

内部リンクのキーワードは、ビッグワードを含んでおけば複合ワードでも効果は同じ

内部リンクのキーワードは、ビッグワードを含んでおけば複合ワードでも効果は同じ

『内部リンクのキーワードは狙ったビッグキーワードに貼りつける』の箇所は、『ビッグワードを含んでおけば複合ワードでも効果は同じ』という、素敵な補足が!

▼こういうことね。

ビッグキーワード複合ワード
格安SIM格安SIMと契約方法
格安SIM
師匠
複合ワードを狙いつつ、ビッグワードも上げていく方が効率的です。

この辺は色々と実験すれば解るんですけど、Googleもかなり賢くなってるので意味付けが同じならほぼ同じと認識してくれますよ

内部リンクの重要性に気が付いていなかった

内部リンクの重要性に気が付いていなかった

ブログを1年以上書いていますが、『内部リンクって、そんなに重要じゃないでしょ。貼るのもめんどうだしなぁ』とか思っていたんです。

でもライターを始めると、『内部リンクを貼ってくださいね』と指示を受けることがあります。

『回遊率を上げるためかぁ』と漠然と考えていたけど、まさかここまで重要なものだったとは!調べてみて初めて知りました。

そして「そういえば、格安SIM連載でそんなに内部リンクを貼ってないぞ」とも気が付いたんです。

全26記事の内部リンク作業は、だいたい全部で4時間くらいかかりましたよ(;’∀’)

ぱんさん
たかが内部リンクと思っていたら、痛い目合うわよ!

内部リンクのカテゴリー整理を行おう

内部リンクのカテゴリー整理を行おう

内部リンクを貼るとき、ふんわりした感覚でやると基準がブレてしまい、収拾がつかなくなってしまいます。

個人でブログをしている場合、自分の頭の中に『この記事は、このキーワードでリンクさせる』と覚えておけばいいですけど、記事が増えると大変ですよね。

▼そんなときは、自分なりで大丈夫なのでカテゴリー整理をしておくことをオススメします。

内部リンクのカテゴリー整理をGoogleスプレッドシートで共同作業する
チー
カテゴリーの話しとしては、もっと大切なことがあるんだよ
パパンダ
この話しは、また次回だ!!

さいごに

内部リンクって、こんなに大切だったんですね!

重要性を知っていたひとは、これまで以上内部リンクを充実させる。

今回初めて知ったひとは、これから内部リンクをしっかり組み込む。早速これまで書いた、格安SIM連載に内部リンクを設定しましたよ。

修正前と後の記事を掲載します

◆内部リンク修正前◆【SoftBank】SIMロック解除を無料でやる方法は?自分でiPhone 6sのロックを解除したよ

2017.04.08

【SoftBank】SIMロック解除を無料でやる方法は?自分でiPhone 6sのロックを解除したよ

2017.10.30
パパンダ
ふふふ、いいこと知っちゃったぞ。僕のブログにも活かそうっと

方法を知ったとしても、実行しなければ意味がありません。ぜひ充実したサイト(ブログ)作りを一緒にやっていきましょう!

お読みいただきありがとうございました。それでは(´・ω・`)ノシ☆

ブログのカテゴリーはどう作る?階層構造とパンくずを意識し、わかりやすいブログを目指そう

2018.04.28

ブログ記事を読まれるように「リライト」する意味は?目的をもって見直ししよう

2018.05.08

あわせて読みたい

SPONSORED LINK