条件が緩く、郵送対応なので簡単!Apple公式のiPhone下取りプログラムを使ってみた

AppleのiPhone下取りプログラム
SPONSORED LINK

新しいスマホを購入する際、それまで使っていたスマホを下取りに出し、

  • ポイント、ギフトカードのキャッシュバック
  • 現金値引き

など、購入の原資にするという買い方はすっかり一般的になった。

下取り方法として主なものは、

  1. ヤフオク・メルカリなどの個人間売買
  2. キャリア(docomo・au・SoftBank)の下取りプログラムを利用する
  3. Apple公式の下取りプログラムを利用する
  4. ソフマップなど中古業者に売却する

くらいが思い浮かぶ。

僕はどれも利用したことがあるが、下取り価格は1~4の順番に安くなる傾向にあると思う。

僕は毎年iPhoneを買換えており、2017年9月まではiPhone 7を利用していた。

これは僕のメイン回線(docomo)で購入したものだが、先日購入したdocomo版のiPhone 8 Plusは別回線

このため、docomoの下取りプログラムは利用できなかった。

というわけで、この記事では初めて利用したApple公式の『iPhone下取りプログラム』を使った感想を紹介しようと思う。

スマホ下取りの種類と見落としがちな『手間』

下取りは郵送が楽

下取りは郵送が楽

冒頭に記載した通り、スマホを下取りする場合、大別すれば以下の4種類になると思う。

  1. ヤフオク・メルカリなどの個人間売買
  2. キャリア(docomo・au・SoftBank)の下取りプログラムを利用する
  3. Apple公式の下取りプログラムを利用する
  4. ソフマップなど中古業者に売却する

下取り価格は1~4の順に安くなっていくことが多いが、案外盲点になるのは下取りにかかる手間だ。

手間も大きく分けると、作業的な手間と、トラブル時の手間の2種類がある。

このどちらも一番面倒なのは、『ヤフオク・メルカリなどの個人間売買』

  1. 写真撮影
  2. 出品手続き
  3. 落札後の連絡
  4. 発送

これらを全て自分で行う必要がある。
慣れもあるだろうが、合計すれば数時間はかかるかと思う。

そして、個人間売買の場合、いわゆる新古品(購入後ほぼ触っていないモノ)であればトラブルは少ないが、古くなればなるほどトラブルになりやすい

いくら「ノンクレーム・ノーリターン」と宣言しても、

  • 事前に記載していない部分に、傷がある
  • ハード的な故障がある(例えばカメラが起動しないとか)

と言われたら、無視出来ない。

結果返品なんてことになりがち。

僕もこういうトラブルは、スマホに限らず何度かある。このやりとりは消耗する

なので、僕はスマホの場合、新古品以外は個人間売買はあまり利用せず、基本的にはキャリアの下取りプログラムを利用してきた

キャリアの下取りプログラムを使うメリット

下取りプログラム

下取りプログラム

キャリアの下取りプログラムは、もう5回くらい利用したと思う。

査定金額がものすごく高いわけでは無いが、最大のメリットは、

  • 少なくとも中古ショップ買取よりは、査定金額が高いことが多い
  • 画面割れなど明らかな破損がない限り、細かい傷程度なら減額されない
  • ケーブル、充電器などを送付する必要が無い(=付属品がなくても減額されない)
  • 基本的に郵送対応

の4点。

特にiPhoneを売却する場合、ACアダプタやLightningケーブルが手元に残せるメリットは大きい(高いので)。

そして、個人的に一番大きいのは、手間がかからないことだ。

基本面倒くさがりなので、サクッと郵送で下取りしてくれて、状態が多少悪くても満額査定なので楽なのだ。

ただ、それ故に近年は利用ハードルが上がっている。

docomoの場合、

  • 機種変更での利用は、対象回線での購入履歴がある端末(=過去に使っていたものしかダメ)
  • 新規契約での利用は、他社製の端末しかダメ

というモノだ。

以前はこんな制限がなかったので利用しやすかったが、最近は条件に合致したときしか利用できない欠点がある。

あと、当たり前だがキャリアでスマホを買った時にしか利用できない

ドコモの「下取りプログラム」を使った感想。キットの郵送からポイント付与までの流れ

2014.04.19
SPONSORED LINK

Apple公式「iPhone下取りプログラム」を利用する理由

AppleのiPhone下取りプログラム

AppleのiPhone下取りプログラム

前置きが長くなったが今回利用した、Apple公式「iPhone下取りプログラム」について。

今回利用することにした理由は、

iPhone Xをキャリアで買わないから

これに尽きる。

iPhone Xは発売日前に予約を!デモ機やレビュー記事出るまで「様子見」している方に伝えたいこと

2017.10.28

なので、キャリアの下取りプログラムは自然と利用できず、第2の選択肢として浮上した。

そして、Apple公式の下取りプログラムは、キャリアの下取りと非常に似ている

具体的には、

  • 郵送で下取りしてくれる
  • 査定金額は比較的高い(キャリアよりは安い)
  • アクセサリ類は不要

といった辺りだ。

今回僕はiPhone 7ジェットブラック(128GB)を売却した。

これは、

  • 約1年間毎日利用
  • ケースは付けている
  • 保護フィルムは付けていない(=細かい傷がある)

ということで、恐らく中古ショップに持っていけば減額対象になったと思う。

なので、Apple公式の下取りを利用した。

ここで気になるのは、大体以下の2点では無いかと思う。

  • 下取り価格
  • 手続きにかかる期間(いつ入金されるか)

下取り価格の比較

Appleの査定金額

Appleの査定金額

下取りする上で一番気になるのは、下取り価格だ。

今回僕が売却したiPhone 7ジェットブラック(128GB)に関して、比較してみた。

2017年11月8日時点の機種変更における、『良品(画面割れなどなし)』下取り価格です
iPhone 7iPhone 7 Plus受取方法
docomo41,000円46,000円ポイント
au35,640円40,500円ポイント
SoftBank35,640円40,800円ポイント
Apple38,000円46,000円Appleギフト券
Smarket34,600〜49,000円39,600〜57,000円現金

キャリア(docomo・au・SoftBank)とAppleの下取りは基本的に同じようなものだ。

最後に掲載したSmarketは中古ショップなので、状態によって金額が変動するし、箱・アクセサリが全て揃っている前提なので、若干条件は異なるが参考程度に。

こうしてみると、

docomoの下取り価格が非常に高い

ということが読み取れ、次点がAppleだ。

つまり、docomoの下取りを利用する以外なら、Appleの下取りがおすすめということになる。

だが、ここには1つ仕掛けがあり、受取方法はAppleギフト券になるということだ。

Appleストア店頭で購入し、その場で下取りする場合は、購入価格から現金値引きされる

だが、現実的にはギフト券受取の方が多いと思うし、僕も今回この形にした。

ギフト券受取にした場合、

次回Appleで何か買うときまで使えない

ということを留意いただきたい。

Apple初売りセールでApple Storeギフトカードもらったので、使える場所・使い方を調べてみた

2017.01.21

手続きにかかる期間

佐川急便から届く送付キット

佐川急便から届く送付キット

Apple公式『iPhone下取りプログラム』の、手続きを時系列で記載すると以下のような感じだ。

内容備考
10/28(土)WEBで下取り申込み
11/1(水)送付キット到着佐川急便本人限定受取
11/3(金)送付キット受取
11/4(土)下取り品返送佐川急便着払い
11/5(月)到着&査定金額連絡メール
11/8(水)ギフトカードの送付メール

土日を挟んだり、送付キットの受取が遅れたりしたこともあるが、営業日ベースでみれば7日程度で完了する

これはかなり早いと思う。

もちろん、個人間売買や中古ショップでの売却には負けるが、キャリアの下取りプログラムは、

  • 翌月以降のポイント付与
  • 数回に分けてポイント付与

というものが多いため、満額回答になっても、受取には時間がかかる

これはAppleの下取りを利用するメリットになると思う。

ただし、Apple Storeギフトカードでの受取なので、用途はApple製品の購入に限定されていまう。

SPONSORED LINK

Apple公式「iPhone下取りプログラム」の申込み

というわけで、Apple公式「iPhone下取りプログラム」の申込みを行った。

ちなみに、僕は誤解していたがこのプログラム、

AppleでiPhoneを買っていなくても利用できる

だれでも普通に利用できる下取りプログラムなので、非常に利用のハードルが『低い』ことを申し添えておこうと思う。

まずは、公式サイトにアクセス。

ここから申込みフォームへ進む。

製品のIMEIを入力する

製品のIMEIを入力する

対象デバイスを決定するために、製造番号・モデル番号などを入力する。

一番簡単なのは、製造番号(IMEI)を入力することだと思う。

設定→一般→情報のIMEIを入力

設定→一般→情報のIMEIを入力

設定→一般→情報で確認可能だ。

対象デバイスが決定する

対象デバイスが決定する

自己申告で状態を回答する

自己申告で状態を回答する

そうすると対象モデルが表示され、画像の項目について答えるように促される。

査定金額に関わる部分なので、正直に入力しよう

基本的に、著しい破損・故障がない限り、全て『はい』になるはずだ。

査定金額の決定

査定金額の決定

入力結果に応じて、見積査定額が決定する。

申込みを行う為のメール送信手続き

申込みを行う為のメール送信手続き

申込みフォーム

申込みフォーム

下取り品は、専用の送付キットが別途配送されるので、住所などの申込み情報入力する。

端末の初期化

端末の初期化

初期化など注意事項が表示される。
ちなみに、

アクティベーションロックの解除というのは、

iPhoneを探すの無効化

iPhoneを探すの無効化

設定→アカウントとパスワード→iCloudと進み、『iPhoneを探す』をOFFに設定する

本体のデータ消去というのは、

iCloudからサインアウト

iCloudからサインアウト

iCloudからサインアウトし、

全データ削除

全データ削除

設定→一般→リセットと進み、『すべてのコンテンツと設定を消去』を実行する

あとは、SIMカードなどを抜けばOKだ。

アクティベーションロックを解除しないと先へ進めない

アクティベーションロックを解除しないと先へ進めない

ちなみに、アクティベーションロックを無効化していないと、フォームで先へ進めない仕組みになっているようで、忘れても安心だ。

申込み完了画面

申込み完了画面

全て完了し申込みを実行すると、確認メールも送信される

送付キット到着〜返送・査定完了まで

この手続きを実行したのは2017年10月28日(土)で、送付キットは11月1日(水)に到着した(受取は11月3日)。

営業日ベースでは2日程度で送付キットは到着すると言って良さそうだ。

受取に身分証明書が必要となる、本人限定受取で発送される。

佐川急便から届く送付キット

佐川急便から届く送付キット

送付キットの中身

送付キットの中身

これが送付キットの中身。

  • iPhoneを格納するパッキン
  • 衝撃を吸収するための詰め物
  • 説明書
  • 書類

などが同封されており、段ボールは届いたものを返送時に再利用するため、こちらで用意するものはほぼない

段ボールを梱包するための、ガムテープくらいだ。

送付手順書

送付手順書

中身はわりと詳しい

中身はわりと詳しい

説明書にはわりと詳しく手順が記載されており、悩むことはまずないと思う。

申込書

申込書

申込書は、下半分を切り取って、署名した上で返送する。

DSC08145

売却するiPhone 7

送るものは下取りするiPhoneと書類のみ

送るものは下取りするiPhoneと書類のみ

  • 下取りのiPhone
  • 書類

を段ボールに同梱して、蓋を閉める。

こんな感じであとは佐川急便に集荷依頼(着払い)

こんな感じであとは佐川急便に集荷依頼(着払い)

あとは、佐川急便に集荷依頼を行い、発送すればおしまいだ。

着払いで発送するため、送料は発生しない

到着後の査定結果画面ß

到着後の査定結果画面ß

発送を行ったのが、11月4日(土)。

到着は11月6日(月)だったようだが、その日の夕方には受取&査定結果の通知メールが届いた

その後さらに1〜2営業日で、Apple Storeギフトカードが届くと記載されていた。

終わりに

Apple公式『iPhone下取りプログラム』は、

  • 利用条件がほぼない
  • 手続きが早い

という意味で、特に忙しい人にはおすすめ出来る下取り方法だと思う。

唯一注意点としては、

見積金額の有効期限が設定されている

ということで、忙しいからと、送付キットの受取が遅れたり、返送を先延ばしにすると、申込時の下取り金額が変わってしまうことがある。

なので、申し込むからには、なるべく早く対応しよう。

また、Apple Storeギフトカードでの受取となるため、基本的にはiPadやMacなどApple製品をよく購入する、Appleユーザー向けの施策と思う。

ご自身にとってメリットがあるかどうかを、よく考えて利用して欲しい。

ドコモの「下取りプログラム」を使った感想。キットの郵送からポイント付与までの流れ

2014.04.19

Apple初売りセールでApple Storeギフトカードもらったので、使える場所・使い方を調べてみた

2017.01.21

iPhone Xは発売日前に予約を!デモ機やレビュー記事出るまで「様子見」している方に伝えたいこと

2017.10.28
SPONSORED LINK

AppleのiPhone下取りプログラム

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)