NEC製携帯「N-02D」を購入。久々に触って感じるフィーチャーフォン(ガラケー)の課題

フィーチャーフォン(ガラケー)
SPONSORED LINK

ドコモオンラインショップの5周年感謝祭で、フィーチャーフォン(ガラケー)やスマートフォンの旧モデルが安く販売されている。

【終了】ドコモオンラインショップの5周年感謝祭で、ガラケーやスマホが格安で販売開始!

2013年11月29日

この初日販売でN-02DのBLUEを購入した。ガラケーを買うのは3年ぶりくらい。最後に買ったのが僕が今も使っているF-03Bなので、世代的には2世代新しいものになる。

とりあえず購入してどうしようかと思ったが、母が色を気に入ったのであげることにした。

SPONSORED LINK

購入したのはN-02D

最近ではガラケーの開封の儀なんて珍しいだろうし、軽くやってみるw
IMG_3609
まず驚いたのが箱。
ドコモレッドのいつもの箱なのだが、サイズが随分小さくなっていた。
IMG_3610
中には本体と電池パックと卓上ホルダが(防水モデルのため充電は卓上ホルダ使用が推奨)。
IMG_3614
3.4インチ液晶を搭載。
iPhone 4Sまで搭載していた液晶が3.5インチなので、ガラケーも随分大きくなった。
IMG_3613
おサイフケータイ(FeliCa)は裏面だが、最近はカメラの辺りに付いていたりするんですね。
IMG_3615
BLUEといっても水色という感じで上品な色。
らくらくフォンではないが、ボタンも大きく押しやすい。
IMG_3616
実は買うまで回転2軸である事を知らなかったのですw

また、今時のモデルとしては珍しく背面液晶も非搭載(母は元々見てないので問題ないとのことだった)。

購入価格

オンラインショップのセール品なので9,870円。

ただ、僕と母の携帯はdocomo管理上SC-05DとなっていてXi契約のため、今回は嫁の携帯を機種変というイメージで購入。
ScreenSnapz-Pro-006
で、購入していて妙なものに気づく。

ケータイ補償分2000ポイントって何だよと。調べたらこれだった。

と言うことは使いもしない「ケータイ補償 お届けサービス」を嫁は2年間契約していたと、、、。オレとしたことが!!w

ScreenSnapz-Pro-007
まあ、それに気づいたというのも1つのメリットと言うことで、ありがたく使わせて頂き、ポイント一括0円で購入(ケータイ補償 お届けサービスはこの携帯が届いてすぐに解約)。

久々に新しいフィーチャーフォン(ガラケー)を触って思った事

基本的な操作性は変わらない。

だが、カメラとかメールとかの動作がかなり速くなっていて、特にカメラは「瞬撮カメラ」なんて言っているだけあってかなり便利だ。

母は早速息子の写真を喜んで撮影していた。

メニューもらくらくフォン的なシンプルメニューは変わらず存在し、昔はメニューの第一階層だけなんて事もあったが、今はダイアログとか含めてほぼ全メニューが大きな文字で表示できる。

確実にブラッシュアップされているのだなと思ったが、逆にこれはいらんやろ~と思う機能もまた多数。

メーリングリスト的なグループ機能とかブログ連携とか、こういう事をする人は発売当時(2011年)でもほぼスマートフォンに移行して行くのが見えていたのになんで、、、という気はした。

ガラケーを使い続ける人は現在、メールと電話とカメラくらいしか使わないと思われる。

この部分に特化して使い勝手を向上したようなガラケーであれば、まだまだ一定の市場価値はあると思うんのだが。

そしてもう一つの課題はWEBだと思う。

いわゆるiモード向けサイトなんてものは、今後どんどん減っていくのは間違いないため、今後も開発を続けるのであればいわゆるスマホ向けサイトくらいは表示できるようなブラウザを組み込まなければ、フェードアウトしていくしかないように感じる。

ガラケー専業メーカーとしてdocomoに残ったNECカシオとパナソニックモバイルはどうするつもりなのだろうか。

終わりに

母は僕が以前使っていたF-01Aというガラケーを2年ほど使っていたが、やはり不満はあった。重いことと分厚い事だ。N-02Dになって特に軽くなったことで、とても喜んでいた。

ガラケー(フィーチャーフォン)をシニア用に使う方法。シンプルメニューでらくらくフォンのようになります

2011年11月16日

また、「お古」というのも納得はしているが、たまには新しいのが欲しいと思っていたようで、久々の「最新」ガラケーという事で満足してくれたようなので、この携帯を壊れるまで使って頂こうと思うw

フィーチャーフォン(ガラケー)に関する記事

僕は2004〜2006年にかけて、ドコモのFOMA端末開発に関わっていたことがあります。

いわゆる「ガラケー」には、かなりの思い入れがあるため、様々な記事を書いています。

FOMA(3G)時代のドコモ携帯開発手法とは。NECのフィーチャーホン(ガラケー)開発で感じた問題点

2013年7月18日

「N-01E」はフィーチャーフォン(ガラケー)の完成形。NECカシオ最後の全部入りiモードケータイレビュー

2014年3月24日

ボロボロになったdocomoのフィーチャーフォン(ガラケー)を外装交換したら、新品同様になってデータの復旧までdocomoショップが対応してくれて感動しました

2013年5月13日

いらなくなったお古のフィーチャーフォン(ガラケー)は子供のおもちゃに。電話の操作体験にはいいかもしれません

2014年6月10日

ガラケー(フィーチャーフォン)をシニア用に使う方法。シンプルメニューでらくらくフォンのようになります

2011年11月16日

運営者チーのおすすめ記事

チー
僕がこだわって使っている、厳選ガジェットを良かったら見て行ってください。
チーが本当に使っているガジェット一覧

ガジェッターの僕が本当に使っている、おすすめガジェット一覧【2019年1月時点】

あわせて読みたい

SPONSORED LINK