ボロボロになったdocomoのフィーチャーフォン(ガラケー)を外装交換したら、新品同様になってデータの復旧までdocomoショップが対応してくれて感動しました

フィーチャーフォン(ガラケー)
SPONSORED LINK

現在使っている携帯は以下のような構成だ。

  • docomo F-03B(ガラケー)
  • au iPhone 5

そのガラケーが購入から2年経過し、見た目はもちろんボタンの反応が悪くなるなどガタが来始めた。買替えも検討したが、今更ガラケーに数万円使うのもあれなので、外装交換という形で修理に出すことに。外装交換自体はだいぶ前にやったことがあるのだが、その時と比べてサービスレベルが向上している事に驚かされた。

docomoって地味だけどこういうところに力を入れているのがすごいなと改めて思ったので、紹介してみる。

SPONSORED LINK

2年使ったF-03B

IMG_2382
IMG_2381
特にワンプッシュオープンのボタンがボロボロ。
また、受話ボタンの反応も悪くて押してもすぐに電話とれなかったりして、不具合も目立ってきた。2年間使ったのである程度は仕方ないのだが、今や電話にしか使わないため出来れば再生させたい。

docomoショップで外装交換手続き

というわけでdocomoショップに行って外装交換の手続きをお願いした。
この時、失敗したがF-03Bは発売から3年が経過しキャリアの保証サービス対象外(docomoプレミアクラブ加入が条件)となっていた。なので、修理という名目でだすと数万円かかることが多いので、あくまでも「塗装剥げによる外装交換」という名目で出しますねと言われた。

仮に基盤が壊れていたりして高額な修理費用が掛かる場合は、別途連絡が行くはずなのでその時判断してくださいと言われ、手続きを継続。ちなみに費用は4,900円(税抜)だ。この辺りは以前やったときと変わらなかった。

この時1つ今までに無いことを言われた。

バックアップはSDカードなどにやっておいて欲しいのですが、基本的にはdocomoのサーバーにこちらで預けて、返却時に設定するのでそのまま使えると思います。

え?何それ?そんなサービスいつの間に始まったの?と驚いた。
少なくとも1年弱前、外装交換為た時にそんなことは言われていない。

一昔前は修理時に自分でバックアップして、docomoショップの端末などから復旧するか自分でやるかだったのに、いつの間にかそれをdocomoがやってくれるようになったようだ。でも、復旧と言っても電話帳とかメールデータくらいじゃないのと思っていたが、後日受け取るときにさらに驚くことになる。

外装交換後の端末受取

IMG_2399
IMG_2400
端末は1週間程で戻ってきて、基盤などの故障は特になかったようで、見ての通りピカピカになった!
手触りまで違うし、ボタンの反応も完全に復旧!これであと2年はこのガラケーを使えそうだ!

で、受取の時「一応預かった時のデータを復旧しておいたので確認してください」と言われて確認したら、またビックリ。電話帳やメールデータは言うに及ばず、端末の設定や履歴(受発信履歴、目覚まし、指紋認証設定など)あらゆる設定が完璧に復旧していて、預ける前と全く同じ状態で返ってきた。唯一の例外はおサイフケータイなのだが、これは予め言われていたので問題なし。ここまでやってくれるなんてちょっと感動してしまった。

また、以前外装交換した時はリアカバー(電池パックの裏蓋)は別料金(400円くらい)を払わないと交換してくれなかったし、今回も申込時にはそう言われたのだが、新品のリアカバーまで付けてくれた。つまり、4,900円でほぼ新品に取り替えてくれたようなイメージだ。

ちなみに、費用はポイント払いのため実質的には無料。

終わりに

スマートフォン時代になってdocomoといえばイケてないキャリアの代表格となった。端末サポートもiPhoneのようにメーカー(Apple)が直接やるようになれば、キャリアショップにおいてこういうサービスは長い目で見れば減っていくのかもしれない(Androidも同様の対応なのかは、docomoのAndroidを修理に出したことがないため未確認)。

それなのにdocomoはこんな所のサービス向上をやっていたようだ。今でもガラケーユーザーが多いdocomoとはいえ、今更この手のサポートサービスを向上させる理由はあまりないと思うのだが、それをやるdocomoはすごいなぁと思った。

回線品質と含めて、こういう地味な取組みをもっとアピールすればdocomoのイメージも変わるのに。iPhoneだけでなくAndroidも最近は安定して使えるようになり、端末寿命は長くなっていくと予想される。そうなると重要性を増すのは長く使うためのサポートなのだが、こういうのはあまりアピールしない。

docomoはほんと不器用な大企業だなぁ。そんな事を思った外装交換手続きだった。

【補足】
特にガラケーを長く使っている方に、忠告。
docomoの携帯を修理する場合、発売から3年経過までにやっときましょう!
それであれば基盤交換など大がかりな修理でも、無料または5,000円程度でできるが、3年を過ぎると保証期間でないので高額になる可能性があります!

【追記】
設定引き継ぎは2009年夏モデルから対応していたようです。
以前外装交換したF-01Aは2008年冬モデル、F-03Bは2009年冬モデルなんでF-01Aは対応してなかったんですね。ここ1年で始まったサービスではないのかも。

参考サイトと管理人チーがお勧めする関連記事

あわせて読みたい

SPONSORED LINK