Apple Watch Series 6発表!詳しくはこちら

【2020年版】iPhone Xから機種変更するならどれがいい?ちょっと待った!まだ使えるよ!分離プランか格安SIMへ移行し通信費を節約。あと1年くらいは使おう

SPONSORED LINK
Y!mobileバナー

2017年11月に発売し、2018年9月の後継モデル「iPhone XS」の発表に伴い、わずか10ヶ月で販売終了となった「iPhone X

  • ホームボタンを廃止し、全面ディスプレイになる
  • 画面は液晶から有機EL(OLED)に変更する
  • 生体認証は指紋認証「Touch ID」から、顔認証「Face ID」に変更

「iPhone 10周年モデル」と言われた、初めてのフルリニューアルで、後継モデルが全てiPhone Xベースであることからも、「次の10年の基礎となったモデル」とも言える

僕はiPhone 3GSの頃からiPhoneを使い続け、ほぼ毎年買い替えているが、そんな僕でも「大丈夫か?」と不安になったものだが、恐ろしく完成度の高い製品だった。

しかし、そんなiPhone Xの発売から2年……(記事を書いているのは2020年9月)。

2年経てば機種変更を考える人が出てくる。

iPhone Xを機種変更する場合、次は何を買うのがおすすめ?

と悩むだろう。

この記事では、iPhone Xから機種変更する際の、おすすめiPhoneを紹介しようと思う

チー
一応宣言しておくと、iPhone Xはまだまだ使えるので、特にAppleのSIMフリーを買った方は、機種変更せずあと1年くらい使った方がよいと思います

また、ただおすすめを紹介するのではなく、現在利用しているキャリアごとに最適なiPhoneを紹介するので、要点だけ知りたい方は、下記リンクをタップして目的の情報だけ読んでくださいね

この記事はiPhone Xからの機種変更候補を紹介しています。

他モデルをお使いの方は、以下の記事をご覧ください。

SPONSORED LINK

目次

2020年時点のiPhone Xユーザーは最新モデルを好む人が多い

iPhone X

2020年9月時点でiPhone Xを使っているのは、主に以下の方だろう。

  • 大手キャリア(docomo・au・SoftBank)でiPhone Xを使っている
  • AppleのSIMフリー版を購入し、格安SIMなど通信キャリアを自由に選んで使っている

iPhone Xは2017年11月に発売されたモデルなので、発売から2年しか経っていない。

今のスマホは2年間使うのが前提なので、購入当時は「最新モデル」として購入している人が多いだろう

しかも2017年9月当時としては、以下のような状況だった。

  • 前モデル「iPhone 7」とほぼ同じで安価な「iPhone 8
  • iPhoneとしては初めて10万円を超え、全てが変わった(=リスクの高い)「iPhone X

iPhoneファンですら「10万円オーバー」には戸惑っていたわけで、それでもiPhone Xを買った方は、ガジェット好きな「ギークな人」か最新モデルを買うと決めている方が多いだろう

なにせ、iPhone Xは当初翌年(2018年)発売予定だったが、「10周年モデル」にするため、発売が無理矢理1年前倒しになったと言われるモデル。

チー
正直「地雷」の匂いしかしなかった……。

iPhone Xは発売から2年経っても「古くない」

ホームボタンの代わりはジェスチャ

そんなiPhone Xだが、正直驚くほどの完成度だった。

  • 有機ELディスプレイとなり、重いけどiPhone 8と同じサイズ感を実現
  • 顔認証「Face ID」の使い勝手のよさ
  • デュアルカメラの性能

もちろん欠点はある。
しかし、デメリットよりもメリットの方が多いと思う。

使い勝手悪いから、ホームボタン搭載の「iPhone 8」に戻そう

なんて言う人に僕は出会ったことがないし、僕自身も使ってみて多少の不満はあっても「もう戻れない」と思っているからだ。

iPhone Xユーザーの多くは、特に不満なく使っているのではないかと思う。

iPhone Xレビュー

iPhone X長期利用レビュー。不満はあるが高評価!10年先の未来を『体験』できる、新しいiPhoneの始まり

iPhone XはiOS 13にすると「Face IDの認証が高速化」

Face IDのロック解除が高速化

このため、2年間の割賦購入(ドコモの月々サポートなど)が満了となったので、機種変更を検討する方はいるだろうが、買い替えを強く希望している方は少ないだろう。

そんな方に、おすすめの「iPhone Xパワーアップ方法」がある。

チー
2019年9月にリリースされた、「iOS 13」にアップデートすると、Face IDが早くなる

Face IDが最大30パーセント速く

と説明されているのだが、これは確かに速くなった実感があった。

ただ、あっという間に慣れるので、速くなったことを実感できるのは最初の数時間と思うが……。

iPhone Xのスピード面にもし不満があれば、iOS 13へのアップデートを行ってみて欲しい。

iPhone Xからの機種変更にiPhone XR・iPhone 11・iPhone SE(第2世代)はおすすめしない

iPhone 11はiPhone XRの後継モデル

このような感じで、iPhone Xからの機種変更を強くおすすめはしないのだが、機種変更したい場合の候補は何になるのか?

チー
2020年時点としては、最新モデル「iPhone 11 Pro」一択

iPhone 11も候補になりそうなものだが、おすすめしない理由がある。理由は以下の3点。

iPhone XRと11をおすすめしない理由
  • 有機ELと液晶ではベゼル(額縁)の太さが違う
  • iPhone 11・iPhone XRは「大きくて重い」
  • 特にiPhone XRはカメラ性能が劣っている

iPhone Xが発売した2017年以降、発売したiPhoneは全てiPhone Xの後継モデル。

そういうと、何を選んでも問題ないように感じるのだが、ディスプレイのとカメラの違いには注意して欲しい

iPhone X以後のモデルについて、ディスプレイ・カメラ数をまとめると以下の通り。

発売年モデル名ディスプレイカメラ数
2017年iPhone X有機EL(OLED)2
2018年iPhone XR液晶(LCD)1
iPhone XS有機EL(OLED)2
iPhone XS Max
2019年iPhone 11液晶(LCD)2
iPhone 11 Pro有機EL(OLED)3
iPhone 11 Pro Max

お分かりだろうか?

後継モデルのディスプレイは、液晶と有機ELが混在している。

テレビと同じで、有機ELの方が画面がキレイって話でしょ?

と思うだろうが、確かに画質も違うのだが、画面が大きく異なっている

有機ELと液晶ではベゼル(額縁)の太さが違う

それはベゼル(額縁)の太さ。

  • 液晶の方が太く
  • 有機ELの方が細い

という感じなのだが、正直比べないと分からないくらい小さな違いだ。

iPhone XRとiPhone XS Maxの画面比較
左:有機ELのiPhone XS
右:液晶のiPhone XR
iPhone XRとiPhone XS Maxのノッチ比較
下:有機ELのiPhone XS
上:液晶のiPhone XR

しかし、

有機ELを使った人が、液晶を使うと「一目で気づく」

僕がそうだったので、大多数の方も気づくだろう。

これは僕が様々なスマホを使って、「目が肥えているから」ではない。誰もが一番目にするディスプレイだからこそ、誰もが一発で気づくことだと僕は思う

これが、iPhone 7あたりから、iPhone XRに機種変更した人だと気づかない。

「液晶→液晶」なので、進化したとも退化したとも思わないからだ。

有機ELのiPhone Xユーザーは、目が肥えている

これは自覚しておいた方が良いと思う。

iPhone 11・iPhone XRは「大きくて重い」

iPhone 11を手に持ってみた

iPhone XRとiPhone 11をおすすめない2つ目の理由。

それは、

大きくて重い

ということ。

スマホは通常、画面が大きいモデルが上位モデルなので、重くなるし値段も高くなる。しかし、iPhoneでは一部モデルでそれが逆転してしまう。

モデル名ディスプレイサイズ重量SIMフリー版価格
iPhone XR6.1インチ194g64,800円〜
iPhone 1174,800円〜
iPhone XS5.8インチ177g販売終了
iPhone 11 Pro188g106,800円〜

iPhone X直接の後継モデルに該当するのは、「iPhone XS」と「iPhone 11 Pro」だ。

iPhone XRiPhone 11と比較した場合、

画面が小さくて軽いのに、価格は高い

という構図になるのは分かるかと思う。

iPhone XR・iPhone SE(第2世代)はカメラ性能が劣っている

トリプルカメラ対応

ここまでの理由は、ディスプレイの種類が違うこと(有機ELの方が原価が高い)に起因している。

最後の理由は、カメラ数の違いだ。

iPhone 7 Plus」が採用した「デュアルカメラ」は、その後のスマカメラのトレンドを変えた。

portlate

iPhoneのデュアルカメラの使い方は?「ポートレートモード」の仕組みと作例を解説

以来、スマホカメラは進化を続け、多ければ良いというものではないが、2020年現在は4つのカメラを搭載するスマホもある(HUAWEI P30 Proなど)。

iPhoneにおいては「iPhone 11 Pro」の3つ(トリプルカメラ)が最大だが、モデルによってカメラ数・採用するカメラの種類が異なる

一覧にすると以下のような感じ

レンズの種類iPhone X
iPhone XS
iPhone 11 ProiPhone XRiPhone 11
カメラ数2312
広角カメラ
超広角カメラ××
望遠カメラ××

ここで注意して欲しいのは、デュアルカメラでも、iPhone XとiPhone 11は仕様が異なること

  • iPhone Xのデュアルカメラは、「望遠カメラ」が増える
  • iPhone 11のデュアルカメラは、「超広角カメラ」が増える

被写体をアップで撮るか、広く撮るかで用途が全く異なるので気を付けて欲しい。

以下は、iPhone 11 Proの各カメラを使って撮影した写真だが、これくらい画角が異なる。

iPhone 11 Pro の望遠レンズ
iPhone 11 Pro の望遠カメラ
iPhone 11 Pro の標準レンズ
iPhone 11 Pro の広角カメラ
iPhone 11 Pro の超広角レンズ
iPhone 11 Pro の超広角カメラ
チー
特に風景をよく撮る方は、iPhone 11シリーズの「超広角カメラ」は凄く役立つよ!

ただ、この違いは小さなもので、一番の注意点はiPhone XRiPhone SE(第2世代)のカメラだ。

iPhone XRのポートレートモードは人物限定

ポートレートモードに対応するが「人物限定」

これが、iPhone Xのポートレートモードと比較した最大の違い。

iPhone XR・iPhone SE(第2世代)以外のポートレートモードは、食べ物など被写体を選ばず対応します

カメラに関しては、利用者によって用途も頻度も異なるため、これらの違いが今までの使い方に影響を与えそうなら、iPhone XR・iPhone 11・iPhone SE(第2世代)を選ぶべきじゃないだろう。

チー
iPhone Xは発売から2年経っても、まだまだ「最新モデル」なんです

大手キャリア契約者は「分離プラン」へのプラン変更がおすすめ

ギガホ・ギガライト

また、2017年当時のスマホ購入だと、通信契約と端末割引がセットのプランで購入している方が大半だろう

一定期間の通信契約を条件に、端末を割り引くプランだが、2020年9月時点では、既存契約分を除き「全廃」された

これは、「通信費の4割値下げ」を旗印に政府(総務省)主導で行われた改革によるものだ。

具体的には2019年10月に施行された、「改正電気通信事業法」によって以下が義務化されたことによる影響。

  • 通信と端末契約を分離した、「分離プラン」導入の義務化
  • 端末値引きの制限(発売時期によるが「2万円」が基準)
  • 2年契約違約金は「1,000円」程度とする
分離プランで通信費は安くなるのか

携帯業界に激震!?端末と通信の「分離プラン」とは。いつから義務化が始まる?安くなるの?スマホのSIMロック解除議論から考察

このことで、格安SIMも含めた、ほぼ全ての通信キャリアが料金プランと端末販売方法を見直した。

主な通信キャリアの、サービス名をまとめると以下の通りだ。

iPhone Xからの機種変更を考えている方は、大手キャリアユーザーが多いと思うので、割賦契約終了のタイミングで「分離プラン」に変更するのがおすすめ

「4割値下げ」はさすがに無いのだが、おおむね1割〜2割程度は安くなるのではないかと思う

チー
正直、通信料はあまり安くならず、端末だけ高くなって、総務省は余計なことをして……としか思わないけどね……。

ドコモユーザーは旧プランが「家族」基準なので、家族の契約も合わせて判断を

ただ、ドコモユーザーだけは分離プランへの移行タイミングに注意して欲しい。

ドコモの場合、旧プランが「家族」を基準にしていたため、家族の契約状況に依存する。

基本は主契約(シェアパックを契約している人)の回線が、「月々サポート・端末購入サポート」を満了するタイミングに合わせる感じになるだろう。

ドコモの端末購入サポートとは?月々サポートとの違いを知って機種変更でスマホを安く購入しよう

我が家の場合、7回線契約しているのだが、全回線の月々サポート・端末購入サポートが終了タイミングが、ベストな移行タイミングと判断している

回線毎の状況に応じた試算など、詳しくは以下の記事を参考にして欲しい。

チー
僕なんかは楽しんでやっちゃうけど、こういう試算が必要な地点で、多くの人にとって「苦痛」だよね……。
ドコモの分離プラン「ギガホ・ギガライト」を解説

ドコモ分離プラン(新料金プラン)「ギガホ・ギガライト」はお得?いつ変更する?契約するメリット・旧プランの比較を徹底検証

iPhone Xから機種変更候補は「iPhone 11 Pro」一択

iPhone 11 Pro

というわけで、ここまで紹介してきたように、2020年時点としては、iPhone Xの機種変更は強くおすすめしない

だが、それでも機種変更したい方に、敢えておすすめモデルを選ぶと、候補はただ1つ。

チー
「iPhone 11 Pro」一択!!

iPhone Xからの機種変更候補は、それほど多くない。

このうち、iPhone XR・iPhone 11・iPhone SE(第2世代)はおすすめしない、とここまでの記事で解説してきた

なので、候補はiPhone XSとiPhone 11 Proに絞られる。

iPhone XSは一世代新しいだけでそれほど進化を感じない

ドコモ版iPhone XS Maxゴールド 256GB

では、iPhone XSとiPhone 11 Proのどちらがよいかという話になるが、これはほぼ消去法になってしまう。

  • iPhone XSはiPhone Xの後継モデルで、大きく進化していない
  • iPhone XSは2019年9月にAppleでは販売終了となった

ハイスペックモデルのiPhoneは、旧モデルとして併売しない

というのが、Appleの方針のようなので、わざわざiPhone XSを選ぶメリットは薄いと思う。

確かに、ドコモなど大手キャリアで販売するiPhone XSは在庫限りだが、多少安価になっている。

しかし、売れ筋の64GBモデルだと、価格差は「1万円」程度

劇的に安いというほどでもない。

モデル名容量販売価格24か月目返却時負担額
iPhone 764GB43,560 円-
iPhone XR64GB73,872 円49,248 円
128GB81,648 円54,432 円
256GB93,312 円62,208 円
iPhone XS64GB110,808 円73,872 円
256GB122,472 円81,648 円
512GB122,472 円81,648 円
iPhone XS Max64GB122,472 円81,648円
256GB134,136 円89,424 円
512GB134,136 円89,424 円
iPhone 1164GB85,536 円57,024 円
128GB93,312 円62,208 円
256GB104,976 円69,984 円
iPhone 11 Pro64GB124,416 円82,944 円
256GB139,968 円93,312 円
512GB163,296 円108,864 円
iPhone 11 Pro Max64GB136,080 円90,720 円
256GB155,520 円103,680 円
512GB178,848 円119,232 円
iPhone SE(第2世代)64GB57,024円38,016円
128GB62,568円41,712円
256GB75,240円50,160円

なので、候補は自然と最新モデルである「iPhone 11 Pro」に絞られる。

Maxはとにかく重いので大画面にこだわりない限りおすすめしない

iPhone XとXS Maxの比較(背面)

ちなみに、iPhone 11 Proは以下のモデルに分かれている。

  • 5.8インチディスプレイの「iPhone 11 Pro」
  • 6.5インテディスプレイの「iPhone 11 Pro Max」

ディスプレイサイズを除けばスペック的な違いはない。

なので、どちらを選ぶかは「好み」になるのだが、余程の理由がない限り「Max」を買う必要はないと思う

チー
僕は「iPhone XS Max」を持っていたけど、とにかく重くて腕が疲れやすくなった……
ケースと保護ガラスを合わせると250グラム以上

iPhone XSとXS Maxはどちらがおすすめ?Maxは「重い」。購入して感じた本音をレポート

2年以上使うならAppleのSIMフリー版もあり

Apple Store

iPhoneを購入する場合、購入先としては大きく分けて2種類ある。

  • Apple Store
  • 携帯キャリア

前者はSIMフリー版で、後者はSIMロック版という違いがあるのだが、基本的に全く同じ製品だ

分離プラン」の開始で通信契約と端末購入は分かれたが、例えばドコモユーザーならポイント還元など総合的に見て、通信契約をしているキャリアで買うのがお得なのは間違いない

ただ、「お得」になるのは条件がある。

2年に1回キッチリ機種変更すること

今は、「3年に1回」スマホを購入する人が増えていると思う。

iPhone Xもそうだが、2年経っても古くさくないわけで、長く使うならSIMフリー版の方が安くなった

  • 2年に1回機種変更するなら「大手キャリア」
  • 壊れない限り使いたいなら「AppleのSIMフリー」

分離プラン」導入後のiPhone購入は、こんな感じになるのかなと感じている。

また、Apple StoreはSIMフリー(どの携帯キャリアでも使える)だが、携帯キャリアで購入しても「SIMロック解除」すればSIMフリーになるので、特に不都合はないはずだ。

この記事を読んでいるiPhone Xユーザーには、SIMフリー版を使っている人も多いかと思う。「最初からSIMフリー」の楽さを体験してしまうと、キャリアのスマホを買うなんて面倒ですよね(笑)

なので、今回もApple Storeで購入するのをおすすめする。

チー
キャリア版と比較すれば高いんだけど、SIMフリーの「自由さ」は買った人にしか分からないと思うけど、いろいろ楽です(笑)
SIMフリーiPhoneの魅力とおすすめのキャリア

SIMフリーiPhone購入後の通信キャリアをどうする?設定が楽でお得なキャリアをピックアップ

\ SIMフリーを買うならApple Store /

Apple Storeをチェック

契約種別毎におすすめするiPhone Xからの機種変更候補

iPhone X本体

2020年9月時点のiPhone Xユーザーは大きく分けると、以下のパターンだろう。

  • 大手キャリア(docomo・au・SoftBank)でiPhone Xを使っている
  • AppleのSIMフリー版を購入し、格安SIMなど通信キャリアを自由に選んで使っている

タイプ別で、おすすめの購入方法と対象機種を紹介しようと思う。

チー
といっても、おすすめモデルは「iPhone 11 Pro」一択なので、買い方の提案という感じです

iPhone 11・iPhone 11 Proのストレージ(容量/ギガ)は64GBで足りる?128GB・256GBが必要なのは動画を長時間撮る人だけです

iPhone 11のカラーバリエーション

iPhone 11・iPhone 11 Proの人気色(カラーバリエーション)は?発売当初は新色、その後はホワイト系。過去の傾向から分析してみた

docomoのiPhone Xユーザーは「iPhone 11 Pro」

iPhone 11 Pro ミッドナイトグリーン開封フォトレポート

ドコモは2019年6月1日から、分離プラン「ギガホ・ギガライト」を導入し、同時に端末の販売方法を大きく変えた。

スマホおかえしプログラム

従来の「月々サポート・端末購入サポート」をやめ、「スマホおかえしプログラム」を新たに開始。

スマホおかえしプログラムを徹底解説

ドコモ「スマホおかえしプログラム」とは。購入ではなくリース?オトクになるパターンと注意点を解説

このプログラムは、36回分割払いで、24回支払後に「返却」すると残債が免除されるという仕組み。つまり「リース」の考え方だ。

2年毎にキッチリ機種変更する

という使い方で、ある程度新しいモデルを使い続けたい方には、従来の24回払いに比べ、1ヶ月あたりの負担も減るため購入しやすいと思う

スマホおかえしプログラム購入イメージ

iPhone Xをキッチリ2年使っているなら、機種変更で使えるクーポンも届いているかもしれない。上手く活用して欲しい。

ドコモから届いたクーポン券

ドコモの新規契約・MNP・機種変更で使える5,400円割引クーポンが来た!iPhone XS・iPhone XRでも使えます【2018年11月30日まで】

ドコモ版iPhoneを「スマホおかえしプログラム」で購入した場合以下のような価格なので、最新モデルと旧モデルの価格差が小さくなる傾向になる

モデル名容量販売価格24か月目返却時負担額
iPhone 764GB43,560 円-
iPhone XR64GB73,872 円49,248 円
128GB81,648 円54,432 円
256GB93,312 円62,208 円
iPhone XS64GB110,808 円73,872 円
256GB122,472 円81,648 円
512GB122,472 円81,648 円
iPhone XS Max64GB122,472 円81,648円
256GB134,136 円89,424 円
512GB134,136 円89,424 円
iPhone 1164GB85,536 円57,024 円
128GB93,312 円62,208 円
256GB104,976 円69,984 円
iPhone 11 Pro64GB124,416 円82,944 円
256GB139,968 円93,312 円
512GB163,296 円108,864 円
iPhone 11 Pro Max64GB136,080 円90,720 円
256GB155,520 円103,680 円
512GB178,848 円119,232 円
iPhone SE(第2世代)64GB57,024円38,016円
128GB62,568円41,712円
256GB75,240円50,160円
チー
スマホおかえしプログラム」では、同じ機種を3年使うのは損です。

同じ機種を長く大事に使うのは、「美徳」にはならないですよ。

\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

iPhone 11 Proをチェック

au・SoftBankのiPhone Xユーザーは「iPhone 11 Pro」

トクするサポート

では、残る大手キャリアのau・SoftBankユーザーはどうするか?

docomoになくて、au・SoftBankにあるのは、「格安SIMとして展開するサブブランド」だ

があり、iPhone 6sやiPhone 7などはこちらで販売するように棲み分けを行っている。

サブブランドでiPhone Xは販売していないが、SIMロック解除して乗り換えることはできる。

ただ、同一ブランド内での、MNPは優遇されないため、移行するのであれば以下の方針で乗り換えるのがおすすめ。

両社の料金プラン、端末価格はほぼ横並びなので、大きな違いは無い。

あえて言えば、

通話重視ならY!mobileがおすすめ

というくらいだ。

格安SIM以降で2000円節約

格安SIMで通信費を「月2,000円」節約できた!月額料金とMNP移行費用のまとめ

通話重視ならY!mobileがおすすめ ゆりちぇるアイキャッチ

通話重視で格安SIMを選ぶならどれ?かけ放題3社を徹底比較!2年間の総額でコスパ最強はY!mobileでした

au・SoftBankで機種変更するなら、ドコモと同じくiPhone 11 Proが候補になるが、購入方法がドコモと多少異なっている。

ドコモauSoftBank
サービス名スマホおかえしプログラムアップグレードプログラムDXトクするサポート
利用料なし月390円
分割回数36回(3年)48回(4年)
割引適用条件2年後の端末返却2年後の端末返却と指定機種の購入

2年間の実質負担金は少しドコモが高い程度

なのだが、ドコモは1機種毎で契約が完結するのに対して、auとSoftBankは2年後の機種変更が割引条件なので、半永久的に縛られるというデメリットがある。

チー
ルールは守っているし、ビジネスとしては理解するんだけど、あまり好きな売り方ではないね……。

iPhone Xに不満がない大手キャリアユーザーは格安SIMへの乗り換えもあり

Y!mobileでSIMのみ契約
今のiPhone Xに不満はないし、このままでいい

そう思う方も多いと思う。

正直なところ、電話・メール・ネット・SNS・動画閲覧程度の用途であれば、iPhone Xはまだまだ現役で不満を持つ要素がない。

2世代古い「iPhone 7」も、まだまだ現役モデルだ。

しかし、大手キャリアを契約して、2年間の支払いを終えた後に、そのまま契約し続けるのは損。

2019年10月から改正電気通信事業法が施行され、「分離プラン」が義務化された。

2020年9月時点では全て新プランに切り替わったので、前述の通り少なくとも分離プランに切り替えた方がよいだろう

以下の記事はドコモの話だが、家族中心のプランなので「家族全員」分離プランにしないと意味が無いが、au・SoftBankは「個人」なのでプラン変更は容易のはず。

ドコモの分離プラン「ギガホ・ギガライト」を解説

ドコモ分離プラン(新料金プラン)「ギガホ・ギガライト」はお得?いつ変更する?契約するメリット・旧プランの比較を徹底検証

また、iPhone Xを使い続けるなら、SIMロック解除して格安SIMに乗り換えるのもよいだろう。

ちなみに、iPhone Xを使う場合、一番おすすめの格安SIMは「Y!mobile」。

Y!mobileのおすすめポイント
Y!mobile最新キャンペーン情報ゆりちぇるアイキャッチ

【2020年9月最新】最大20,600円分おトク!Y!mobileのキャンペーンを賢く併用して、一番お得な契約方法を紹介!

格安SIMユーザーはSIMフリーで「iPhone 11 Pro」

サブブランドではiPhone 7の取り扱いがスタート

最後に格安SIMユーザーについて。

2020年9月時点で機種変更を考える、格安SIMのiPhone Xユーザーは、SIMロック解除したか、AppleのSIMフリー版を購入した人だけだろう。

なので、格安SIMのiPhoneを買うメリットはない。

iPhone Xを格安SIMで使っている方は、Apple SIMフリー版の購入一択となる。

\ SIMフリーを買うならApple Store /

Apple Storeをチェック

安く買う方法は下取りの活用(Appleの下取りがおすすめ)

Apple Trade IN

iPhoneを機種変更する場合、地味に大きいのが今使っているiPhoneの下取り

Androidと最大の差別化ポイントともいえる、リセール価値の高さは、2020年現在も健在。

iPhone Xの下取り価格を、Apple公式・大手キャリアで比較すると以下のようになる。

AppleドコモauSoftBank
iPhone X33,000 円31,700〜36,000 円29,700〜34,100 円24,000 円
還元方法ギフト券・ポイント・PayPay
還元回数一括
チー
2年前の機種が、未だに2万円以上の価値があるなんて凄いね

金額だけみると魅力は薄いが、実はかなり使いやすいいのがAppleの下取りプログラム「Apple Trade In」。

キャリアの買取は基本的に、端末購入時や購入履歴のある端末に限定されるなど、条件が多い

しかし、Appleの場合はそのような条件もなく、キャリアの買取と同じく、本体だけ返送すれば、サクッと下取りが完了する(=Lightningケーブルや充電器の返却は不要)

Apple StoreでSIMフリー版を購入し同時申込みした場合を除き、Appleストアギフト券での還元となるが、iPhoneケース・ケーブルなどのアクセサリ購入に使えばよいかと思う。

同時申込みの場合は、現金キャッシュバックとなります
\ Apple Trade Inはサクッと下取り /

下取り価格をチェック

AppleのiPhone下取りプログラム

Apple公式iPhone下取りプログラム「Apple Trade In(旧GiveBack)」を使ってみた。条件が緩く、郵送対応なので簡単なことが魅力

ドコモの「下取りプログラム」を使った感想。キットの郵送からポイント付与までの流れ

Y!mobile下取りプログラム下取り時の送付物

Y!mobile下取りプログラム(郵送)を使った感想。他サービスとの比較、利用方法・所要時間などを徹底解説

終わりに

iPhone X本体

2018年はiPhone 7が売れまくった。2019年は格安SIMでの取り扱いが開始するであろう、iPhone 8が売れまくるだろう。

そして、予想では2020年には、iPhone XRが最安モデルとなり、iPhone X系モデルへの完全移行が完了する。

という状況になっても、iPhone Xを愛する人はまだまだ多いだろう

これからの10年のベースになるモデル

として、iPhone Xは大切な存在だ。

この記事で紹介したとおり、2020年9月時点としては、機種変更を強くおすすめする必要がない。

大事に使ってもらえたらと思う。

チー
iPhone XSを買った時、iPhone Xは手放しちゃったんだけど、残しとけばよかったと実は今でも後悔してる……。
iPhoneの機種変更作業チェックリスト

iPhone機種変更で確実にデータ移行するために、必要な準備・やることチェックリスト(写真・Suica・Apple Watch・LINE・銀行ワンタイムパスワード)

この記事でおすすめした、iPhone Xからの機種変更候補としておすすめのiPhoneを紹介します。

チー
「iPhone 11 Pro」一択!!
iPhone 11 Pro長期利用レビュー

iPhone 11 Pro長期利用レビュー。トリプルカメラとPixel対抗のナイトモード搭載で、iPhone X以来のリニューアルモデルは買いなのかを検証

iPhone 11 ProはAppleおよび、大手キャリアから販売されています。

AppleではSIMフリー、キャリア版はSIMロックされ、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

買い方のポイント
チー
一番大事なのは、オンラインショップで購入することです
今はとにかくスマホが高いので、少しでも節約しましょうね。
iPhone 11 Pro長期利用レビュー

iPhone 11 Pro長期利用レビュー。トリプルカメラとPixel対抗のナイトモード搭載で、iPhone X以来のリニューアルモデルは買いなのかを検証

一緒に使いたいおすすめアクセサリ・サービス

チー
僕がiPhone 11 Proユーザーにおすすめしたい、アクセサリは以下です。是非チェックしてみて!
パパンダ
チーさん、多いよ……。
チー
あともう1つ!
Apple Payは本当に便利だから、「食わず嫌い」の方もだまされたと思って使ってみて欲しい!
パパンダ
Apple Payはチーさんに言われて使い始めたけど、確かに便利だった!
Apple Payは凄く便利なので、みんなに使って欲しい!

Apple Pay使ってますか?面倒じゃないよ!iPhoneのキャッシュレス生活が便利すぎるので、魅力を徹底解説

キャリアでiPhoneを買うならオンラインショップがおすすめ

2020年現在、iPhoneを買うならオンラインショップがおすすめです。
以下のようなメリットがあります。

オンラインショップのメリット
  • オンラインショップ限定のお得なキャンペーンがある
  • 待ち時間なしで、24時間購入可能
  • 自宅で受け取り可能
  • 全手続きで事務手数料が「完全無料」(auをのぞく)
  • 頭金も0円(端末費用は別途必要です)
チー
非公式のお店もWEBにはたくさんあるので、以下からアクセスが確実です!

ドコモオンラインショップ

ゆりちぇる
2020年9月現在、ドコモオンラインショップはお得なキャンペーンが豊富です!
ドコモオンラインショップ限定キャンペーン
  1. 端末購入割引
    対象機種の購入で、最大22,000円割引か最大20,000円分のポイント還元!
  2. Xperia SPRING キャンペーン 第2弾
    Xperia 1 II SO-51Aを購入された方、先着15,000名さまに、Xperiaロゴ入りMOLESKINEジャーニーハードポーチをプレゼント!
やぶなお
お得な情報はドコモ最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください!
docomo最新キャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

【2020年9月最新】最大3万円以上もおトクになる!?docomoのキャンペーンを賢く併用して、一番おトクな契約方法を紹介!

\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

ドコモのiPhoneをチェック

2年縛りの違約金が無料に!ドコモユーザー必携の「dカード」

ギガホ・ギガライト」はdカード・dカード GOLDで支払うと「dカードお支払割」が適用されます。

2年縛りがなくなり解約金不要で2年契約の料金になるので、この機会にカードを作ってみてはいかがでしょうか。

\ 年会費永年無料 /

dカードの入会特典をみる

auオンラインショップ

auオンラインショップ限定キャンペーン
  1. au Online Shopお得割
    対象機種の購入で、最大22,000円割引!
ゆりちぇる
auは2022年3月末をもってサービス終了する、3G回線ユーザー向けのキャンペーンが豊富です。

au最新キャンペーンページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね
auキャンペーン ゆりちぇるアイキャッチ

【2020年9月最新】最大6万円お得になる!?auのキャンペーンを賢く併用して、一番おトクな契約方法を紹介!

\ 自宅で受け取り!送料・頭金無料 /

auのiPhoneをチェック

ソフトバンクオンラインショップ

パパンダ
申込みに必要な項目などは、指定された欄に入力するだけなので、超簡単!
SoftBankオンラインショップ限定キャンペーン
  1. Webトクキャンペーン
    新規・機種変更・MNPをオンラインショップで申込み、自宅受け取りを選択した方は、事務手数料が無料
  2. 【オンライン限定】web割
    対象機種に、他社からのりかえ(MNP)すると、端末代金が「21,600円」割引
\ 送料・頭金・事務手数料無料 /

SoftBankのiPhoneをチェック

おすすめモデルについて

チー
おすすめモデルについて、タイプ別に解説します

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2020年9月時点】

SPONSORED LINK

この記事のシェアはこちらから!