iPhone 6sはドコモのLTEバンド21(1.5GHz帯)に対応している?iPhoneとiPadの対応状況をまとめました

SPONSORED LINK

スマートフォンが採用する通信方式として、すっかり一般的になったLTEだが、

  • 端末
  • 接続するキャリア

によって、対応するバンド(周波数)が異なっている。

ほぼ全てのスマホが対応し、世界中で使えるバンドは『バンド1(2.1GHz帯)』だが、年々データ通信量が増加するなか、これだけで捌ききれるわけもなく、通信キャリアは複数のバンドを組み合わせてサービスを提供している。

この中で少し特殊な位置付けとなっているのが、

ドコモのみが提供する『バンド21(1.5GHz・1500MHz帯)』

で、日本のローカルバンドだが、スピードアップには不可欠な周波数であるため、ドコモは長年対応を働きかけていた経緯がある。

長年対応されなかったが、ついに実現したのが、

2016年に発売したiPhone 7から

というわけで、タイトルに書いている「iPhone 6sのバンド21対応」については『非対応』となる

以降は、iPhone・iPadのバンド21対応状況をまとめてみる

SPONSORED LINK

docomoが整備しているLTEバンド21(1.5GHz・1500MHz帯)とは

LTEバンド21(1.5GHz・1500MHz帯)は、docomoが主に地方都市で高速化のために整備している周波数

この帯域は、過去には日本独自かつdocomoしか使っていなかったため、対応端末はdocomo端末に限られるという、まさにガラパゴスとも言えるものだった。

2018年現在はグローバルバンドに昇格しており、日本国内においても2017年からSoftBankがサービスを提供している。

ただ、独自な分帯域は比較的空いていると言われていて、通信速度向上の為には重要な意味を持っている。

近年のLTEエリアは、キャリアアグリゲーションと呼ばれる、複数の周波数を束ねて光速通信する技術が主流となってなっている。

このため、docomoはバンド21も利用してこのサービスを提供しており、高速化のために対応バンドは多いに越したことはない

なので、docomoとしてはiPhoneおよびiPadでのバンド21対応は悲願だったと言える。

iPhoneにおけるLTEバンド21(1.5GHz・1500MHz帯)対応状況

iPhone X本体

冒頭で記載したが、iPhoneにおけるLTEバンド21(1.5GHz・1500MHz帯)は、

  • 2016年9月発売の、iPhone 7・iPhone 7 Plus以降
  • モデルは日本で流通しているモデルのみ

となっている。

海外で購入したSIMフリー版などは非対応です
モデルバンド21対応有無備考
iPhone 3G×
iPhone 4・iPhone 4S×
iPhone 5・iPhone 5s×
iPhone 6・iPhone 6s×
iPhone SE×
iPhone 7・iPhone 7 PlusモデルA1779
モデルA1785のみ
iPhone 8・iPhone 8 PlusモデルA1906
モデルA1898のみ
iPhone XモデルA1902のみ

iPadにおけるLTEバンド21(1.5GHz・1500MHz帯)対応状況

購入したのはiPad Pro 10.5インチ

iPadはiPhoneと比較すると、

LTE対応のCellular版は、世界単一モデル

という特徴がある。
このため、対応端末であれば海外で購入しても、バンド21が使えるのだが、

バンド21に対応したのは、2017年発売のiPad Proシリーズのみ

となっている。

モデルバンド21対応有無備考
iPad(初代)×
iPad 2×
iPad(第3世代)×
iPad(第4世代)×
iPad(第5世代)×2017年発売
iPad(第6世代)×2018年発売
iPad mini×
iPad mini 2×
iPad mini 3×
iPad mini 4×
iPad Air×
iPad Air 2×
iPad Pro(9.7・12.9インチ)×
iPad Pro(10.5・12.9インチ)2017年発売

バンド21はキャリアアグリゲーション(LTE-Advanced)で活用される

キャリアアグリゲーション

2015年頃からauが積極的に訴求し始めよく聞くようになった、複数の周波数を束ねて通信し高速化を実現する技術キャリアアグリゲーション(LTE-Advanced)。

iPhoneでは、iPhone 6s/6s Plus以降対応しているが、対応周波数が少ないとその性能が活かせない

以下の表は、2018年5月時点における、docomoのキャリアアグリゲーション(CA)対応表だが、バンド21はいたるところで使用されている

このため、より高速通信を目指すのであれば、バンド21に対応しているiPhone 7以降が望ましい。

通信方式対応バンドの組み合わせ
4CA(4波)Band 1+19+42+42
Band 1+21+42+42
Band 1+3+42+42
3CA(3波)Band 1+19+21
Band 1+3+19
Band 1+42+42
Band 3+42+42
Band 19+42+42
Band 21+42+42
2CA(2波)Band 1+21
Band 1+3
Band 19+3
Band 1+19
Band 19+21
Band 1+42
Band 3+42
Band 19+42
Band 21+42

終わりに

まとめるとLTEバンド21(1.5GHz・1500MHz帯)は、

で対応しており、高速通信のためには必須と言える周波数なので、iPhone購入時の基準にしていただけたらと思う。

iPhone 7と8を今買うならどっちがいい?おすすめは7。違いを比較してみた

2018.01.06

iPad Proの容量(ギガ数)はどれがおすすめ?私が256GBのCellular版(LTE対応)を購入した理由

2018.03.17

iPhoneはAppleおよび、大手キャリアから販売されています。

AppleではSIMフリー版が、キャリア版はSIMロック版ですが、条件を満たせばSIMロック解除可能です。

キャリアで購入するなら、手数料や頭金がないオンラインショップがおすすめです!

ドコモオンラインショップのメリット・デメリットは?機種変更はネットが安いぞ

2014.09.27

ドコモでiPhoneを買うのは安い?「SIMフリー+格安SIM」とどっちがお得かを料金比較

2017.11.14
SPONSORED LINK

Twitterでチーをフォローしよう!

この記事のシェアはこちらから!

アナザー通信『ここだけの話』
ブログ記事の裏話や主催イベントの予定が読める週刊メルマガを発行しています。
メールアドレスの登録だけで購読できる無料メルマガです!

詳しい内容が気になる方はこちらをご覧ください。

は必須項目です

お名前(姓名)